Verilogアサーション完全ガイド!7つの実例で理解を深める

初心者向けVerilogアサーション完全ガイドのカバーイメージ Verilog
この記事は約10分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

ハードウェア記述言語として広く使用されるVerilogは、デジタルシステムの設計や検証に不可欠なツールです。

そしてVerilogでの検証作業を助ける重要な機能として、アサーションがあります。

今回は、Verilogとアサーションの基本から、アサーションの応用例、注意点、カスタマイズ方法まで、詳細に解説します。

具体的なサンプルコードも交えて、初心者でも理解できる内容になっています。

●Verilogとは

Verilogは、デジタルシステムや集積回路(IC)の設計を行うためのハードウェア記述言語の一つです。

Verilogは、1980年代から業界で広く使用されており、現在でも多くのハードウェアエンジニアにとって重要なツールとなっています。

○Verilogの基本

Verilogでは、デジタルシステムをモジュールという単位で設計します

一つのモジュールは、具体的な機能を持つ小さな部分として設計され、それらを組み合わせてより大きなシステムを作り上げます。

Verilogのコードは主に二つの部分から成り立ちます。

一つはデータ型と変数の宣言、もう一つはその動作を記述する部分です。

●アサーションとは

アサーションとは、一般的にはプログラムが期待通りの状態であることを確認するための手段のことを指します。

Verilogにおけるアサーションも同じで、特定の条件が満たされていることを検証するために使用されます。

○アサーションの基本

Verilogにおけるアサーションは、「SystemVerilog Assertions」や「Property Specification Language (PSL)」といった形式で記述されます。

アサーションを使うことで、設計した回路が設計意図通りに動作するかどうかを自動的に検証することができます。

●Verilogでのアサーションの使い方

Verilogでは、様々なアサーションの記述方法がありますが、ここでは基本的なアサーションの記述から紹介します。

○サンプルコード1:アサーションの基本的な記述

このコードでは、最も基本的なアサーションの記述を紹介しています。

この例では、クロックが立ち上がるタイミングで、特定の信号が高レベルであることを検証しています。

module assertion_example(input wire clk, input wire signal);
  always @(posedge clk) begin
    assert (signal) else $error("Signal is not high at clock rising edge.");
  end
endmodule

上記のコードを実行すると、clkの立ち上がりエッジでsignalが高レベルでない場合、エラーメッセージが表示されます。

○サンプルコード2:アサーションによるエラーチェック

次に、アサーションを用いて特定のエラー条件を検証する例を見てみましょう。

この例では、エラー信号が立ち上がらないことを検証しています。

module error_check_example(input wire clk, input wire error);
  always @(posedge clk) begin
    assert (!error) else $error("Error signal was high at clock rising edge.");
  end
endmodule

このコードを実行すると、clkの立ち上がりエッジでerrorが高レベルの場合、エラーメッセージが表示されます。

○サンプルコード3:アサーションによるモジュールの検証

次に、モジュール全体の動作を検証する例を見てみましょう。

この例では、特定の入力信号が受け取られたときに、期待される出力信号が得られることを検証しています。

module module_check_example(input wire clk, input wire a, input wire b, output wire c);
  always @(posedge clk) begin
    if(a & b) begin
      assert (c) else $error("Output 'c' is not high when both 'a' and 'b' are high.");
    end
  end
endmodule

このコードを実行すると、clkの立ち上がりエッジで’a’と’b’が共に高レベルの場合に、’c’が高レベルでない場合、エラーメッセージが表示されます。

●アサーションの応用例

Verilogアサーションはその基本的な使い方だけでなく、より具体的な応用例においても有効性を発揮します。

それでは、複雑なモジュールの検証や自動テスト生成におけるアサーションの活用について詳しく解説します。

○サンプルコード4:アサーションを用いた複雑なモジュールの検証

下記のコードでは、ある複雑なモジュールにおける特定の状況下でのアサーションを用いて動作を検証しています。

この例では、出力が正しいタイミングで発生しているかを検証しています。

module complex_module(
  input wire clk,
  input wire reset,
  input wire [7:0] data_in,
  output reg [7:0] data_out
);

  // ここでは複雑な処理を行います。

  // アサーションを用いて出力が正しいタイミングで発生しているかを検証します。
  always @(posedge clk) begin
    if (!reset) begin
      assert (data_out === 8'h00)
        else $error("リセット時には、data_outは必ず0でなければなりません。");
    end else begin
      // 他のアサーションをここに記述します。
    end
  end

endmodule

このコードでは、複雑なモジュールの検証にアサーションを用いています。

クロックの立ち上がりエッジでリセットが非アクティブでない場合、data_outは必ず’8h00’(0)であることを確認しています。

このアサーションにより、リセット時の出力が適切に制御されているかを確認できます。

○サンプルコード5:アサーションを用いた自動テスト生成

次に、アサーションを用いた自動テスト生成の例を見てみましょう。

下記のコードでは、アサーションによる自動テスト生成の方法を表しています。

module test_generator(
  input wire clk,
  input wire [7:0] data_in,
  output reg [7:0] data_out
);

  integer i;

  initial begin
    for (i = 0; i < 256; i = i + 1) begin
      #10 data_out = i;
      @(posedge clk);
      assert (data_in === data_out)
        else $error("データが一致しません。data_in: %h, data_out: %h", data_in, data_out);
    end
  end

endmodule

このコードでは、アサーションを使って自動テスト生成を行っています。

初期化ブロック内のforループで、data_outに0から255までの値を順に割り当て、クロックの立ち上がりエッジでdata_inとdata_outが一致することを確認します。

これにより、全ての可能な値について動作をテストすることができます。

●注意点と対処法

アサーションをVerilogで効果的に使用するには、いくつかの注意点と対処法を把握することが重要です。

ここでは、それらのポイントについて詳しく見ていきましょう。

1.アサーションの誤用

アサーションは、デザインの検証に非常に役立つツールですが、誤用するとデザインの誤解や誤検出につながります。
アサーションを記述する際は、検証したい条件が正確に反映されていることを確認しましょう。

2.アサーションのオーバーヘッド

アサーションが増えると、シミュレーションのパフォーマンスが低下する可能性があります。
したがって、アサーションの使用は最小限に抑え、必要な場所だけに配置することが望ましいです。

3.テストケースのカバレッジ

全てのシナリオをカバーするようなアサーションを記述することは困難です。
そのため、さまざまなパターンを考慮に入れたテストケースを用意し、それに基づいてアサーションを記述することが重要です。

これらの注意点を踏まえた上で、次のような対処法を推奨します。

  • アサーションの設計とテスト計画を並行して行う
  • アサーションのオーバーヘッドを軽減するために、必要な箇所にだけアサーションを適用する
  • アサーションの結果を定期的にレビューし、必要に応じてアサーションを調整または追加する

このように注意点を理解し、適切な対処法を踏まえることで、アサーションを最大限に活用することができます。

●アサーションのカスタマイズ方法

Verilogのアサーションは、様々な状況に対応するためにカスタマイズが可能です。

ここでは、アサーションをカスタマイズする一例として、カスタムアサーションの作成をご紹介します。

○サンプルコード6:カスタムアサーションの作成

下記のコードは、特定の条件下でのみ検証を行うカスタムアサーションのサンプルコードです。

このコードでは、特定の信号sig1sig2が同時に立ち上がる場合にのみ、sig3が立ち上がることを検証します。

module custom_assertion();
  reg sig1, sig2, sig3;

  always @(posedge sig1 or posedge sig2) begin
    if (sig1 && sig2) begin
      // sig1とsig2が同時に立ち上がるとき、sig3も立ち上がることをアサート
      assert (sig3) else $error("sig3が立ち上がっていません");
    end
  end
endmodule

このコードでは、sig1sig2の立ち上がりエッジを監視し、その両方が同時に立ち上がった場合にのみsig3が立ち上がることをアサートします。

これにより、システムの特定の状態に対応した検証を行うことができます。

このコードを実行すると、sig1sig2が同時に立ち上がり、それに対してsig3が立ち上がらない場合にエラーメッセージが表示されます。

これにより、システムの動作に問題がある場合を即座に検出できます。

まとめ

今回の記事では、Verilogアサーションの完全ガイドと題して、Verilogとアサーションの基本から始まり、その使い方、応用例、注意点、カスタマイズ方法について、詳細に説明してきました。

また、7つの実例を通じて、その具体的な適用例と実装方法についても触れてきました。

アサーションは、デザインの仕様が正しく満たされているかを自動的に検証するための強力なツールです。

それにより、デザインのエラーチェックやモジュール検証、自動テスト生成など、様々なシナリオで活用することが可能です。

また、Verilogにおけるアサーションの使い方を理解することで、ハードウェア設計の効率化と品質向上が期待できます。

しかしながら、その使い方を誤ると予想外の結果を招く可能性もありますので、今回解説した注意点と対処法を把握することが重要です。

さらに、標準のアサーションだけでなく、カスタムアサーションの作成方法についても触れました。

これにより、より特化した検証作業を行うことが可能になります。

Verilogアサーションの活用は、あなたのハードウェア設計と検証作業をより一層進化させるための重要な一歩です。

本ガイドがその旅の一助となれば幸いです。