Swiftで読み上げ機能を作る!10選の実装方法と詳細ガイド

Swiftプログラミングでの読み上げ機能の実装ガイドSwift
この記事は約13分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

スマートフォンやタブレット、PCなど、デジタルデバイスが日常に欠かせない存在となっています。

その中でも、アプリやウェブサイトでの情報提供手段として「読み上げ機能」は注目されているツールの一つです。

特に、視覚障害者や高齢者、多忙な方々にとって、読み上げ機能は非常に便利です。

今回の記事では、Appleの人気プログラミング言語「Swift」を使用して、読み上げ機能を実装する10の方法を詳しく解説します。

初心者から中級者まで、Swiftでの読み上げをマスターするための一歩を踏み出してみましょう。

●Swiftと読み上げ機能の基本

Swiftは、Appleが開発したプログラミング言語で、iOS、macOS、watchOS、tvOSなど、Apple製品向けのアプリ開発に広く使用されています。

シンプルで読みやすい文法と、高いパフォーマンスを持ち合わせているため、多くの開発者から支持されています。

○Swift言語の特徴

Swiftは次のような特徴を持っています。

  • 安全性:エラーを早期に検出することができ、クラッシュを減少させる仕組みが組み込まれています。
  • 高速性:C言語やObjective-Cと比べても高いパフォーマンスを持っています。
  • モダン:読みやすく、書きやすい文法が採用されています。
  • Playground:コードを即座に試せる機能で、瞬時に結果を確認できます。

○読み上げ機能とは

読み上げ機能は、テキストデータを人の声のように音声として出力する技術です。

これにより、テキスト情報を聴覚的に捉えることができ、視覚的な制約や、読む時間がないといった場面での情報取得が容易になります。

近年では、AI技術の進化に伴い、より自然な音声での読み上げが可能となってきました。

●高度な読み上げ機能の実装

Swiftでの読み上げ機能は基本的な読み上げからさらに進化し、さまざまな高度な機能を備えています。

これにより、アプリのユーザビリティを向上させることができます。

今回は、その高度な読み上げ機能の実装方法を詳しく解説します。

○サンプルコード3:複数の言語での読み上げ

Swiftでは、多言語に対応した読み上げも簡単に実装できます。

この機能を活用することで、アプリを使う多様なユーザーに合わせた体験を提供することができます。

import AVFoundation

let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
let japaneseUtterance = AVSpeechUtterance(string: "こんにちは")
japaneseUtterance.voice = AVSpeechSynthesisVoice(language: "ja-JP")
synthesizer.speak(japaneseUtterance)

let englishUtterance = AVSpeechUtterance(string: "Hello")
englishUtterance.voice = AVSpeechSynthesisVoice(language: "en-US")
synthesizer.speak(englishUtterance)

このコードでは、AVSpeechSynthesisVoiceを使って言語を指定しています。

日本語と英語の2つの言語での読み上げを行っています。

○サンプルコード4:背景音とのミックス

アプリ内で音楽や効果音が流れている場合、その上で読み上げを行う場面も考えられます。

Swiftでは、背景音とのミックスもサポートしています。

import AVFoundation

let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
let utterance = AVSpeechUtterance(string: "背景音と一緒に読み上げます")
utterance.volume = 0.8 // 0.0(無音)から1.0(最大音量)まで
synthesizer.speak(utterance)

volumeプロパティを使用して、読み上げる音声のボリュームを調整することができます。

背景音とのバランスを適切に調整することで、ユーザーに快適な体験を提供できます。

○サンプルコード5:リアルタイムでのテキスト変更と読み上げ

リアルタイムにテキスト内容が変わる場面で、その変更をすぐに読み上げたい場合もあります。

Swiftを使えば、そのような動的な読み上げも容易に実装できます。

import AVFoundation

let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
var text = "初めのテキスト"
let utterance = AVSpeechUtterance(string: text)
synthesizer.speak(utterance)

// テキストが変更された場合
text = "更新されたテキスト"
let updatedUtterance = AVSpeechUtterance(string: text)
synthesizer.speak(updatedUtterance)

上記のコードでは、テキストが更新されるたびに新しいAVSpeechUtteranceオブジェクトを作成し、その内容を読み上げています。

●読み上げ機能の応用例

Swiftでの読み上げ機能は、その高度な機能性と柔軟性から、多岐にわたる応用例が考えられます。

実用性を高めるための方法や、よりユーザーフレンドリーなアプリを作るためのテクニックを取り入れることができます。

○サンプルコード6:通知メッセージの読み上げ

アプリで受信した通知メッセージを自動で読み上げる機能は、ユーザーが情報を逃さずに取得できるメリットがあります。

import AVFoundation

func readNotificationMessage(message: String) {
    let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
    let utterance = AVSpeechUtterance(string: message)
    synthesizer.speak(utterance)
}

// 通知メッセージのサンプル
let notificationMessage = "新しいメッセージが届きました。"
readNotificationMessage(message: notificationMessage)

このコードでは、readNotificationMessage関数を用いて、受け取ったメッセージを読み上げています。

○サンプルコード7:チャットボットとの連携

チャットボットからの返答を読み上げることで、テキストだけでなく音声でも情報を提供することができます。

これにより、ユーザーのエンゲージメントを高めることができます。

import AVFoundation

func readChatbotResponse(response: String) {
    let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
    let utterance = AVSpeechUtterance(string: response)
    synthesizer.speak(utterance)
}

// チャットボットからの返答サンプル
let botResponse = "こんにちは!何か質問がありますか?"
readChatbotResponse(response: botResponse)

このコードを実行すると、チャットボットの返答「こんにちは!何か質問がありますか?」が読み上げられます。

○サンプルコード8:アクセシビリティ向上のための読み上げ

視覚に障害を持つユーザーや高齢者など、テキストの読み取りが困難なユーザーにとって、読み上げ機能は非常に有益です。

import AVFoundation

func readForAccessibility(content: String) {
    let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
    let utterance = AVSpeechUtterance(string: content)
    synthesizer.speak(utterance)
}

// アクセシビリティ対応のための読み上げサンプル
let accessibilityContent = "このボタンを押すと、設定画面が開きます。"
readForAccessibility(content: accessibilityContent)

上記のコードでは、アクセシビリティ対応のための情報「このボタンを押すと、設定画面が開きます。」を読み上げています。

●特定のシチュエーションでの読み上げ

読み上げ機能は、日常的なシチュエーションだけでなく、特定の場面やニーズに合わせて活用することができます。

Swiftを使ってこれらの特定のシチュエーションに対応した読み上げ機能を実装する方法を、具体的なサンプルコードとともに紹介します。

○サンプルコード9:ナビゲーションガイダンスの読み上げ

ナビゲーションアプリやカーナビでは、ドライバーや歩行者に向けたガイダンスを音声で提供することが一般的です。

Swiftを使用して、道路名や距離情報などを音声で読み上げる方法を見てみましょう。

import AVFoundation

func readNavigationGuidance(roadName: String, distance: Int) {
    let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
    let guidance = "\(roadName)を進んで、次の交差点まであと\(distance)メートルです。"
    let utterance = AVSpeechUtterance(string: guidance)
    synthesizer.speak(utterance)
}

// ナビゲーションガイダンスのサンプル
readNavigationGuidance(roadName: "青山通り", distance: 300)

このコードを実行すると、指定された道路名「青山通り」と距離「300メートル」を元に、「青山通りを進んで、次の交差点まであと300メートルです。」というガイダンスが読み上げられます。

○サンプルコード10:E-Bookの文章読み上げ

E-Bookリーダーアプリでは、本の内容を音声で読み上げることで、視覚に障害を持つ方や運転中などの手が塞がっている状況でも本を楽しむことができます。

import AVFoundation

func readEBookContent(pageContent: String) {
    let synthesizer = AVSpeechSynthesizer()
    let utterance = AVSpeechUtterance(string: pageContent)
    synthesizer.speak(utterance)
}

// E-Bookの内容サンプル
let bookPage = "彼は長い旅の終わりに、ついに故郷の村に帰ってきた。"
readEBookContent(pageContent: bookPage)

上記のコードにより、E-Bookの内容「彼は長い旅の終わりに、ついに故郷の村に帰ってきた。」が読み上げられます。

●注意点と対処法

Swiftで読み上げ機能を実装する際の注意点とその対処法について詳しく解説します。

音声読み上げの品質を向上させるためのヒントや、誤読を避けるためのアドバイスを紹介します。

○読み上げ音声の品質向上のヒント

音声の品質は、読み上げ体験の中心となります。

ユーザーが内容を理解しやすく、心地よく感じる音声を目指して、次の点を考慮しましょう。

□音声の速度

速すぎるとユーザーが内容を追いつけず、遅すぎると退屈してしまいます。

理想的な速度を見つけるためには、テストを繰り返すことが大切です。

let utterance = AVSpeechUtterance(string: "こんにちは、Swiftです。")
utterance.rate = 0.5  // 0.5倍速で読み上げ

このコードを実行すると、”こんにちは、Swiftです。”というテキストが0.5倍の速度で読み上げられ、ゆっくりとした発音で話されます。

□音声のピッチ

ピッチを調整することで、音声の印象を大きく変えることができます。

高すぎるピッチは耳障りに感じられ、低すぎるピッチは退屈に聞こえる可能性があります。

utterance.pitchMultiplier = 1.2  // ピッチを1.2倍に

上記のコードを使用すると、ピッチが1.2倍の高さで読み上げられます。

○誤読を避けるためのアドバイス

読み上げ機能がテキストを誤読することは、ユーザーの混乱を招きます。

特に専門用語や固有名詞は正確に発音することが求められます。

次の方法で誤読を避けることができます。

□発音ガイドの追加

特定の単語の発音を指定することで、正確な読み上げを実現できます。

let pronunciationDictionary = ["Swift": "[swɪft]"]
utterance.pronunciationHintDictionary = pronunciationDictionary

このサンプルコードにより、「Swift」という単語を「[swɪft]」の発音で読み上げるように指定しています。

□文の構造を明確に

文章の構造や句読点の位置を適切に設定することで、読み上げの自然さを向上させることができます。

●カスタマイズ方法

Swiftによる読み上げ機能は、多様なカスタマイズが可能です。

アプリのニーズやユーザーの要望に応じて、読み上げの体験を最適化する方法を紹介します。

○音声のカスタマイズ

Swiftでの読み上げ音声は、その速度やピッチ、音量など、さまざまな要素をカスタマイズすることができます。

ここでは、主要なカスタマイズの方法をいくつか紹介します。

□音量の調整

読み上げる際の音量を調整することで、他のアプリの音や周囲の騒音とのバランスを取ることができます。

let utterance = AVSpeechUtterance(string: "こんにちは、Swiftです。")
utterance.volume = 0.8  // 音量を0.8に設定

このコードでは、”こんにちは、Swiftです。”というテキストを0.8の音量で読み上げるように指定しています。

○特定の単語の読み上げ方の変更

特定の単語やフレーズの発音をカスタマイズすることで、専門用語や固有名詞の誤読を防ぐことができます。

□発音ガイドの利用

単語の発音を明示的に指定することが可能です。

これは、固有名詞や専門用語など、一般的な読みとは異なる発音が求められる場合に有効です。

let utterance = AVSpeechUtterance(string: "iPhoneはアップルが開発したスマートフォンです。")
utterance.setSpeechSynthesisVoice(AVSpeechSynthesisVoice(language: "ja-JP"))
let pronunciationDictionary: [String: String] = ["iPhone": "[aifəʊn]"]
utterance.pronunciationHintDictionary = pronunciationDictionary

このサンプルコードでは、「iPhone」という単語を「[aifəʊn]」の発音で読み上げるように指定しています。

まとめ

Swiftでの読み上げ機能の実装は、多岐にわたるカスタマイズの選択肢と組み合わせて、アプリケーションの要件やユーザーの期待に応じた形で提供することができます。

今回のガイドを通じて、基本的な実装方法から高度な読み上げ機能、そしてさまざまなカスタマイズ方法まで、Swiftにおける読み上げの実装に関する豊富な情報を提供しました。

読み上げ機能は、アクセシビリティの向上、ユーザーエクスペリエンスの充実、アプリの多様な用途への応用など、さまざまなメリットを持っています。

Swiftを使用して、アプリの魅力をさらに引き出すための読み上げ機能を実装し、より多くのユーザーに喜ばれるアプリケーションを作成しましょう。