Verilogのoutput reg理解のための6つのステップ

Verilog output regの理解と使い方について詳細に説明する図解Verilog
この記事は約6分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

デジタル回路の設計において、”Verilog”は業界で広く使われているハードウェア記述言語です。

その中でも、”output reg”は非常に重要な役割を果たしています。

本記事では、Verilogの”output reg”の理解を深め、その使い方について解説します。

また、具体的なサンプルコードと応用例も紹介しますので、初心者の方でも安心して理解を深めることができます。

●Verilogとは

Verilogは、デジタル回路の設計をするためのハードウェア記述言語(HDL)の一つで、電子工学やコンピュータ科学の分野で広く使われています。

HDLは、ハードウェアの動作を記述するための言語で、その記述を元に対象となるハードウェアの動作シミュレーションや、実際のハードウェア(FPGAやASICなど)への実装が行えます。

●output regとは

○output regの概要

Verilogで使用される”output reg”は、デジタル回路の出力を表すレジスタを指します。

Verilogでは、モジュールの出力端子を”output”として宣言しますが、その出力がレジスタである場合には”output reg”として宣言します。

○output regの特性

“output reg”は基本的には一種のフリップフロップと考えることができます。

つまり、その値はクロックのエッジに同期して更新されます。

そのため、クロックの立ち上がりエッジや立ち下がりエッジでの動作を指定することができます。

これにより、タイミングの問題を解消することが可能となります。

●output regの使い方

○基本的な使い方

□サンプルコード1:output regの基本的な使い方

下記のコードは、Verilogにおける”output reg”の基本的な使い方を表しています。

この例では、クロック(clk)の立ち上がりエッジ毎に、出力レジスタ(out)の値を更新しています。

module sample(
    input wire clk,
    output reg out
);
    always @(posedge clk)
    begin
        out <= ~out;  // 現在の値を反転
    end
endmodule

このコードは、クロックの立ち上がりエッジごとに、”out”の値を反転するという動作を行います。

つまり、”out”はクロックの周期の半分の周期で高電圧と低電圧を交互に繰り返します。

○応用的な使い方

□サンプルコード2:output regを用いた複雑なデータ操作

次に、”output reg”を使ってもう少し複雑なデータ操作を行う方法を表します。

下記のコードは、8ビットのカウンタを実装しています。

この例では、クロックの立ち上がりエッジ毎にカウンタ値を1増やしています。

module counter(
    input wire clk,
    output reg [7:0] count  // 8ビットのレジスタを宣言
);
    always @(posedge clk)
    begin
        count <= count + 1;  // カウンタをインクリメント
    end
endmodule

このコードが実行されると、”count”の値はクロックの立ち上がりエッジ毎に1増加し、0から255までの値を循環します。

●output regの応用例

○信号処理における応用

□サンプルコード3:output regを使った信号処理

“output reg”は信号処理にも応用することができます。

下記のコードは、入力信号を2つの異なるクロックドメイン間で転送するバッファを作成します。

この例では、”out1″と”out2″はそれぞれ異なるクロックドメインに同期して更新されます。

module dual_clock_buffer(
    input wire clk1,
    input wire clk2,
    input wire in,
    output reg out1,
    output reg out2
);
    always @(posedge clk1)
    begin
        out1 <= in;  // clk1の立ち上がりエッジで更新
    end

    always @(posedge clk2)
    begin
        out2 <= in;  // clk2の立ち上がりエッジで更新
    end
endmodule

このコードは、2つの異なるクロックドメイン間で入力信号を転送するバッファを作成します。

これにより、クロックドメイン間の信号転送における問題を解消することができます。

○状態マシンの設計における応用

□サンプルコード4:output regを使った状態マシンの設計

Verilogにおける”output reg”は、状態マシンの設計にも使用することができます。

下記のコードは、シンプルな2状態の状態マシンを作成しています。

この例では、クロックの立ち上がりエッジ毎に状態が切り替わります。

module state_machine(
    input wire clk,
    output reg state
);
    always @(posedge clk)
    begin
        state <= ~state;  // 現在の状態を反転
    end
endmodule

このコードを実行すると、”state”はクロックの立ち上がりエッジ毎に反転し、0と1の状態を交互に切り替える状態マシンを実現します。

●output regの注意点と対策

○注意点

一方、”output reg”を使用する際にはいくつか注意が必要です。

その一つが、”output reg”の更新はクロックエッジで行われるため、レジスタの更新タイミングに注意を払う必要があります。

クロックエッジ以外のタイミングでレジスタの値を変更しようとすると、予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。

○対策方法

“output reg”を安全に使用するための一つの対策は、レジスタの更新を行う”always”ブロック内でのみ”output reg”を操作することです。

この方法であれば、レジスタの更新がクロックエッジで行われることを確実に保証することができます。

まとめ

本記事では、Verilogの”output reg”について解説しました。

“output reg”はデジタル回路設計において重要な概念であり、その理解と使い方をマスターすることで、より高度なデジタル回路の設計が可能となります。

サンプルコードを通じて基本的な使い方から応用例までを紹介しましたので、ぜひ参考にしてみてください。

また、”output reg”の使用時には更新タイミングの管理が重要であるという点も忘れないようにしましょう。