C言語初心者でもマスターできる!time()関数の使い方5ステップ

C言語time()関数の使い方を詳しく解説する記事のサムネイルC言語
この記事は約6分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C言語を学び始めると、たくさんの関数が存在し、その中でどれを使えば良いのか迷うことが多いかと思います。

そこで、今回はC言語の基本的な関数であるtime()関数の詳細な使い方を5つのステップで解説します。

初心者でも理解できるように、具体的なサンプルコードや応用例を交えて詳しく説明します。

●C言語とtime()関数について

まず初めに、C言語とtime()関数について簡単に説明します。

○C言語の基礎

C言語は、プログラミング言語の一つで、汎用性が高く、性能が良いことから広く使用されています。

また、他の多くのプログラミング言語の基礎となる概念や文法が含まれているため、学ぶことでプログラミングスキル全体が向上することが期待できます。

○time()関数の概要

time()関数は、C言語の基本的な関数で、現在の時刻を取得するために使われます。

具体的には、1970年1月1日0時0分0秒(UNIXエポック)からの経過秒数を返します。

さらに、この関数は乱数のシード値設定やプログラムの実行時間の測定など、様々な場面で応用されます。

●time()関数の詳細な使い方

次に、time()関数の詳細な使い方を、具体的なサンプルコードを交えて解説します。

○サンプルコード1:現在の時刻の取得

time()関数を使って現在の時刻を取得する基本的なコードを紹介します。

この例では、time()関数にNULLを引数として渡すことで現在の時刻を取得しています。

#include <time.h>
#include <stdio.h>

int main() {
    time_t current_time = time(NULL);
    printf("%ld\n", current_time);
    return 0;
}

このコードを実行すると、現在のUNIXエポックからの経過秒数が出力されます。

○サンプルコード2:乱数生成のためのシード値設定

time()関数は、乱数の生成にも使われます。

乱数を生成するためにはシード値が必要で、このシード値をtime()関数を使って設定します。

下記のサンプルコードでは、time()関数を用いて乱数のシード値を設定し、乱数を生成しています。

#include <time.h>
#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
    srand((unsigned int)time(NULL));
    printf("%d\n", rand());
    return 0;
}

このコードを実行すると、異なる乱数が出力されます。それは、time()関数によりシード値が毎回変わるためです。

○サンプルコード3:プログラムの実行時間の測定

また、time()関数はプログラムの実行時間を計測するのにも使われます。

下記のサンプルコードでは、プログラムの開始時と終了時の時間をtime()関数で取得し、その差分から実行時間を計算しています。

#include <time.h>
#include <stdio.h>

int main() {
    time_t start_time, end_time;
    start_time = time(NULL);

    // 何かしらの処理
    for (int i = 0; i < 1000000; i++);

    end_time = time(NULL);
    printf("Execution time: %ld seconds\n", end_time - start_time);
    return 0;
}

このコードを実行すると、「Execution time: x seconds」(xは実行時間)という形で実行時間が出力されます。

●time()関数の応用例

上記の基本的な使い方をマスターしたら、次は応用例を見てみましょう。

○サンプルコード4:簡単な時計プログラムの作成

下記のサンプルコードは、time()関数を使って簡単な時計プログラムを作成します。

このコードでは、time()関数とctime()関数を組み合わせて、現在の日付と時刻を取得し表示します。

#include <time.h>
#include <stdio.h>

int main() {
    time_t current_time;
    char* c_time_string;

    current_time = time(NULL);
    c_time_string = ctime(&current_time);

    printf("Current time is %s", c_time_string);
    return 0;
}

このコードを実行すると、「Current time is Mon Sep 30 07:06:05 2023\n」のように、現在の日付と時刻が表示されます。

○サンプルコード5:特定の時間になったら処理を開始するプログラム

また、time()関数を使って特定の時間になったら処理を開始するプログラムも作成することが可能です。

下記のサンプルコードでは、time()関数を使って現在の時間を取得し、それが指定した時間になったら”Hello, World!”を出力するプログラムを作成しています。

#include <time.h>
#include <stdio.h>

int main() {
    time_t current_time;
    struct tm

 *local_time;

    do {
        current_time = time(NULL);
        local_time = localtime(&current_time);
    } while(local_time->tm_hour != 7 || local_time->tm_min != 0);

    printf("Hello, World!\n");
    return 0;
}

このコードを実行すると、指定した時間(ここでは7時0分)に”Hello, World!”が出力されます。

●注意点と対処法

次に、time()関数を使用する際の注意点とその対処法について説明します。

○time_t型の理解

time()関数から返される値はtime_t型という特殊な型で、これは通常long型として定義されています。

しかし、このtime_t型はプラットフォームによってその大きさが変わる可能性があるため、注意が必要です。

○1970年1月1日からの秒数という仕組み

time()関数が返すのは、1970年1月1日からの経過秒数です。

このため、この秒数を人間が扱いやすい形に変換するためには、別途変換処理が必要です。

そのため、tm構造体やlocaltime()関数、gmtime()関数などを使って変換を行います。

○時間帯の問題

time()関数はシステムのローカル時間を返すため、その結果は実行環境の時間帯設定によって変わります。

そのため、異なる時間帯で動かすプログラムには注意が必要です。

まとめ

以上が、C言語のtime()関数の詳細な使い方です。

この記事を通じて、time()関数の基本的な使い方から応用例まで、幅広く理解できたことを願っています。

この知識を活用して、より効率的なC言語のプログラムを作成しましょう。