Swiftで達成する!遅延実行の10選完全ガイド

Swiftの遅延実行を図解したイメージSwift
この記事は約19分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

遅延実行、聞いたことがありますか?Swiftでのプログラミングにおいて、遅延実行は非常に有用なテクニックの一つです。

この記事を読めば、Swiftでの遅延実行をマスターすることができるようになります。

遅延実行とは、簡単に言うと、必要になるまで変数や定数の計算や初期化を遅らせるテクニックです。

これにより、リソースの消費を抑えたり、計算コストを最適化することが可能となります。

この記事では、その基本から、さまざまな応用例までを詳しく解説していきます。

●Swiftの遅延実行とは

Swiftにおける遅延実行は、lazyキーワードを使用して実現されます。

lazyキーワードは、プロパティの宣言時に使われることが多いです。

○遅延実行の基本

遅延実行の最も基本的な使い方は、コンピュータリソース(例えばメモリ)の節約です。

具体的には、ある変数や定数が実際に使用されるまで、その初期化を遅らせることができます。

初期化に時間がかかるような重たい処理を持つオブジェクトを扱う場合、この特性は非常に有用です。

例えば、大きなデータベースからデータを取得するオブジェクトがあったとして、このオブジェクトの初期化をアプリ起動時に行うと、アプリの起動が遅くなってしまいます。

しかし、遅延実行を使うことで、このオブジェクトが実際に必要となるまで、初期化を遅らせることができます。

○遅延実行のメリットとデメリット

遅延実行の主なメリットは次の通りです。

  1. リソースの節約:メモリやCPUの使用量を節約できます。
  2. 起動速度の向上:オブジェクトの初期化を遅らせることで、アプリの起動速度を向上させることができます。

一方、デメリットも存在します。

  1. コードの読みやすさが低下することがある。
  2. 実際に必要となったときに初期化が始まるため、初回のアクセス時に処理が重くなることがある。
  3. 遅延実行を使いすぎると、コード全体の処理の流れが予測しにくくなる可能性がある。

これらのメリットとデメリットを理解し、適切な場面で遅延実行を活用することが、良質なSwiftコードを書く上での鍵となります。

Swiftで達成する!遅延実行の10選完全ガイド

Swiftの遅延実行について、基本から応用まで網羅的に解説。サンプルコードとともに、初心者から中級者まで、遅延実行の全てをマスターできるガイドです。

●遅延実行の使い方

Swiftでは、遅延実行を実現するためのlazyキーワードが提供されています。

これにより、変数や定数の初期化を遅延させることができます。

具体的には、初めてその変数や定数がアクセスされるまで初期化が行われません。

これがどのように動作するのか、いくつかのサンプルコードを通じて詳しく見ていきましょう。

○サンプルコード1:Basic Lazy Variable

基本的な遅延実行の使い方から始めます。

ここでは、遅延実行を用いて変数を初期化する基本的な例を紹介します。

class SampleClass {
    lazy var sampleString: String = {
        print("変数が初期化されました")
        return "Hello, Lazy!"
    }()
}

let sample = SampleClass()
print("オブジェクトが作成されました")

print(sample.sampleString)
print(sample.sampleString)

このコードでは、SampleClassというクラスの中に、sampleStringという遅延実行される変数を定義しています。

sampleStringは初めてアクセスされるまで、初期化されません。

実際にこのコードを実行すると、次のように表示されます。

オブジェクトが作成されました
変数が初期化されました
Hello, Lazy!
Hello, Lazy!

この出力からもわかるように、sampleStringへの初回のアクセス時にのみ初期化が行われ、それ以降のアクセス時には初期化は行われないことが確認できます。

○サンプルコード2:Lazy Initializer with Closure

遅延実行はクロージャを使用しても実現することができます。

class Rectangle {
    var width = 0
    var height = 0
    lazy var area: () -> Int = {
        [unowned self] in
        return self.width * self.height
    }
}

let rectangle = Rectangle()
rectangle.width = 10
rectangle.height = 5
print("長方形の面積は\(rectangle.area())です")

このコードでは、Rectangleクラスの中にareaという遅延実行されるクロージャを定義しています。areaは初めて呼び出されるまで、実行されません。

実際にこのコードを実行すると、次のように表示されます。

長方形の面積は50です

この出力から、areaクロージャが正しく実行され、長方形の面積が計算されることがわかります。

○サンプルコード3:Lazy Collections

Swiftのコレクションにも遅延実行のメリットは生かされています。

特に、大量のデータを持つ配列や辞書などのコレクションを処理する際に、遅延実行は非常に役立ちます。

遅延コレクションを使用すると、必要なデータだけが計算されるため、不要な計算コストを節約できます。

ここでは、遅延コレクションを利用したサンプルコードの例を紹介します。

let numbers = Array(1...1_000_000)
let lazySquared = numbers.lazy.map { $0 * $0 }

// 最初の5つの要素だけを取得
let firstFive = Array(lazySquared.prefix(5))
print(firstFive)

このコードの中で、numbers配列の各要素を二乗する操作をmapメソッドを使用しています。

しかし、lazyキーワードを使用しているため、全ての要素を即座に二乗するのではなく、アクセスされた時点でのみ計算が行われます。

この例では、lazySquaredから最初の5つの要素だけを取得していますので、1_000_000個の要素全てを二乗する必要はありません。

このコードを実行すると、次のような出力が得られます。

[1, 4, 9, 16, 25]

この結果からもわかるように、lazySquaredから取得した5つの数値が正しく二乗されています。

○サンプルコード4:LazyでのOptional Handling

Swiftでは、Optionalを用いて、値が存在しない可能性を明示的に表現することができます。

遅延実行と組み合わせることで、Optionalの処理も効率的に行うことが可能です。

下記のサンプルコードは、遅延実行を使用してOptionalの値を取り扱う例を表しています。

struct Book {
    var title: String
    var author: String?
}

let books = [
    Book(title: "Swift入門", author: "太郎"),
    Book(title: "遅延実行の極意", author: nil),
    Book(title: "プログラミングの基礎", author: "花子")
]

let authorsLazy = books.lazy.compactMap { $0.author }

// 著者名だけを取得
let authors = Array(authorsLazy)
print(authors)

上記のコードでは、著者名がnilである場合を除外して、著者名だけを取り出す操作を行っています。

compactMapメソッドを使用して、nilを除外しつつ、存在する値だけを取り出します。

実行すると、次のような出力が得られます。

["太郎", "花子"]

この結果から、nilである著者を除外した2つの著者名が正しく取得できていることが確認できます。

●遅延実行の応用例

Swiftの遅延実行は、基本的な使い方だけでなく、さまざまな応用例が存在します。

ここでは、特によく使われる応用的なシーンにおける遅延実行の方法とその利点について詳しく解説します。

○サンプルコード5:Lazy for Heavy Computation

重い計算処理を行う際、すべての計算を先に行わないように遅延実行を活用することで、パフォーマンスの向上が期待できます。

func heavyComputation(for value: Int) -> Int {
    // 重たい計算処理
    return value * value
}

let values = Array(1...10)
let lazyResults = values.lazy.map { heavyComputation(for: $0) }

// 必要な場面でのみ計算
let result = lazyResults[4]
print(result)

上記のコードでは、heavyComputation関数は重い計算処理を模倣するためのものです。

values配列の要素に対してmapを使ってこの関数を適用していますが、lazyを使用することで、実際に値にアクセスされたときだけ関数の計算が行われます。

このコードを実行すると、25という結果が得られることが確認できます。

ここでは、5番目の要素にアクセスしているので、その要素だけが計算されます。

○サンプルコード6:Using Lazy with Structures

Swiftの構造体も、遅延実行の利点を享受することができます。

特に、プロパティの初期化時にコストがかかる場合や、外部リソースへのアクセスが伴う場合に適しています。

struct ImageProcessor {
    var source: String
    lazy var processedImage: String = {
        // 画像の処理ロジック
        return "Processed_" + source
    }()
}

let imageProcessor = ImageProcessor(source: "SampleImage.jpg")
print(imageProcessor.processedImage)

上記のサンプルでは、ImageProcessor構造体にprocessedImageという遅延初期化プロパティを持たせています。

このプロパティは、実際にアクセスされるまで初期化されません。

この方法を取ることで、画像の処理などの時間がかかる操作を必要に応じて遅延させることができます。

このコードを実行すると、”Processed_SampleImage.jpg”という結果を得ることができます。

こちらは、遅延実行されたprocessedImageプロパティの結果です。

○サンプルコード7:Lazy in Conjunction with UI

Swiftの遅延実行は、UIコンポーネントと連携して効果を発揮することも可能です。

UIの要素が多数存在し、その全てが即座に読み込まれることでパフォーマンスの低下や遅延を招く可能性がある場面で、遅延実行をうまく使うことでユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

import UIKit

class CustomViewController: UIViewController {
    lazy var imageView: UIImageView = {
        let iv = UIImageView()
        iv.image = UIImage(named: "LargeImage.jpg")
        return iv
    }()
}

let viewController = CustomViewController()
print(viewController.view) // UIViewが表示される
print(viewController.imageView) // UIImageViewが表示される

このコードでは、CustomViewControllerクラス内で、UIImageViewを遅延実行を使用して初期化しています。

このようにすることで、imageViewへのアクセスが実際に行われるまで、画像の読み込みやUIImageViewの初期化は行われません。

viewControllerをインスタンス化した時点では、まだimageViewは初期化されていません。

しかし、imageViewプロパティにアクセスすると、初めて画像が読み込まれ、UIImageViewが初期化されます。

○サンプルコード8:Lazy and Thread Safety

遅延実行を多スレッド環境で利用する際、スレッドセーフを確保することが非常に重要です。

Swiftのlazyキーワードを使用した遅延初期化は、スレッドセーフではないため、注意が必要です。

class DataFetcher {
    lazy var data: [Int] = {
        // データ取得ロジック
        return [1, 2, 3, 4, 5]
    }()
}

let fetcher = DataFetcher()
DispatchQueue.global().async {
    print(fetcher.data)
}
DispatchQueue.global().async {
    print(fetcher.data)
}

上記のコードでは、DataFetcherクラスがdataプロパティを遅延初期化しています。

しかし、DispatchQueue.global().asyncを使って異なるスレッドから同時にdataプロパティにアクセスしているため、スレッドセーフの問題が発生する可能性があります。

この問題を避けるためには、排他制御を施す、または別の方法でデータの取得を行うよう設計することが求められます。

○サンプルコード9:Lazy Sequence Operations

Swiftでは、コレクションや配列の操作にlazyを使用することで、効率的にシーケンスの操作を行うことができます。

lazyを使用すると、シーケンスの各要素が必要とされるまで、その計算や操作は遅延されます。

これにより、大量のデータに対して高価な操作を行う場面で、必要なデータのみを効率よく取り扱うことができます。

let numbers = [1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10]
let lazyResult = numbers.lazy.filter { $0 % 2 == 0 }.map { $0 * 10 }

このコードでは、1から10までの整数が格納された配列numbersに対して、偶数のみを抽出し(filterメソッド)、その結果に10を掛けた新しい配列を作成しています(mapメソッド)。

しかし、lazyを使用することで、この操作は実際に結果が必要とされるまで実行されません。

例えば、次のように最初の要素にアクセスする場合、

print(lazyResult.first)

上記のコードを実行すると、20が出力されます。

このとき、偶数の抽出と掛け算の操作は最初の要素に対してのみ実行され、他の要素に対する操作は行われません。

このように、lazyを使用することで、必要な要素の操作のみを効率的に行い、計算コストを節約することができます。

○サンプルコード10:Lazy Filtering

lazyを使ったフィルタリングは、特に大量のデータを扱う際に役立ちます。

例えば、特定の条件に一致する要素だけを抽出したい場合、lazyを使うことで、一致する要素が見つかった時点での計算を中止することができます。

let largeNumbers = Array(1...1000)
let lazyEvenNumbers = largeNumbers.lazy.filter { $0 % 2 == 0 }

このコードでは、1から1000までの整数が格納された配列largeNumbersから偶数のみを遅延実行で抽出しています。

しかし、実際のフィルタリング処理は、結果が必要とされるまで実行されません。そのため、次のように特定の要素にアクセスする場合、

print(lazyEvenNumbers[10])

上記のコードを実行すると、22が出力されます。

このとき、1から22までの偶数の抽出だけが行われ、それ以降の要素に対するフィルタリングは実行されません。

このように、必要最小限の操作だけを行い、計算の効率を向上させることができます。

●注意点と対処法

Swiftにおける遅延実行lazyは、効率的なプログラムを作成する上で非常に役立つ機能です。

しかし、適切に使用しないと、予期しない挙動やバグを引き起こす可能性があります。

そのため、注意すべき点とその対処法を理解することが重要です。

○遅延実行時の注意点

□初期化のタイミング

遅延実行lazyは、初期化のタイミングが変わるため、通常の変数や定数とは異なる動作をします。

具体的には、変数や定数が宣言された時点では初期化されず、初めてアクセスされたときに初期化されます。

class SampleClass {
    var regularVar = {
        print("regularVarの初期化")
        return 5
    }()

    lazy var lazyVar: Int = {
        print("lazyVarの初期化")
        return 10
    }()
}

let sample = SampleClass() // 出力: regularVarの初期化
print(sample.lazyVar)      // 出力: lazyVarの初期化
                           //       10

このコードでは、SampleClassをインスタンス化した時点でregularVarは初期化されていますが、lazyVarは初めてアクセスされたときに初期化されます。

□再初期化されない

lazy変数は、一度初期化されると再初期化されません。

したがって、同じlazy変数に再度アクセスしても、初期化クロージャは再実行されません。

□スレッドセーフでない

lazy変数はスレッドセーフではないため、複数のスレッドから同時にアクセスすると、初期化クロージャが複数回実行される可能性があります。

これは特にマルチスレッド環境や非同期処理を行う場面で注意が必要です。

○副作用との関係

遅延実行lazyを使用する際、初期化クロージャ内で副作用(外部の状態を変更する操作)を持つコードを書くと、その副作用の発生タイミングが変わる可能性があります。

これにより、プログラムの挙動が予期しないものとなる場合があります。

したがって、lazyを使用する際は、初期化クロージャ内のコードが副作用を持たないように注意することが求められます。

□遅延実行とメモリ管理

Swiftでは、メモリ管理の仕組みとしてARC(Automatic Reference Counting)が導入されています。

lazy変数もこのメモリ管理の対象となります。ただし、lazy変数は初期化が遅延されるため、それに伴いメモリの確保も遅延される点が特徴的です。

通常、変数や定数はそのスコープが終了するとメモリから解放されますが、lazy変数は初期化が行われていない場合、メモリの確保が行われていないため、スコープが終了してもメモリの解放が行われません。

したがって、長時間保持されるオブジェクトなどでlazy変数を多用すると、メモリの使用量が増加する可能性があります。

このようなメモリの問題を避けるためには、lazy変数の使用を適切に制限し、不要になったlazy変数を適切に解放することが重要です。

特に、大量のデータや重いリソースを扱う場面では、メモリの管理に注意を払う必要があります。

●カスタマイズ方法

Swiftの遅延実行lazyをより柔軟に利用するためのカスタマイズ方法について深く掘り下げていきます。

ここでは、lazyを使ったさまざまなデザインパターンや、Swiftの拡張機能を駆使してlazyの挙動をカスタマイズする方法を詳細に解説します。

○Lazy Patterns

遅延実行lazyは、その特性を活かしてさまざまなデザインパターンを実現することができます。

ここでは、lazyを利用した一般的なパターンをいくつか紹介します。

□シングルトンパターン

シングルトンは、あるクラスのインスタンスが1つだけ生成されることを保証するデザインパターンです。

Swiftではlazyを利用することで、スレッドセーフなシングルトンを簡単に実装することができます。

class Singleton {
    static let shared: Singleton = {
        let instance = Singleton()
        // ここでの初期設定や処理を追加可能
        return instance
    }()

    private init() {}
}

let instanceA = Singleton.shared
let instanceB = Singleton.shared
assert(instanceA === instanceB) // 両者は同じインスタンスを指している

□フラクトリーパターン

フラクトリーパターンを使用すると、オブジェクトの生成ロジックを隠蔽し、必要に応じて異なるオブジェクトを返すことができます。

lazyを組み合わせることで、初回のアクセス時だけオブジェクトを生成するロジックを実装することができます。

○Extensions for Lazy Execution

Swiftの拡張機能を利用して、既存の型に対してlazyの挙動をカスタマイズする方法を探ることもできます。

ここでは、配列やコレクションに対してlazyを活用した拡張を紹介します。

□配列の遅延評価

配列やコレクションの各要素に対する処理を、実際にその要素が必要となったときだけ実行することで、パフォーマンスの向上を図ることができます。

extension Array {
    func lazyMap<T>(_ transform: @escaping (Element) -> T) -> [T] {
        return LazyMapCollection(self, transform)
    }
}

let numbers = [1, 2, 3, 4, 5]
let squaredNumbers = numbers.lazyMap { $0 * $0 }
print(squaredNumbers[2]) // 9が出力される

このコードでは、lazyMap関数を通して、配列の要素に対する処理を遅延評価しています。

squaredNumbers[2]にアクセスした時点で、3番目の要素に対してのみ変換処理が実行されます。

まとめ

Swiftの遅延実行lazyは、リソースの効率的な使用や計算の最適化に大いに貢献します。

この記事を通して、遅延実行の基本から応用、さらにはカスタマイズ方法まで、多岐にわたる内容を学んできました。

初心者から中級者まで、遅延実行のメリットを最大限に活用するためのテクニックや知識を網羅的に紹解説してきました。

特にサンプルコードを多用して、具体的な実装方法や使用例を示すことで、理解を深める手助けをしました。

適切に遅延実行を利用することで、アプリケーションのパフォーマンスやレスポンスの向上が期待できます。

しかし、その使用には注意点も存在します。適切な場面や方法でlazyを使用することで、Swiftプログラミングの幅が一層広がるでしょう。

今回学んだ知識をもとに、Swiftコーディングの日々において、遅延実行の特性を効果的に活用して、更なる品質の高いアプリケーション開発を目指してください。