C言語で前回値を保持!初心者でも理解できる7ステップ

初心者が理解できるC言語の前回値の保持の解説図C言語
この記事は約12分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングにおいて、変数の前回値を保持するという概念は非常に重要です。

これはC言語に限らず、多くのプログラミング言語において共通するテーマと言えるでしょう。

本記事では、C言語を使用して前回値を保持する方法について、初心者の方にも理解できるように、具体的なサンプルコードとその解説を交えてステップバイステップで詳しく解説していきます。

●C言語とは

C言語は、1972年にアメリカのベル研究所で開発された汎用プログラミング言語で、その強力な機能と汎用性からオペレーティングシステムや組み込みシステムの開発など、幅広い分野で活用されています。

○C言語の基本

C言語の基本となる概念は変数、演算子、制御文などです。

変数は値を保持するためのもので、演算子はこれらの変数を操作するためのものです。

また、制御文はプログラムの流れを制御するためのもので、条件分岐や繰り返し処理などを行うことができます。

●前回値を保持とは

前回値を保持とは、ある変数が前に保持していた値を維持することを指します。

これはプログラムの途中で値が変化する際に、それ以前に保持していた値を参照したいときに使用します。

○前回値を保持の重要性

前回値を保持することは、プログラムの動作を理解したり、デバッグしたりする際に役立ちます。

特に、繰り返し処理や関数呼び出しの中で値が変化する場合、その値の変遷を追いかけることで、プログラムの動きを詳細に理解することができます。

●C言語での前回値の保持方法

C言語では、前回値を保持するためには変数を適切に使用する必要があります。

それでは、具体的なサンプルコードと共に前回値の保持方法を解説していきます。

○サンプルコード1:基本的な前回値の保持

まずは基本的な前回値の保持から見ていきましょう。

下記のコードは、前回の値を保持する最も基本的な例です。

#include <stdio.h>

int main() {
    int current, previous = 0;

    for (int i = 0; i < 10; i++) {
        current = i;
        printf("Current: %d, Previous: %d\n", current, previous);
        previous = current;
    }

    return 0;
}

このコードでは、ループ内でcurrent変数にiの値を代入し、それをprevious変数に保持しています。

これにより、previous変数は常に一つ前のループでのcurrent変数の値を保持します。

この例では、変数previousを使って値を保持しています。

○サンプルコード2:関数内での前回値の保持

ここでは関数内で前回値を保持するための一般的な方法を説明します。

関数内で前回値を保持するには、変数のスコープと寿命を理解することが重要です。

C言語では変数が宣言される場所によって、その変数のスコープ(範囲)と寿命(存在する期間)が決まります。

通常、関数内で宣言された変数は、その関数が呼び出されるたびに初期化されます。

しかし、「static」というキーワードを使用することで、関数が終了してもその値を保持することが可能です。

この方法を使うと、関数が再度呼び出されたときに前回の値を使用することができます。

下記のコードは、関数内でstatic変数を用いて前回値を保持するサンプルコードです。

#include <stdio.h>

void holdValue() {
    static int previous = 0;  // 静的変数の宣言
    printf("前回の値:%d\n", previous);
    previous++;
}

int main() {
    for (int i = 0; i < 5; i++) {
        holdValue();
    }
    return 0;
}

このコードでは、holdValue関数内で静的変数previousを定義しています。

この静的変数previousは、関数holdValueが呼び出されるたびにその値を保持します。

そして、その値を出力した後に、previousの値を1増やしています。

この結果、main関数内のループでholdValue関数が呼び出されるたびに、前回の値が出力され、その後に値が1増加します。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

前回の値:0
前回の値:1
前回の値:2
前回の値:3
前回の値:4

この結果から分かるように、holdValue関数が呼び出されるたびに、前回呼び出されたときの値が出力され、その後で値が1増えています。

これが、関数内で前回値を保持する方法です。次に、ループ内での前回値の保持方法について解説します。

○サンプルコード3:ループ内での前回値の保持

ループ内で前回値を保持する場合、通常はループ外で変数を宣言し、それをループ内で更新します。

これにより、前回のループでの値が次のループでも利用できます。

ループ内で前回値を保持するサンプルコードを紹介します。

#include <stdio.h>

int main() {
    int previous = 0;  // 前回値を保持する変数
    for (int i = 0; i < 5; i++) {
        printf("現在の値:%d, 前回の値:%d\n", i, previous);
        previous = i;  // 現在の値を保存
    }
    return 0;
}

このコードでは、ループ外で変数previousを宣言しています。

そして、ループ内で現在の値(i)と前回の値(previous)を出力した後に、previousに現在の値を保存します。

この結果、次のループでpreviousが前回の値を保持することになります。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

現在の値:0, 前回の値:0
現在の値:1, 前回の値:0
現在の値:2, 前回の値:1
現在の値:3, 前回の値:2
現在の値:4, 前回の値:3

○サンプルコード4:配列を使用した前回値の保持

前回値を複数保持する場合や一定の期間にわたって値をトラッキングする場合には、配列を利用すると便利です。

配列を使うことで、前回、前々回といった複数の値を一元的に管理することができます。

それでは、配列を使って前回値を保持する具体的なコードを見てみましょう。

#include <stdio.h>

int main(void) {
    int array[10];
    int i;

    // 初期化
    for (i = 0; i < 10; i++) {
        array[i] = i;
    }

    // 前回値の出力
    for (i = 0; i < 10; i++) {
        if (i != 0) {
            printf("前回の値:%d\n", array[i-1]);
        }
        printf("現在の値:%d\n", array[i]);
    }
    return 0;
}

このコードでは、配列arrayを使って0から9までの数値を保持し、それぞれの値について前回値を出力しています。

最初のループで配列の初期化を行い、次のループで各値とその前回値を出力しています。

i != 0という条件を設けることで、最初の値(前回値が存在しない)については前回値の出力をスキップしています。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

現在の値:0
前回の値:0
現在の値:1
前回の値:1
現在の値:2
...
前回の値:8
現在の値:9

この例から、配列を使用すれば複数の前回値を簡単に管理できることが分かります。

しかし、この方法には注意が必要です。

配列の要素数を超える値を保持しようとした場合、アクセス違反となりプログラムがクラッシュする可能性があります。

この問題を解決するためには、配列の要素数が必要な値を保持できるように十分な大きさを確保するか、あるいは動的に配列のサイズを変更できるデータ構造(リストやベクターなど)を使用すると良いでしょう。

これについては、C言語の高度なトピックとなるため、基本が理解できたら挑戦してみてください。

●前回値の保持の応用例

前回値の保持は、多くの応用例が存在します。

それらの例をいくつか紹介しましょう。

○サンプルコード5:条件分岐を使った前回値の保持の応用例

このサンプルコードでは、前回値を使用して、ある条件が満たされた場合に特定の動作を行うプログラムを作成します。

これは例えば、前回のセンサーデータと現在のセンサーデータを比較して、閾値を超えた場合にアラームを鳴らすなど、リアルタイムのデータ監視に応用できます。

#include <stdio.h>

int main(void){
    int threshold = 50; // 閾値
    int previous_data = 0; // 前回のデータを保存する変数
    int current_data = 0; // 現在のデータ

    // データは仮に1回目は30、2回目は60とする
    current_data = 30;
    printf("1回目のデータ:%d\n", current_data);
    previous_data = current_data;

    current_data = 60;
    printf("2回目のデータ:%d\n", current_data);

    // 閾値を超えていたら警告を表示
    if(previous_data < threshold && current_data >= threshold){
        printf("警告:データが閾値を超えました!\n");
    }

    return 0;
}

上記のコードを実行すると、「1回目のデータ:30」と「2回目のデータ:60」が表示され、その後に「警告:データが閾値を超えました!」と表示されます。

これは、2回目のデータが閾値である50を超えているためです。

○サンプルコード6:前回値を利用した計算プログラム

次に、前回値を利用して計算を行うプログラムの例を見てみましょう。

このプログラムでは、現在の値と前回の値の差分を計算します。

これは例えば、株価や気温などの変動を計算するのに役立ちます。

#include <stdio.h>

int main(void){
    double previous_value = 0.0; // 前回の値
    double current_value = 0.0; // 現在の値
    double diff = 0.0; // 差分

    // 値は仮に1回目は120.5、2回目は130.2とする
    current_value = 120.5;
    printf("1回目の値:%f\n", current_value);
    previous_value = current_value;

    current_value = 130.2;
    printf("2回目の値:%f\n", current_value);

    // 差分を計算
    diff = current_value - previous_value;
    printf("差分:%f\n", diff);

    return 0;
}

このコードを実行すると、「1回目の値:120.500000」、「2回目の値:130.200000」、そして「差分:9.700000」と表示されます。

○サンプルコード7:前回値を利用したデータの分析

最後に、前回値を用いてデータの分析を行うプログラムを見てみましょう。

このプログラムでは、配列の中で前回値と現在値が増減したかを分析します。

これは、株価の上昇・下降トレンド分析などに利用できます。

#include <stdio.h>

int main(void){
    int data[5] = {100, 102, 101, 103, 102}; // 分析するデータ
    int previous_value = data[0]; // 最初のデータを前回値として設定

    // 2つ目のデータから分析開始
    for(int i = 1; i < 5; i++){
        if(data[i] > previous_value){
            printf("%d回目のデータ:%d 前回のデータより増加\n", i+1, data[i]);
        } else if(data[i] < previous_value){
            printf("%d回目のデータ:%d 前回のデータより減少\n", i+1, data[i]);
        } else{
            printf("%d回目のデータ:%d 変化なし\n", i+1, data[i]);
        }

        // 現在の値を前回値に更新
        previous_value = data[i];
    }

    return 0;
}

上記のコードを実行すると、2回目から5回目のデータについて、「増加」、「減少」、「変化なし」のいずれかを表示します。

具体的には、「2回目のデータ:102 前回のデータより増加」、「3回目のデータ:101 前回のデータより減少」、「4回目のデータ:103 前回のデータより増加」、「5回目のデータ:102 前回のデータより減少」と表示されます。

●注意点と対処法

前回値の保持はとても有用な技術であり、さまざまな応用が可能です。

しかし、一方で注意すべき点も存在します。

ここでは主に3つの注意点とそれぞれの対処法をご紹介します。

①初期値の設定

前回値を保持する変数はプログラムが始まったときに何らかの値を持っている必要があります。

初期値を設定しないと予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。

対処法としては、適切な初期値を設定することが重要です。

②変数のスコープ

前回値を保持する変数のスコープには注意が必要です。

関数内で宣言された変数はその関数が終了すると同時に値は消滅します。

一方、関数外で宣言された変数(グローバル変数)はプログラム全体から参照・変更が可能です。

対処法としては、前回値を保持するための変数のスコープを正しく設定することが求められます。

③多重ループ

多重ループの中で前回値を保持する場合、どのループレベルで前回値を更新するかに注意が必要です。

更新のタイミングによっては意図しない動作をする可能性があります。

対処法としては、ループの設計をしっかりと行い、前回値を更新するタイミングを理解することが大切です。

まとめ

本記事では、C言語で前回値を保持する方法を初心者でも理解できるように詳しく解説しました。

C言語の基本から始まり、前回値の保持方法、応用例、そして注意点と対処法までをステップバイステップで説明しました。

また、具体的なサンプルコードを交えて説明し、それぞれのコードがどのように動作し、どのような結果を得るのかを解説しました。

C言語でのプログラミングを学び始めた方や、前回値の保持についてより深く理解したい方にとって、この記事が一助となれば幸いです。