Objective-CでのNSNotificationの基本5選

Objective-Cプログラミングの基本、NSNotificationを使ったイベント管理のイメージ画像Objctive-C
この記事は約25分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミング言語Objective-Cを学ぶ上で欠かせない機能の一つに、NSNotificationがあります。

この機能はアプリケーション内でイベントが発生した際に他の部分にその情報を通知するために使用されます。

NSNotificationはiOS開発において重要な役割を果たしており、効率的なコードの書き方を理解することはObjective-C開発者にとって非常に有益です。

今回の記事では、NSNotificationの基本からその使い方、応用方法に至るまで、詳しく解説していきます。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語をベースにしたオブジェクト指向プログラミング言語で、主にAppleのMac OS XおよびiOSのアプリケーション開発に使われてきました。

その特徴はSmalltalkの影響を受けたメッセージ指向の構文にあり、C言語の構文にオブジェクト指向の概念が加えられています。

Objective-Cは直感的で読みやすいコードが特徴であり、動的な実行時型の判定や、遅延バインディングなど、柔軟なプログラミングが可能です。

○Objective-Cの歴史と特徴

Objective-Cは1980年代にStepstone社によって開発された歴史ある言語で、AppleがNeXTの買収により、Mac OS XとiOSの主要言語として採用しました。

Objective-Cは強力なランタイム機能を持ち、動的なオブジェクトの生成やクラスの継承、メソッドのオーバーライドなど、オブジェクト指向の多くの特性をサポートしています。

また、ARC(Automatic Reference Counting)によるメモリ管理の自動化や、豊富なフレームワークとライブラリのサポートも特徴です。

○Objective-Cの基本的な構文

Objective-CのコードはC言語のコードと混在して記述することができ、ファイルの拡張子は通常、.m(実装ファイル)および.h(ヘッダーファイル)で表されます。

Objective-Cでのクラス宣言やメソッドの定義はC言語にない特有の構文を持ち、メソッドの呼び出しはブラケット[]を使用します。

変数やメソッドの命名においては、記述が自己文書化するような命名規則を採用することが推奨されており、プログラムの可読性が高まります。

●Objective-CのNSNotificationの基本

Objective-Cは、AppleのOS XやiOSで用いられるプログラミング言語です。

多くのアプリケーションは、さまざまなコンポーネント間で情報を共有する必要があります。

Objective-Cでは、このような情報の共有にNSNotificationという仕組みを使用します。

NSNotificationはアプリケーション内で起きた特定のイベントを他の部分のコードに通知するためのメカニズムです。

この仕組みを使うことで、異なるコンポーネントが互いに独立したまま、必要な情報を交換することができます。

○NSNotificationとは何か?

NSNotificationは「通知」と訳されることもあり、特定のイベントが発生したことをアプリケーションの別の部分に伝える手段です。

例えば、データのダウンロードが完了した際に、その情報をアプリケーション内の異なる場所で待っているオブジェクトに伝えることができます。

NSNotificationCenterという中央の通知システムを介して、登録されたオブザーバー(観察者)へと通知が送られます。

○NSNotificationの役割とメリット

NSNotificationの役割は、モジュラリティと情報のカプセル化を向上させることにあります。

このシステムを使用することで、コードの再利用がしやすくなり、異なるコンポーネント間での疎結合を実現することが可能です。

また、イベント駆動型のプログラムを作成する際に、非常に重要な役割を果たします。

NSNotificationを使用するメリットは、開発が容易になるということに加えて、アプリケーションが拡張しやすくなる点です。

例えば、新しい機能が追加されたときに、既存のコードに多くの変更を加えることなく、新しい通知を送受信することが可能です。

●NSNotificationの使い方

Objective-CでNSNotificationを使用する場合、主にアプリ内でイベント発生時に他のコンポーネントへ通知を送る目的で利用されます。

NSNotificationはObjective-Cにおける通知システムの中心であり、NotificationCenterを通じてアプリケーション内のイベントを監視することが可能です。

NSNotificationの使い方を学ぶことで、開発者はアプリの異なる部分が連携して動作する複雑なフローを簡単に実装できるようになります。

また、NSNotificationを利用することで、アプリケーションの各部分を疎結合に保つことができ、保守や機能拡張が容易になります。

通知を送信するには、まず通知を作成し、それをNotificationCenterにポストする必要があります。

受け取る側は、特定の通知に対する監視をNotificationCenterに登録し、通知がポストされた際に通知を受け取り処理します。

このプロセスは、アプリケーションが多くの動的イベントを持っている場合に特に有用です。

○サンプルコード1:基本的な通知の送信方法

ここでは、Objective-Cで通知を送信する基本的な方法を紹介します。

この例では、アプリケーションでイベントが発生したときに、NSNotificationCenterを通じて他のコンポーネントに通知を送信しています。

// NotificationCenterに通知をポストする
[[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotificationName:@"MyNotificationName" object:nil];

このコードではNotificationCenterのdefaultCenterメソッドを使用しているため、アプリケーションのどこからでもアクセスできる共有の通知センターを参照しています。

postNotificationName:object:メソッドは、通知の名前と通知と一緒に送りたいオブジェクト(この場合はnil)をパラメータとして受け取ります。

この例では「MyNotificationName」という名前の通知をポストしており、通知の受信側はこの名前を使用して特定の通知をリッスンします。

通知をポストした後、どのオブジェクトがこの通知を受け取るかは、通知を監視しているリスナーに依存します。

リスナーは次のコードで通知を受け取るための準備をします。

○サンプルコード2:通知の受け取り方とハンドリング

ここでは、通知を受け取って処理する方法を解説します。

通知を監視するには、NSNotificationCenterに対してオブザーバーを登録する必要があります。

オブザーバーは、特定の通知がポストされたときに呼び出されるメソッドを指定します。

// 通知を受け取るためのオブザーバーを追加する
[[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self
                                         selector:@selector(handleMyNotification:)
                                             name:@"MyNotificationName"
                                           object:nil];

このコードではaddObserver:selector:name:object:メソッドを使い、現在のオブジェクト(self)が「MyNotificationName」という名前の通知に対するリスナーとして動作するよう設定しています。handleMyNotification:は通知を受け取った際に呼び出されるメソッドであり、このメソッドをクラス内に定義する必要があります。

// 通知がポストされたときに呼び出されるメソッド
- (void)handleMyNotification:(NSNotification *)notification {
    // 通知に関する処理をここに書く
    NSLog(@"Received MyNotificationName notification.");
}

handleMyNotification:メソッドでは、NSNotificationオブジェクトをパラメータとして受け取り、その中のuserInfo辞書を通じて追加の情報を取得することも可能です。

ログ出力を見ることで、通知が正しく受け取られたことを確認できます。

○サンプルコード3:通知の情報を含める方法

Objective-CではNSNotificationを用いて、アプリケーション内で起こったイベントを他の部分のコードに通知することができます。

ここでは、通知に情報を付加して送信する方法を紹介します。

userInfo辞書を用いることで、通知に追加データを添付可能になります。

下記のサンプルコードでは、特定のイベントが発生した際に、そのイベントに関連する情報を含めて通知を送信するプロセスを表しています。

// 通知を作成し、userInfoに情報を添えて送信する例
NSDictionary *userInfo = @{
    @"キー": @"値",
    @"詳細情報": @"イベントに関する詳細な情報"
};

NSNotification *notification = [NSNotification notificationWithName:@"イベント名"
                                                             object:self
                                                           userInfo:userInfo];

[[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotification:notification];

このコードでは、NSDictionaryを使ってキーと値のペアを作成し、それをuserInfo辞書としています。

この辞書は、NSNotificationオブジェクトを通じて送信され、通知を受け取る側はこの情報を使用して所定の操作を実行することができます。

notificationWithNameメソッドを使用することで、通知の名前、送信元のオブジェクト、およびuserInfo辞書を指定しています。

postNotificationメソッドにより、設定された通知が通知センターによってブロードキャストされます。

このコードを実行すると、”イベント名”という名前の通知がNSNotificationCenterを通じて送信され、通知の受け取り側でuserInfoの情報を基にした処理が可能になります。

○サンプルコード4:複数の通知を管理する方法

アプリケーションが複雑になるにつれて、複数の通知を管理する必要があります。

複数の通知を効率的に管理するには、各通知に固有の名前をつけて識別することが重要です。

// 複数の通知を登録し、それぞれの通知を個別にハンドリングする例
[[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self
                                         selector:@selector(handleFirstEvent:)
                                             name:@"FirstEventNotification"
                                           object:nil];

[[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self
                                         selector:@selector(handleSecondEvent:)
                                             name:@"SecondEventNotification"
                                           object:nil];

// FirstEventNotificationをハンドリングするメソッド
- (void)handleFirstEvent:(NSNotification *)notification {
    // 通知に関する処理
}

// SecondEventNotificationをハンドリングするメソッド
- (void)handleSecondEvent:(NSNotification *)notification {
    // 通知に関する処理
}

この例では、NSNotificationCenterのaddObserverメソッドを用いて、’FirstEventNotification’と’SecondEventNotification’という二つの異なる通知に対して異なるセレクタを指定しています。

各セレクタは、通知を受けた際に実行されるメソッドを参照しており、それぞれのメソッドで通知ごとに異なるアクションを実行できます。

○サンプルコード5:カスタム通知の作成と使用

カスタム通知を作成することで、アプリケーション内の異なるコンポーネント間でより詳細な情報を交換することが可能になります。

ここではカスタム通知を作成し、使用するためのコードを紹介します。

// カスタム通知の作成と使用の例
NSString *const CustomNotificationName = @"com.example.CustomNotification";

// カスタム通知を送信するメソッド
- (void)postCustomNotification {
    NSDictionary *customData = @{
        @"ユーザーID": @42,
        @"ステータス": @"オンライン"
    };

    NSNotification *customNotification = [NSNotification notificationWithName:CustomNotificationName
                                                                        object:self
                                                                      userInfo:customData];

    [[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotification:customNotification];
}

// カスタム通知を受け取るためのメソッド
- (void)registerForCustomNotification {
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self
                                             selector:@selector(handleCustomNotification:)
                                                 name:CustomNotificationName
                                               object:nil];
}

// カスタム通知をハンドリングするメソッド
- (void)handleCustomNotification:(NSNotification *)notification {
    NSDictionary *userInfo = notification.userInfo;
    NSNumber *userID = userInfo[@"ユーザーID"];
    NSString *status = userInfo[@"ステータス"];
    // カスタムデータを使った処理
}

このサンプルでは、まずカスタム通知の名前を定義し、それを用いてNSNotificationオブジェクトを作成しています。

postCustomNotificationメソッドでは、通知に含めるカスタムデータを辞書として作成し、それをuserInfoとして通知に添付しています。

registerForCustomNotificationメソッドを使って通知の受け取りを登録し、handleCustomNotificationメソッドでは通知と共に送られたユーザー情報を取得しています。

このプロセスにより、カスタム通知を介してアプリケーションの異なる部分が密接に連携できます。

●Objective-CのNSNotificationを使った応用例

Objective-Cでのプログラミングにおいて、NSNotificationはアプリケーションの異なる部分間でイベントを伝達するための非常に強力なツールです。

この記事では、NSNotificationを応用してUIの更新やスレッド間の通信、外部ライブラリとの統合に役立てる方法を掘り下げていきます。

○サンプルコード6:UIの更新にNSNotificationを使う

NSNotificationは、ユーザーインターフェース(UI)の更新を行う際にも利用できます。

例えば、データがバックグラウンドで更新された後、UIにその変更を反映させたい場合にNSNotificationを使って通知を送ることができます。

// データモデルの更新後に発行される通知の定義
NSString *const DataModelDidUpdateNotification = @"DataModelDidUpdateNotification";

// データモデルの更新処理
- (void)updateDataModel {
    // データモデルの更新ロジック...

    // 更新が完了したら通知を送る
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotificationName:DataModelDidUpdateNotification object:nil];
}

// UIコントローラーの初期化時に通知受信の登録をする
- (void)setupNotification {
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self selector:@selector(handleDataModelUpdate:) name:DataModelDidUpdateNotification object:nil];
}

// データモデル更新通知を受け取った時の処理
- (void)handleDataModelUpdate:(NSNotification *)notification {
    // UIを更新するコード
    [self.tableView reloadData];
}

// 通知登録の解除
- (void)dealloc {
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] removeObserver:self];
}

このコードでは、データモデルが更新されたことを検知して、UITableViewをリロードしています。

これにより、最新のデータが画面に表示されます。

○サンプルコード7:NSNotificationとスレッド

NSNotificationはスレッド間での通信にも使用されます。

主にUIの更新はメインスレッドで行われるため、バックグラウンドスレッドでの処理が完了した際に、メインスレッドに通知してUIを更新するような使い方が一般的です。

// バックグラウンドスレッドでの処理
- (void)performBackgroundTask {
    // バックグラウンドでの長時間実行タスク...

    // メインスレッドでUI更新の通知をする
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotificationName:DataModelDidUpdateNotification object:nil userInfo:@{@"key": @"value"}];
}

// メインスレッドでUIを更新するための通知ハンドラ
- (void)handleDataModelUpdateOnMainThread:(NSNotification *)notification {
    // userInfoから情報を取得する
    NSDictionary *userInfo = notification.userInfo;

    // メインスレッドでのUI更新処理...
    dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
        // UIの更新コードをここに書く
    });
}

このコードでは、userInfo辞書を通じて、バックグラウンドスレッドからメインスレッドに渡すことができる追加情報を含めることができます。

そして、メインスレッドでUI更新を行います。

この方法でスレッドセーフなUI更新が保証されます。

○サンプルコード8:外部ライブラリとの統合

外部ライブラリやフレームワークとの統合では、NSNotificationが重要な役割を果たします。

たとえば、アプリケーションが外部ライブラリからのイベントを受け取りたいとき、ライブラリはNSNotificationを使用してイベントをアプリケーションに伝えることができます。

// 外部ライブラリからのイベントを受け取るための通知登録
- (void)registerForLibraryNotifications {
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self selector:@selector(handleLibraryEvent:) name:LibraryDidUpdateNotification object:nil];
}

// 外部ライブラリのイベント通知を受け取った時のハンドラ
- (void)handleLibraryEvent:(NSNotification *)notification {
    // ここで外部ライブラリのイベントに応じた処理を行う
}

この例では、LibraryDidUpdateNotification が外部ライブラリからの通知名であると仮定しています。

ライブラリの具体的なイベントに応じて、対応するハンドラメソッド内で処理を行います。

●注意点と対処法

Objective-CでNSNotificationを扱う際の注意点とは、主にオブザーバの管理、メモリリーク、スレッド間のコミュニケーションの問題が挙げられます。

これらの問題は、コードの品質とアプリケーションのパフォーマンスに大きな影響を与えるため、適切な対処法を理解し実践することが重要です。

オブザーバの管理については、NSNotificationCenterにオブザーバを登録するとき、通知をもう受け取らない時が来たら必ずオブザーバを解除する必要があります。

これを怠ると、解放されたオブジェクトに通知が送られ続け、クラッシュの原因になることがあります。

また、オブジェクトのライフサイクルに注意しながらオブザーバを登録および解除することが求められます。

メモリリークの問題に関しては、NSNotificationを使用する際、クロージャやブロック内でselfを強参照するとメモリリークを引き起こす可能性があります。

これを防ぐためには、[weak self]や[unowned self]のように弱参照または無所有参照を用いることが推奨されます。

スレッド間のコミュニケーションの問題は、通知を送信するスレッドと受け取るスレッドが異なる場合に発生します。

特に、UIの更新はメインスレッドで行う必要があるため、バックグラウンドスレッドで受け取った通知に応じたUI更新を行う際には、メインスレッドに切り替える必要があります。

○通知が予想される問題とその解決方法

Objective-CでNSNotificationCenterを使用する際、いくつかの一般的な問題が予想されます。

ここでは、2つの主な問題とその解決策をサンプルコードと共に紹介します。

□オブザーバの解除を忘れずに行う

オブザーバが不要になった際には、適切に解除を行う必要があります。

たとえば、デリゲートを使っているUIViewControllerが破棄される際には、deallocメソッド内でオブザーバを解除します。

// ViewController.m
- (void)dealloc {
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] removeObserver:self];
}

このコードではdeallocメソッドをオーバーライドして、通知センターから現在のオブザーバ(self)を解除しています。

この例では、ViewControllerが解放される際に登録した通知が自動的に解除されるため、メモリリークを防ぐことができます。

□メモリリークを防ぐための弱参照の使用

NSNotificationでブロックを使用する際に、自身(self)を強参照しないように注意することが重要です。

強参照すると、ブロックがオブジェクトをキャプチャし、予期せぬライフサイクルによるメモリリークを引き起こす可能性があります。

// ViewController.m
__weak typeof(self) weakSelf = self;
[[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserverForName:@"NotificationName" object:nil queue:[NSOperationQueue mainQueue] usingBlock:^(NSNotification * _Nonnull note) {
    // weakSelfを使用してselfを強参照しない
    [weakSelf someMethod];
}];

このコードではweakSelfという弱参照を作成し、ブロック内でそれを使用しています。

これにより、ブロックが実行完了後もViewControllerがメモリに残らないようになります。

○パフォーマンスに関する考慮事項

NSNotificationを使用する際には、パフォーマンスに関してもいくつかの考慮事項があります。

特に通知の発行とオブザーバの呼び出しは、適切に管理されなければアプリケーションのパフォーマンスに悪影響を与えかねません。

たとえば、大量のデータや複雑なオブジェクトをuserInfo辞書を通じて通知とともに送ると、それを解析する過程でパフォーマンスの低下を招くことがあります。

このような問題に対しては、可能な限りシンプルなデータを送る、必要な時にのみ通知を発行する、不要になった通知は迅速に解除する、といった対策を講じることが有効です。

また、NSNotificationの使用は必要最小限にとどめ、他のコミュニケーション手段(Delegateパターン、Callback関数など)と適切に使い分けることが推奨されます。

●カスタマイズ方法

Objective-CでNSNotificationを使ったカスタマイズはアプリケーションにおける様々なイベントハンドリングと情報の流れを自在に制御する強力な手段です。

ここでは、通知システムのカスタマイズに関して、その手法と実践的なコードを紹介し、詳細な説明を行います。

Objective-CにおけるNSNotificationは、イベントが発生した際に特定のメッセージを送信する仕組みを提供します。

この機能を活用することで、開発者はアプリケーション内の異なるコンポーネント間でのデータ伝達や状態の同期を行うことが可能になります。

特に、カスタムデータを通知と共に送る方法や、特定の情報に基づいて柔軟に通知を発行するカスタマイズ技術について詳しく見ていきます。

○通知の拡張とカスタムデータの利用

NSNotificationの拡張とは、標準的な通知機能に加えて、ユーザー定義の情報を含めることです。

Objective-CではuserInfoという辞書を使って通知にカスタムデータを添えることができます。

これは、例えばアプリケーション内で起きた特定のイベントに関連する詳細情報を受け取り側に伝達する際に有用です。

ここでは、カスタムデータを含む通知を送信する一般的な方法を表したサンプルコードを紹介します。

// 通知を作成して送信するコード例
NSDictionary *userInfo = @{
    @"key1": @"value1",
    @"key2": @"value2"
};
NSNotification *notification = [NSNotification notificationWithName:@"MyCustomNotification" object:nil userInfo:userInfo];
[[NSNotificationCenter defaultCenter] postNotification:notification];

このコードではNSDictionaryを使ってuserInfoという辞書を作成しています。

ここには、通知と共に送りたい情報をキーと値のペアで設定しています。

NSNotificationオブジェクトはnotificationWithName:object:userInfo:メソッドを使用して初期化されており、その後NSNotificationCenterpostNotification:メソッドで実際に通知が送信されます。

このコードを実行すると、MyCustomNotificationという名前の通知が通知センターに送られ、そこに登録されているオブザーバーがこの通知を受け取ることができるようになります。

userInfo辞書に含まれるデータは、通知を受け取るメソッド内でnotification.userInfoとしてアクセス可能です。

// 通知を受け取るためにオブザーバーを登録するコード例
[[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserver:self selector:@selector(handleCustomNotification:) name:@"MyCustomNotification" object:nil];

// 通知をハンドリングするメソッドの実装例
- (void)handleCustomNotification:(NSNotification *)notification {
    NSDictionary *userInfo = notification.userInfo;
    NSString *value1 = userInfo[@"key1"];
    NSString *value2 = userInfo[@"key2"];
    // カスタムデータの利用...
}

実行後、handleCustomNotification:メソッドが呼び出され、通知と共に送られてきたuserInfoのデータを取り出して利用します。

この例では、key1key2というキーで保存された値を取得し、それを基に何らかの処理を実行する流れになっています。

まとめ

Objective-CでのNSNotificationの使い方について解説したこの記事は、NSNotificationの基本から応用、さらにカスタマイズ方法まで、具体的な5つのサンプルコードを用いて詳細に学んだ内容を総括します。

NSNotificationは、Objective-Cにおける重要なコンポーネントで、アプリケーション内のイベント通知システムを担っています。

Objective-CのNSNotification機能を理解し活用することは、アプリケーションの効率とユーザーエクスペリエンスの両方を向上させる上で極めて有益です。

この記事を参考に、NSNotificationを駆使して、あなたのアプリケーションの機能を最大限に引き出してください。