【Verilog】入出力宣言の理解を深めるための5つのサンプルコードと実用例 – JPSM

【Verilog】入出力宣言の理解を深めるための5つのサンプルコードと実用例

初心者向けVerilog入出力宣言学習のイメージVerilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Verilogは、デジタル回路の設計と検証を行うためのハードウェア記述言語(HDL)の一つです。

この記事では、Verilogの入出力宣言の基本から応用までを5つのサンプルコードを用いて解説します。

これらのコードを理解することで、Verilogの使用感を把握し、実際のプロジェクトに取り組むことが容易になります。

●Verilogとは

Verilogは、半導体デバイスの設計に広く用いられるハードウェア記述言語の一つで、C言語に似た構文を持つため、プログラマーが学びやすい言語です。

○Verilogの基本概念

Verilogでは、デジタルシステムの設計をモジュールという単位で行います。

モジュールは、デジタル回路の一部を表すブロックであり、入力と出力を持つことが特徴です。

これらの入出力宣言は、モジュール間のデータのやり取りを制御します。

○Verilogの特性

Verilogは、イベント駆動シミュレーションと呼ばれる特性を持つ言語です。

これは、回路内の信号の変化(イベント)が発生したときだけシミュレーションを進行させるという特性で、大規模なデジタルシステムのシミュレーションを効率的に行うことが可能です。

●Verilogの入出力宣言

入出力宣言はVerilogの基本的な概念であり、モジュール間のデータのやり取りを制御する役割を果たします。

○入出力宣言の基本

Verilogの入出力は、input、output、inoutの三つのキーワードで宣言されます。

inputはモジュールへの入力を、outputはモジュールからの出力を、inoutは双方向のデータ伝送を表します。

○入出力宣言の種類

Verilogでは、ビット幅を指定して入出力を宣言することが可能です。

ビット幅を指定しない場合、デフォルトは1ビットとなります。

ビット幅を指定することで、ワイドなデータバスを簡単に表現することが可能です。

それでは、具体的なサンプルコードを見ていきましょう。

●サンプルコード1:基本的な入出力宣言

下記のコードは、基本的な入出力宣言を行うVerilogのコードです。

module BasicIO(input wire clk, output reg out);
    always @(posedge clk)
        out <= !out;
endmodule

○コードの詳細解説

このコードでは、クロック信号’clk’を入力として受け取り、’out’を出力としています。

alwaysブロック内でクロック信号の立ち上がりエッジに対して、’out’の値を反転させています。

つまり、このモジュールはクロックの立ち上がり毎に出力値を反転させるフリップフロップとして動作します。

このコードを実行すると、’out’の値がクロック信号の立ち上がり毎に反転されるという動作を観察することができます。

●サンプルコード2:複雑な入出力宣言

下記のコードは、複数ビットの入出力宣言を行うVerilogのコードです。

module MultiBitIO(input [3:0] in, output [3:0] out);
    assign out = ~in;
endmodule

○コードの詳細解説

このコードでは、4ビット幅の入出力を宣言しています。

‘in’と’out’はそれぞれ4ビットの信号で、assign文により、’out’は’in’のビット反転値となります。

このコードを実行すると、入力’in’のビット反転値が’out’として出力されることが確認できます。

●サンプルコード3:モジュール間のデータ伝送

Verilogではモジュール間でのデータ伝送を行うことが一般的です。

モジュール間のデータのやり取りを理解することは、Verilogでの開発をスムーズに進めるための重要な要素です。

それでは、具体的なサンプルコードを見てみましょう。

// トップモジュール
module Top;
  reg [7:0] data;
  wire [7:0] result;

  // 子モジュールのインスタンス生成
  SubModule sub(data, result);

  initial begin
    data = 8'b00001111;
    #10;
    data = 8'b11110000;
    #10;
    data = 8'b10101010;
  end
endmodule

// 子モジュール
module SubModule(input [7:0] in, output reg [7:0] out);
  always @(in) begin
    out = ~in; // 入力データを反転させて出力
  end
endmodule

このコードでは、トップモジュールTopと子モジュールSubModuleの間でデータの送受信を行っています。

TopからSubModuleに向けて8ビットのデータを送信し、SubModuleでは受け取ったデータを反転させてTopに戻します。

この例では、TopからSubModuleへと送信するデータはdataと名付けられ、8ビットの長さを持ちます。

それぞれのモジュールは自身の端子(この場合はdataresult)を通じてデータを送受信します。

○コードの詳細解説

このサンプルコードでは、モジュール間でのデータの送受信を行っています。

モジュール間の通信は、Verilogにおける基本的な概念の一つで、この概念を理解することは複数のモジュールを連携させてより大規模なシステムを構築するために必要不可欠です。

Topモジュール内のdataはレジスタで、8ビットのデータを格納します。

これがSubModuleへの入力データになります。SubModuleはこのdataを入力として受け取り、これを反転した結果を出力します。

出力結果はTopモジュールのresultに格納されます。

このサンプルコードを実行すると、Topモジュールのdataが変化するたびに、SubModuleの出力もそれに応じて更新されます。

最初のdata00001111なので、反転させるとSubModuleの出力は11110000となります。

次にdata11110000になると、出力は00001111となります。最後にdata10101010になると、出力は01010101となります。

このサンプルコードからは、Verilogでのモジュール間通信の基本的な方法を理解できます。

特に、モジュールのインスタンス化と入出力端子を通じたデータの送受信方法に注目すると良いでしょう。

●サンプルコード4:ビット幅の指定とビット選択

Verilogではビット幅の指定やビット選択が可能です。これにより、より柔軟なデータ操作を行うことができます。

下記のサンプルコードは、ビット幅を指定して特定のビットを選択する方法を実装しています。

module bit_selection;
    reg [7:0] data = 8'b11010101;
    initial begin
        $display("data[3:1] = %b", data[3:1]);
    end
endmodule

このコードでは、8ビットのレジスタ’data’を定義し、ビットパターン’11010101’を代入しています。

そして、$display関数を用いて’data’のビット3からビット1までを表示します。

○コードの詳細解説

レジスタはreg [7:0] data = 8'b11010101;という行で定義されており、[7:0]の部分でビット幅を指定しています。

ここでは0から7までの8ビットを指定しています。

次に、$display("data[3:1] = %b", data[3:1]);の行では、ビットの一部を選択して表示しています。

[3:1]の部分でビット3からビット1までを指定しています。

このコードを実行すると、コンソールには’data[3:1] = 101’と表示されます。

なぜなら、’data’のビット3からビット1までを選択すると’101’になるからです。

実際には、このようなビット選択機能は、特定のビット範囲を操作したいときや、データの特定の部分だけを監視したいときなどに有用です。

例えば、8ビットのセンサーデータがあり、そのうちの特定のビットだけが重要な情報を持っている場合、その部分だけを選択して操作できます。

●サンプルコード5:入出力ポートの配列

Verilogでは、配列を利用して複数の入出力ポートを一度に操作することが可能です。

この機能は、データバスなど、一括して制御したいビットの集まりがある場合に特に便利です。

その具体的なコードを次に示します。

module SampleModule #(parameter WIDTH = 8)(
    input [WIDTH-1:0] inData,
    output reg [WIDTH-1:0] outData
);

always @* begin
    outData = inData;
end

endmodule

上記のコードは、ビット幅をパラメータとして設定できる入出力ポートの配列を宣言しています。

ここでは、入力データ’inData’と出力データ’outData’という名前の配列をそれぞれ宣言し、ビット幅は’WIDTH’というパラメータで決定されます。

デフォルトのビット幅は8としています。

alwaysブロック内で、’outData’に’inData’の値を直接代入しています。

これにより、’inData’のすべてのビットが’outData’にコピーされます。

このサンプルコードを実行すると、’inData’の入力値がそのまま’outData’として出力されます。

ビット幅が異なる複数のデータを一度に送信する際には、このように入出力ポートの配列を活用すると非常に効率的です。

○コードの詳細解説

このコードでは、複数のビットを一度に操作するための配列という概念を用いています。

Verilogにおける配列は、複数のビットを一つの名前で管理することができます。

これにより、コードがシンプルになり、複数のビットを一度に操作することが可能になります。

また、このコードではパラメータという概念も紹介しています。

パラメータは、モジュールの動作を決定するための定数のようなもので、この例では入出力ポートのビット幅を決定するために使用されています。

パラメータを使用することで、同じモジュールを異なるビット幅で再利用することが可能になり、柔軟なコード設計を行うことができます。

このコードを実行すると、’inData’という名前の入力ポートに指定したビット列が、’outData’という名前の出力ポートからそのまま出力されます。

これは、alwaysブロック内で’inData’の値が’outData’に直接代入されているためです。

これにより、入力されたデータがそのまま出力される、という動作を確認することができます。

●Verilog入出力宣言の注意点と対処法

Verilogでの入出力宣言について学んできましたが、いくつか注意すべき点とそれを解決するための対処法があります。

一つ目の注意点は、出力宣言において出力信号が未初期化の状態を持つことがあるということです。

これは出力信号の初期化を忘れた場合に発生し、予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。

この問題を解決するためには、出力信号を使用する前に必ず初期化することを心掛けましょう。

次のコードは、出力信号を初期化する一例です。

module output_initialization_example (
    output reg [7:0] data
);
    initial begin
        data = 8'b0;  // 出力信号を初期化
    end
endmodule

このコードでは、8ビットの出力信号’data’を0で初期化しています。

‘initial’ブロック内で初期化を行っている点に注意してください。

二つ目の注意点は、ビット選択を用いる際のビット範囲の指定エラーです。

ビット範囲が実際の信号の範囲を超えている場合や、ビット選択の際に範囲の指定が逆になっている場合などに発生します。

これを避けるためには、ビット選択を行う際には常にビット範囲を確認することが重要です。

下記のコードは、ビット選択を行う際の正しい範囲指定の例です。

module bit_selection_example (
    input [7:0] data_in,
    output [3:0] data_out
);
    assign data_out = data_in[3:0];  // ビット選択を行う際の範囲指定
endmodule

このコードでは、8ビットの入力信号’data_in’から下位4ビットを選択し、4ビットの出力信号’data_out’に割り当てています。

ビット範囲指定が’data_in[3:0]’となっており、指定した範囲が’data_in’のビット範囲内に収まっていることに注意してください。

●Verilog入出力宣言の応用例

それでは、Verilogの入出力宣言が具体的にどのように活用されるかを、FPGAやASIC設計の例を通して理解していきましょう。

○応用例1:FPGAでの使用例

FPGA (Field Programmable Gate Array) の設計においては、ハードウェア記述言語の一つであるVerilogが頻繁に使用されます。

このため、Verilogの入出力宣言の理解と適切な使用は重要となります。

例えば、あるFPGAのデザインでは、外部とのデータ通信を行うためのインターフェースが必要となります。この場合、入出力ポートの宣言が重要な役割を果たします。

下記のサンプルコードは、FPGAのピンと接続するための基本的な入出力ポートを宣言しています。

module FPGA_Interface (
    input wire clk,  // クロック信号
    input wire [7:0] in_data,  // 入力データ(8ビット幅)
    output reg [7:0] out_data  // 出力データ(8ビット幅)
);

// 以下、モジュールの動作を記述...

endmodule

このコードでは、input wire clk でクロック信号の入力を宣言し、input wire [7:0] in_data で8ビット幅の入力データを宣言しています。

そして、output reg [7:0] out_data で8ビット幅の出力データを宣言しています。

このような宣言を行うことで、FPGAと他のデバイスとの間でデータを送受信することが可能となります。

特に、[7:0] のようなビット幅の指定は、データ通信の幅を明確に示すために重要です。

○応用例2:ASIC設計での使用例

ASIC(Application Specific Integrated Circuit)の設計においても、Verilogは重要なツールとして使用されます。

ASIC設計では、特定のアプリケーション専用の集積回路を設計しますので、特定のデバイスとの間で適切なデータ通信を行うためのインターフェースが必要となります。

次のサンプルコードは、ASICでのデータ伝送の一例を表しています。

module ASIC_Interface (
    input wire clk,  // クロック信号
    input wire reset,  // リセット信号
    input wire [15:0] in_data,  // 入力データ(16ビット幅)
    output reg [15:0] out_data  // 出力データ(16ビット幅)
);

// 以下、モジュールの動作を記述...

endmodule

このコードでは、input wire clk でクロック信号の入力を宣言し、input wire reset でリセット信号の入力を宣言しています。

さらに、input wire [15:0] in_data で16ビット幅の入力データを宣言し、output reg [15:0] out_data で16ビット幅の出力データを宣言しています。

ここでもビット幅の指定が重要となりますが、ASIC設計ではより大きなビット幅が必要となる場合が多いため、この例では16ビット幅を使用しています。

以上のように、Verilogの入出力宣言は、ハードウェア設計におけるデータ通信のためのインターフェースを宣言する際に欠かせません。

適切な入出力宣言により、設計したハードウェアが他のデバイスと正確にデータを送受信できるようになります。

次に、これらのサンプルコードがどのような結果をもたらすかを説明しましょう。

先程のFPGAとASICのインターフェース設計において、入出力信号が適切に宣言されていれば、ハードウェアは指定したビット幅でデータを送受信することが可能となります。

また、入出力ポートは宣言された順序と一致する形で物理的にマッピングされます。

たとえば、FPGAの場合、設計ツールはVerilogのコードを解析し、ピン配置を自動的に決定します。

そのため、設計者は入出力ポートの宣言順序とビット幅を正確に管理する必要があります。

まとめ

これまでに学んだことを整理しましょう。

Verilogの基本的な入出力宣言から、少し複雑な形式、モジュール間のデータ伝送、ビット幅の指定とビット選択、さらには入出力ポートの配列まで、様々な形式と使用法を見てきました。

入出力宣言は、Verilogのプログラムを設計する上で欠かすことのできない基本要素です。

また、宣言の種類と使い方を理解し、適切に使用することで、より効率的かつ効果的なデザインが可能となります。

サンプルコードを通じて、Verilogの入出力宣言の応用例を見ることができました。

これらの例を基に、自分自身のプロジェクトに応用することができます。

また、ASIC設計やFPGAでの使用例を見ることで、実際のハードウェアデザインの現場でVerilogがどのように利用されているかを理解することができました。

これらの知識を活かし、今後の設計作業に役立ててください。

Verilogの学習はここで終わりではありません。

基本的な入出力宣言をマスターしたら、次はより高度な機能や応用技術に挑戦してみてください。

例えば、テストベンチの作成やシミュレーション、さらには合成可能なコードの設計など、Verilogを使ったハードウェア設計の可能性は無限大です。

この記事が、あなたのVerilog学習の一助となることを願っています。