C言語のatof関数を完全解明!使い方から応用例まで5つのステップ

C言語のatof関数を使いこなすプログラマーC言語
この記事は約7分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

今日の記事は、プログラミング初心者向けにC言語のatof関数を解説するものです。

この記事を読むことで、あなたはatof関数の基本的な使い方から応用例までを理解し、あなたのプログラミングスキルが一段と向上することでしょう。

●C言語とは

C言語は、1970年代にAT&Tベル研究所で開発されたプログラミング言語です。

その高い効率性と表現力から、オペレーティングシステムや組み込みシステムの開発に広く用いられています。

そしてその中で、atof関数はC言語の基本的な機能であり、文字列を浮動小数点数に変換するために使用されます。

●atof関数とは

atof関数は、文字列をdouble型の浮動小数点数に変換するC言語の標準関数です。

これにより、文字列で表現された数値を計算に使用できるようになります。

○atof関数の基本的な使い方

atof関数の基本的な使い方は非常にシンプルです。関数に文字列を渡すだけで、その文字列が表現する浮動小数点数を得ることができます。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
    char *str = "123.456";
    double num = atof(str);
    printf("%f\n", num);
    return 0;
}

このコードでは、atof関数を使って文字列”123.456″をdouble型の浮動小数点数に変換しています。

この例では、変換した数値をprintf関数で画面に出力しています。

コードを実行すると、画面には”123.456000″と表示されます。

○atof関数の詳細な使い方

atof関数は、文字列中の先頭から数字や符号、小数点、指数表記が認められるまでを変換します。

数字や符号、小数点、指数表記以外の文字が出てきた時点で変換は終了し、それまでの部分を変換した結果が得られます。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
    char *str = "123.456abc";
    double num = atof(str);
    printf("%f\n", num);
    return 0;
}

このコードでは、atof関数を使って文字列”123.456abc”から数字部分をdouble型の浮動小数点数に変換しています。

この例では、変換可能な部分までを変換し、変換した数値をprintf関数で画面に出力しています。

コードを実行すると、画面には”123.456000″と表示されます。つまり、数字以外の部分”abc”は無視されます。

○atof関数の使用例とその解説

atof関数は、ユーザーからの入力やファイルから読み込んだデータなど、文字列として表現された数値を処理する場合に使用します。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
    char str[256];
    printf("数字を入力してください: ");
    fgets(str, sizeof(str), stdin);
    double num = atof(str);
    printf("2倍の値は%fです。\n", num * 2);
    return 0;
}

このコードでは、atof関数を使ってユーザーからの入力をdouble型の浮動小数点数に変換し、その2倍の値を画面に出力しています。

この例では、fgets関数で標準入力から文字列を読み込み、それをatof関数で数値に変換し、2倍した結果をprintf関数で出力しています。

このコードを実行すると、”数字を入力してください: “と表示され、ユーザーの入力を待ちます。

例えば、”123.456″と入力すると、画面には”2倍の値は246.912000です。”と表示されます。

●atof関数の応用例

atof関数はその単純さと汎用性から、様々な応用が可能です。

ここでは2つの応用例を紹介します。

○応用例1:文字列から浮動小数点数への変換

atof関数は、文字列から浮動小数点数への変換に使われます。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
    char *str = "3.14 2.718 1.618";
    double num1, num2, num3;
    num1 = atof(str);
    num2 = atof(str + 5);
    num3 = atof(str + 10);
    printf("%f %f %f\n", num1, num2, num3);
    return 0;
}

このコードでは、atof関数を使って空白で区切られた数値をそれぞれdouble型の浮動小数点数に変換しています。

この例では、3つの数値をそれぞれ別々の位置から変換し、それらをprintf関数で画面に出力しています。

コードを実行すると、画面には”3.140000 2.7180001.618000″と表示されます。

○応用例2:計算機プログラムの作成

atof関数は、文字列から数値を得ることができるので、計算機プログラムの作成にも利用できます。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
    char str1[256], str2[256];
    printf("2つの数字を入力してください: ");
    scanf("%s %s", str1, str2);
    double num1 = atof(str1);
    double num2 = atof(str2);
    printf("和は%fです。\n", num1 + num2);
    return 0;
}

このコードでは、atof関数を使ってユーザーから入力された2つの数字をdouble型の浮動小数点数に変換し、その和を画面に出力しています。

この例では、scanf関数で2つの文字列を読み込み、それらをatof関数で数値に変換し、その和をprintf関数で出力しています。

このコードを実行すると、”2つの数字を入力してください: “と表示され、ユーザーの入力を待ちます。

例えば、”3.14 2.718″と入力すると、画面には”和は5.858000です。”と表示されます。

●atof関数の注意点と対処法

atof関数は便利な一方で、注意点もあります。一つ目は、変換不能な文字列を渡すと結果が不定になることです。

つまり、文字列が数値を表さない場合、変換結果は0になったり、予期せぬ値になったりします。

これを避けるためには、変換する文字列が適切な数値を表しているか事前に確認することが重要です。

二つ目は、浮動小数点数は整数と違って厳密な等価性がないことです。

つまり、atof関数で変換した結果と、元の数値が完全に一致するとは限らないのです。

これは、浮動小数点数が内部的には2進数で表現されているためで、一部の10進数の小数は2進数で厳密に表現することができません。

したがって、atof関数で得た結果を比較する際には、ある程度の誤差を許容することが必要です。

●atof関数のカスタマイズ方法

atof関数は標準の機能ですが、必要に応じてカスタマイズすることも可能です。

例えば、atof関数にはエラーチェックの機能がありませんが、errno関数を組み合わせることでエラーチェックを追加することができます。

また、特定の書式の文字列から数値を取り出すためのカスタム関数を作成することも可能です。

例えば、”1,234.56″のようにカンマで区切られた数値を正しく変換するための関数を作成することもできます。

このようなカスタマイズを通じて、atof関数をあなたのニーズに合わせて使用することができます。

まとめ

C言語のatof関数は、文字列を浮動小数点数に変換するための非常に便利な関数です。

しかし、その使い方や注意点を理解することが重要です。

本記事では、その基本的な使い方から応用例、注意点、カスタマイズ方法まで詳しく解説しました。

これらの知識を身につけることで、あなたはC言語のプログラミングスキルを一層深めることができるでしょう。