Swiftでzip関数を活用しよう!初心者でもわかる12選の使い方

Swiftのzip関数のイラストと12のサンプルコードSwift
この記事は約16分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Swiftの世界は奥が深く、学ぶべきものがたくさんありますが、その中でも特に便利なzip関数を知っていますか?

この関数を使用することで、複数の配列やコレクションをペアリングする作業が簡単になります。

この記事を読めばSwiftのzip関数の活用法をマスターすることができるようになります。

●Swiftとzip関数の基本

Swiftとは、Appleが開発したプログラム言語の一つで、iOSやmacOSなどのアプリを開発する際の主要な言語として使用されています。

シンプルで読みやすく、しかも強力なこの言語を学ぶことで、あなたも素晴らしいアプリケーションを開発する一歩を踏み出せるでしょう。

○Swiftとは

Swiftは、Objective-Cの後継として2014年にAppleによって公開されました。

型安全性に優れ、モダンなプログラムの設計思想を取り入れているため、初心者からプロの開発者まで幅広く使われています。

特にiOSやmacOSのアプリケーション開発では、現在の主流となっています。

○zip関数の役割と基本的な概念

Swiftにおけるzip関数は、二つのシーケンスやコレクションを取り、それらの要素をペアにして新しいシーケンスを返す関数です。

この関数を使うと、二つの配列を簡単に組み合わせることができるので、非常に便利です。

このコードでは、二つの配列を使って基本的なzip関数を試してみる例を表しています。

この例では、names配列とscores配列をzip関数を用いて組み合わせ、その結果をprint関数で出力しています。

let names = ["田中", "鈴木", "佐藤"]
let scores = [85, 90, 78]

let paired = zip(names, scores)
for (name, score) in paired {
    print("\(name)さんのスコアは\(score)点です。")
}

実際に上記のコードを実行すると、次のような出力が得られます。

田中さんのスコアは85点です。
鈴木さんのスコアは90点です。
佐藤さんのスコアは78点です。

このように、zip関数を使うことで簡単に二つの配列の要素をペアにして扱うことができるのです。

●zip関数の使い方

Swiftのzip関数は、複数の配列やコレクションを組み合わせる際に非常に役立ちます。

しかし、どのように活用するのか、初心者には少し難しく感じるかもしれません。

ここでは、zip関数の基本的な使い方から、少し応用的な方法までをステップバイステップで解説していきます。

○サンプルコード1:基本的なzip関数の使用法

まずは、zip関数の最も基本的な使い方を見てみましょう。

このコードでは、2つのString型の配列を使って、zip関数を用いてそれらを組み合わせる基本的な方法を表しています。

この例では、firstNamesとlastNamesの2つの配列をzipして、フルネームを出力しています。

let firstNames = ["太郎", "花子", "次郎"]
let lastNames = ["山田", "鈴木", "佐藤"]

for (firstName, lastName) in zip(firstNames, lastNames) {
    print("\(firstName) \(lastName)")
}

実際に上記のコードを実行すると、次のように出力されます。

太郎 山田
花子 鈴木
次郎 佐藤

このように、zip関数は2つの配列の要素をペアリングして、一つの新しい配列を返します。

○サンプルコード2:複数の配列をzipする方法

次に、3つ以上の配列をzipする方法を見てみましょう。

このコードでは、3つの配列を使って、zip関数とmap関数を組み合わせて、それぞれの配列の要素を組み合わせる方法を表しています。

この例では、names、ages、citiesの3つの配列をzipして、それぞれの要素を組み合わせて出力しています。

let names = ["田中", "鈴木", "佐藤"]
let ages = [25, 30, 28]
let cities = ["東京", "大阪", "福岡"]

let combined = zip(zip(names, ages), cities).map { ((name, age), city) in
    (name, age, city)
}

for (name, age, city) in combined {
    print("\(name)さん、\(age)歳、出身地: \(city)")
}

上記のコードを実行すると、次のような結果となります。

田中さん、25歳、出身地: 東京
鈴木さん、30歳、出身地: 大阪
佐藤さん、28歳、出身地: 福岡

このコードでは、Swift のzip関数の特性を考慮しています。

zip関数は標準で2つの配列しか受け付けないため、3つ以上の配列を組み合わせるには、zip関数を入れ子にする必要があります。

まずnamesagesをzipし、その結果とcitiesをさらにzipしています。

その後、map関数を使用して、入れ子になったタプルを単一のタプルに変換しています。

○サンプルコード3:zipした結果を新しいデータ構造に変換する

Swiftのzip関数を使用すると、2つの配列やコレクションを簡単に組み合わせることができます。

しかし、この組み合わせた結果をさらに別のデータ構造に変換する方法について考えてみましょう。

このコードでは、名前と年齢の2つの配列をzip関数で結合し、その結果を新しいPerson構造体のインスタンスの配列に変換する方法を表しています。

この例では、namesとagesの2つの配列をzipして、それをPerson構造体の配列に変換しています。

struct Person {
    let name: String
    let age: Int
}

let names = ["山田太郎", "鈴木花子", "佐藤健"]
let ages = [25, 28, 30]

let persons: [Person] = zip(names, ages).map { Person(name: $0.0, age: $0.1) }

// 結果を確認
for person in persons {
    print("名前: \(person.name)、年齢: \(person.age)歳")
}

上記のコードを実行すると、次のような結果が得られます。

名前: 山田太郎、年齢: 25歳
名前: 鈴木花子、年齢: 28歳
名前: 佐藤健、年齢: 30歳

このように、zip関数を使って2つの配列を結合した後、その結果をmap関数を使用して新しいデータ構造に変換することができました。

この手法は、異なるデータを持つ複数の配列を一つのオブジェクトや構造体に組み合わせる際に非常に役立ちます。

○サンプルコード4:zip関数とfor-inループを組み合わせる方法

zip関数の返す結果は、for-inループで簡単に反復処理することができます。

これにより、2つの配列を同時にループ処理する場面で特に役立ちます。

このコードでは、学生の名前とそのテストの点数の2つの配列を使って、zip関数とfor-inループを組み合わせて、それぞれの学生の名前と点数を出力する方法を表しています。

let students = ["田中", "鈴木", "佐藤"]
let scores = [85, 90, 78]

for (student, score) in zip(students, scores) {
    print("\(student)さんの点数は\(score)点です。")
}

上記のコードを実行すると、次のような結果が得られます。

田中さんの点数は85点です。
鈴木さんの点数は90点です。
佐藤さんの点数は78点です。

●zip関数の応用例

Swiftのzip関数は非常に汎用性が高く、様々なシーンで役立つ機能を持っています。

ここでは、zip関数をさらに活用した実例を、初心者の方々にもわかりやすく解説します。

○サンプルコード5:zipを使ったデータのフィルタリング

配列のデータをフィルタリングする際、zip関数を利用すると、2つの配列の要素を同時に参照しながら、特定の条件を満たすものだけを抽出することができます。

このコードでは、商品名とその価格の2つの配列を利用して、指定した価格より安い商品のみを抽出する方法を表しています。

この例では、productsとpricesの2つの配列をzipして、価格が1000以下の商品だけを抽出しています。

let products = ["アップルジュース", "バナナ", "オレンジ"]
let prices = [800, 1200, 950]

let affordableProducts = zip(products, prices).filter { $0.1 <= 1000 }.map { $0.0 }

// 結果を確認
for product in affordableProducts {
    print("\(product)は1000円以下で購入可能です。")
}

実行すると次のような結果が得られます。

アップルジュースは1000円以下で購入可能です。
オレンジは1000円以下で購入可能です。

○サンプルコード6:zipとmap関数の組み合わせ

Swiftの高階関数として知られるmap関数とzip関数を組み合わせることで、2つの配列を同時に操作しながら新しい配列を作成することができます。

このコードでは、2つの数値の配列を取り、それぞれの要素を合計した新しい配列を作成する方法を示しています。

この例では、numbers1とnumbers2という2つの配列をzipして、それぞれの要素を合計して新しい配列を生成しています。

let numbers1 = [1, 2, 3]
let numbers2 = [4, 5, 6]

let summedNumbers = zip(numbers1, numbers2).map { $0 + $1 }

// 結果を確認
for number in summedNumbers {
    print(number)
}

上記のコードを実行すると、5、7、9という合計された数値が得られます。

○サンプルコード7:zipを活用した計算処理

Swiftにおけるzip関数の威力は計算処理でも顕著に発揮されます。

2つ以上の配列のデータを、一つずつ同時に取り出して処理を行う場合、zip関数が非常に役立ちます。

このコードでは、学生の名前とそれに対応するテストの点数を2つの配列として持っており、zip関数を使って、特定のスコア以上の学生の名前を抽出する方法を表しています。

この例では、studentsとscoresの2つの配列をzipし、スコアが80点以上の学生の名前をリストアップしています。

let students = ["田中", "佐藤", "鈴木"]
let scores = [85, 70, 90]

let excellentStudents = zip(students, scores).filter { $0.1 >= 80 }.map { $0.0 }

// 結果の確認
for student in excellentStudents {
    print("\(student)さんは80点以上の素晴らしい成績です。")
}

このコードを実行すると、「田中さんは80点以上の素晴らしい成績です。」および「鈴木さんは80点以上の素晴らしい成績です。」という出力結果が得られます。

○サンプルコード8:zip関数を用いたデータのソート

データのソートもzip関数を活用すると効率的に行えます。

たとえば、商品名とその評価スコアが別の配列で管理されている場合、評価スコアに基づいて商品名をソートしたいというニーズが考えられます。

このコードでは、商品名とその評価スコアの配列を用意し、評価スコアの降順で商品名をソートする方法を表しています。

この例では、itemsとscoresの2つの配列をzipし、scoresを基にして降順に商品名をソートしています。

let items = ["商品A", "商品B", "商品C"]
let scores = [3, 5, 4]

let sortedItems = zip(items, scores).sorted { $0.1 > $1.1 }.map { $0.0 }

// ソート結果の確認
for item in sortedItems {
    print(item)
}

上記のコードを実行すると、「商品B」「商品C」「商品A」という順番で商品名が出力されます。

○サンプルコード9:zip関数と高階関数の連携

Swiftの高階関数は非常に強力で、zip関数と組み合わせることでさらにその可能性を広げることができます。

このコードでは、商品の名前とその在庫数を持つ2つの配列があり、zip関数を用いて在庫数が10以上の商品のみを取得する方法を表しています。

この例では、productNamesとstockCountsの2つの配列をzipして、在庫数が10以上の商品だけを取得しています。

let productNames = ["ペン", "ノート", "消しゴム"]
let stockCounts = [5, 15, 8]

let availableProducts = zip(productNames, stockCounts).filter { $0.1 >= 10 }.map { $0.0 }

// 在庫が10以上の商品を確認
for product in availableProducts {
    print("\(product)は十分な在庫があります。")
}

実行すると、「ノートは十分な在庫があります。」という結果が得られます。

●注意点と対処法

Swiftのzip関数を使用する際、特に初心者の方はいくつかの注意点を把握しておく必要があります。

ここでは、zip関数を使用する際の主要な注意点とその対処法について詳しく説明します。

○配列の長さが異なる場合のzip関数の挙動

Swiftのzip関数を使うとき、最も注意するべき点は、2つの配列の長さが異なる場合の挙動です。

zip関数は2つの配列の要素をペアにしますが、配列の長さが異なる場合、短い方の配列の要素数に合わせてペアリングが行われます。

このコードでは、一つ目の配列には3つの要素が、二つ目の配列には4つの要素が含まれています。

しかし、zip関数は3つのペアだけを生成します。

let array1 = ["a", "b", "c"]
let array2 = [1, 2, 3, 4]

let zippedResult = zip(array1, array2)

// zip関数の結果を確認
for (letter, number) in zippedResult {
    print("\(letter)と\(number)")
}

上記のコードを実行すると、「aと1」「bと2」「cと3」という3つのペアが出力され、「4」という要素は無視されます。

この挙動を回避するためには、zip関数を使用する前に2つの配列の長さが同じであることを確認するか、異なる場合には適切なデフォルト値を提供するなどの対処が必要です。

○zip関数の性能に関する注意

zip関数は基本的に高速に動作しますが、非常に大きな配列を扱う際は性能の低下が起こる可能性があります。

具体的な状況やデータの量によっては、zip関数の代わりに別の方法を検討することも考えられます。

しかし、一般的な用途や中規模のデータに対しては、zip関数は効率的に動作し、特に性能に関する懸念を持つ必要はありません。

○zip関数を過度に使うリスクとその回避方法

zip関数は非常に便利であるため、どんどん使いたくなるかもしれませんが、過度に使用するとコードの可読性が低下するリスクがあります。

また、複雑な処理をzip関数だけで実装しようとすると、バグの原因になることも考えられます。

この問題を回避するためには、zip関数の使用を適切に制限し、必要な場面でのみ利用することが推奨されます。

また、zip関数を使用する際は、その挙動や結果が明確に理解できるよう、適切なコメントをコードに追加することで、他の開発者や未来の自分がコードを理解しやすくすることができます。

●カスタマイズ方法

Swiftのzip関数はそのままの形でも非常に便利ですが、特定の要件や目的に合わせてカスタマイズすることも可能です。

ここでは、zip関数のカスタマイズ方法や新しい関数の作成方法を解説します。

○サンプルコード10:zip関数のカスタム実装

Swiftでzip関数のカスタム実装を行うことで、独自の動作を持たせることができます。

ここでは、zip関数をカスタマイズして、2つの配列が同じ長さでない場合にエラーメッセージを出力する例を紹介します。

func customZip<T, U>(_ array1: [T], _ array2: [U]) -> [(T, U)]? {
    if array1.count != array2.count {
        print("配列の長さが異なります。")
        return nil
    }

    return zip(array1, array2).map { ($0, $1) }
}

let arrayA = ["apple", "banana"]
let arrayB = [10, 20, 30]
let result = customZip(arrayA, arrayB)

このコードでは、customZipという新しい関数を定義しています。

この例では、配列の長さが異なる場合、エラーメッセージを出力し、nilを返す動作を行います。

○サンプルコード11:zip関数を拡張する方法

Swiftでは、既存の関数やメソッドを拡張することができます。

ここでは、Array型にzip関数の拡張を追加して、配列同士のzip操作を簡単に行えるようにした例を紹介します。

extension Array {
    func zipWith<U>(_ array: [U]) -> [(Element, U)] {
        return zip(self, array).map { ($0, $1) }
    }
}

let arrayC = ["dog", "cat"]
let arrayD = [3, 4]

let zippedResult = arrayC.zipWith(arrayD)

このコードの拡張を利用すると、配列のメソッドとしてzip操作ができるようになります。

○サンプルコード12:zip関数を組み合わせて新しい関数を作成

zip関数は他の関数と組み合わせることで、新しい関数を作成することができます。

下記のコードは、2つの配列の要素同士を掛け算する新しい関数を作成した例です。

func multiplyArrays(_ array1: [Int], _ array2: [Int]) -> [Int] {
    return zip(array1, array2).map { $0 * $1 }
}

let arrayE = [2, 4, 6]
let arrayF = [1, 2, 3]

let multipliedResult = multiplyArrays(arrayE, arrayF)

上記のコードを実行すると、出力結果は「2, 8, 18」となります。

このように、zip関数は非常に汎用性が高く、様々な処理に利用することができます。

まとめ

Swiftのzip関数は、複数の配列やコレクションを組み合わせる際に非常に有効なツールです。

本記事を通じて、zip関数の基本的な使い方からカスタマイズの方法、さらには注意点や応用例までを学ぶことができたかと思います。

Swiftのプログラミングにおいて、zip関数はその簡潔さと強力な機能性で、多くの開発者に支持されています。

この記事が、あなたのSwiftプログラミングのスキルアップに役立つ参考資料となることを願っています。

継続的な学びを通じて、より高度なプログラミングテクニックを習得していきましょう。