C言語で理解する!アロー演算子の使い方と応用例5選

C言語のアロー演算子を学ぶ初心者がパソコンに向かっているイメージC言語
この記事は約7分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミング言語Cは、そのパワフルさと汎用性から多くの分野で広く利用されています。

その中でも、「アロー演算子」という特殊な記号が存在します。

初心者の方にとっては、その意味や使い方を理解するのが少し難しいかもしれません。

この記事では、アロー演算子の使い方を5つのサンプルコードを交えて具体的に解説します。

読み進めていけば、あなたもアロー演算子をスムーズに活用できるようになるでしょう。

●C言語とは

C言語は、1970年代初頭にベル研究所で開発されたプログラミング言語で、オペレーティングシステム、組み込みシステム、ゲーム開発など、幅広い分野で使用されています。

その中でも、アロー演算子はポインタや構造体を扱う際に重要な役割を果たします。

●アロー演算子の概要

アロー演算子(->)は、C言語においてポインタを通して構造体のメンバーにアクセスするための演算子です。

具体的には、「ポインタ->メンバー名」という形で使われ、ポインタが指す構造体のメンバーに直接アクセスします。

●アロー演算子の使い方

アロー演算子の使い方を理解するために、いくつかの具体的な例を見ていきましょう。

○サンプルコード1:アロー演算子の基本的な使い方

このコードでは、アロー演算子を使って構造体のメンバにアクセスする基本的な使い方を示しています。

この例では、Person構造体を作成し、それを指すポインタを介して構造体のメンバにアクセスしています。

#include <stdio.h>

typedef struct {
    char *name;
    int age;
} Person;

int main() {
    Person john;
    john.name = "John Doe";
    john.age = 30;

    Person *p = &john;
    printf("%s is %d years old.\n", p->name, p->age);

    return 0;
}

このコードを実行すると、「John Doe is 30 years old.」と表示されます。

これは、アロー演算子を用いて構造体のメンバにアクセスし、その情報を出力しているからです。

○サンプルコード2:アロー演算子と構造体

次に、アロー演算子と構造体を組み合わせた例を見てみましょう。

この例では、構造体の配列を作成し、その中の特定のメンバにアクセスしています。

#include <stdio.h>

typedef struct {
    char *name;
    int age;
} Person;

int main() {
    Person people[2] = {
        {"John Doe", 30},
        {"Jane Doe", 25}
    };

    Person *p = people;
    printf("%s is %d years old.\n", p->name, p->age);
    p++;
    printf("%s is %d years old.\n", p->name, p->age);

    return 0;
}

このコードを実行すると、「John Doe is 30 years old.」と「Jane Doe is 25 years old.」が順に表示されます。

●アロー演算子の応用例

アロー演算子は、上記の基本的な使い方だけでなく、さまざまな応用例が存在します。

○サンプルコード3:アロー演算子と関数

この例では、アロー演算子を使って関数の引数に構造体のポインタを渡し、そのメンバにアクセスしています。

#include <stdio.h>

typedef struct {
    char *name;
    int age;
} Person;

void print_person(Person *p) {
    printf("%s is %d years old.\n", p->name, p->age);
}

int main() {
    Person john = {"John Doe", 30};
    print_person(&john);

    return 0;
}

このコードを実行すると、「John Doe is 30 years old.」が表示されます。

これは、関数print_personに構造体のポインタを渡し、そのメンバにアクセスして情報を出力しているからです。

○サンプルコード4:アロー演算子と配列

この例では、アロー演算子を使って構造体の配列のメンバにアクセスしています。

#include <stdio.h>

typedef struct {
    char *name;
    int age;
} Person;

int main() {
    Person people[2] = {
        {"John Doe", 30},
        {"Jane Doe", 25}
    };

    for (int i = 0; i < 2; i++) {
        printf("%s is %d years old.\n", (people + i)->name, (people + i)->age);
    }

    return 0;
}

このコードを実行すると、「John Doe is 30 years old.」と「Jane Doe is 25 years old.」が順に表示されます。

これは、アロー演算子を使って構造体の配列の各メンバに順番にアクセスし、その情報を出力しているからです。

○サンプルコード5:アロー演算子とポインタ

この例では、アロー演算子を使ってポインタを介して構造体のメンバにアクセスしています。

この例では、メモリの動的確保を行い、その領域を構造体のポインタとして扱っています。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

typedef struct {
    char *name;
    int age;
} Person;

int main() {
    Person *p = (Person *)malloc(sizeof(Person));
    p->name = "John Doe";
    p->age = 30;

    printf("%s is %d years old.\n", p->name, p->age);

    free(p);
    return 0;
}

このコードを実行すると、「John Doe is 30 years old.」が表示されます。

これは、アロー演算子を使って動的に確保したメモリ領域(構造体のポインタ)のメンバにアクセスし、その情報を出力しているからです。

●アロー演算子の注意点と対処法

アロー演算子を使用する際には、ポインタが指すメモリ領域が確保されていることを確認する必要があります。

指すメモリが確保されていない場合、不定の挙動を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。

また、動的にメモリを確保した場合には、使い終わったら必ず解放するようにしましょう。

●アロー演算子のカスタマイズ方法

C言語では、アロー演算子自体をカスタマイズすることはできません。

しかし、ポインタや構造体をどのように扱うかにより、アロー演算子の使い方は大きく変わることがあります。

したがって、自分の目的に合わせて適切にポインタや構造体を設計し、アロー演算子を活用することが大切です。

まとめ

以上、C言語のアロー演算子の使い方について詳しく解説しました。

その概要から基本的な使い方、応用例、注意点までを具体的なサンプルコードを交えて説明しました。

アロー演算子はC言語における重要な要素の一つであり、その使い方を理解することで、より複雑なプログラムをスムーズに書くことができるようになります。

これからもC言語の学習を進めていく中で、本記事が役立つことを願っています。