C言語初心者向け!ダミー関数の詳細解説と8つの実用例

C言語のダミー関数の学習のためのイラストとサンプルコードC言語
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

初めてC言語に触れる方でも分かりやすいように、ダミー関数の詳細解説と実用例を丁寧に説明します。

●C言語とは

C言語とは、1972年にAT&Tベル研究所で開発された汎用プログラミング言語で、OSや組み込みシステムの開発など、広範囲で利用されています。

高いパフォーマンスと汎用性を持つ一方、コードが難解になりがちなため、基本概念をしっかり理解することが重要です。

●ダミー関数とは

ダミー関数とは、特定の機能を模倣するためだけに作成された関数のことを指します。

主に、テストやデバッグの際に、まだ完成していない部分を模擬的に実行するために使用されます。

●ダミー関数の必要性

ダミー関数は、システムの開発やデバッグ中に本来の機能が完成していない部分を模倣することで、全体の動作をテストできるようにします。

ダミー関数を利用することで、未完成部分の影響を受けずに他の部分の動作を確認することが可能になります。

●ダミー関数の作り方

○宣言と定義

ダミー関数を作成するには、関数の宣言と定義が必要です。

まず、関数の型と名前を決め、必要なら引数を定義します。

次に、関数の本体を作成します。

ここでは特に何もしない関数、すなわちダミー関数を作成します。

○サンプルコード1:ダミー関数の基本形

ダミー関数の基本形を示すサンプルコードを紹介します。

このコードでは、何もしない関数 “dummyFunction” を作成しています。

void dummyFunction() {
    // 何もしない
}

この例では、”void” というキーワードを使用して、戻り値のない関数を定義しています。

また、関数名として “dummyFunction” を使用しています。

この関数は何も行わず、呼び出されたときにただすぐに制御を呼び出し元に返します。

○実行結果と解説

このダミー関数を呼び出しても何も起こりません。

それがダミー関数の役割です。

本来の機能が未完成であっても、このダミー関数を置いておくことで、全体のコードの流れを保つことが可能です。

int main() {
    dummyFunction();
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “dummyFunction” を呼び出しています。

しかし、このダミー関数は何も行わないため、実行結果は何も表示されません。

●ダミー関数の詳細な使い方

○サンプルコード2:実用的なダミー関数の使用例

次に、少し具体的なダミー関数の使用例を見てみましょう。

ここでは、引数を取り、その値を表示する本来の関数 “printNumber” の代わりにダミー関数を使用します。

void printNumber(int num) {
    // 何もしない
}

この例では、整数型の引数 “num” を取る関数 “printNumber” を定義しています。

本来であれば、この関数は引数の値を表示する機能を持つでしょう。

しかし、ここでは何もしないダミー関数として定義しています。

○実行結果と解説

このダミー関数 “printNumber” を呼び出しても、何も表示されません。

int main() {
    printNumber(5);
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “printNumber” を呼び出し、引数に “5” を渡しています。

しかし、”printNumber” 関数はダミー関数で何も行わないため、結果として何も表示されません。

このようなダミー関数は、例えば、データを表示する部分が未完成である場合などに使用できます。

本来の関数が完成したら、ダミー関数を本来の関数に置き換えることで、システム全体の動作を確認することができます。

●ダミー関数の詳細な対処法

○サンプルコード3:エラー発生時の対処例

ダミー関数は、エラーが発生した場合の対処にも用いることができます。

下記のコードは、エラーが発生した際にログを出力するダミー関数の一例です。

void handleError(int errorCode) {
    printf("エラーコード: %d\n", errorCode);
}

このコードでは “handleError” という関数を作成しています。

この関数は整数型の引数 “errorCode” を取り、その値を表示します。

本来であれば、この関数はエラーコードに対応する対処を行うでしょうが、ここではエラーコードを表示するだけのダミー関数としています。

○実行結果と解説

このダミー関数 “handleError” を呼び出すと、引数に与えられたエラーコードが表示されます。

int main() {
    handleError(404);
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “handleError” を呼び出し、引数に “404” を渡しています。

“handleError” 関数はダミー関数であるため本来のエラー対処は行わず、エラーコードのみを表示します。

その結果、”エラーコード: 404″ と表示されます。

このようなダミー関数を使用することで、エラーハンドリングの部分が未完成であっても、エラーが発生したときにそれを確認することができます。

●ダミー関数の詳細な注意点

ダミー関数を作成する際の注意点は、ダミー関数が本来の関数と同じ入力(引数)と出力(戻り値)を持つようにすることです。

これにより、ダミー関数を本来の関数に置き換える際に、他のコードを変更する必要がなくなります。

また、ダミー関数はあくまでテストやデバッグのためのものであるため、システムが完成した段階ではダミー関数を本来の関数に置き換えることが重要です。

●ダミー関数の詳細なカスタマイズ

○サンプルコード4:カスタマイズの一例

ダミー関数は、目的に応じてカスタマイズすることが可能です。

下記のコードは、特定の値を返すダミー関数の一例です。

int getNumber() {
    return 42;
}

このコードでは “getNumber” という関数を作成しています。

この関数は、特定の値 “42” を返します。

本来であれば、この関数は何らかの計算やデータ取得を行い、その結果を返すでしょうが、ここでは常に “42” を返すダミー関数としています。

○実行結果と解説

このダミー関数 “getNumber” を呼び出すと、常に “42” が返されます。

int main() {
    int num = getNumber();
    printf("取得した数値: %d\n", num);
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “getNumber” を呼び出し、その戻り値を変数 “num” に格納しています。

その後、”num” の値を表示しています。その結果、”取得した数値: 42″ と表示されます。

このようなダミー関数を使用することで、計算やデータ取得の部分が未完成であっても、一定の値を返すという動作を模倣することができます。

●ダミー関数の応用例とサンプルコード

○サンプルコード5:応用例1

下記のコードは、文字列を返すダミー関数の一例です。

このダミー関数 “getName” は、常に特定の文字列 “Alice” を返します。

char* getName() {
    return "Alice";
}

この関数は、本来であれば何らかの手段で名前を取得し、その結果を返すでしょうが、ここでは常に “Alice” を返すダミー関数としています。

○実行結果と解説

このダミー関数 “getName” を呼び出すと、常に “Alice” が返されます。

int main() {
    char* name = getName();
    printf("取得した名前: %s\n", name);
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “getName” を呼び出し、その戻り値を変数 “name” に格納しています。

その後、”name” の値を表示しています。

その結果、”取得した名前: Alice” と表示されます。

このようなダミー関数を使用することで、名前取得の部分が未完成であっても、一定の文字列を返すという動作を模倣することができます。

○サンプルコード6:応用例2

整数を引数に取り、その整数が偶数であれば “even” という文字列を、奇数であれば “odd” という文字列を返すダミー関数の一例を紹介します。

char* evenOrOdd(int num) {
    if (num % 2 == 0) {
        return "even";
    } else {
        return "odd";
    }
}

このコードでは “evenOrOdd” という関数を作成しています。

この関数は整数を引数に取り、その整数が偶数であれば “even”、奇数であれば “odd” という文字列を返します。

本来であれば、この関数は何らかの計算やデータ取得を行い、その結果を返すでしょうが、ここでは偶数か奇数かを判定し、対応する文字列を返すダミー関数としています。

○実行結果と解説

このダミー関数 “evenOrOdd” を呼び出すと、引数の整数が偶数であれば “even”、奇数であれば “odd” が返されます。

int main() {
    int num = 5;
    char* result = evenOrOdd(num);
    printf("%dは%sです。\n", num, result);
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “evenOrOdd” を呼び出し、引数に “5” を渡しています。

その戻り値を変数 “result” に格納し、その値を表示しています。

その結果、”5はoddです。” と表示されます。同様に、もし引数が偶数だった場合は、”偶数はevenです。” と表示されます。

このようなダミー関数を使用することで、計算やデータ取得の部分が未完成であっても、一定の処理を行い、その結果に応じた文字列を返すという動作を模倣することができます。

○サンプルコード7:応用例3

次に、引数として与えられた文字列がNULLであれば “unknown” という文字列を、それ以外であればその文字列をそのまま返すダミー関数の一例を示します。

char* getNonNullString(char* str) {
    if (str == NULL) {
        return "unknown";
    } else {
        return str;
    }
}

このコードでは “getNonNullString” という関数を作成しています。

この関数は文字列を引数に取り、その文字列がNULLであれば “unknown”、それ以外であればその文字列をそのまま返します。

本来であれば、この関数は何らかのデータ取得を行い、その結果を返すでしょうが、ここではNULLチェックを行い、対応する文字列を返すダミー関数としています。

○実行結果と解説

このダミー関数 “getNonNullString” を呼び出すと、引数の文字列がNULLであれば “unknown”、それ以外であればその文字列がそのまま返されます。

int main() {
    char* str = NULL;
    char* result = getNonNullString(str);
    printf("結果:%s\n", result);
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “getNonNullString” を呼び出し、引数に “NULL” を渡しています。

その戻り値を変数 “result” に格納し、その値を表示しています。

その結果、”結果:unknown” と表示されます。

同様に、もし引数がNULLでない文字列だった場合は、その文字列がそのまま表示されます。

このようなダミー関数を使用することで、データ取得の部分が未完成であっても、NULLチェックを行い、その結果に応じた文字列を返すという動作を模倣することができます。

○サンプルコード8:応用例4

最後に、引数として与えられた整数が負であれば0を、それ以外であればその整数をそのまま返すダミー関数の一例を紹介します。

int getNonNegativeNumber(int num) {
    if (num < 0) {
        return 0;
    } else {
        return num;
    }
}

このコードでは “getNonNegativeNumber” という関数を作成しています。

この関数は整数を引数に取り、その整数が負であれば0、それ以外であればその整数をそのまま返します。

本来であれば、この関数は何らかの計算やデータ取得を行い、その結果を返すでしょうが、ここでは負数チェックを行い、対応する数値を返すダミー関数としています。

○実行結果と解説

このダミー関数 “getNonNegativeNumber” を呼び出すと、引数の整数が負であれば0、それ以外であればその整数がそのまま返されます。

int main() {
    int num = -5;
    int result = getNonNegativeNumber(num);
    printf("結果:%d\n", result);
    return 0;
}

上記のコードでは、main関数内からダミー関数 “getNonNegativeNumber” を呼び出し、引数に “-5” を渡しています。

その戻り値を変数 “result” に格納し、その値を表示しています。

その結果、”結果:0″ と表示されます。

同様に、もし引数が非負の整数だった場合は、その整数がそのまま表示されます。

このようなダミー関数を使用することで、計算やデータ取得の部分が未完成であっても、非負数チェックを行い、その結果に応じた数値を返すという動作を模倣することができます。

まとめ

ダミー関数は、プログラムの開発過程で役立つ重要な概念です。

実際の機能が完成する前に、仮の関数を設定してプログラムの全体的な動きを確認したり、他の部分の開発を進めたりするために使用されます。

これにより、開発プロセスをスムーズに進めることができます。

本記事ではC言語におけるダミー関数の基本的な作り方から、いくつかの具体的な実用例までを解説しました。

これらの知識を活用して、より効率的なプログラミングを目指しましょう。