初心者のための完全ガイド!Verilogによるネスト構造の7つのステップ

初心者のためのVerilogによるネスト構造作成ガイドVerilog
この記事は約9分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングの世界には無数の言語と、それぞれの言語の特性があります。

その中でも、ハードウェア記述言語であるVerilogは、ハードウェア設計者にとって重要なツールの一つです。

特に、ネスト構造を理解し使いこなせるようになると、より複雑な設計が可能になります。

この記事では、Verilogにおけるネスト構造の作り方を7つのステップで解説します。

プログラミングを始めたばかりの初心者でも理解できるように、ガイドラインを用意しました。

●Verilogとは

Verilogは、ハードウェア記述言語(HDL)の一つで、デジタルシステムの設計と検証に使用されます。

VerilogはC言語に似た構文を持っており、状態マシンや複雑なデータパスなど、電子機器の論理設計を行うのに適しています。

●ネスト構造とは

ネスト構造とは、ある構造体が別の構造体の中に組み込まれる形を指します。

具体的には、プログラムの中で、関数やループ、条件分岐などが他の関数やループ、条件分岐の内部に存在することを指します。

Verilogでもこのネスト構造が頻繁に利用されます。

○Verilogでのネスト構造の基本

Verilogにおけるネスト構造は主にモジュールの中に別のモジュールを組み込む形で使用されます。

これにより、小さなモジュールを組み合わせてより複雑なシステムを構築することが可能となります。

これがVerilogでのネスト構造の基本的な利用法となります。

●ネスト構造の作り方

ネスト構造を作成するための7つのステップを紹介します。

これらの手順を通じて、初心者でもネスト構造を理解し、使いこなすことが可能になります。

○ステップ1:モジュールの作成

まず、Verilogでプログラムを作成する際の基本単位であるモジュールを作成します。

モジュールとは、特定の機能を果たすための設計単位です。

一つのモジュールは、入力ポート、出力ポート、内部ロジックから構成されます。

これがネスト構造を作成する第一歩となります。

○ステップ2:入力と出力の定義

次に、作成したモジュールの入力と出力を定義します。

入力と出力は、モジュール間でデータを送受信するための接続ポイントとなります。

○ステップ3:ネスト構造の作成

ネスト構造の作成は、一つのモジュールの中に別のモジュールを組み込むことで実現します。

これにより、一つの大きなモジュールが複数の小さなモジュールから構成される、階層的な構造を持つことが可能になります。

○ステップ4:サンプルコード1

まずは、最も基本的なモジュールを作成します。

このモジュールは他のモジュールに組み込まれる子モジュールとなります。

// 子モジュールの定義
module SubModule(input wire a, output wire b);
  assign b = ~a;  // NOTゲートを模倣
endmodule

このコードでは、名前が”SubModule”という子モジュールを定義しています。

この例では、入力”a”を受け取り、その論理否定(NOTゲートを模倣)を出力”b”に割り当てています。

○ステップ5:サンプルコード2

次に、先ほど作成した子モジュールを組み込む親モジュールを作成します。

// 親モジュールの定義
module ParentModule(input wire a, output wire b);
  SubModule U1 (.a(a), .b(b));  // 子モジュールのインスタンス化
endmodule

このコードでは、名前が”ParentModule”という親モジュールを定義し、その中に”SubModule”をインスタンス化(具体的な存在として生成)して組み込んでいます。

これがネスト構造の基本的な形となります。

○ステップ6:サンプルコード3

さらに複雑なネスト構造を作成してみましょう。

下記の例では、一つの親モジュールの中に複数の子モジュールを組み込んでいます。

// 複数の子モジュールを持つ親モジュールの定義
module ComplexParentModule(input wire a, input wire c, output wire b, output wire d);
  SubModule U1 (.a(a), .b(b));  // 子モジュール1のインスタンス化
  SubModule U2 (.a(c), .b(d));  // 子モジュール2のインスタンス化
endmodule

この例では、”ComplexParentModule”という親モジュールが”SubModule”を二つインスタンス化し、それぞれ異なる入力と出力を接続しています。

○ステップ7:サンプルコード4

最後に、親モジュールの中に子モジュールをネストし、さらにその子モジュールの中に孫モジュールをネストするという、多層的なネスト構造を作成してみます。

// 孫モジュールの定義
module GrandChildModule(input wire a, output wire b);
  assign b = ~a;  // NOTゲートを模倣
endmodule

// 子モジュールの定義
module ChildModule(input wire a, output wire b);
  GrandChildModule U1 (.a(a), .b(b));  // 孫モジュールのインスタンス化
endmodule

// 親モジュールの定義
module GrandParentModule(input wire a, output wire b);
  ChildModule U1 (.a(a), .b(b));  // 子モジュールのインスタンス化
endmodule

この例では、”GrandParentModule”という親モジュールが”ChildModule”をインスタンス化し、その”ChildModule”がさらに”GrandChildModule”をインスタンス化しています。

以上のサンプルコードの実行結果は、入力”a”を受け取り、その論理否定を2回行った結果を出力”b”に割り当てるという挙動を表します。

これは論理否定を2回行うと元の値に戻るため、結果としては入力”a”がそのまま出力”b”に割り当てられます。

●ネスト構造の応用例

ネスト構造はVerilogにおけるプログラム設計の基本であり、これを活用することで様々な応用例を考えることができます。

ここでは、カウンタの作成と複雑なネスト構造の作成という二つの応用例を挙げます。

○応用例1:カウンターの作成

Verilogのネスト構造を用いて、カウンタを作成する例を紹介します。

ここでは、ビット幅の可変なカウンタを作成するためのモジュールを定義し、そのカウンタモジュールを親モジュールの中に組み込んでいます。

// カウンタモジュールの定義
module Counter(input wire clk, input wire rst, output reg [3:0] q);
  always @(posedge clk or posedge rst) begin
    if (rst) q <= 4'b0000;  // リセット
    else q <= q + 1;  // カウントアップ
  end
endmodule

// カウンタを組み込む親モジュールの定義
module ParentModule(input wire clk, input wire rst, output wire [3:0] q);
  Counter U1 (.clk(clk), .rst(rst), .q(q));  // カウンタモジュールのインスタンス化
endmodule

このコードでは、クロック信号”clk”の立ち上がりエッジでカウンタ”q”をインクリメントし、リセット信号”rst”が立ち上がったときにカウンタ”q”をリセットしています。

これにより、親モジュール”ParentModule”はカウントアップとリセット機能を持つカウンタとして機能します。

○応用例2:複雑なネスト構造の作成

Verilogのネスト構造を用いて、より複雑なモジュール構造を作成する例を紹介します。

ここでは、ビット幅可変のシフトレジスタを作成するモジュールと、そのシフトレジスタモジュールを組み込む親モジュールを定義します。

// シフトレジスタモジュールの定義
module ShiftRegister(input wire clk, input wire din, output reg [7:0] dout);
  always @(posedge clk) begin
    dout <= {dout[6:0], din};  // ビットシフト
  end
endmodule

// シフトレジスタを組み込む親モジュールの定義
module ParentModule(input wire clk, input wire din, output wire [7:0] dout);
  ShiftRegister U1 (.clk(clk), .din(din), .dout(dout));  // シフトレジスタモジュールのインスタンス化
endmodule

このコードでは、クロック信号”clk”の立ち上がりエッジで入力”din”をシフトレジスタ”dout”にビットシフトしています。

これにより、親モジュール”ParentModule”はシフトレジスタとして機能します。

●注意点と対処法

ネスト構造を作成する際には、いくつかの注意点があります。

それぞれについて簡単に説明し、対処法を提案します。

  1. 子モジュールのインスタンス化は、親モジュールの内部で行う必要があります。
    モジュールの外部で子モジュールをインスタンス化しようとすると、エラーが発生します。
  2. 同じ子モジュールを複数回インスタンス化する場合、それぞれのインスタンスにはユニークな名前を付ける必要があります。
    同じ名前を付けると、エラーが発生します。
  3. ネスト構造を利用して大規模な設計を行う際には、モジュールの入力と出力の一致に注意する必要があります。
    モジュール間の接続が不適切であれば、意図した挙動を得られない可能性があります。

まとめ

Verilogにおけるネスト構造は、複雑なハードウェア構造を効率的に表現するための強力なツールです。

この記事では、ネスト構造の基本から応用までを詳しく解説しました。

具体的なサンプルコードとそれぞれの詳細な説明を通じて、初心者でも理解しやすいように説明しました。

ネスト構造を上手く活用すれば、より高度なハードウェア設計が可能になります。

これからもプログラミングの学習を続けて、更なるスキルアップを目指しましょう。