Objective-CでSafariを10倍効率的に起動する方法

Objective-Cを使ってSafariを効率的に起動するイラストObjctive-C
この記事は約20分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Objective-Cは、多くのApple製品に採用されているプログラム言語の一つです。

特にiOSやMacOSのアプリ開発では、長らく主要な言語として使用されてきました。

本記事では、Objective-Cを用いてSafariブラウザを効率的に起動する方法について、初心者から上級者まで、実用的なサンプルコードとともに学べるガイドとして解説します。

現在、Swiftという新しい言語もAppleから紹介され、多くの開発者がそちらへと移行していますが、既存のアプリケーションやライブラリがObjective-Cで書かれていることも多く、今後もObjective-Cの知識は必要不可欠です。

特に、Safariのようなシステムアプリやその関連機能にアクセスする際には、Objective-Cの知識が役立ちます。

今回のガイドでは、Safariを10倍効率的に起動する方法を中心に、Objective-Cの基本的な知識も交えて解説していきます。

この記事を通じて、Objective-Cの魅力や可能性、そしてSafariの効率的な起動方法について深く知ることができるでしょう。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語をベースにSmalltalkのオブジェクト指向概念を取り入れたプログラム言語です。

Appleによって主に使用されるようになり、iOSやMacOSのアプリケーション開発には欠かせない言語として確立しています。

○Objective-Cの基本概念

Objective-Cはオブジェクト指向プログラム言語として、クラスやインスタンス、メソッドなどの概念を持っています。

ここでは、Objective-Cでのプログラムを書く上で知っておくべき基本的な概念について簡単に触れてみます。

□クラス

Objective-Cにおけるクラスは、オブジェクトの設計図のようなものです。特定のタイプのオブジェクトが持つべき属性や動作を定義します。

例えば、「車」というクラスがあれば、その属性には「色」や「モデル」、動作には「走る」や「止まる」といったものが考えられます。

□インスタンス

クラスをもとに具体的に生成されるオブジェクトをインスタンスといいます。

上記の「車」クラスを元に「赤いセダン」というインスタンスを生成することができます。

□メソッド

クラスやインスタンスが持つ動作を表すものをメソッドといいます。

これは他のオブジェクト指向言語の関数や手続きと同じ概念です。

●Safariの起動方法

Objective-Cを使ってSafariを起動する方法はいくつかあります。

特定のURLでの起動や、起動オプションの指定など、さまざまなシチュエーションに合わせてカスタマイズできます。

ここでは、3つの基本的なSafari起動方法を詳しく見ていきましょう。

○サンプルコード1:基本的なSafari起動

Objective-Cを使用して、最もシンプルな方法でSafariを起動する方法を見ていきましょう。

#import <Foundation/Foundation.h>

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        // Safariアプリを起動するコマンドを実行
        system("open -a Safari");
    }
    return 0;
}

このコードではsystem関数を使ってSafariアプリを起動するコマンドを実行しています。

この例では、シンプルにSafariアプリを起動しています。

実行すると、Safariアプリが開かれます。

簡単なコマンドを使用してSafariを起動する方法としては最も基本的なものです。

○サンプルコード2:特定のURLでSafariを起動

Safariを特定のURLで起動したい場合も、Objective-Cで簡単に実装できます。

#import <Foundation/Foundation.h>

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        // Safariを特定のURLで起動するコマンドを実行
        system("open -a Safari https://www.example.com");
    }
    return 0;
}

このコードではsystem関数を使用して、特定のURL(この場合はhttps://www.example.com)でSafariアプリを起動するコマンドを実行しています。

この例では、指定したURLでSafariアプリを開いています。

実行すると、Safariアプリが指定されたURLで開かれます。

特定のページを表示させたいときに便利です。

○サンプルコード3:起動オプションを指定してSafariを開く

Safariを起動する際に、特定のオプションを指定して起動することもできます。

オプションを利用することで、新しいタブで開く、フルスクリーンモードで開くなど、さまざまな起動設定をカスタマイズできます。

#import <Foundation/Foundation.h>

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        // Safariを新しいタブで起動するコマンドを実行
        system("open -a Safari -g https://www.example.com");
    }
    return 0;
}

このコードでは-gオプションを使用して、新しいタブでURLを開くようにしています。

この例では、指定したURLを新しいタブで開くためのコードを表しています。

実行すると、Safariアプリが新しいタブで指定されたURLで開かれます。

複数のページを同時に開きたいときなどに役立ちます。

●Safari起動の応用例

Objective-Cを用いて、Safariの起動をさらに高度にカスタマイズしたい場合があるかもしれません。

ここでは、Objective-Cを使用してSafariの起動時の動作を変更する応用的な例をいくつか紹介します。

○サンプルコード4:背景でSafariを起動

まず、Safariをバックグラウンドで起動する方法を見ていきましょう。

このコードではUIApplicationのopenURL:options:completionHandler:メソッドを使って、Safariを背景で起動します。

#import <UIKit/UIKit.h>

- (void)launchSafariInBackground {
    NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"https://www.example.com"];
    NSDictionary *options = @{UIApplicationOpenURLOptionUniversalLinksOnly : @YES};

    [[UIApplication sharedApplication] openURL:url options:options completionHandler:nil];
}

このコードでは、UIApplicationOpenURLOptionUniversalLinksOnlyオプションを@YESに設定することで、ユニバーサルリンクのみを開くようにしています。

この例では、”https://www.example.com”というURLをバックグラウンドで開きます。

実行すると、Safariがバックグラウンドで指定したURLを開く動作を確認することができます。

○サンプルコード5:特定のタブやウィンドウでSafariを開く

次に、特定のタブやウィンドウでSafariを開く方法を解説します。

残念ながら、Objective-CのAPIだけでは、特定のタブやウィンドウを制御するのは難しいです。

しかし、AppleScriptと組み合わせることで、このような動作を実現することができます。

#import <ScriptingBridge/ScriptingBridge.h>
#import "Safari.h"

- (void)openInNewTab {
    SafariApplication *safari = [SBApplication applicationWithBundleIdentifier:@"com.apple.Safari"];
    [safari activate];
    SafariDocument *currentDoc = safari.currentDocument;
    [currentDoc doJavaScript:@"window.open('https://www.example.com', '_blank')"];
}

このコードでは、ScriptingBridgeを使用してSafariを制御しています。

window.openのJavaScript関数を使用して、新しいタブで指定したURLを開きます。

この例では、”https://www.example.com”というURLを新しいタブで開く動作を行います。

実行すると、Safariで新しいタブが開き、指定したURLが読み込まれる動作を確認することができます。

○サンプルコード6:Safari起動時の動作をカスタマイズ

Objective-Cを使用して、Safariの起動時の動作をカスタマイズする方法を解説します。

このコードでは、Safariを起動する際に特定のページやタブを開く、または起動時のウィンドウサイズを変更するなどのカスタマイズが可能です。

#import <Foundation/Foundation.h>
#import <SafariServices/SafariServices.h>

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        // Safariを特定のURLで開く
        NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"https://www.example.com"];
        [[NSWorkspace sharedWorkspace] openURL:url];

        // Safariのウィンドウサイズを変更する
        // (こちらは仮のコードで、実際のサイズ変更方法は異なる可能性があります)
        // [[SFSafariApplication sharedApplication] setWindowSize:CGSizeMake(800, 600)];
    }
    return 0;
}

このコードでは、NSURLを使ってhttps://www.example.comというURLを開きます。

また、ウィンドウサイズの変更に関しては、実際の方法は異なる可能性がありますが、SFSafariApplicationを使用してサイズを設定するイメージとなります。

このコードを実行すると、Safariがhttps://www.example.comのURLを開き、ウィンドウサイズが変更されることを期待します。

○サンプルコード7:ユーザーの設定に基づいてSafariを起動

次に、ユーザーの設定や環境に基づいてSafariを起動する方法を解説します。

このコードでは、保存されているユーザーの設定を読み取り、その設定に基づいてSafariをカスタマイズして起動します。

#import <Foundation/Foundation.h>
#import <SafariServices/SafariServices.h>

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        // ユーザー設定を読み取る (仮のコードとして示しています)
        NSUserDefaults *defaults = [NSUserDefaults standardUserDefaults];
        NSString *userPreferredURL = [defaults stringForKey:@"userPreferredURL"];

        // 設定されたURLでSafariを起動
        if (userPreferredURL) {
            NSURL *url = [NSURL URLWithString:userPreferredURL];
            [[NSWorkspace sharedWorkspace] openURL:url];
        } else {
            // デフォルトのURLでSafariを起動
            NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"https://www.default.com"];
            [[NSWorkspace sharedWorkspace] openURL:url];
        }
    }
    return 0;
}

このコードでは、NSUserDefaultsを使用してユーザーの設定を読み取ります。

読み取った設定に基づいて、Safariを起動するURLを変更することができます。

設定が存在しない場合は、デフォルトのURLでSafariを起動します。

このコードを実行すると、ユーザーの設定に応じてSafariが起動されることが期待されます。

例えば、ユーザーが好きなサイトのURLを設定していれば、そのサイトが開かれることになります。

○サンプルコード8:セキュアな起動を確保するための手順

セキュリティを考慮してSafariを起動するための方法を見てみましょう。

// セキュリティオプションを有効にしてSafariを起動
NSString *urlString = @"https://www.example.com";
NSURL *url = [NSURL URLWithString:urlString];
if ([[UIApplication sharedApplication] canOpenURL:url]) {
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:url options:@{UIApplicationOpenURLOptionUniversalLinksOnly: @YES} completionHandler:nil];
}

このコードではUIApplicationOpenURLOptionUniversalLinksOnlyオプションを使って、ユニバーサルリンクのみを許可してSafariを起動します。

この例では、ユニバーサルリンクをサポートするURLのみが開かれるようにしています。

これを実行すると、Safariは指定したURLを開きますが、ユニバーサルリンクのみを許可するため、他のリンクやリダイレクトに関するリスクを低減させることができます。

○サンプルコード9:起動時に特定のスクリプトを実行

Safariの起動と同時に特定のJavaScriptスクリプトを実行する方法を解説します。

// Safariを起動し、指定のJavaScriptを実行
NSString *script = @"alert('Welcome to our site!');";
NSString *urlString = [NSString stringWithFormat:@"javascript:%@", script];
NSURL *url = [NSURL URLWithString:urlString];
if ([[UIApplication sharedApplication] canOpenURL:url]) {
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:url options:@{} completionHandler:nil];
}

このコードでは、javascript:スキームを使用して、指定したJavaScriptスクリプトをSafariで実行します。

この例では、サイトへの訪問者を歓迎するアラートダイアログを表示するスクリプトを実行しています。

このコードを実行すると、Safariが起動され、指定したJavaScriptが実行され、”Welcome to our site!”というアラートダイアログが表示されます。

○サンプルコード10:Safariの起動を遅延させる方法

特定の条件下でSafariの起動を少し遅らせることができます。

例えば、他の処理が完了するのを待ってからSafariを起動する場合などに利用します。

// 5秒後にSafariを起動
dispatch_after(dispatch_time(DISPATCH_TIME_NOW, (int64_t)(5.0 * NSEC_PER_SEC)), dispatch_get_main_queue(), ^{
    NSString *urlString = @"https://www.example.com";
    NSURL *url = [NSURL URLWithString:urlString];
    if ([[UIApplication sharedApplication] canOpenURL:url]) {
        [[UIApplication sharedApplication] openURL:url options:@{} completionHandler:nil];
    }
});

このコードでは、dispatch_after関数を使用して、指定した時間(この場合は5秒)後にSafariを起動するコードをスケジュールします。

この例では、5秒後に指定したURLをSafariで開くようにしています。

このコードを実行すると、指定した時間が経過した後にSafariが起動され、指定したURLが開かれます。

●注意点と対処法

Objective-Cを使ってSafariを起動する際には、いくつかの注意点やベストプラクティスが存在します。

これを知ることで、より効率的かつ安全にSafariを起動することが可能になります。

ここでは、特に気を付けるべき点とその対処法を詳しく解説します。

○Safari起動時の一般的なエラーとその解決策

SafariをObjective-Cを用いて起動する際、稀にエラーや不具合が発生することがあります。

ここでは、そのような一般的なエラーとその解決策について説明します。

□URLが無効な場合のエラー

このコードでは、Objective-Cを使用してSafariを起動しようとした際、URLが無効であるためにエラーが発生するシチュエーションを表しています。

この例では、不正なURLを指定してSafariを起動しようとしています。

NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"無効なURL"];
[[UIApplication sharedApplication] openURL:url options:@{} completionHandler:nil];

このような場合、まずURLの形式や文字列が正しいかどうかを確認することが必要です。

正しいURLを指定することで、エラーを回避できます。

□起動オプションが不適切な場合

起動オプションに不適切な値を設定した場合、Safariの起動に失敗することがあります。

適切なオプションを指定して、エラーを回避する必要があります。

□アプリがバックグラウンドにある場合のエラー

アプリがバックグラウンドで動作している状態でSafariを起動しようとすると、エラーが発生することがあります。

このような場合、アプリをフォアグラウンドに移動させてからSafariを起動することで、問題を回避できます。

○起動速度を最適化するポイント

Safariの起動速度を最適化することで、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

ここでは、起動速度を最適化するためのポイントを解説します。

□不要な起動オプションの削除

起動オプションを多く指定することで、起動速度が遅くなることがあります。

必要最低限のオプションだけを指定し、余計なオプションは削除することで、起動速度を向上させることができます。

□キャッシュのクリア

Safariのキャッシュが蓄積されると、起動速度が遅くなることがあります。

定期的にキャッシュをクリアすることで、起動速度を向上させることができます。

□最新のObjective-Cライブラリの利用

Objective-Cのライブラリは、定期的に更新されることがあります。

最新のライブラリを利用することで、起動速度の最適化やバグ修正の恩恵を受けることができます。

●カスタマイズ方法

Objective-Cを使用してSafariの起動をカスタマイズする方法について、さらに高度な内容をご紹介します。

これにより、様々なシチュエーションに応じた起動方法を取り入れることが可能となります。

ここでは、ユーザー独自の起動設定の追加や既存の起動オプションの変更方法について詳しく解説します。

○ユーザー独自の起動設定の追加

Objective-Cを使用して、Safariの独自の起動設定を追加する場合、下記のサンプルコードが参考となります。

// AppDelegate.mファイルにて
#import <UIKit/UIKit.h>

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate>
@property (strong, nonatomic) UIWindow *window;
@end

@implementation AppDelegate

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    // ユーザーの独自設定を追加するコードをここに記述
    NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"https://www.example.com"];
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:url options:@{} completionHandler:nil];

    return YES;
}
@end

このコードでは、アプリケーションが起動された際に、指定したURL(この例では”https://www.example.com”)を開く動作を追加しています。

このように、アプリケーションの起動時に特定の動作を実行することで、ユーザー独自の設定を追加することができます。

この例では、Safariを自動で指定したURLにリダイレクトさせる動作を追加しました。

この動作を実施すると、アプリケーションを起動するたびに指定されたURLが自動で開かれることになります。

○既存の起動オプションの変更方法

Objective-Cを使用して、Safariの既存の起動オプションを変更する場合、下記のサンプルコードを参考にしてください。

// AppDelegate.mファイルにて
#import <UIKit/UIKit.h>

@interface AppDelegate : UIResponder <UIApplicationDelegate>
@property (strong, nonatomic) UIWindow *window;
@end

@implementation AppDelegate

- (BOOL)application:(UIApplication *)application didFinishLaunchingWithOptions:(NSDictionary *)launchOptions {
    // 既存の起動オプションを変更するコードをここに記述
    NSMutableDictionary *options = [NSMutableDictionary dictionary];
    options[UIApplicationOpenURLOptionUniversalLinksOnly] = @YES;

    NSURL *url = [NSURL URLWithString:@"https://www.example.com"];
    [[UIApplication sharedApplication] openURL:url options:options completionHandler:nil];

    return YES;
}
@end

このコードでは、Safariを起動する際のオプションを変更しています。

具体的には、UIApplicationOpenURLOptionUniversalLinksOnly オプションをYESに設定することで、ユニバーサルリンクのみを開くようにしています。

これにより、指定されたURLがユニバーサルリンクに対応している場合のみSafariが開かれ、そうでない場合は開かれない動作となります。

この例を実施すると、指定したURLがユニバーサルリンクに対応しているかどうかを確認し、対応している場合のみSafariが開かれることになります。

まとめ

Objective-Cを使用してSafariの起動設定をカスタマイズする方法について詳しく解説しました。

ユーザー独自の起動設定の追加から、既存の起動オプションの変更方法まで、多岐にわたる内容を紹介しました。

これらの知識を活用することで、Safariの起動をより柔軟かつ効率的に行うことができます。

今回学んだ内容を実際の開発に取り入れ、最適なユーザーエクスペリエンスを提供しましょう。