C言語での例外処理を完全マスターする7ステップ

C言語での例外処理の学習手順とサンプルコードを説明する図C言語
この記事は約6分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

あなたがC言語を学び、より深い理解を得るために、例外処理の知識が必要です。

例外処理は、あなたが書いたプログラムがエラーに遭遇したときに、それを適切に処理する方法を学ぶことで、予期しない結果やクラッシュを避けることができます。

本記事では、C言語における例外処理を理解するための7つのステップを、詳細なサンプルコードとともに解説します。

●C言語と例外処理とは

○C言語について

C言語は、システムプログラミング言語として広く使用されており、オペレーティングシステム、データベース、言語コンパイラーなどの開発に重要な役割を果たしています。

その効率的な性能と柔軟性から、多くのプログラマーに支持されています。

○例外処理について

例外処理は、エラーや異常な状態が発生したときに、プログラムがそれを適切に処理する方法を指します。

これは、プログラムの信頼性と安定性を確保するために必要なスキルです。

●C言語での例外処理の基本

○エラーチェックの重要性

エラーチェックは、プログラムがエラーを適切に処理できるようにするための基本的な手段です。

プログラムは、ファイルの読み込み、メモリの確保、ネットワーク接続など、さまざまな操作を行いますが、これらの操作はすべてエラーを引き起こす可能性があります。

適切なエラーチェックを行うことで、これらのエラーを検出し、対処することができます。

○戻り値によるエラーチェック

C言語では、関数やメソッドが結果を返すときに、エラーの有無を示すために戻り値を使用することが一般的です。

戻り値によるエラーチェックは、プログラムの流れを制御するための基本的な方法であり、C言語における例外処理の基本です。

○エラーメッセージの出力

エラーが発生したときに、何が起こったのかをユーザーに伝えるためには、エラーメッセージを出力することが重要です。

エラーメッセージは、エラーの原因を特定し、デバッグを助ける役割も果たします。

●C言語での例外処理の具体的な使い方

○サンプルコード1:戻り値によるエラーチェック

このコードでは、関数からの戻り値を使ってエラーをチェックする方法を表します。

この例では、関数からの戻り値を使ってエラーが発生したかどうかを判断し、エラーが発生した場合はエラーメッセージを出力しています。

#include <stdio.h>

int someFunction() {
    // 何らかのエラーが発生した場合
    return -1;
}

int main() {
    if(someFunction() == -1) {
        printf("エラーが発生しました。\n");
    }
    return 0;
}

このコードを実行すると、”エラーが発生しました。”というメッセージが出力されます。

これは、someFunction関数が-1を返し、これがエラーを示すためです。

○サンプルコード2:エラーメッセージの出力

次に、エラーメッセージを出力する方法を見てみましょう。

ここでは、エラーが発生した場合にエラーメッセージを出力するための関数を作成します。

#include <stdio.h>

void handleError() {
    printf("エラーが発生しました。\n");
}

int main() {
    handleError();
    return 0;
}

このコードを実行すると、”エラーが発生しました。”というメッセージが出力されます。

これは、handleError関数が呼び出されたときにエラーメッセージを出力するように設定されているためです。

●C言語での例外処理の応用例

○サンプルコード3:ファイルオープン時のエラーハンドリング

次のコードは、ファイルを開く際のエラーハンドリングを表しています。

この例では、ファイルを開く操作が成功したかどうかを判断し、失敗した場合はエラーメッセージを出力します。

#include <stdio.h>

int main() {
    FILE *file;
    file = fopen("non_existent_file.txt", "r");
    if (file == NULL) {
        printf("ファイルが開けませんでした。\n");
        return 1;
    }
    // ファイル操作...
    fclose(file);
    return 0;
}

このコードを実行すると、”ファイルが開けませんでした。”というメッセージが出力されます。

これは、存在しないファイルを開こうとしたためです。

○サンプルコード4:メモリ確保時のエラーハンドリング

最後に、メモリ確保時のエラーハンドリングを見てみましょう。

ここでは、malloc関数を使ってメモリを確保し、その結果がNULLだった場合(メモリ確保失敗)にはエラーメッセージを出力します。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int main() {
    int *ptr = (int *)malloc(sizeof(int) * 1000000000);
    if (ptr == NULL) {
        printf("メモリが確保できませんでした。\n");
        return 1;
    }
    // メモリ操作...
    free(ptr);
    return 0;
}

このコードを実行すると、”メモリが確保できませんでした。”というメッセージが出力されます。

これは、要求したメモリ量が大きすぎて確保できなかったためです。

●C言語での例外処理の注意点と対処法

○リソースの解放

エラーが発生したときは、使用していたリソースを適切に解放することが重要です。

これは、メモリリークを防ぐために必要です。

C言語では、mallocやcallocで確保したメモリは、free関数を使って手動で解放する必要があります。

○適切なエラーハンドリングの重要性

適切なエラーハンドリングは、プログラムの信頼性と安定性を保つために重要です。

エラーが発生したときに適切な処理を行わないと、プログラムは予期しない挙動を示す可能性があります。

そのため、エラーハンドリングは、C言語プログラミングにおける重要なスキルです。

まとめ

以上がC言語における例外処理の完全マスターに必要な7つのステップです。

エラーチェックの重要性、戻り値によるエラーチェック、エラーメッセージの出力、そして具体的なエラーハンドリングの方法を紹介しました。

これらの知識を身につけることで、あなたのC言語プログラミングは、より信頼性と安定性を持つものとなります。