C言語における多重ループの完全ガイド!7つの明確なステップ

C言語の多重ループの学習ガイドの表紙C言語
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C言語のプログラミングにおける重要な概念の一つである多重ループ。

それは一見複雑に見えるかもしれませんが、しっかりと理解して使いこなせるようになると、プログラムの可能性は飛躍的に広がります。

今回は、C言語における多重ループの使用法を、基本的な説明から具体的なサンプルコード、応用例まで、初心者でも理解できるように詳しく解説します。

本ガイドが、あなたのC言語学習の一助となれば幸いです。

●C言語とは

C言語は、1972年にアメリカのベル研究所で開発されたプログラミング言語であり、その後の多くのプログラミング言語の基盤となりました。

その理由は、C言語が汎用性が高く、効率的なコードを書くことができるからです。

C言語はOSの開発や組み込みシステムの開発など、さまざまな場面で使われています。

●ループとは

プログラミングにおけるループとは、特定の命令を繰り返し実行する仕組みのことを指します。

ループは大きく分けて、単一ループと多重ループがあります。

○単一ループとは

単一ループは一連の命令を一定の回数または特定の条件が満たされるまで繰り返す仕組みです。

C言語にはこの単一ループを実現するための「for」、「while」、「do-while」などの制御構造が用意されています。

○多重ループとは

一方、多重ループはループの中に別のループを含む形で、命令を複数回繰り返す仕組みです。

2重、3重といったように、ループを何層も重ねることができます。

多重ループは行列の処理や2次元配列の操作など、複雑なデータ処理に活用されます。

●C言語での多重ループの使い方

それでは、具体的にC言語で多重ループをどのように書くのか、サンプルコードを通じて解説します。

○サンプルコード1:基本的な多重ループ

#include <stdio.h>

int main() {
  int i, j;
  for (i = 0; i < 3; i++) {
    for (j = 0; j < 2; j++) {
      printf("i=%d, j=%d\n", i, j);
    }
  }
  return 0;
}

このコードでは、「for」ループを使って2重ループを作成しています。

外側のループが3回、内側のループが2回繰り返されます。その結果として、「printf」関数による出力が合計6回行われます。

つまり、外側のループが一回実行される度に、内側のループは2回実行されることになります。

このコードを実行すると、次のような結果が出力されます。

i=0, j=0
i=0, j=1
i=1, j=0
i=1, j=1
i=2, j=0
i=2, j=1

このように、多重ループは内側のループが全て実行された後に、次の外側のループの処理に移行します。

これにより、2次元的なデータ構造を効率よく操作することが可能になります。

○サンプルコード2:多重ループを用いた行列の生成

次に進む前に、C言語を使用して行列を生成するための多重ループの基本的な使い方を紹介します。

これは特に線形代数の問題を解決するためのアプローチとして有用であり、またゲームのグリッドや画像処理など、さまざまなプログラミングタスクで広く使用されます。

ここで使用するサンプルコードでは、5×5の整数行列を生成します。

行列の各要素には、その行と列のインデックスの和が割り当てられます。

つまり、行列の位置(1,1)には数値2(1+1)が、位置(2,3)には数値5(2+3)が割り当てられるというわけです。

#include<stdio.h>

int main() {
  int i, j;
  for(i=0; i<5; i++) {
    for(j=0; j<5; j++) {
      printf("%d ", i+j);
    }
    printf("\n");
  }
  return 0;
}

このコードは、まず外側のループが行の数(ここでは5行)を処理します。

次に内側のループが各行に対する列の数(ここでは5列)を処理します。

そして、printf関数を使って、行のインデックス(変数i)と列のインデックス(変数j)の和を出力します。

各行の出力後に改行を出力しています。

このコードを実行すると、次のような出力が得られます。

0 1 2 3 4
1 2 3 4 5
2 3 4 5 6
3 4 5 6 7
4 5 6 7 8

これは5×5の行列であり、行と列のインデックスの和が各セルに格納されています。

これはC言語で多重ループを使って行列を生成する基本的な例です。

この例では、printf関数を用いてコンソールに直接出力を行っていますが、同様の方法で二次元配列を初期化することも可能です。

それには、printf関数の代わりに二次元配列に値を格納するコードを使用します。

しかし、ここではコードがわかりやすくなるようにコンソール出力を選択しておきました。

○サンプルコード3:多重ループを用いたパターンの描画

C言語の多重ループを使用して、パターンを描画することも可能です。

これは特にASCIIアートの生成やゲームの開発など、視覚的な表現が必要な場面で役立ちます。

このサンプルコードでは、右上が直角の三角形を描画しています。

下記のC言語のサンプルコードをご覧ください。

#include<stdio.h>

int main() {
  int i, j;
  for(i=5; i>0; i--) {
    for(j=0; j<i; j++) {
      printf("*");
    }
    printf("\n");
  }
  return 0;
}

このコードでは、まず外側のループが開始行(ここでは5行)から逆順に行数を処理します。

そして内側のループがその行数だけ”*”文字を出力します。

そして、各行の出力後に改行を出力しています。

このコードを実行すると、次のようなパターンが描画されます。

*****
****
***
**
*

このように、多重ループを利用すれば、シンプルなコードで複雑なパターンを描画することが可能です。

ただし、パターンの形状や大きさを変える場合には、ループ変数の初期値や終了条件、および内側のループで行う操作を適切に調整する必要があります。

○サンプルコード4:2次元配列の操作

多重ループは2次元配列を操作する際に非常に役立ちます。

2次元配列は行と列の2つの指数を持つ配列で、たとえば行列計算や画像処理などに使用されます。

次のサンプルコードは、5×5の2次元配列に各セルの行と列のインデックスの合計を格納し、その内容を出力するものです。

#include <stdio.h>

int main() {
  int i, j;
  int array[5][5];

  for (i = 0; i < 5; i++) {
    for (j = 0; j < 5; j++) {
      array[i][j] = i + j;
    }
  }

  for (i = 0; i < 5; i++) {
    for (j = 0; j < 5; j++) {
      printf("%d ", array[i][j]);
    }
    printf("\n");
  }

  return 0;
}

このコードでは、最初の多重ループを使って2次元配列に値を格納し、次の多重ループを使ってその内容を出力しています。

値の格納と出力のための2つの多重ループが使用されていますが、これは一般的な2次元配列の操作パターンで、一方のループで値を設定し、もう一方のループで値を利用するという形です。

このコードを実行すると、次のような出力が得られます。

0 1 2 3 4 
1 2 3 4 5 
2 3 4 5 6 
3 4 5 6 7 
4 5 6 7 8

この結果から、行と列のインデックスが各セルの値として正しく格納され、その内容が出力されていることが確認できます。

○サンプルコード5:ゲーム開発における多重ループの利用

多重ループはゲーム開発においても頻繁に用いられます。

たとえば、2次元のゲームマップを生成したり、各セルの状態を更新したりする際に使われます。

次のサンプルコードは、5×5のゲームマップを描画するものです。

ここでは’#’文字を用いて境界を、’.’文字を用いて内部を描画します。

#include <stdio.h>

int main() {
  int i, j;
  int size = 5;

  for (i = 0; i < size; i++) {
    for (j = 0; j < size; j++) {
      if (i == 0 || i == size-1 || j == 0 || j == size-1) {
        printf("#");
      } else {
        printf(".");
      }
    }
    printf("\n");
  }

  return 0;
}

このコードを実行すると、次のような出力が得られます。

#####
#...#
#...#
#...#
#####

このような2次元的な表現は、迷路ゲームやライフゲームなど多くのゲーム開発において使用されます。

多重ループを使えば、このようなゲームマップの生成や状態の更新が容易に行えます。

ただし、このコードではサイズが5の正方形のマップを生成していますが、マップのサイズや形状を変える場合には、適切な値を設定し、また必要に応じて描画の処理を調整する必要があります。

○サンプルコード6:画像処理における多重ループの活用

C言語の多重ループは、画像処理の領域で非常に重要な役割を果たします。

たとえば、画像は通常、ピクセルの2次元配列として表現されます。

これは、画像全体を表現するためには、各ピクセルに対して操作を行う必要があり、そのためには多重ループが必要となります。

下記のコードは、画像内のすべてのピクセルを順に走査し、それぞれのピクセル値を単純に反転するものです。

#include <stdio.h>

// 画像の幅と高さ
#define WIDTH 640
#define HEIGHT 480

// ピクセルのデータ構造
typedef struct {
    unsigned char r, g, b;
} Pixel;

void invertImage(Pixel image[HEIGHT][WIDTH]) {
    int i, j;
    for(i = 0; i < HEIGHT; i++) {
        for(j = 0; j < WIDTH; j++) {
            image[i][j].r = 255 - image[i][j].r; // 赤成分の反転
            image[i][j].g = 255 - image[i][j].g; // 緑成分の反転
            image[i][j].b = 255 - image[i][j].b; // 青成分の反転
        }
    }
}

このコードでは、画像のピクセルを2次元配列として扱い、それぞれのピクセルのRGB値を255から引くことで色の反転を実現しています。

内側のforループでは、画像の各行に対して操作を行い、外側のforループでは、それぞれの行に対して操作を行っています。

このコードを実行すると、入力された画像が反転され、原色がそれぞれ反転します。

たとえば、赤色のピクセルはシアン色に、緑色のピクセルはマゼンタ色に、青色のピクセルは黄色に反転します。

●多重ループの注意点と対処法

C言語の多重ループは、非常に強力なツールですが、注意して使用しなければならない点がいくつかあります。

最も一般的な問題の一つは、”ループ内のループ”が増えると、計算時間が指数関数的に増加する可能性があることです。

これは、「計算量」や「時間計算量」などと表現されることがあります。

例えば、ある操作が1秒かかり、これを一つのループで1000回実行すると、合計で1000秒、すなわち約17分かかります。

しかし、この操作を二重ループで行うと、合計で1000*1000秒、すなわち約278時間かかります。

これは明らかに現実的な時間内に終了しない可能性があります。

この問題を解決するための一つの対策は、ループの回数を減らすことです。

もしループ内で同じ操作を何度も実行しているのであれば、その操作を一度にまとめて実行することができるかどうかを検討してみてください。

もし不可能であれば、計算結果を再利用するために「メモ化」を使ってみると良いでしょう。

また、多重ループを使用するときは、ループ変数の範囲を正確に理解し、それに基づいてコードを設計することが重要です。

そうしないと、予期しない結果を生じる可能性があります。

●多重ループのカスタマイズ方法

多重ループは、さまざまな方法でカスタマイズすることができます。

例えば、ループ変数の増分を変更したり、ループの条件を変更したりすることで、ループの動作を細かく制御することができます。

また、多重ループの内側と外側のループで異なる動作をさせたい場合もあります。

このような場合には、それぞれのループに適した条件や増分を設定することで、より複雑な操作を行うことが可能となります。

1から10までの数の全ての組み合わせを出力する多重ループのサンプルコードを紹介します。

#include <stdio.h>

int main() {
    int i, j;
    for(i = 1; i <= 10; i++) {
        for(j = 1; j <= 10; j++) {
            printf("(%d, %d)\n", i, j);
        }
    }
    return 0;
}

このコードでは、外側のループが1から10までの数を生成し、内側のループがそれぞれの数に対して1から10までの数を生成しています。

これにより、全ての組み合わせが生成され、それぞれが一行ずつ出力されます。

このコードを実行すると、(1, 1)から(10, 10)までの全ての組み合わせが出力されます。

これは、二つの要

素の全ての組み合わせを生成するための一般的な方法であり、さまざまな問題に適用することができます。

まとめ

この記事では、C言語における多重ループの使い方とその具体的な例、注意点やカスタマイズ方法について詳細に説明しました。

多重ループは非常に強力なツールであり、多くの問題を効率的に解決するためのキーとなります。

しかし、その一方で、適切に扱わなければならない注意点も存在します。

以上の知識を基に、C言語の多重ループを自由自在に操り、より効率的なコードを書くことができることでしょう。

これからもC言語の学習を続けて、更なるスキルアップを目指しましょう。