初心者も楽々マスター!Verilogでクロック生成の完全ガイド10選

Verilogでクロック生成を行うための詳細ガイドとサンプルコードの図解 Verilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミング初心者やハードウェア記述言語Verilogに新しい人でも、本記事を通じてクロック生成の全てを理解し、実装できるようになることを目指しています。

Verilogによるクロック生成の基本から詳細な使い方、注意点、そしてカスタマイズ方法まで、一歩一歩詳しく解説します。

また、サンプルコードとその解説、さらに応用例を豊富に紹介します。

●Verilogとは?

Verilogは、デジタル回路の設計やシミュレーションを行うためのハードウェア記述言語(HDL)の一つです。

電子回路やCPUなどのデジタルシステムを設計する際に用いられます。

○Verilogの特徴

Verilogは、抽象度が高く、記述が容易な特徴があります。

シミュレーションだけでなく、実際のハードウェアに照らし合わせた設計や評価が可能で、多くのエンジニアに信頼されています。

●クロック生成とは?

クロック生成とは、一定の時間間隔で信号を切り替えるための信号を生成することを指します。

このクロック信号は、デジタル回路において重要な役割を果たします。

○クロックの役割

クロックはデジタル回路のタイミングを制御します。

特に、同期型のデジタル回路では、クロックに同期してデータが伝送されるため、クロックの生成は必須となります。

●Verilogによるクロック生成の基本

クロック生成は、Verilogのalways文と#演算子を用いて行います。

○サンプルコード1:基本的なクロック生成

このコードでは、always文と#演算子を用いて、クロックを生成する基本的なコードを紹介します。

この例では、10nsごとにclk信号を切り替えています。

module clock_gen();
  reg clk;
  initial begin
    clk = 0;
  end
  always #10 clk = ~clk;
endmodule

このコードは、clkという名前のレジスタを作り、10ナノ秒ごとにその値を反転させることでクロック信号を生成しています。

最初にclkを0に初期化し、その後は10ナノ秒ごとにclkの値を反転させることでクロックを生成しています。

実行結果は、clk信号が10nsごとに0から1、または1から0に切り替わる波形となります。

これがクロック信号となります。

●クロック生成の詳細な使い方

基本的なクロック生成の方法を理解したところで、次に詳細なクロック生成の方法を見ていきましょう。

クロック分周器の作成や可変クロック生成器の作成などを解説します。

○サンプルコード2:クロック分周器の作成

次のサンプルコードでは、元のクロック信号を二分するクロック分周器を作成します。

この例では、入力されたクロックを二分することで新しいクロックを生成しています。

module clock_div();
  input wire clk_in;
  output reg clk_out;

  always @(posedge clk_in) begin
    clk_out = ~clk_out;
  end
endmodule

このコードではclk_inという名前の入力クロック信号を受け取り、その立ち上がりエッジ(0から1に変わる瞬間)ごとにclk_out信号を反転させています。

これにより、clk_inの周波数の半分の周波数を持つクロック信号を生成します。

実行結果は、clk_in信号の立ち上がりごとにclk_out信号が反転する波形となります。

したがって、clk_outはclk_inの半分の周波数で動作するクロック信号となります。

○サンプルコード3:可変クロック生成器の作成

最後の詳細なクロック生成の方法として、可変クロック生成器の作成方法を紹介します。

ここでは、周波数を自由に変えることができるクロックを生成する方法を解説します。

module var_clock_gen();
  input wire clk_in;
  input [7:0] div_val;
  output reg clk_out;
  reg [7:0] counter;

  always @(posedge clk_in) begin
    counter <= counter + 1;
    if(counter == div_val) begin
      counter <= 0;
      clk_out <= ~clk_out;
    end
  end
endmodule

このコードでは、div_valという8ビットの値を利用してクロックの周波数を可変にしています。

clk_inの立ち上がりエッジごとにcounterを増やし、counterがdiv_valと等しくなった時点で、counterを0に戻し、clk_outを反転させます。

これにより、clk_outの周波数はclk_inの周波数をdiv_val+1で割った値となります。

実行結果としては、clk_out信号はclk_in信号の立ち上がりエッジごとにcounterが増加し、counterがdiv_valに等しくなったときに反転する波形を描きます。

したがって、clk_outはclk_inの周波数をdiv_val+1で割った周波数で動作します。

●Verilogでのクロック生成の注意点

クロック生成には、いくつかの注意点があります。

ここでは、タイミング問題やシンクロナスとアシンクロナスについて解説します。

○タイミング問題

デジタル回路におけるクロックは、全ての操作のタイミングを同期させます。

しかし、回路の規模が大きくなると、クロック信号が全ての部分に同時に伝わらない可能性があります。

これをタイミング問題と言います。

○シンクロナスとアシンクロナス

クロックに同期するシンクロナスと、クロックと無関係に動作するアシンクロナスについて理解しておくことが重要です。

シンクロナスな回路では、全ての操作はクロックの立ち上がりエッジまたは立ち下がりエッジに同期します。

一方、アシンクロナスな回路では、操作は任意のタイミングで行われます。

●クロック生成の対処法

上記で説明した注意点に対処するための方法について解説します。

○サンプルコード4:対処法の実装例

このコードでは、クロックバッファを使用してタイミング問題に対処する方法を紹介します。

クロックバッファは、クロック信号を均等に分配し、全ての部分に同時に伝えることができます。

module clock_buf();
  input wire clk_in;
  output wire [7:0] clk_out;

  bufif1 #(10) clock_buffer [7:0] (clk_out, clk_in, 1'b1);
endmodule

このコードでは、Verilogのbufif1プリミティブを用いてクロックバッファを実装しています。bufif1は、1つの入力信号を複数の出力信号に分配します。ここでは、clk_inを8つのclk_outに分配しています。

実行結果としては、clk_inの各立ち上がりと立ち下がりが、全てのclk_outに均等に分配されます。これにより、クロックの分配に起因するタイミング問題を防ぐことができます。

●クロック生成のカスタマイズ

Verilogを用いたクロック生成は、様々なカスタマイズが可能です。

ここでは、一つの例として、特定のパターンが現れた時だけクロックを生成する方法を紹介します。

○サンプルコード5:カスタマイズ例

このコードでは、入力パターンに応じてクロックを生成する方法を紹介します。

この例では、入力信号が特定のパターンに一致したときにのみ、クロックを生成します。

module pattern_clock_gen();
  input wire [3:0] pattern_in;
  output reg clk_out;

  always @(posedge pattern_in[3]) begin
    if(pattern_in == 4'b1010) begin
      clk_out <= ~clk_out;
    end
  end
endmodule

このコードでは、pattern_inという4ビットの入力パターンを監視し、そのパターンが1010に一致したときにのみ、clk_outを反転させてクロックを生成します。

実行結果としては、pattern_inが1010になったときにのみ、clk_out信号が反転します。

したがって、このコードは特定のパターンに基づいてクロックを生成します。

●応用例:Verilogでのクロック生成

基本的な方法から応用まで、Verilogを用いたクロック生成の方法を紹介してきました。

ここからは、実際にクロック生成がどのように応用されるかを示すための5つのサンプルコードを紹介します。

●応用例:Verilogでのクロック生成

○サンプルコード6:分周器による周波数の可変

このコードでは、クロックの周波数を動的に変更する分周器を作成します。

分周器は一定のカウント毎にクロック信号を出力することで、元のクロック信号の周波数を下げる役割を持ちます。

module dynamic_divider (
  input wire clk_in,      // 入力クロック
  input wire [7:0] div,   // 分周する値
  output reg clk_out      // 出力クロック
);

  reg [7:0] counter;      // カウンター

  // カウンターと分周器のロジック
  always @(posedge clk_in) begin
    if(counter == div) begin
      clk_out <= ~clk_out;
      counter <= 0;
    end else begin
      counter <= counter + 1;
    end
  end

endmodule

このコードでは、clk_inが立ち上がるたびにcounterが増加します。

そして、counterが入力された分周値divに等しくなった時、clk_outを反転し、counterを0にリセットします。

これにより、clk_outはclk_inの周波数をdiv+1で割った周波数で動作します。

実行結果として、divの値によって、clk_outの周波数が変化します。

つまり、このコードは動的にクロックの周波数を変更することができます。

○サンプルコード7:クロックゲート

このコードでは、クロックゲートを実装します。

クロックゲートは特定の条件下でクロック信号を遮断することで、電力消費を抑制したり、特定の操作を制御するのに使用されます。

module clock_gate (
  input wire clk_in,    // 入力クロック
  input wire enable,    // ゲート制御信号
  output reg clk_out    // 出力クロック
);

  // クロックゲートのロジック
  always @(posedge clk_in) begin
    if(enable) begin
      clk_out <= clk_in;
    end
  end

endmodule

このコードでは、clk_inの立ち上がりエッジが来たときに、enable信号が真であれば、clk_inの値をclk_outに出力します。

つまり、enableが真であるときに限り、clk_inがclk_outに伝搬します。

実行結果としては、enable信号が真のときにのみ、clk_inのクロックがclk_outに伝搬します。

つまり、このコードはクロックゲートを実装し、特定の条件下でクロックを遮断することができます。

○サンプルコード8:クロックマルチプレクサ

このコードでは、クロックマルチプレクサを実装します。

クロックマルチプレクサは複数のクロック信号から一つを選択し、出力します。

module clock_mux (
  input wire clk0, clk1, // 入力クロック
  input wire sel,        // 選択信号
  output reg clk_out     // 出力クロック
);

  // クロックマルチプレクサのロジック
  always @(posedge clk0 or posedge clk1) begin
    if(sel) begin
      clk_out <= clk1;
    end else begin
      clk_out <= clk0;
    end
  end

endmodule

このコードでは、sel信号が真であれば、clk1の値をclk_outに出力し、偽であれば、clk0の値をclk_outに出力します。

実行結果としては、sel信号の値によって、clk0またはclk1のクロックがclk_outに伝搬します。

つまり、このコードはクロックマルチプレクサを実装し、複数のクロック信号から一つを選択することができます。

それぞれのサンプルコードは、クロック生成に関連した特定の問題を解決するために設計されています。

それぞれのコードを理解し、適切に使用することで、より高度なVerilogのプログラムを作成することが可能になります。

○サンプルコード9:クロック生成とデータ処理の並行処理

ここでは、Verilogを用いてクロック生成と同時にデータ処理を行う具体的な例を取り上げます。

これはリアルタイムシステムでよく見られるケースで、クロックの生成とデータ処理が並行して行われます。

この例では、システムクロックを用いて特定のデータ処理を同期的に行うコードを紹介しています。

このコードでは、特定のデータ操作を行う一方で、システムクロックを生成しています。

同期的な処理を伴うため、注意深く操作することが求められます。

具体的なコードは次の通りです。

module DataProcessWithClockGen(
    input wire sys_clk,
    input wire reset,
    input wire [7:0] data_in,
    output reg [7:0] data_out
);
    reg [3:0] counter;

    // クロック生成部分
    always @(posedge sys_clk or posedge reset) begin
        if (reset) begin
            counter <= 4'b0; // リセット時はカウンタを0にする
        end else begin
            counter <= counter + 4'b1; // それ以外の場合はカウンタをインクリメント
        end
    end

    // データ処理部分
    always @(posedge sys_clk or posedge reset) begin
        if (reset) begin
            data_out <= 8'b0; // リセット時は出力データを0にする
        end else begin
            if (counter == 4'b1111) begin
                data_out <= data_in; // カウンタが最大値に達したときにデータをアップデート
            end
        end
    end
endmodule

このコードでは、システムクロック(sys_clk)の立ち上がりエッジに同期して処理が行われます。

また、リセット信号(reset)が入力されたときには、クロック生成のためのカウンタ(counter)と出力データ(data_out)がそれぞれ0にリセットされます。

リセット以外の場合、カウンタは常にインクリメントされます。

出力データの処理については、カウンタが最大値に達したとき(この例では4'b1111)、入力データ(data_in)が出力データ(data_out)にコピーされます。

これにより、一定周期ごとにデータが更新されることになります。

このコードを実行すると、データの処理がクロックの生成と同期して行われることを確認できます。

具体的には、システムクロックの周期に基づいてデータが定期的に更新され、その間にもクロック生成のためのカウントが進行します。

○サンプルコード10:高度なクロック生成の適用例

ここでは、Verilogを使用して高度なクロック生成器を実装する例を紹介します。

この例では、異なるクロック速度を持つ複数のデバイスと同期するための、複数のクロック信号を生成します。

// サンプルコード10:高度なクロック生成の適用例
module top;
  reg [3:0] cnt;
  reg clk_fast, clk_medium, clk_slow;

  always @(posedge clk_fast) begin
    if (cnt == 4'b1111) 
      cnt <= 4'b0000; 
    else 
      cnt <= cnt + 4'b0001;
  end

  assign clk_medium = (cnt[3:2] == 2'b00) ? 1'b1 : 1'b0;
  assign clk_slow = (cnt[3] == 1'b0) ? 1'b1 : 1'b0;

endmodule

このコードでは、4ビットのカウンタcntを使用して3つの異なるクロック信号を生成しています。

これらのクロック信号は、カウンタのビットの特定の組み合わせに基づいて切り替わります。

最速のクロック信号は、カウンタが増加するたびにトグルします。

これは、always @(posedge clk_fast)によって制御されます。

次に速いクロックclk_mediumは、カウンタの上位2ビットが00になったときにトグルします。

最も遅いクロックclk_slowは、カウンタの最上位ビットが0になったときにトグルします。

このような方法を使用することで、必要に応じて複数のクロック信号を生成し、それぞれのクロックが異なるデバイスまたはシステム部分と同期することができます。

これは、リアルタイムシステムや複雑なデジタルシステムで非常に役立つ技術です。

このコードを実行すると、cntが0から15まで増加し、その後0にリセットされ、これが繰り返されます。

同時に、clk_mediumclk_slowがそれぞれ異なるパターンでトグルすることが観察されます。それぞれが異なる速度で動作する複数のデバイスを制御する際に、これらの異なるクロック信号を使用することができます。

次に、このような複数のクロックを使用する場合の注意点をいくつか説明します。複

数のクロックを扱うと、それぞれのクロックエッジがほかのクロックとどのように関連しているかを理解することが重要です。

それぞれのクロックが互いに非同期である場合、クロックのエッジが重なることによって問題が発生する可能性があります。

このような問題を避けるために、一般的には、すべてのクロックが単一のクロック源から派生していることを確認することが重要です。

これにより、クロック信号が互いに同期を保つことが保証されます。

まとめ

この記事では、Verilogでクロックを生成するための詳細な手順と、それを使用する際の注意点を詳細に解説しました。

Verilogは、デジタル回路の設計とハードウェア記述に広く使用される言語であり、その中でもクロック生成は非常に重要なトピックです。

クロックはデジタルシステムの基礎となる部分であり、正確に生成と制御を行うことで、システム全体の動作を改善することが可能です。

クロック生成の基本から応用例まで、さまざまなサンプルコードとともに解説を行いました。

これらのサンプルコードは、自身のプロジェクトに応用したり、学習の一助として利用することが可能です。

これらの知識とサンプルコードを使って、自身のVerilogでのクロック生成能力を一段と深めてください。

本記事が、Verilogによるクロック生成を理解し、適用する上での一助となれば幸いです。