Objective-Cの静的解析の完全ガイド!15選のサンプルコード付き

Objective-Cの静的解析のイラスト付きガイドObjctive-C
この記事は約21分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングの世界では、品質の高いコードを書くことは非常に重要です。

特に、Objective-Cを使用した開発においては、静的解析という手法が頻繁に用いられます。

この記事では、初心者でも理解できるように、Objective-Cでの静的解析の基本から、応用、注意点、そしてカスタマイズ方法までを15のサンプルコードを交えて詳しく解説します。

Objective-Cの静的解析に関する疑問や課題を抱えている方は、この記事が明確な答えや解決策を提供する参考資料となることでしょう。

●Objective-Cの静的解析とは

静的解析は、プログラムを実際に実行せずに、ソースコードを解析する手法のことを指します。

これにより、コードの品質を確保し、バグやセキュリティ上の問題を早期に発見することが可能となります。

○静的解析の基本概念

静的解析は、コードの品質を向上させるための重要なツールとなっています。

主な機能としては、コードの構文やスタイルのチェック、未使用の変数や関数の検出、潜在的なバグやセキュリティの脆弱性の特定などが挙げられます。

この静的解析により、開発者はコードの問題点を早期に特定し、修正することができます。

○Objective-Cでの静的解析の重要性

Objective-Cは、iOSやmacOSのアプリケーション開発に広く用いられる言語です。

この言語特有の動的な特性やメモリ管理の仕組みにより、特定のバグや問題が生じやすくなっています。

そのため、Objective-Cでの開発においては、静的解析を適切に活用することで、これらの問題を未然に防ぐことが可能となります。

●静的解析の使い方

静的解析は、コードが実行される前に、そのコードの質や安全性を評価するための手法です。

Objective-Cにおける静的解析は、特にiOSやmacOSのアプリ開発において重要な役割を果たしています。

ここでは、Objective-Cの静的解析の基本的な使い方と、それに関連するサンプルコードを2つ紹介します。

○サンプルコード1:基本的な静的解析の実行方法

下記のコードは、Xcodeを使用してObjective-Cの静的解析を実行する基本的な手順を表しています。

この例では、コマンドラインツールを用いて、指定したプロジェクトファイルを対象に静的解析を行う手順を表しています。

// コマンドライン上での静的解析の実行
$ xcodebuild clean build -project [プロジェクト名].xcodeproj -scheme [スキーム名] CLANG_STATIC_ANALYZER_MODE=deep

このコードではxcodebuildコマンドを使ってObjective-Cのプロジェクトをビルドします。

その際、CLANG_STATIC_ANALYZER_MODE=deepオプションを追加することで、Clangの静的解析ツールを深く解析モードで実行します。

実行すると、警告やエラーがコンソールに表示されます。

この結果を参考にして、コードの問題点や改善点を探ることができます。

○サンプルコード2:特定の警告やエラーのフィルタリング方法

静的解析を行う際、特定の警告やエラーだけにフォーカスしたい場合があります。

下記のコードは、特定の警告やエラーをフィルタリングする方法を表しています。

// 特定の警告のみを表示するコマンド
$ xcodebuild clean build -project [プロジェクト名].xcodeproj -scheme [スキーム名] CLANG_STATIC_ANALYZER_MODE=deep | grep "[警告キーワード]"

この例では、grepコマンドを使用して、特定のキーワードを含む警告のみを表示するようにしています。

“[警告キーワード]”の部分には、フィルタリングしたい警告のキーワードを入力します。

たとえば、メモリリークに関する警告だけを見たい場合は、”[警告キーワード]”の部分を”memory leak”などのキーワードに置き換えます。

この方法を使うことで、特定の警告に絞って解析結果を確認することができ、効率的なコードの修正や改善が可能となります。

○サンプルコード3:解析結果のレポート出力

Objective-Cの静的解析を実施した後、その結果をレポートとして出力する方法を紹介します。

レポート出力は、解析結果を第三者と共有する際や、解析結果を文書化してアーカイブする際に役立ちます。

// Clang静的解析ツールを使用してレポートをHTML形式で出力するコマンド
$ clang --analyze -Xanalyzer -analyzer-output=html -o /path/to/output_directory source_file.m

このコードでは、clangという静的解析ツールを使ってObjective-Cのソースファイルsource_file.mを解析します。

解析結果はHTML形式で出力され、指定した出力ディレクトリ/path/to/output_directoryに保存されます。

この例では、-Xanalyzerオプションを使用して、-analyzer-output=htmlオプションを渡すことで、解析結果をHTML形式で出力するよう指定しています。

出力先のディレクトリは-oオプションで指定します。

実行後、指定したディレクトリにHTMLファイルが出力されます。

このHTMLファイルをブラウザで開くと、静的解析の結果が視覚的に表示されます。

エラーや警告の箇所はハイライトされ、詳細な情報や解析の根拠が表示されます。

○サンプルコード4:特定のファイルやディレクトリを対象外にする方法

大規模なプロジェクトやライブラリを使用している場合、全てのファイルやディレクトリを解析対象とすると、解析時間が非常に長くなることがあります。

また、特定の外部ライブラリや自動生成されるコードなど、解析の対象外としたいファイルやディレクトリが存在する場合もあります。

このような場合、特定のファイルやディレクトリを解析の対象外とする方法を紹介します。

// Clang静的解析ツールを使用して、特定のディレクトリを解析の対象外とするコマンド
$ clang --analyze source_file.m -Xanalyzer -analyzer-config -Xanalyzer crosscheck-with-zones-excluded-paths=/path/to/excluded_directory

このコードでは、clangを使用して、source_file.mを解析しますが、-Xanalyzerオプションを使って、crosscheck-with-zones-excluded-pathsオプションを指定することで、特定のディレクトリ/path/to/excluded_directoryを解析の対象外としています。

この例では、/path/to/excluded_directoryディレクトリ内のファイルは、静的解析の対象外となります。

●静的解析の応用例

静的解析はコードの品質向上に不可欠な手段であり、Objective-Cでの開発でもさまざまな場面で役立ちます。

ここでは、静的解析を使用してコードの品質を向上させるヒントの取得やメモリリークの検出といった応用例を詳細に解説します。

○サンプルコード5:コードの品質を向上させるためのヒントの取得

Objective-Cのコード品質を向上させるため、静的解析ツールは品質向上のためのヒントを提供します。

これを活用することで、コードの保守性や可読性を向上させることができます。

// コード品質向上のための静的解析のサンプル
#import <Foundation/Foundation.h>

@interface MyClass : NSObject
- (void)unusedMethod;
@end

@implementation MyClass
- (void)unusedMethod {
    NSLog(@"This method is unused");
}
@end

int main() {
    @autoreleasepool {
        MyClass *obj = [[MyClass alloc] init];
        // unusedMethodは使用されていないので、静的解析で警告が出る可能性がある。
        // obj.unusedMethod();
    }
    return 0;
}

このコードでは、MyClassunusedMethodというメソッドは定義されていますが、実際には使用されていません。

静的解析ツールを使用すると、このような未使用のメソッドに対して警告が表示されることが期待されます。

この例を実行すると、コンパイラや静的解析ツールによって「unusedMethodは使用されていない」というヒントや警告が表示されることが期待されます。

これにより、不要なコードを見つけ出し、リファクタリングの参考として利用することができます。

○サンプルコード6:メモリリークの検出方法

Objective-Cでは、メモリ管理が非常に重要です。

特に、メモリリークはアプリケーションのパフォーマンスに大きく影響を与えるため、これを検出するための方法は非常に価値があります。

// メモリリークの静的解析のサンプル
#import <Foundation/Foundation.h>

@interface LeakClass : NSObject
@property (nonatomic, strong) NSString *name;
@end

@implementation LeakClass
- (id)init {
    self = [super init];
    if (self) {
        _name = @"LeakClass";
    }
    return self;
}
@end

int main() {
    @autoreleasepool {
        LeakClass *leakInstance = [[LeakClass alloc] init];
        // ここでleakInstanceの参照を解放しないため、メモリリークが発生する。
    }
    return 0;
}

このコードでは、LeakClassのインスタンスを作成していますが、参照を解放していないためメモリリークが発生します。

静的解析ツールを利用することで、このようなリーク箇所を検出し、修正のヒントを得ることができます。

この例を実行すると、リークが発生している箇所が指摘されることが期待されます。

このような情報をもとに、開発者はリーク箇所を修正し、アプリケーションの品質を向上させることができます。

○サンプルコード7:未使用の変数や関数の検出

Objective-Cの開発を行っている際、未使用の変数や関数が存在すると、コードの可読性を低下させ、不要なメモリ消費を引き起こす場合があります。

ここでは、未使用の変数や関数を検出するサンプルコードをご紹介します。

#import <Foundation/Foundation.h>

int unusedVariable = 0;

int usedFunction() {
    NSLog(@"この関数は使用されています");
    return 0;
}

int unusedFunction() {
    NSLog(@"この関数は使用されません");
    return 0;
}

int main() {
    usedFunction();
    return 0;
}

このコードでは、unusedVariableunusedFunctionという変数と関数が定義されていますが、main関数内で使用されていないため、これらは未使用となります。

静的解析ツールを使用すると、このような未使用の変数や関数を検出することができます。

実行後の結果として、usedFunctionは呼び出されているため、そのログが出力されますが、unusedFunctionは呼び出されていないため、何も出力されません。

このようにして、未使用の変数や関数を発見することができます。

○サンプルコード8:オブジェクトの生存期間をチェックする方法

Objective-Cでのプログラム開発において、オブジェクトの生存期間を正しく管理することは非常に重要です。

オブジェクトの生存期間が不適切に管理されると、メモリリークや不正アクセスが発生する可能性があります。

ここでは、オブジェクトの生存期間をチェックするサンプルコードをご紹介します。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface SampleObject : NSObject
@end

@implementation SampleObject

- (void)dealloc {
    NSLog(@"SampleObjectが解放されました");
}

@end

int main() {
    @autoreleasepool {
        SampleObject *object = [[SampleObject alloc] init];
    }
}

このコードでは、SampleObjectというクラスを定義しています。

deallocメソッド内で、オブジェクトが解放された際のログを出力しています。

main関数内でSampleObjectのインスタンスを生成し、そのスコープを抜けることでオブジェクトが解放されます。

実行後の結果として、SampleObjectのインスタンスが適切に解放された際に、SampleObjectが解放されましたというログが出力されます。

○サンプルコード9:スレッドセーフなコードの確認

Objective-Cでのマルチスレッド処理は、アプリの性能を向上させるために役立ちますが、複数のスレッドが同時に同じリソースにアクセスすることは、競合やデータの破損を引き起こす可能性があります。

静的解析を利用することで、スレッドセーフでないコードを検出し、それを修正するための手助けを受けることができます。

このコードでは、Objective-Cでスレッドセーフでない箇所を検出する方法を表しています。

この例では、共有リソースに対する不適切なアクセスを検出します。

#import <Foundation/Foundation.h>

@interface SharedResource : NSObject
@property (nonatomic, strong) NSMutableArray *data;
@end

@implementation SharedResource

- (instancetype)init {
    self = [super init];
    if (self) {
        _data = [NSMutableArray array];
    }
    return self;
}

- (void)addData:(NSString *)item {
    [_data addObject:item];
}

@end

int main(int argc, const char * argv[]) {
    @autoreleasepool {
        SharedResource *resource = [[SharedResource alloc] init];

        dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{
            [resource addData:@"Item1"];
        });

        dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{
            [resource addData:@"Item2"];
        });
    }
    return 0;
}

このコードでは、SharedResourceというクラスのdataプロパティに対して、複数のスレッドから同時にアクセスしています。

これはスレッドセーフではないため、データの破損や競合の原因となります。

修正方法としては、アクセスするリソースを排他的にロックすることで、同時アクセスを防ぐ必要があります。

例えば、@synchronizedを利用する方法などが考えられます。

解析ツールを使用すると、このようなスレッドセーフでないコードを検出し、修正のヒントを得ることができます。

○サンプルコード10:特定のルールセットを基にした解析の実行

Objective-Cの静的解析には、複数のルールセットを基に解析を行う機能があります。

これにより、開発者が特定のチェックポイントに絞って解析を実施することができます。

ここでは、特定のルールセットを適用して解析を行う方法をサンプルコードを交えて解説します。

まず、静的解析ツールにどのようなルールセットがあるかを確認する方法を見てみましょう。

下記のコードは、利用可能なルールセットのリストを取得する例です。

// ルールセットのリストを取得するコード
// 利用している静的解析ツールのAPIを使用
NSArray *availableRuleSets = [StaticAnalyzer availableRuleSets];

// 利用可能なルールセットをログに出力
for (NSString *ruleSet in availableRuleSets) {
    NSLog(@"%@", ruleSet);
}

このコードでは、StaticAnalyzerクラスを使って、利用可能なルールセットのリストを取得しています。

この例では、取得したルールセットをログに出力しています。

次に、特定のルールセットを基に解析を行う方法を紹介します。

下記のコードは、”memoryManagementRules”という名前のルールセットを適用して解析を行う例です。

// "memoryManagementRules"というルールセットを基に解析を行うコード
AnalysisResult *result = [StaticAnalyzer analyzeWithRuleSet:@"memoryManagementRules"];

// 解析結果をログに出力
for (Warning *warning in result.warnings) {
    NSLog(@"%@: %@", warning.fileName, warning.message);
}

このコードでは、StaticAnalyzerクラスのanalyzeWithRuleSet:メソッドを使用して、指定したルールセットに基づく解析を実行しています。

解析の結果は、AnalysisResultオブジェクトとして取得でき、解析で検出された警告やエラーの情報をログに出力しています。

このように、Objective-Cの静的解析ツールでは、特定のルールセットを基にした解析が簡単に行えます。

これにより、開発者は解析の対象を絞り込むことができ、特定の問題点に焦点を当てた解析が可能になります。

応用例として、複数のルールセットを組み合わせて解析を行うことも考えられます。

例えば、”memoryManagementRules”と”threadSafetyRules”の2つのルールセットを組み合わせて解析を行いたい場合、次のようなコードを書くことができます。

// 複数のルールセットを組み合わせて解析を行うコード
NSArray *ruleSets = @[@"memoryManagementRules", @"threadSafetyRules"];
AnalysisResult *result = [StaticAnalyzer analyzeWithMultipleRuleSets:ruleSets];

// 解析結果をログに出力
for (Warning *warning in result.warnings) {
    NSLog(@"%@: %@", warning.fileName, warning.message);
}

このコードでは、StaticAnalyzerクラスのanalyzeWithMultipleRuleSets:メソッドを使用して、複数のルールセットを基に解析を実行しています。

●注意点と対処法

静的解析は非常に強力なツールであり、コードの品質を向上させる上で欠かせないものですが、それにはいくつかの注意点があります。

正確に静的解析を行い、その結果を適切に解釈することが求められます。

○サンプルコード11:誤検出されるケースとその対処法

静的解析ツールは完璧ではありません。

時折、実際には問題のないコードをエラーや警告として報告することがあります。

これを「誤検出」と言います。

// このコードは、Objective-Cでのメモリ管理に関する簡単な例を表しています。
// 静的解析ツールは、このコードにメモリリークがあると誤検出する場合があります。

NSObject *object = [[NSObject alloc] init];
// 何らかの処理
[object release];

このコードではNSObjectのインスタンスを作成しており、後で適切にreleaseしています。

しかし、一部の静的解析ツールはこのようなコードに誤ってメモリリークを検出することがあります。

このような誤検出を回避するためには、静的解析ツールの設定やルールを調整するか、コードにアノテーションを追加してツールにヒントを与えることが考えられます。

この例の場合、メモリリークが誤検出された場合、静的解析ツールのドキュメントやサポートを参考にして、該当の警告を無視する設定を追加することが考えられます。

○サンプルコード12:静的解析ツールの性能問題への対処法

大規模なプロジェクトを静的解析する際に、ツールの性能が低下することがあります。

特に、数万行以上のコードを解析する場合、時間がかかることが考えられます。

// このコードは、Objective-Cの大規模プロジェクトにおけるある機能の一部を表しています。
// 静的解析ツールを実行する際、このような大規模プロジェクトでは性能が低下することが考えられます。

- (void)someLargeMethod {
    // 大量のコード...
}

このような場合、次のような対策を考えることができます。

  1. ツールの性能設定を最適化する
  2. 解析対象を絞り込む
  3. ツールの最新バージョンを使用する

例えば、特定のディレクトリやファイルを解析の対象から外すことで、解析時間を短縮することができます。

また、静的解析ツールの最新バージョンには、性能向上のための最適化が施されている可能性があるため、常に最新バージョンを使用することを推奨します。

○サンプルコード13:大規模プロジェクトでの静的解析の効率的な進め方

大規模プロジェクトでの静的解析を効率よく進めるための方法として、解析の範囲を絞り込む方法が考えられます。

// このコードは、Objective-Cの大規模プロジェクトにおけるある機能の一部を表しています。
// 静的解析ツールを実行する際、全体を解析するのではなく、変更された部分のみを解析することで、効率的に進めることができます。

- (void)recentlyModifiedMethod {
    // 最近変更されたコード...
}

具体的には、バージョン管理ツールを使用して最近変更されたファイルや関数のみを静的解析の対象とすることで、効率的に進めることができます。

この方法を採用することで、新しく追加されたバグや、修正によって生じた問題を迅速に検出することができます。

●カスタマイズ方法

静的解析ツールは、多くの場合、デフォルトの設定で十分な解析が行えますが、プロジェクトの要件やチームの方針に合わせてカスタマイズすることも可能です。

カスタマイズすることで、より具体的な警告やエラーの検出、独自の解析ルールの適用など、静的解析の結果を最適化することができます。

○サンプルコード14:独自のルールの追加方法

このコードでは、Objective-Cの静的解析ツールに独自のルールを追加する方法を表しています。

この例では、特定の変数名を禁止する独自のルールを追加しています。

// 独自ルールの定義ファイル "custom_rules.yml"
rules:
  - id: prohibit-variable-name
    pattern: var forbiddenName
    message: "禁止された変数名を使用しています"
    level: error

// 静的解析ツールの実行コマンド
$ static-analyzer --config custom_rules.yml YourProjectDirectory

この例では、custom_rules.ymlというファイルに独自のルールを定義し、静的解析ツールを実行する際にこの定義ファイルを指定しています。

実行すると、forbiddenNameという変数名がコード内に存在する場合、エラーが出力されます。

実行すると、コード内にforbiddenNameという変数名が見つかった場合、”禁止された変数名を使用しています”というメッセージが表示されるでしょう。

○サンプルコード15:静的解析ツールの設定ファイルのカスタマイズ

このコードでは、Objective-Cの静的解析ツールの設定ファイルをカスタマイズする方法を表しています。

この例では、特定のディレクトリやファイルを解析の対象外とする設定を追加しています。

// 静的解析ツールの設定ファイル "config.yml"
exclude:
  - "ThirdParty/*"
  - "Tests/*"

// 静的解析ツールの実行コマンド
$ static-analyzer --config config.yml YourProjectDirectory

この例では、config.ymlという設定ファイルに、解析の対象外とするディレクトリやファイルを指定しています。

実行すると、ThirdPartyTestsディレクトリ内のファイルは解析の対象から除外されます。

実行後、ThirdPartyTestsディレクトリ内のファイルは解析されず、それ以外のファイルだけが解析の対象となり、警告やエラーが出力されるでしょう。

まとめ

Objective-Cの静的解析は、コードの品質を向上させるための非常に有効なツールです。

基本的な使い方から応用例、注意点、そしてカスタマイズ方法まで、この記事で詳細に解説しました。

特にカスタマイズ方法によって、プロジェクトの要件やチームの方針に合わせて解析結果を最適化することが可能です。

これらの知識を活かして、あなたのプロジェクトの品質をさらに向上させることを期待します。

安全で効率的なコード開発のために、静的解析ツールの活用をぜひ検討してください。