循環参照の解決法5選!Objective-C完全ガイド

Objective-Cで循環参照を解決する方法を表すサンプルコードと説明図Objctive-C

 

【当サイトはコードのコピペ・商用利用OKです】

このサービスはASPや、個別のマーチャント(企業)による協力の下、運営されています。

記事内のコードは基本的に動きますが、稀に動かないことや、読者のミスで動かない時がありますので、お問い合わせいただければ個別に対応いたします。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10000時間以上』を満たすプログラマ集団によって監修されています。

はじめに

プログラミングの世界には、数多くの言語がありますが、特にiOSアプリ開発にはObjective-Cという言語が長らく使用されてきました。

この記事を読めば、Objective-Cにおける循環参照という難題を理解し、それを解決するための方法を5つの具体例と共に学ぶことができます。

プログラミング初心者でもステップバイステップでフォローできるように、基本から応用まで詳細に解説していきますので、最後までご一読ください。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、C言語をベースにしたオブジェクト指向プログラミング言語で、AppleのMac OS XやiOSの開発に主に使用されています。

オブジェクト指向とは、データと処理を一つの「オブジェクト」としてまとめ、プログラムの設計を行う考え方です。

Objective-Cでは、C言語の機能に加えて、クラスや継承、ポリモーフィズムといったオブジェクト指向の特徴を使用できます。

強力なフレームワークやライブラリのサポートもあり、複雑なアプリケーションの開発も効率的に行えるのが特徴です。

○Objective-Cの基本概念

Objective-Cのコーディングには、いくつかの基本的な概念があります。

例えば、すべてのデータはオブジェクトとして扱われ、メッセージングシステムを通じて機能が実行されます。

また、メモリ管理は、従来手動で行われていましたが、現在では「Automatic Reference Counting(ARC)」というシステムによって自動化されています。

しかし、ARCが導入されてもなお、開発者が直面する共通の問題の一つに「循環参照」があります。

この概念を理解し、適切に扱うことは、効率的なアプリケーション開発において不可欠です。

●循環参照とは

循環参照とは、二つ以上のオブジェクトが互いに強い参照(strong reference)を持ち合い、それが解消されない状態を指します。

この状態が続くと、オブジェクトはメモリ上に残り続け、プログラムが終了するまで解放されません。

これはメモリリークと呼ばれる問題を引き起こし、アプリケーションのパフォーマンス低下やクラッシュの原因となります。

循環参照は主に、オブジェクト間の関係が複雑に絡み合った場合や、特定のクロージャ(Objective-Cではブロックと呼ばれる)の使用方法が原因で発生します。

Objective-Cで開発を行う際には、これらの参照がメモリの使用状況にどのような影響を及ぼすかを常に意識することが重要です。

○循環参照の問題点

循環参照が発生すると、互いに参照し合っているオブジェクト群がメモリ上に残り続けることになります。

ARCはオブジェクトの参照カウントがゼロになるとメモリからオブジェクトを解放するように設計されていますが、循環参照がある場合、参照カウントが決してゼロにならないため、オブジェクトは解放されずに残り続けます。

結果として、使用されていないメモリ領域が増え続けるというメモリリークが発生し、アプリケーションのリソース消費が増加します。

○メモリリークとの関連

メモリリークは、プログラムが動的に確保したメモリ領域が不要になったにも関わらず、適切に解放されないことによって起こります。

メモリリークが多く発生すると、システムの利用可能なメモリが少なくなり、最悪の場合はシステム全体のパフォーマンスに影響を与えることになります。

Objective-Cでは、特に大規模なアプリケーションを開発する際に、循環参照によるメモリリークを避けるために、適切な設計とコーディングが求められます。

●ARC(Automatic Reference Counting)と循環参照

ARCとは、Objective-Cのメモリ管理を自動化するためのシステムです。プログラマが直接メモリを管理する必要がありません。

ARCはオブジェクトへのすべての強い参照を追跡し、その参照カウントがゼロになると自動的にメモリを解放します。

ただし、循環参照が存在する場合、参照カウントは決してゼロにならず、メモリリークを引き起こす原因となります。

Objective-Cでは、ARCの導入によりメモリ管理は簡単になりましたが、循環参照を防ぐための理解と対策が必要です。

例えば、二つのオブジェクトが互いにstrong referenceを持つ場合、それぞれが相手を参照している限り、ARCはオブジェクトをメモリから解放できません。

この問題を解決するには、参照の一方を弱い参照(weak reference)にするなどの対策が有効です。

強い参照と弱い参照の違いを理解することは、ARCを用いたプログラミングにおいて不可欠です。強い参照はオブジェクトへの所有権を主張し、ARCによるメモリ管理の対象となります。

一方で、弱い参照は所有権を主張せず、参照しているオブジェクトが解放されると自動的にnilに設定されます。

○ARCの基本

ARCの基本的な原則は、オブジェクトの生存期間を参照カウントに基づいて管理することです。

オブジェクトに新しい強い参照が作成されるたびに参照カウントは増加し、参照がなくなると減少します。

カウントがゼロになった時点で、ARCはオブジェクトをメモリから解放します。

ARCの導入前は、retainとreleaseを呼び出して手動で参照カウントを管理する必要がありましたが、ARCを使用することでこれらの手動操作が不要になり、メモリリークのリスクを減らすことができます。

ただし、ARCでも循環参照の問題には自動的に対処できないため、開発者が意識的に対策を講じる必要があります。

○ARCにおけるStrong参照とWeak参照

ARCにおいては、オブジェクトへの参照を強い参照と弱い参照の二つに分けて考えることが重要です。

強い参照は、オブジェクトの所有権を主張し、メモリ上でのオブジェクトの生存を保証します。

対照的に、弱い参照はオブジェクトへの一時的なアクセスを可能にし、オブジェクトが解放された際には自動的にnilになります。

弱い参照は主にdelegateやIBOutletなど、オブジェクト間の非所有関係を表す場面で使用されます。

弱い参照を正しく使用することで、循環参照を避けることが可能になり、メモリリークを防ぐことができます。

●循環参照の解決法

循環参照の問題を解決するにはいくつかの方法がありますが、ここでは5つの主要な手法に焦点を当てて詳細に解説します。

これらの方法を理解し実装することで、Objective-Cにおける循環参照の問題を効果的に解決し、メモリリークを防ぐことができます。

○サンプルコード1:Weak参照を使う

弱い参照(weak reference)の使用は、循環参照を避ける最も一般的な方法の一つです。

ここでは、二つのクラスが互いに参照し合うケースを解消するためにweakを使うサンプルコードです。

// クラスAのインターフェース宣言
@interface ClassA : NSObject
@property (nonatomic, strong) ClassB *classB;
@end

// クラスBのインターフェース宣言
@interface ClassB : NSObject
@property (nonatomic, weak) ClassA *classA; // classAへの参照をweakとする
@end

@implementation ClassA
@end

@implementation ClassB
@end

このコードでは、ClassAのインスタンスがClassBを強い参照で持ち、ClassBのインスタンスはClassAを弱い参照で持っています。

このように設定することで、ClassAのインスタンスが解放されると、ClassBのインスタンスもメモリから解放されるようになります。

この方法の実行結果としては、どちらのクラスも適切な時期にメモリから解放されるため、メモリリークが発生しなくなります。

○サンプルコード2:Delegateパターンを利用する

Delegateパターンは、特定のタスクやデータを他のクラスのインスタンスに委譲するデザインパターンです。

Objective-CでDelegateパターンを使用する際には、通常delegateプロパティをweakとして定義します。

// プロトコルの定義
@protocol ClassADelegate <NSObject>
- (void)doSomething;
@end

// クラスAのインターフェース宣言
@interface ClassA : NSObject
@property (nonatomic, weak) id<ClassADelegate> delegate; // Delegateは常にweak参照
@end

@implementation ClassA
- (void)requestToDoSomething {
    [self.delegate doSomething];
}
@end

// クラスBはClassADelegateプロトコルに準拠
@interface ClassB : NSObject <ClassADelegate>
@property (nonatomic, strong) ClassA *classA;
@end

@implementation ClassB
- (void)doSomething {
    // ClassBによる具体的なアクション
}
@end

この例では、ClassAClassADelegateプロトコルを通じて何らかのアクションをClassBに委譲しています。

ClassAdelegateプロパティはClassBのインスタンスを弱い参照として持つため、ClassBClassAを強い参照しても循環参照は発生しません。

これにより、ClassAClassBのどちらも適切にメモリ管理が行われ、互いに独立して生存期間が管理されるため、メモリリークを防ぐことができる結果となります。

○サンプルコード3:Blockを使った解決法

ブロックはObjective-Cでクロージャを表現するための機能で、非同期操作やコールバックの実装に便利です。

しかし、ブロックが自身のコンテキスト内のオブジェクトをキャプチャする際に、それが強い参照である場合、意図しない循環参照が発生することがあります。

ここでは、ブロック内で弱い参照を使って循環参照を防ぐ方法を紹介します。

// ClassA.h
@interface ClassA : NSObject
@property (nonatomic, copy) void (^completionBlock)(void);
- (void)doSomething;
@end

// ClassA.m
#import "ClassA.h"

@implementation ClassA
- (void)doSomething {
    // 'weakSelf'を使ってselfへの強い参照を避ける
    __weak typeof(self) weakSelf = self;
    self.completionBlock = ^{
        // ブロック内でweakSelfを使用することで循環参照を防ぐ
        [weakSelf someMethod];
    };
}

- (void)someMethod {
    // 何かの処理
}
@end

このコード例では、ClassAのメソッドdoSomething内で自分自身(self)への強い参照を持つ可能性のあるブロックを作成しています。

ブロック内でselfにアクセスする際には、weakSelfという弱い参照を介して行うことで、循環参照の問題を回避しています。

ブロックが実行された後、もしくはClassAのインスタンスが不要になった時、メモリから正しく解放されることが期待できます。

○サンプルコード4:NSNotificationCenterを利用する

NSNotificationCenterを使ったイベント通知は、しばしば循環参照の原因になります。

オブザーバーを登録する際に、オブザーバー自体が通知を送るオブジェクトを強い参照していると、循環参照が発生する可能性があります。

ここでは、NSNotificationCenterを安全に使用するためのサンプルコードを紹介します。

// ClassA.m
#import "ClassA.h"

@implementation ClassA
- (void)registerForSomeNotification {
    __weak typeof(self) weakSelf = self;
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] addObserverForName:@"SomeNotification" object:nil queue:[NSOperationQueue mainQueue] usingBlock:^(NSNotification * _Nonnull note) {
        // 通知の処理でweakSelfを使用
        [weakSelf someMethod];
    }];
}

- (void)dealloc {
    // オブザーバーの登録を解除
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] removeObserver:self];
}

- (void)someMethod {
    // 通知に応じた処理
}
@end

この例では、ClassASomeNotification通知を受け取るためにNSNotificationCenterにオブザーバーとして登録しています。

ブロック内でselfを直接参照する代わりに、weakSelfを使用しています。

これにより、通知を送るオブジェクトとClassAインスタンス間の循環参照を防ぎます。

また、ClassAdeallocメソッドでオブザーバー登録を解除することも重要です。

○サンプルコード5:__block修飾子の使用

__block修飾子は、ブロックの外で宣言された変数をブロックの内部で値を変更するために使います。

循環参照の問題を防ぐためにも、この修飾子の使い方を理解することが大切です。

ここでは、__block修飾子を使ったサンプルコードを紹介します。

// ClassA.m
#import "ClassA.h"

@implementation ClassA
- (void)doComplexTask {
    // __block修飾子を使用して変数を定義
    __block ClassA *blockSafeSelf = self;
    self.completionBlock = ^{
        // ブロック内でblockSafeSelfを使用
        [blockSafeSelf someMethod];
        // 実行後にblockSafeSelfをnilに設定して循環参照を解消
        blockSafeSelf = nil;
    };
}

- (void)someMethod {
    // 複雑なタスクの実行
}
@end

このコードでは、ClassAのインスタンスがcompletionBlockを持ち、ブロック内で自身のメソッドsomeMethodを呼び出しています。

ブロックが自身を強い参照でキャプチャする代わりに、__block修飾子を使用しているため、ブロックの実行後にblockSafeSelfをnilに設定することで、循環参照を防いでいます。

この処理が完了すると、blockSafeSelfはメモリから解放され、それによってClassAのインスタンスもメモリから解放されることが期待されます。

●循環参照の応用例

Objective-Cにおける循環参照の問題は、さまざまな状況で遭遇する可能性があります。

応用例を通じて、実際のプロジェクトでこれらの問題をどのように解決するかを理解することは、効果的なメモリ管理と堅牢なアプリケーションの構築に不可欠です。

○サンプルコード1:オブジェクト間の循環参照

オブジェクト間の関係が密で、お互いを強く参照している場合、循環参照は容易に発生します。

特に、親子関係やコンテナとコンテンツの関係でこの問題はよく見られます。

// ParentClass.h
@interface ParentClass : NSObject
@property (nonatomic, strong) ChildClass *child;
@end

// ChildClass.h
@interface ChildClass : NSObject
@property (nonatomic, strong) ParentClass *parent;
@end

// ParentClass.m
#import "ParentClass.h"
#import "ChildClass.h"

@implementation ParentClass
- (instancetype)init {
    if (self = [super init]) {
        self.child = [[ChildClass alloc] init];
        self.child.parent = self; // 循環参照を作成してしまう
    }
    return self;
}
@end

このコードでは、ParentClassChildClassが互いに強参照を持つことで循環参照が発生します。

これを解決するためには、片方の参照を弱参照(weak)に変更する必要があります。

○サンプルコード2:UIコンポーネントとコントローラーの循環参照

UIコンポーネントとそれを管理するコントローラー間でも、注意しなければ循環参照が生じることがあります。

例えば、ビューコントローラがビューのクロージャ内で自身を参照している場合です。

// ViewController.m
#import "ViewController.h"

@implementation ViewController

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];
    self.view.someClosure = ^{
        [self doSomething]; // selfへの強参照をブロックがキャプチャする
    };
}

- (void)doSomething {
    // 何らかのアクション
}

@end

この例ではviewDidLoadメソッド内で自身のメソッドをクロージャから呼び出しているため、ViewController自体がメモリに残り続ける原因になります。

selfの代わりに弱参照を使うか、ViewControllerが解放されるタイミングでクロージャをnilに設定する必要があります。

○サンプルコード3:Core Dataの循環参照

Core Dataの管理オブジェクトコンテキスト(Managed Object Context)とエンティティ間で循環参照が発生することがあります。

これは、エンティティがコンテキストを保持し、そのコンテキストがエンティティへの参照を持っている場合に起こります。

// ManagedObjectSubclass.m
@implementation ManagedObjectSubclass

- (void)configureWithDictionary:(NSDictionary *)dictionary context:(NSManagedObjectContext *)context {
    self.context = context; // Managed ObjectがContextを強参照
    // 辞書で定義されたデータを使用して設定
}

@end

このコードスニペットでは、ManagedObjectSubclassNSManagedObjectContextの強参照を保持しています。

通常、エンティティはコンテキストによって管理されるため、このような参照は不要であり、NSManagedObjectContextを強参照から除外するべきです。

●循環参照の詳細な対処法

循環参照の解決は、プログラムの正確な挙動とメモリ効率の両方にとって重要です。

Objective-Cでの循環参照の対処法を完全に理解するには、適用例を超えて詳細な対処法を深く掘り下げる必要があります。

○解決法の選択基準

循環参照の解決法を選択する際には、いくつかの基準を考慮する必要があります。

これには、オブジェクト間の関係性の理解、オブジェクトの生存期間、およびメモリ管理の複雑さが含まれます。

解決法を選ぶ際の主な考慮事項は、オブジェクトの設計時に予見可能な参照パターンと、ランタイムにおける動的な参照の変化の認識です。

○ケースバイケースの対処例

実際のプロジェクトでは、循環参照が発生する具体的なケースに応じて最適な解決法を適用することが求められます。

たとえば、親子関係での参照には親オブジェクトから子オブジェクトへのstrong参照と、子オブジェクトから親オブジェクトへのweak参照を使用するという対処法が一般的です。

また、デリゲートパターンを利用する場合には、デリゲートプロパティを常にweakとして定義し、デリゲートがオブジェクトを所有しないようにすることが重要です。

// ケースに応じた解決法のサンプルコード
@interface ParentObject : NSObject
@property (nonatomic, strong) ChildObject *child;
@end

@interface ChildObject : NSObject
@property (nonatomic, weak) ParentObject *parent;
@end

@implementation ParentObject
@end

@implementation ChildObject
@end

上記のコードは、親オブジェクトが子オブジェクトをstrong参照で、子オブジェクトが親オブジェクトをweak参照で持つ典型的な例です。

この構造を用いることで、子オブジェクトが親オブジェクトを参照していてもメモリリークのリスクを回避できます。

●注意点とその対策

Objective-Cでの循環参照は、メモリ管理の面から見ると重大な問題です。

ここでは、循環参照を避けるためのコーディングプラクティス、メモリリークを検出する方法、およびパフォーマンスへの影響とその対策について詳しく説明します。

○循環参照を避けるためのコーディングプラクティス

循環参照を避けるためには、次のようなコーディングプラクティスを心掛けることが大切です。

  1. 強参照と弱参照の使い分けを意識し、オブジェクト間の所有関係を確立する。
  2. Delegateオブジェクトは弱参照(weak reference)で保持することで、循環参照を避ける。
  3. ブロック内でselfを参照する際は、弱参照を用いて循環参照を防ぐ。
  4. NSNotificationCenterを使う際は、オブザーバーを適宜解除することで、循環参照のリスクを減らす。

これらのプラクティスに従うことで、循環参照のリスクを効果的に低減できます。

○メモリリークを検出する方法

メモリリークを検出するには、XcodeのInstrumentツールを使用すると効果的です。

Leakオプションを選択してアプリケーションをプロファイリングすることで、メモリリークの原因となるコードを特定できます。

定期的にプロファイリングを行い、怪しい挙動を見せる箇所をチェックすることが大切です。

○パフォーマンスへの影響と対策

循環参照はアプリケーションのパフォーマンスを著しく低下させる可能性があるため、対策が必要です。

パフォーマンスの問題には、次のような対策を施すことが有効です。

  1. コードレビューを行い、他の開発者との知識共有を図る。
  2. 強参照と弱参照のバランスを考慮した設計をする。
  3. ARCの動作を理解し、適切なメモリ管理を行う。

これらの対策を通じて、メモリの無駄遣いを防ぎ、アプリケーションのレスポンスの良さを保持することが可能です。

●カスタマイズ方法

Objective-Cのプログラミングでは、循環参照を避けるためにコードをカスタマイズすることが求められることがあります。

カスタマイズ方法にはコードのリファクタリングや構造化、ユーザー定義のクリーンアップメソッドの作成などが含まれます。

これらの方法は、ソフトウェアの設計を改善し、メモリ管理をより効率的にするのに役立ちます。

○コードのリファクタリングと構造化

コードのリファクタリングは、既存のコードをより簡潔で理解しやすく、再利用可能な形に改善するプロセスです。

構造化は、コード内の各部分が明確な役割を持ち、互いに独立しているように整理することを指します。

ここでは、リファクタリングと構造化を行った後のクラスの例を紹介します。

// RefactoredClass.h
@interface RefactoredClass : NSObject
- (void)performActionWithCompletion:(void (^)(void))completion;
@end

// RefactoredClass.m
#import "RefactoredClass.h"

@implementation RefactoredClass
- (void)performActionWithCompletion:(void (^)(void))completion {
    // 複雑な処理を実行...
    if (completion) {
        completion();
    }
}
@end

この例では、行いたいアクションを実行後にコールバックブロックを通じて通知するメソッドを作成しています。

これにより、クラスの使用者は必要に応じてコールバックを提供することで、処理の完了を検知できるようになります。

○ユーザー定義のクリーンアップメソッド

オブジェクトのライフサイクルが終了するときに、そのオブジェクトによって占有されていたリソースを解放するカスタムクリーンアップメソッドを定義することが有効です。

例えば、オブザーバーや通知を登録したオブジェクトのクリーンアップは以下のようになります。

// MyClass.h
@interface MyClass : NSObject
- (void)cleanUp;
@end

// MyClass.m
#import "MyClass.h"

@implementation MyClass
- (void)cleanUp {
    // 通知センターから自分自身をオブザーバーとして削除
    [[NSNotificationCenter defaultCenter] removeObserver:self];
    // 他のクリーンアップ処理...
}

- (void)dealloc {
    [self cleanUp];
}
@end

このコードではdeallocメソッド内でcleanUpメソッドを呼び出し、オブジェクトが解放される前に必要なクリーンアップ処理を行っています。

これにより、メモリリークの可能性を減らすことができます。

まとめ

この記事では、Objective-Cのコンテキストで発生する循環参照の問題と、それを解決するための5つの方法を詳しく見てきました。

プログラミングにおいては、循環参照の問題を理解し、それを解決するための適切な技術をマスターすることが、プロフェッショナルな開発者にとって非常に重要です。

このガイドが、Objective-Cを用いた開発において、より良いメモリ管理を実現するための一助となることを願っています。