Objective-Cで親viewを効果的に取得する10選の方法

Objective-Cで親viewを取得するイメージObjctive-C
この記事は約26分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Objective-Cでの開発を進める中で、しばしば親viewを効果的に取得する場面に直面します。

この記事では、Objective-Cを使って親viewを取得する詳細な手法とサンプルコードを10選で紹介します。

初心者の方でもスムーズに理解できるよう、各手法の説明とともに具体的なサンプルコードも取り上げています。

さらに、応用例も豊富に提供しているため、より高度な開発にも対応可能です。

それでは、Objective-Cにおける親viewの取得方法の奥深さを一緒に学んでいきましょう。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語をベースにしたオブジェクト指向プログラミング言語です。

AppleのiOSやmacOSのアプリケーション開発で主要に使用されています。

Objective-Cは、C言語の機能性を維持しつつ、Smalltalkからのオブジェクト指向のコンセプトを取り入れています。

これにより、動的なメッセージングや継承などの機能を持つとともに、C言語の高いパフォーマンスも享受できるようになっています。

○Objective-Cの基本

Objective-Cの基本的な構文はC言語と非常に似ていますが、オブジェクト指向の要素が強く反映されています。

クラス、メソッド、プロパティなどの概念を取り入れることで、再利用性や保守性の高いコードを書くことができます。

また、Objective-Cには「@」記号を用いることで、NSStringやNSArrayなどの便利なデータ型や、メモリ管理の仕組みなど、C言語にはない多くの機能が提供されています。

Objective-Cの中でも特に重要な概念として、メッセージ送信が挙げられます。

これは、オブジェクトに対して操作を指示する手段であり、他の言語のメソッド呼び出しと似ていますが、より動的な性質を持ちます。

このメッセージ送信の仕組みにより、実行時にオブジェクトの型を柔軟に変更することが可能となり、プログラムの拡張性や柔軟性が向上します。

●親viewの取得の重要性

iOSアプリケーションを開発する際、UIViewやそのサブクラスを使用して画面のレイアウトや表示を行います。

これらのViewは親子関係を持つことで、ユーザーインターフェースを構築していくことが多いです。

この際、特定のViewからその親Viewを効果的に取得することは、アプリケーションの動作や表示のカスタマイズ、エラーハンドリングなど様々な場面で非常に重要となります。

たとえば、サブViewが特定のアクションを受け取ったとき、それに応じて親Viewの表示を変更する、というような操作を行うことが考えられます。

このような場面で、効率的に親Viewを取得できるかどうかは、アプリケーションの動作のスムーズさや開発の効率に大きく影響します。

また、Viewの階層が深くなった場合や複数のViewが重なって配置されている場合など、特定のViewの親Viewを正確に取得することが難しくなることもあります。

このような複雑なシチュエーションでも確実に親Viewを取得する技術は、アプリケーションの品質を高める上で欠かせないものとなっています。

○なぜ親viewを取得する必要があるのか

親Viewを取得することで、次のような操作や情報の取得が可能となります。

  1. 親Viewの属性情報の取得:親Viewの大きさや位置、背景色などの属性情報を取得することができます。これにより、サブViewの配置や表示を動的に変更する際の参考情報として使用することができます。
  2. 親Viewの操作:サブViewから親Viewを取得した後、親Viewの操作を行うことができます。例えば、親Viewの表示/非表示の切り替えや、親Viewに新しいサブViewを追加するといった操作を行うことが考えられます。
  3. イベント伝播:サブViewで発生したイベントを親Viewに伝播させることで、親Viewでの処理を行うことができます。これにより、サブView単体での処理だけでなく、親Viewとの連携した動作を実現することが可能となります。
  4. 親Viewとの連携:複数のサブViewが同じ親Viewを持つ場合、その親Viewを介してサブView同士の連携を行うことができます。これにより、一つのサブViewの操作によって、他のサブViewの表示や動作を変更するといったことが実現できます。

●親viewの取得の基本

アプリケーションの開発において、UIの階層管理が鍵となります。

Objective-CでのUI開発では、特定のviewの「親view」を取得する能力は、効果的なUI操作やデバッグに役立ちます。

ここでは、Objective-Cを使用して親viewを効果的に取得する基本的な方法を説明します。

○親view取得の基本構文

Objective-Cで親viewを取得する最も基本的な方法は、UIViewクラスの「superview」プロパティを使用することです。

このプロパティを使用すると、特定のviewの親viewを迅速に取得することができます。

ここでは、superviewプロパティを使用して親viewを取得するサンプルコードを紹介します。

UIView *parentView = childView.superview;

このコードでは、childViewの親viewを取得して、parentViewという変数に格納しています。

ここで、childViewは既に定義されているUIViewのインスタンスを指します。

サンプルコードの実行後、parentViewという変数にはchildViewの親viewが格納されます。

このようにして、簡単に指定したviewの親viewを取得することができます。

しかし、この方法には注意が必要です。

もしchildViewが何も親viewを持っていない場合(例えば、最上位のviewの場合など)、superviewプロパティはnilを返します。

したがって、実際のアプリケーションのコード内で親viewを取得する際には、取得後の親viewがnilでないかどうかを確認することが必要です。

●親viewの取得方法

Objective-Cを使用すると、親viewを効果的に取得することが可能です。

ここでは、2つの基本的なサンプルコードを使用して、親viewの取得方法を詳しく説明します。

○サンプルコード1:基本的な親viewの取得

このコードでは、UIViewのインスタンスを持っている場合にそのインスタンスの親viewを取得する基本的な方法を表しています。

この例では、現在のviewから直接親viewを取得しています。

UIView *currentView = ...;  // 何らかの方法で取得された現在のview
UIView *parentView = currentView.superview;

このコードを実行すると、parentViewという変数にはcurrentViewの親viewが格納されます。

もしcurrentViewが親viewを持っていない場合、parentViewはnilとなります。

○サンプルコード2:サブviewから親viewを取得

このコードでは、サブviewを持っている親viewを効果的に取得する方法を表しています。

この例では、特定のサブviewを持つ親viewを検索し、その親viewを取得しています。

UIView *subView = ...;  // 何らかの方法で取得されたサブview
UIView *parentOfSubView = subView.superview;

このコードを実行すると、parentOfSubViewという変数にはsubViewの親viewが格納されます。

同様に、もしsubViewが親viewを持っていない場合、parentOfSubViewはnilとなります。

●Objective-Cでの親view取得法

Objective-CはiOSアプリケーションの開発で主に利用されるプログラム言語であり、アプリ内のUI要素を制御するためには、Viewの関係性や属性の取得が必須となります。

この記事では、Objective-Cを用いて、効果的に親viewを取得するための手法を、サンプルコードとともに詳細に解説します。

○サンプルコード3:親viewの特定の属性を取得

iOSの開発では、親viewの特定の属性、例えば背景色やフレームの大きさを取得したい場面がよくあります。

ここでは、Objective-Cを使用して、親viewの背景色を取得するサンプルコードを紹介します。

// 子viewを定義
UIView *childView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(50, 50, 100, 100)];

// 親viewに子viewを追加
[self.view addSubview:childView];

// 親viewの背景色を取得
UIColor *parentBackgroundColor = childView.superview.backgroundColor;

このコードではchildViewという名前の子viewを作成し、self.viewという親viewに追加しています。

その後、childView.superview.backgroundColorというコードを使って、親viewの背景色をparentBackgroundColorという変数に格納しています。

この例では、親viewの背景色を取得しています。

実際にこのコードを実行すると、親viewの背景色がparentBackgroundColor変数に格納されるため、その色を利用してさまざまな処理を行うことができます。

○サンプルコード4:親viewの階層を辿る

時折、親viewだけでなく、その上の階層にある親viewや祖先のviewの情報も必要となる場面があります。

ここでは、Objective-Cを使って、親viewの上の階層を辿るサンプルコードを紹介します。

// 子viewを定義
UIView *childView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(50, 50, 100, 100)];
UIView *parentView = [[UIView alloc] initWithFrame:self.view.bounds];
[parentView addSubview:childView];
[self.view addSubview:parentView];

// 2階層上の親viewを取得
UIView *grandParentView = childView.superview.superview;

このコードでは、まずchildViewという子viewと、その親となるparentViewを作成しています。

そして、parentViewをさらにself.viewという親viewに追加しています。

この構造において、childView.superview.superviewというコードで、2階層上の親view、つまりself.viewgrandParentViewという変数に格納しています。

この例では、2階層上の親viewを取得しています。

コードを実行すると、grandParentView変数にはself.viewが格納されます。

これにより、親viewの上の階層にあるviewの情報も取得できるようになります。

○サンプルコード5:親viewと子viewの関係を確認

Objective-Cにおける親viewと子viewの関係性は、アプリケーションの構造や動作を理解する上で非常に重要です。

ここでは、その関係性を確認するためのサンプルコードと、その説明を行います。

まず、サンプルコードを見てみましょう。

#import <UIKit/UIKit.h>

// ViewControllerの宣言
@interface ViewController : UIViewController
@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];

    UIView *parentView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 0, 100, 100)];
    parentView.backgroundColor = [UIColor redColor];
    [self.view addSubview:parentView];

    UIView *childView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(10, 10, 80, 80)];
    childView.backgroundColor = [UIColor blueColor];
    [parentView addSubview:childView];

    if(childView.superview == parentView) {
        NSLog(@"childViewの親はparentViewです");
    }
}

@end

このコードでは、UIViewを使ってparentViewという親viewを作成し、その上にchildViewという子viewを配置しています。

その後、childViewsuperviewプロパティを使用して、その親viewがparentViewであるかどうかを確認しています。

この例では、childViewの親はparentViewと確認できます。

実行すると、コンソールに「childViewの親はparentViewです」と表示されることが確認できるでしょう。

ここでのポイントは、childViewが所属しているview(つまり親view)をsuperviewプロパティを使って取得できるという点です。

このようにして、子viewから親viewを確認することができます。

○サンプルコード6:条件に合致する親viewを取得

Objective-Cを使って、条件に合致する親viewを取得する場面もよくあります。

たとえば、特定のクラスや特定の属性を持つ親viewを見つけ出すことが求められることがあります。

ここでは、条件に合致する親viewを取得するためのサンプルコードを紹介します。

#import <UIKit/UIKit.h>

// ViewControllerの宣言
@interface ViewController : UIViewController
@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];

    UIView *parentView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(0, 0, 100, 100)];
    parentView.backgroundColor = [UIColor redColor];
    parentView.tag = 100;  // タグを設定
    [self.view addSubview:parentView];

    UIView *childView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(10, 10, 80, 80)];
    childView.backgroundColor = [UIColor blueColor];
    [parentView addSubview:childView];

    if (childView.superview.tag == 100) {
        NSLog(@"childViewの親viewはタグが100のviewです");
    }
}

@end

このコードの中で、parentViewtagというプロパティを使用して、数値の「100」を設定しています。

その後、childViewの親viewのtagが100であるかどうかを確認しています。

この例では、条件に合致するため「childViewの親viewはタグが100のviewです」というメッセージがコンソールに表示されることが確認できます。

○サンプルコード7:親viewを操作する

Objective-CにおけるiOSアプリ開発では、viewの階層構造は非常に重要です。

ここでは、親viewを効果的に操作する方法を学びます。

まず、UIViewのインスタンスにはsuperviewプロパティがあり、これを利用して親viewを取得することができます。

親viewを取得した後に、親viewに対して様々な操作を行うことができます。

// サンプルコード
UIView *childView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(50, 50, 100, 100)];
[self.view addSubview:childView];

// 親viewを取得
UIView *parentView = childView.superview;

// 親viewの背景色を変更する
parentView.backgroundColor = [UIColor redColor];

このコードではUIViewを使って新しいサブviewを生成し、メインのviewに追加しています。

そして、superviewプロパティを使用して親viewを取得し、背景色を赤色に変更しています。

この例では、childViewの親viewがメインのviewであるため、メインのviewの背景色が赤色になります。

このようにsuperviewプロパティを使用することで、サブviewから親viewを簡単に取得し、親viewに対する操作を行うことができます。

○サンプルコード8:親viewから特定のサブviewを検索

次に、親viewから特定の条件に合致するサブviewを検索する方法を紹介します。

この操作は、タグを使用して行うことが一般的です。

まず、サブviewにタグを付与します。

そして、親viewのviewWithTag:メソッドを使用して、そのタグを持つサブviewを取得します。

// サンプルコード
UIView *subview1 = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(10, 10, 50, 50)];
subview1.tag = 100;
[self.view addSubview:subview1];

UIView *subview2 = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(70, 10, 50, 50)];
subview2.tag = 200;
[self.view addSubview:subview2];

// タグを使用してサブviewを取得
UIView *foundView = [self.view viewWithTag:100];

このコードでは、2つのサブviewを作成し、それぞれに100と200のタグを付与しています。

その後、viewWithTag:メソッドを使用してタグが100のサブviewを取得しています。

この例では、subview1が取得されることになります。

この方法を利用することで、親viewから特定のサブviewを効率的に検索することができます。

ただし、同じタグを持つ複数のサブviewがある場合、最初に見つかったサブviewが返される点に注意が必要です。

○サンプルコード9:親viewのサイズや位置を取得

Objective-Cを使って、親viewのサイズや位置情報を取得する方法を解説します。

この手法は、アニメーションやレイアウトの調整、位置に基づくイベントの制御などに有効です。

// 親viewを取得
UIView *parentView = self.view.superview;

// 親viewのサイズを取得
CGSize parentSize = parentView.bounds.size;
// 親viewの位置を取得
CGPoint parentPosition = parentView.frame.origin;

NSLog(@"親viewのサイズ: 幅 = %f, 高さ = %f", parentSize.width, parentSize.height);
NSLog(@"親viewの位置: x = %f, y = %f", parentPosition.x, parentPosition.y);

このコードでは、まずself.view.superviewを使用して親viewを取得しています。

次に、bounds.sizeを用いて親viewのサイズ情報を取得し、frame.originを使って親viewの位置情報を取得しています。

最後に、NSLogでサイズと位置をコンソールに出力しています。

この例を実行すると、コンソールには次のような結果が表示されます。

親viewのサイズとして、特定の幅と高さが表示され、親viewの位置として、x座標とy座標が示されます。

具体的な数値は、親viewの設定や配置によって変わります。

○サンプルコード10:応用例 – 複数の親viewを取得

Objective-Cを使用して、複数の親viewを一度に取得する方法を紹介します。

多階層に渡るview構造の中から、特定の条件に合致する複数の親viewを一括で取得する際に役立ちます。

UIView *currentView = self.view;
NSMutableArray *parentViews = [NSMutableArray array];

while (currentView.superview != nil) {
    [parentViews addObject:currentView.superview];
    currentView = currentView.superview;
}

for (UIView *parent in parentViews) {
    NSLog(@"親viewの情報: %@", parent);
}

このコードでは、self.viewからスタートして、superviewを使って上の階層にある親viewを順次取得し、それをparentViews配列に追加しています。

これを親viewがなくなるまで続けることで、全ての親viewを取得することができます。

この例を実行すると、コンソールには取得した親viewの情報が順に表示されます。

実際の結果は、viewの構造や配置によって異なるため、具体的な情報は開発環境に依存します。

●親viewの取得の応用例

Objective-Cでの親viewの取得は、基本操作だけでなく、さまざまな応用例もあります。

ここでは、親viewの情報を基にしたアニメーションとイベント処理について、サンプルコードとともに詳しく解説します。

○サンプルコード11:親viewを基にしたアニメーション

親viewの情報を利用して、子viewのアニメーションを制御することができます。

下記のサンプルコードでは、親viewのサイズを取得し、そのサイズに基づいて子viewのアニメーションを実行する方法を表しています。

// ViewController.mファイル内で
#import "ViewController.h"

@interface ViewController ()
@property (nonatomic, strong) UIView *childView;
@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];

    // 子viewを作成
    self.childView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(50, 50, 100, 100)];
    self.childView.backgroundColor = [UIColor blueColor];
    [self.view addSubview:self.childView];
}

- (void)viewDidAppear:(BOOL)animated {
    [super viewDidAppear:animated];

    // 親viewの幅と高さを取得
    CGFloat parentWidth = self.view.bounds.size.width;
    CGFloat parentHeight = self.view.bounds.size.height;

    // アニメーションを実行
    [UIView animateWithDuration:1.0 animations:^{
        self.childView.frame = CGRectMake(parentWidth - 150, parentHeight - 150, 100, 100);
    }];
}
@end

このコードでは、ViewControllerクラスに子viewを追加し、viewDidAppearメソッド内で親viewの幅と高さを取得しています。

その後、UIViewanimateWithDuration:animations:メソッドを使用して、子viewを右下にアニメーションさせています。

この例では、親viewのサイズを取得して子viewのアニメーションの開始位置と終了位置を計算しています。

このコードを実行すると、アプリ起動時に子viewが青色の四角として表示され、すぐに右下へとアニメーション移動します。

○サンプルコード12:親viewの情報を利用したイベント処理

親viewの属性や状態に応じて、子viewに特定のイベントを発生させることもできます。

下記のサンプルコードでは、親viewが特定のサイズを超えた場合に、子viewの背景色を変更する方法を表しています。

// ViewController.mファイル内で
#import "ViewController.h"

@interface ViewController ()
@property (nonatomic, strong) UIView *childView;
@end

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];

    // 子viewを作成
    self.childView = [[UIView alloc] initWithFrame:CGRectMake(50, 50, 100, 100)];
    self.childView.backgroundColor = [UIColor blueColor];
    [self.view addSubview:self.childView];
}

- (void)viewDidLayoutSubviews {
    [super viewDidLayoutSubviews];

    // 親viewの高さを取得
    CGFloat parentHeight = self.view.bounds.size.height;

    // 親viewの高さが500を超えた場合、子viewの背景色を赤に変更
    if (parentHeight > 500) {
        self.childView.backgroundColor = [UIColor redColor];
    }
}
@end

このコードでは、親viewの高さが500を超えた場合に子viewの背景色を赤色に変更しています。

このように、親viewの情報を利用して子viewの属性や動作を動的に変更することができます。

このコードを実行すると、親viewの高さが500を超えたとき、子viewの背景色が青から赤に変わることが確認できます。

●注意点と対処法

Objective-Cでの親viewの取得は非常に役立つ一方、いくつかの注意点が存在します。

これらの注意点を知り、適切に対処することで、効果的にコードを実装することが可能となります。

○親viewの取得時のよくあるエラーとその対処法

□親viewがnilの場合

このエラーは、viewが画面に表示されていないか、まだview階層に追加されていない場合に発生します。

対処法として、viewが正しく配置されていること、また、view階層に追加されていることを確認してください。

下記のようにsuperview属性をチェックして、nilであるかどうかを確認できます。

if (yourView.superview == nil) {
    NSLog(@"親viewが存在しない");
} else {
    NSLog(@"親viewが存在する");
}

このコードでは、yourViewsuperview属性をチェックして、nilであるかどうかを確認しています。

この例では、nilである場合、親viewが存在しないと判断しています。

□親viewの型が想定と異なる場合

特定の型の親viewを取得しようとした場合に、想定外の型が返されることがあります。

対処法として、親viewの型を明示的にキャストして、正しい型として扱うことが必要です。

例として、UIViewのサブクラスCustomViewを想定している場合、次のようにキャストを行います。

CustomView *parentView = (CustomView *)yourView.superview;
if ([parentView isKindOfClass:[CustomView class]]) {
    // CustomViewの操作を行う
} else {
    NSLog(@"想定外の親viewの型です");
}

このコードでは、yourViewの親viewをCustomView型として取得し、その後、正しい型であるかのチェックを行っています。

この例では、正しい型である場合に、CustomViewの操作を行うことが示されています。

□親viewが複数の階層上に存在する場合

あるviewの直接の親viewだけでなく、さらにその上の階層の親viewを取得したい場合があります。

対処法として、superview属性を繰り返し使用して、目的の階層の親viewを取得します。

ここでは、2階層上の親viewを取得する例です。

UIView *grandParentView = yourView.superview.superview;

このコードでは、yourViewの親viewのさらに親view、つまり2階層上の親viewを取得しています。

●カスタマイズ方法

Objective-Cでの親view取得は、プログラムの柔軟性や応用性を高めるために非常に重要です。

しかし、標準の方法だけでなく、様々なカスタマイズ方法が存在します。

ここでは、親viewの取得をカスタマイズするいくつかの方法と、その応用例について詳しく解説します。

○特定の条件を持つ親viewの取得

このコードでは、特定の条件を満たす親viewだけを取得する方法を表しています。

この例では、親viewの背景色が赤いものだけを取得しています。

UIView *parentView = someView.superview;
if (parentView.backgroundColor == [UIColor redColor]) {
    // 親viewの背景色が赤い場合の処理
}

このコードを使用すると、親viewが赤い背景色を持つ場合のみ特定の処理を行うことができます。

○複数の親viewを一度に取得

このコードでは、UIViewの配列を使って、複数の親viewを一度に取得する方法を表しています。

この例では、全てのサブviewの親viewを取得しています。

NSMutableArray *parentViews = [[NSMutableArray alloc] init];
for (UIView *subview in someView.subviews) {
    [parentViews addObject:subview.superview];
}

このコードを使用すると、全てのサブviewに対応する親viewを一度に取得できます。

○親viewの特定の属性の変更

このコードでは、親viewの特定の属性を変更する方法を表しています。

この例では、親viewの透明度を0.5に設定しています。

UIView *parentView = someView.superview;
parentView.alpha = 0.5;

このコードを使用すると、親viewの透明度を半透明に設定することができます。

まとめ

Objective-Cを使用して親viewを取得する方法は多岐にわたります。

基本的な取得方法から、特定の条件を満たすもののみを取得するカスタマイズ方法まで、多様なニーズに対応することができます。

これらの方法を適切に利用することで、アプリケーションの開発をより効率的に進めることができ、ユーザー体験の向上にも繋がります。

状況や要件に応じて最適な取得方法を選択し、Objective-Cの強力な機能を最大限に活用してください。