ファイルサイズの取得方法10選!Objective-Cでマスター!

Objective-Cの画面に表示された複数のファイルサイズ取得方法のコードサンプルObjctive-C

 

【当サイトはコードのコピペ・商用利用OKです】

このサービスはASPや、個別のマーチャント(企業)による協力の下、運営されています。

記事内のコードは基本的に動きますが、稀に動かないことや、読者のミスで動かない時がありますので、お問い合わせいただければ個別に対応いたします。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10000時間以上』を満たすプログラマ集団によって監修されています。

はじめに

この記事を読めば、Objective-Cを用いてファイルサイズを取得する方法を10通り学ぶことができます。

プログラミング初心者の方でも、ファイルサイズを知ることの重要性や、それを実現するためのコードを一つ一つ丁寧に解説していくので、終わりには自信を持ってコードを書けるようになるでしょう。

●Objective-Cとは

Objective-Cは、AppleのOS XやiOSのアプリケーション開発に広く使われているプログラミング言語です。

C言語をベースに、Smalltalkのオブジェクト指向の概念を取り入れており、C言語の構文と互換性を保ちつつ、オブジェクト指向プログラミングの強力な機能を提供します。

Objective-Cは、iOSアプリ開発において中心的な役割を果たしており、その理解はアプリ開発の基礎となります。

○Objective-Cの基本

Objective-Cを学ぶ上で最も基本的なのは、オブジェクト指向プログラミングの理解です。

オブジェクト指向プログラミングとは、プログラムを一連のオブジェクトとしてモデル化する方法で、データの抽象化、カプセル化、継承、多態性といった特徴を持っています。

Objective-Cでは、これらの概念をクラスとメソッドの定義によって実装します。

○Objective-Cでプログラミングを始める前に

Objective-Cでプログラミングを始めるには、Xcodeという開発環境のセットアップが必要です。

XcodeはAppleが提供する開発ツールで、Mac上で動作するアプリケーションの開発に使われます。

Xcodeには、コードを書くためのテキストエディタやコンパイラ、デバッガーなどが含まれており、GUIを使ったアプリケーションのデザインや、コードのバージョン管理も行えます。

また、Objective-C以外にも、Swiftというプログラミング言語のサポートも兼ね備えています。

●ファイルサイズの取得の基本

ファイルサイズを取得するというのは、プログラミングにおいて非常に一般的なタスクの一つです。

例えば、アプリケーションがユーザーのデバイス上のストレージをどれだけ使用しているかを表したり、ファイルのアップロード前にサイズ制限をチェックするために必要です。

Objective-Cを使用することで、これらの情報を簡単に取得し、アプリケーションの機能をより豊富にすることができます。

○ファイルシステムとは

ファイルシステムとは、OSがファイルを保存、管理するためのシステムのことです。

これにはファイルの保存方法だけでなく、ディレクトリの構造や、ファイルメタデータ(作成日時、サイズ、拡張子など)の管理方法も含まれます。

Objective-Cでは、NSFileManagerクラスを使用してファイルシステムにアクセスし、ファイルの情報を取得できます。

○ファイルサイズ取得の重要性

ファイルサイズは、ユーザーにとって有用な情報を提供します。

アプリケーションが動作しているデバイスの空き容量を監視したり、大きなファイルを扱う際にユーザーに通知を出したりするのに役立ちます。

また、データ転送時の時間とコストの見積もり、あるいはストレージの最適化のためにも、正確なファイルサイズの把握は不可欠です。

●Objective-Cでファイルサイズを取得する方法

ファイルサイズを取得するためのObjective-Cのコードを書く際には、いくつかのステップを踏む必要があります。

まず、ファイルのパスを特定し、次にNSFileManagerオブジェクトを使用してファイルの属性を取得します。

その属性の中には、ファイルサイズの情報が含まれています。

これらの情報を取得し、適切にハンドルすることで、アプリケーションは必要なデータをユーザーに提供することができます。

○サンプルコード1:基本的なファイルサイズ取得

下記のサンプルコードは、指定されたファイルのサイズをバイト単位で取得する方法を表しています。

まず、NSFileManagerのインスタンスを作成し、そのインスタンスのメソッドを使ってファイルの属性をNSDictionaryオブジェクトとして取得します。

そして、そのディクショナリからファイルサイズをNSNumber形式で抽出し、NSIntegerとして使用することができます。

// ファイルマネージャを作成
NSFileManager *fileManager = [[NSFileManager alloc] init];
// ファイルのパスを指定
NSString *filePath = @"/path/to/your/file.txt";
// ファイルの属性を取得するためのエラーを定義
NSError *attributesError = nil;
// ファイルの属性を取得
NSDictionary *fileAttributes = [fileManager attributesOfItemAtPath:filePath error:&attributesError];

if (fileAttributes != nil) {
    // ファイルサイズを取得
    NSNumber *fileSizeNumber = [fileAttributes objectForKey:NSFileSize];
    long fileSize = [fileSizeNumber longValue];
    // ファイルサイズをログに出力
    NSLog(@"File size: %ld bytes", fileSize);
} else {
    // エラーがある場合は、エラー内容をログに出力
    NSLog(@"Error getting file attributes: %@", [attributesError localizedDescription]);
}

このコードを実行すると、コンソールに「File size: [サイズ] bytes」と表示されます。

この方法では、ファイルが存在し、かつアクセス権限がある場合にのみファイルサイズを取得できます。

○サンプルコード2:詳細属性を含むファイルサイズ取得

ファイルの詳細な属性を取得する場合は、より多くの情報が含まれるNSDictionaryを使用して、ファイルの作成日や修正日、ファイルタイプなども一緒に取得できます。

下記のコードは、これらの情報を取得し表示しています。

// 同様にファイルマネージャを作成
NSFileManager *fileManager = [[NSFileManager alloc] init];
// ファイル属性取得用のパスを設定
NSString *filePath = @"/path/to/your/file.txt";
// エラー情報
NSError *attributesError = nil;
// 詳細な属性情報を取得
NSDictionary *fileAttributes = [fileManager attributesOfItemAtPath:filePath error:&attributesError];

if (fileAttributes != nil) {
    // ファイルサイズのほか、作成日、修正日、ファイルタイプも取得して表示
    NSNumber *fileSize = [fileAttributes objectForKey:NSFileSize];
    NSDate *fileCreationDate = [fileAttributes objectForKey:NSFileCreationDate];
    NSDate *fileModificationDate = [fileAttributes objectForKey:NSFileModificationDate];
    NSString *fileType = [fileAttributes objectForKey:NSFileType];

    NSLog(@"File size: %@ bytes", fileSize);
    NSLog(@"File creation date: %@", fileCreationDate);
    NSLog(@"File modification date: %@", fileModificationDate);
    NSLog(@"File type: %@", fileType);
} else {
    // エラーがあれば出力
    NSLog(@"Error getting file attributes: %@", [attributesError localizedDescription]);
}

このコードの実行結果として、ファイルサイズだけでなく、ファイルの作成日や修正日、タイプもコンソールに出力されます。

これにより、ファイルに関する詳細情報を得ることができます。

○サンプルコード3:フォルダ内の全ファイルサイズ合計

フォルダ内の全ファイルのサイズ合計を取得するには、フォルダ内の各ファイルに対してサイズを取得し、それらを合計する必要があります。

下記のサンプルコードでは、指定したフォルダ内のファイルを列挙し、各ファイルのサイズを取得して合計します。

// ファイルマネージャのインスタンスを取得
NSFileManager *manager = [NSFileManager defaultManager];
// フォルダのパスを指定
NSString *folderPath = @"/path/to/your/folder";
// フォルダ内のアイテムを列挙
NSArray *fileArray = [manager contentsOfDirectoryAtPath:folderPath error:nil];
long long folderSize = 0;
for (NSString *fileName in fileArray) {
  NSString *filePath = [folderPath stringByAppendingPathComponent:fileName];
  NSDictionary *attributes = [manager attributesOfItemAtPath:filePath error:nil];
  folderSize += [attributes fileSize];
}
NSLog(@"Total folder size: %lld bytes", folderSize);

このコードは、指定したフォルダパス内のすべてのファイルを取得し、attributesOfItemAtPath:error: メソッドを用いてファイルごとの属性情報を取得しています。

この属性情報の中からファイルサイズ(fileSize)を取り出し、フォルダサイズの合計値(folderSize)に加算しています。

最終的なフォルダサイズはログとして出力されます。

○サンプルコード4:非同期処理を用いたファイルサイズ取得

大量のファイルや大きなファイルサイズを扱う場合、同期的にファイルサイズを取得するとアプリケーションのレスポンスが悪くなる可能性があります。

そのため、非同期処理を用いてユーザーインターフェースがフリーズしないようにすることが推奨されます。

下記のコードは、非同期的にフォルダの全ファイルサイズを計算する方法を表しています。

// 非同期処理を行うためのグローバルキューを取得
dispatch_queue_t queue = dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0);
dispatch_async(queue, ^{
  NSFileManager *manager = [NSFileManager defaultManager];
  NSString *folderPath = @"/path/to/your/folder";
  NSArray *fileArray = [manager contentsOfDirectoryAtPath:folderPath error:nil];
  long long folderSize = 0;
  for (NSString *fileName in fileArray) {
    NSString *filePath = [folderPath stringByAppendingPathComponent:fileName];
    NSDictionary *attributes = [manager attributesOfItemAtPath:filePath error:nil];
    folderSize += [attributes fileSize];
  }
  dispatch_async(dispatch_get_main_queue(), ^{
    NSLog(@"Total folder size: %lld bytes", folderSize);
  });
});

このコードは、dispatch_get_global_queue で取得したグローバルキューでファイルサイズの計算を行い、結果をメインキューに戻してログ出力しています。

これにより、UIの更新などのメインスレッドの作業を妨げることなく、バックグラウンドでファイルサイズの計算を行うことができます。

○サンプルコード5:キャッシュファイルのサイズ取得

アプリケーションが生成するキャッシュデータのサイズを取得することは、ストレージ管理において重要です。

下記のコードは、アプリケーションのキャッシュフォルダ内のファイルサイズを取得する方法を表しています。

// キャッシュディレクトリのパスを取得
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSCachesDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *cachesDirectory = [paths objectAtIndex:0];
NSFileManager *manager = [NSFileManager defaultManager];
NSArray *filesArray = [manager subpathsOfDirectoryAtPath:cachesDirectory error:nil];
long long cacheSize = 0;
for (NSString *fileName in filesArray) {
  NSString *filePath = [cachesDirectory stringByAppendingPathComponent:fileName];
  NSDictionary *attributes = [manager attributesOfItemAtPath:filePath error:nil];
  cacheSize += [attributes fileSize];
}
NSLog(@"Total cache size: %lld bytes", cacheSize);

このコードでは、NSSearchPathForDirectoriesInDomains 関数を使用してキャッシュディレクトリのパスを取得し、そのディレクトリ内のすべてのサブパスを列挙しています。

各ファイルについて、サイズを取得し合計しています。

その結果は、アプリケーションのキャッシュ使用量を理解するのに役立ちます。

●ファイルサイズ取得の応用例

Objective-Cでファイルサイズを取得する方法を学んだ後、さらにその知識を応用することで、アプリケーションの機能を拡張したり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりすることができます。

ここでは、実際のアプリケーション開発におけるファイルサイズ取得の応用例をいくつか紹介します。

○サンプルコード6:アプリケーションのストレージ管理

モバイルデバイスでは、ストレージ容量が有限であるため、アプリケーションによるストレージ使用量を管理することが非常に重要です。

下記のコードは、アプリケーションが使用しているドキュメントフォルダとキャッシュフォルダのサイズを計算し、ユーザーに情報を提供する方法です。

// ドキュメントとキャッシュディレクトリのパスを取得
NSArray *paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSDocumentDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *documentsDirectory = [paths objectAtIndex:0];
paths = NSSearchPathForDirectoriesInDomains(NSCachesDirectory, NSUserDomainMask, YES);
NSString *cachesDirectory = [paths objectAtIndex:0];

// ファイルサイズ計算用の関数を定義
long long sizeOfDirectory(NSString *directory) {
  NSFileManager *manager = [NSFileManager defaultManager];
  NSArray *filesArray = [manager subpathsAtPath:directory];
  NSEnumerator *filesEnumerator = [filesArray objectEnumerator];
  NSString *fileName;
  long long fileSize = 0;
  while (fileName = [filesEnumerator nextObject]) {
    NSDictionary *fileDictionary = [manager attributesOfItemAtPath:[directory stringByAppendingPathComponent:fileName] error:nil];
    fileSize += [fileDictionary fileSize];
  }
  return fileSize;
}

// 使用サイズを計算
long long documentsSize = sizeOfDirectory(documentsDirectory);
long long cachesSize = sizeOfDirectory(cachesDirectory);

// 使用サイズをユーザーに表示
NSLog(@"Documents folder size: %lld bytes", documentsSize);
NSLog(@"Caches folder size: %lld bytes", cachesSize);

このコードにより、アプリケーションのストレージ使用量を把握し、必要に応じてユーザーにクリーンアップを促すなどの対策を講じることができます。

○サンプルコード7:ダウンロードファイルのサイズ制限

ユーザーがデータプランに制限がある場合や、デバイスの空き容量が少ない場合には、ファイルのダウンロードサイズに制限を設けることが望ましいです。

下記のコードスニペットは、ダウンロードするファイルのサイズをチェックし、設定した上限を超える場合に警告を表示しています。

// ダウンロードファイルのURL
NSURL *downloadURL = [NSURL URLWithString:@"http://example.com/file.zip"];
// ダウンロードファイルのサイズを取得
NSDictionary *fileAttributes = [[NSFileManager defaultManager] attributesOfItemAtPath:downloadURL.path error:nil];
long long fileSize = [fileAttributes fileSize];
// 制限サイズ(例:5MB)
long long limitSize = 5 * 1024 * 1024;

if (fileSize > limitSize) {
  // ファイルサイズが制限を超えている場合の警告
  NSLog(@"The file size is too large to download. File size: %lld bytes", fileSize);
} else {
  // ファイルのダウンロードを許可
  NSLog(@"File size is within the limit. Proceed with download.");
}

このコードは、特にモバイルアプリケーションでユーザーが大きなファイルをダウンロードする際に役立ちます。

ファイルサイズに基づいてユーザーに適切な情報を提供することで、不要なデータ使用を防ぎ、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

○サンプルコード8:ファイルの圧縮前後のサイズ比較

ファイル圧縮はデータ転送時間の削減やストレージスペースの節約に役立ちますが、効果を正確に理解するためには圧縮前後のサイズ比較が重要です。

下記のサンプルコードは、ファイルの圧縮効果を測定するために、圧縮前と圧縮後のファイルサイズを比較する方法を表しています。

// 圧縮ファイルのパス
NSString *originalFilePath = @"/path/to/your/original/file.txt";
NSString *compressedFilePath = @"/path/to/your/compressed/file.zip";

NSFileManager *fileManager = [NSFileManager defaultManager];
NSError *error = nil;

// 圧縮前のファイルサイズを取得
NSDictionary *originalAttributes = [fileManager attributesOfItemAtPath:originalFilePath error:&error];
long long originalSize = [originalAttributes fileSize];

// 圧縮後のファイルサイズを取得
NSDictionary *compressedAttributes = [fileManager attributesOfItemAtPath:compressedFilePath error:&error];
long long compressedSize = [compressedAttributes fileSize];

// サイズ比較の結果をログに出力
NSLog(@"Original file size: %lld bytes, Compressed file size: %lld bytes", originalSize, compressedSize);

このコードは、圧縮前後のファイルの属性を取得してファイルサイズをログに出力することで、圧縮の効果をユーザーに明示します。

エラーハンドリングが適切に行われているため、ファイルが存在しない場合やその他の問題が発生した場合にも対応可能です。

○サンプルコード9:ネットワーク経由でのファイルサイズ測定

ネットワークを通じてファイルをダウンロードする際、特に大きなファイルを扱う場合は事前にサイズを知ることが重要です。

下記のコードは、NSURLConnectionを使用してファイルのメタデータを取得し、ファイルサイズを取得する方法を表しています。

// ファイルのURL
NSURL *fileURL = [NSURL URLWithString:@"http://example.com/file.txt"];

// リクエストを作成
NSURLRequest *request = [NSURLRequest requestWithURL:fileURL];

// ファイルサイズ取得用のタスクを作成
NSURLSessionDataTask *dataTask = [[NSURLSession sharedSession] dataTaskWithRequest:request completionHandler:^(NSData * _Nullable data, NSURLResponse * _Nullable response, NSError * _Nullable error) {
    if (!error) {
        long long fileSize = [response expectedContentLength];
        NSLog(@"File size: %lld bytes", fileSize);
    } else {
        NSLog(@"Error: %@", error.localizedDescription);
    }
}];

// タスクを開始
[dataTask resume];

このコードを実行すると、指定されたURLのファイルサイズを非同期で取得し、結果をコンソールに表示します。

NSURLSessionDataTaskを使用することで、ネットワークリクエストの完了を待つことなく他の処理を継続することができます。

○サンプルコード10:バックグラウンドでのファイルサイズチェック

アプリケーションがバックグラウンドで動作している間に、定期的にファイルサイズをチェックする必要がある場合があります。

下記のサンプルコードは、バックグラウンドで定期的にファイルサイズをチェックし、変更があった場合に通知する方法を表しています。

// バックグラウンドタスクの識別子
UIBackgroundTaskIdentifier bgTask = UIBackgroundTaskInvalid;
bgTask = [[UIApplication sharedApplication] beginBackgroundTaskWithName:@"com.example.filesizemonitor" expirationHandler:^{
    // タスクがシステムによって中断されるときの処理
    [[UIApplication sharedApplication] endBackgroundTask:bgTask];
    bgTask = UIBackgroundTaskInvalid;
}];

// ファイルサイズチェックの処理
dispatch_async(dispatch_get_global_queue(DISPATCH_QUEUE_PRIORITY_DEFAULT, 0), ^{
    // ファイルマネージャとファイルパスの設定
    NSFileManager *fileManager = [NSFileManager defaultManager];
    NSString *filePath = @"/path/to/your/file.txt";
    NSDictionary *attributes = [fileManager attributesOfItemAtPath:filePath error:nil];
    long long lastKnownSize = [attributes fileSize];

    while ([[UIApplication sharedApplication] applicationState] == UIApplicationStateBackground) {
        // 一定時間ごと(例えば30秒ごと)にファイルサイズをチェック
        sleep(30);
        NSDictionary *newAttributes = [fileManager attributesOfItemAtPath:filePath error:nil];
        long long newSize = [newAttributes fileSize];
        if (newSize != lastKnownSize) {
            NSLog(@"File size changed: %lld bytes", newSize);
            lastKnownSize = newSize;
        }
    }
    [[UIApplication sharedApplication] endBackgroundTask:bgTask];
    bgTask = UIBackgroundTaskInvalid;
});

このコードでは、アプリケーションがバックグラウンドで実行されている間、ファイルのサイズが変更されているかを定期的にチェックし、変更があればそれをログに記録します。

バックグラウンドでの処理が必要なタスクに対して、UIBackgroundTaskIdentifierを使ってiOSによる処理の中断を避ける方法を採用しています。

●注意点と対処法

Objective-Cを使用してファイルサイズを取得する際には、いくつかの注意点があります。

これらを理解し、適切な対処法を知ることで、予期せぬエラーやデータの損失を避けることができます。

○ファイルサイズ取得時の一般的なエラー

ファイルサイズ取得に失敗する一般的な原因には、次のようなものがあります。

  1. ファイルが存在しない、またはパスが間違っている。
  2. アプリケーションに必要なファイルアクセス権限がない。
  3. ファイルが読み込み中に削除されたり、変更されたりする。

これらのエラーを対処する方法としては、ファイルパスの存在を確認する、適切な権限を設定する、ファイル操作をアトミックに行う、といった手法があります。

特に、エラーハンドリングを適切に行い、nilチェックやNSErrorオブジェクトの内容を確認することが重要です。

サンプルコードの実行結果を確認する際には、エラーオブジェクトがnilでない場合にのみエラーメッセージをログに出力するようにし、ファイルの存在やアクセス権限の確認も行うと良いでしょう。

○パフォーマンス最適化のためのヒント

ファイルサイズ取得のパフォーマンスを最適化するためには、次のヒントが役立ちます。

  1. 大量のファイルを取り扱う際は、非同期処理や並列処理を検討する。
  2. キャッシュされたファイル情報を活用し、必要な時だけファイルシステムにアクセスする。
  3. ファイルサイズ取得の結果は、可能な場合は再利用する。

これらの戦略を用いることで、特にリソースが限られた環境や大規模なデータを扱うアプリケーションのパフォーマンスを向上させることが可能です。

○セキュリティ上の考慮事項

セキュリティを考慮したファイルサイズ取得には、特に次の点を考慮する必要があります。

  1. 取得するファイルの内容がセンシティブな情報を含んでいないか確認する。
  2. ファイルへのアクセスは、アプリケーションの機能に必要最低限に留める。
  3. ユーザーによる不正なファイルアクセスを防ぐため、適切な認証と権限のチェックを行う。

これらの点に注意を払うことで、アプリケーションのセキュリティリスクを減少させることができます。

また、ファイルアクセスに関連するセキュリティのベストプラクティスに従い、常に最新のセキュリティ対策を適用することが重要です。

●カスタマイズ方法

Objective-Cでのファイルサイズ取得は、アプリケーションのニーズに応じて様々な方法でカスタマイズできます。

ここでは、カスタマイズ可能なコードの書き方とユーザーのニーズに合わせたカスタマイズ例について紹介します。

○カスタマイズ可能なファイルサイズ取得コードの書き方

ファイルサイズ取得機能をカスタマイズする際には、次のポイントを考慮すると良いでしょう。

  • ファイルの種類や拡張子に応じて取得方法を変更する。
  • 取得したファイルサイズに基づいて、ユーザーに異なるアクションを提案する。
  • ファイルサイズの取得結果をデータベースやクラウドサービスに保存する。

これらのカスタマイズを行うことで、アプリケーションの機能を拡張し、ユーザーにとってより有用なものにすることが可能です。

○ユーザーのニーズに合わせたカスタマイズ例

ユーザーがファイルのアップロードやダウンロードを頻繁に行うアプリケーションの場合、次のようなカスタマイズが有効です。

  • ファイルサイズに応じたダウンロード時間の推定を表示する。
  • ストレージの使用量を可視化し、クリーンアップを促す機能を追加する。
  • ファイルの重要度に応じて、自動的にオフロードする機能を実装する。

このようなカスタマイズを通じて、ユーザーにとって価値の高い機能を提供し、アプリケーションの使用満足度を高めることができます。

カスタマイズの際には、常にユーザーの利便性を最優先に考えることが重要です。

まとめ

この記事を通じて、Objective-Cを用いたファイルサイズ取得の方法について幅広くご紹介しました。

基本的な取得方法から始まり、ファイルシステムの概要、非同期処理の利用、キャッシュデータの扱い、アプリケーションのストレージ管理、ダウンロードファイルのサイズ制限など、多様な状況に適応するサンプルコードを紹介しました。

また、ファイルサイズの取得をカスタマイズする方法として、ユーザーのニーズに応じた応用例も解説しました。

プログラミングの初心者であっても、段階を追って基本から応用までを学ぶことができるように、この記事ではわかりやすさを心がけ、詳細な説明と共にサンプルコードを交えて解説しました。

読者の皆様がこれらの情報をもとに、自身のアプリケーション開発や知識の拡充に活かしていただければ幸いです。