Verilogにおける外部入力の活用!初心者から上級者への10ステップ

Verilogの外部入力を示すイラストと10ステップの解説テキスト Verilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

デジタルロジック設計の一部として、ハードウェア記述言語Verilogを使用することは一般的になっています。

これは、電子システムやマイクロプロセッサなどを設計するための非常に強力なツールで、設計者がデジタル回路の動作を定義するのに役立ちます。

本記事では、Verilogにおける外部入力の活用に焦点を当てています。

これは、初心者から上級者まで、Verilogで外部入力を扱うための詳細な手順とサンプルコードを10ステップで解説します。

Verilogの理解を深め、あなた自身の設計にこれらの概念を適用する方法を学びます。

●Verilogとは

Verilogは、1980年代にGateway Design Automationによって開発されたハードウェア記述言語(HDL)です。

その目的は、電子デバイスの設計とモデリングを行うための標準的な手段を提供することです。

Verilogは、モジュールの概念を用いて複雑なデジタルシステムを表現します。

●外部入力とは

外部入力とは、Verilogモジュール外部からのデータの入力を指します。

これはデジタルロジック設計で広く使用され、特にリアルタイムシステムや対話型システムで重要な役割を果たします。

外部入力は、スイッチ、ボタン、センサー、または他のデジタルデバイスからの信号など、さまざまな形で存在します。

●Verilogにおける外部入力の基本的な扱い方

○外部入力の宣言

Verilogで外部入力を使用するためには、まず入力を宣言する必要があります。

これはモジュール定義の一部として行われ、’input’キーワードを使用します。

下記のコードは、名前が’data’の1ビットの外部入力を宣言する方法を表しています。

module sample(input data);
endmodule

このコードでは、Verilogモジュール’sample’が宣言されています。

このモジュールには、1ビットの入力データが存在します。

○外部入力の読み込み

外部入力が宣言されたら、それを読み取ることが可能になります。

これは通常、モジュール内の一部であるロジック回路で行われます。

下記のコードは、外部入力を読み込み、それを使用してロジックを実行する方法を表しています。

module sample(input data);
  assign out = data;
endmodule

このコードでは、外部入力データがモジュール内の’out’に割り当てられています。

○サンプルコード1:簡単な外部入力の読み込み

さて、上記の内容を基に、外部入力を読み込む簡単なサンプルコードを見てみましょう。

module simple_input(input wire in, output wire out);
  assign out = in;
endmodule

このサンプルコードでは、名前が’in’の外部入力を読み込み、それを’out’に割り当てることで、外部からの入力をモジュール内で利用しています。

このコードを実行すると、外部から供給された信号’in’がモジュール出力’out’にそのまま出力されます。

●Verilogでの外部入力の詳細な使い方

外部入力は、単純にデータを読み込むだけでなく、様々なデジタルロジック設計に利用することができます。

これには、信号処理、状態マシンの制御、あるいは特定のデバイスの動作制御などが含まれます。

それでは、これらの詳細な使い方について、いくつかのサンプルコードとともに解説します。

○サンプルコード2:外部からの信号を利用する

下記のサンプルコードでは、外部からの2つの信号を読み込み、それらを用いて論理AND操作を実行しています。

module and_gate(input wire in1, input wire in2, output wire out);
  assign out = in1 & in2;
endmodule

このコードでは、外部入力’in1’と’in2’を使って論理AND操作を行い、その結果を’out’に割り当てています。

このコードを実行すると、’in1’と’in2’が両方とも’1’のときのみ、’out’が’1’になります。

それ以外の場合では、’out’は’0’になります。

○サンプルコード3:外部入力を用いたフリップフロップの制御

外部入力は、状態保持デバイスであるフリップフロップの制御にも使われます。

下記のサンプルコードは、外部入力を使ってDフリップフロップを制御する例です。

module d_ff(input wire d, input wire clk, output reg q);
  always @(posedge clk)
    q <= d;
endmodule

このコードでは、外部入力’d’と’clk’を使ってDフリップフロップを制御しています。

‘clk’が上昇エッジのとき、’d’の値が’q’に格納されます。

このコードを実行すると、クロック信号’clk’の上昇エッジごとに、’d’の値が’q’に更新されます。

●Verilogにおける外部入力の応用例

○サンプルコード4:外部からの入力を用いたカウンター

外部入力は、カウンターやタイマーなどのデバイスを制御するのにも使用されます。

下記のサンプルコードは、外部からの入力を使って4ビットのバイナリカウンターを制御する例です。

module counter(input wire clk, input wire rst, output reg [3:0] count);
  always @(posedge clk or posedge rst)
    if (rst)
      count <= 4'b0000;
    else
      count <= count + 4'b0001;
endmodule

このコードでは、外部入力’clk’と’rst’を用いてカウンターを制御しています。

リセット信号’rst’が’1’の場合、カウント値は’0000’にリセットされます。

それ以外の場合、クロック’clk’の上昇エッジごとにカウント値が1増加します。

このコードを実行すると、リセット信号が’1’になるとカウンターがリセットされ、クロックの上昇エッジごとにカウンター値が1増えます。

○サンプルコード5:外部入力を用いた状態マシンの制御

外部入力は、状態マシンの制御にも使われます。

下記のサンプルコードは、外部からの入力を用いて状態マシンを制御する例です。

module fsm(input wire clk, input wire rst, input wire inp, output reg outp);
  reg [1:0] state, next_state;

  parameter S0 = 2'b00, S1 = 2'b01, S2 = 2'b10;

  always @(posedge clk or posedge rst)
    if (rst)
      state <= S0;
    else
      state <= next_state;

  always @*
    case (state)
      S0: begin
        outp = 0;
        if (inp)
          next_state = S1;
        else
          next_state = S0;
      end
      S1: begin
        outp = 1;
        next_state = S2;
      end
      S2: begin
        outp = 0;
        next_state = S0;
      end
    endcase
endmodule

このコードでは、外部入力’clk’, ‘rst’, ‘inp’を用いて状態マシンを制御しています。

リセット信号’rst’が’1’のとき、状態マシンは初期状態’S0’に戻ります。

それ以外の場合、状態遷移は’inp’の値と現在の状態に依存します。

このコードを実行すると、リセット信号が’1’になると状態マシンが初期状態にリセットされ、それ以外の場合、クロックの上昇エッジごとに状態が遷移します。

●注意点と対処法

Verilogで外部入力を使用する際には、いくつかの注意点があります。

まず、外部からの信号は、ノイズや他の不安定な要素に影響を受ける可能性があります。

これを対処する一つの方法は、信号のデバウンスやフィルタリングを行うことです。

また、外部入力はしばしば非同期であり、それがシステムのタイミング要件に影響を与える可能性があります。

これを解決するためには、同期回路を使用して信号を同期化することが有効です。

さらに、外部入力の値が予期せぬ時点で変化すると、設計に予期せぬ結果をもたらす可能性があります。

これを防ぐためには、設計の全ての可能な状態や状態遷移を適切に考慮することが重要です。

●カスタマイズ方法

○サンプルコード6:外部入力を用いた特殊なデバイス制御

下記のサンプルコードは、外部入力を使ってLEDの点滅制御を行う例です。

verilog
module led_controller(input wire clk, input wire button, output reg led);
  reg [23:0] counter;

  always @(posedge clk)
    if (button)
      counter <= 24'b0;
    else
      counter <= counter + 24'b1;

  assign led = (counter[23]) ? 1'b1 : 1'b0;
endmodule

このコードでは、外部入力’clk’と’button’を用いてLEDの点滅制御を行っています。

ボタンが押されたとき、カウンターはリセットされます。

それ以外の場合、カウンターはクロック’clk’の上昇エッジごとに1増加します。

カウンターの上位ビットが’1’のとき、LEDは点灯します。

このコードを実行すると、ボタンが押されるとLEDの点滅がリセットされ、それ以外の場合、クロックの上昇エッジごとにLEDの点滅状態が更新されます。

●Verilogと他の言語の比較

Verilogはハードウェア記述言語の一つであり、電子回路やデジタルロジックの設計とシミュレーションに使用されます。

Verilogの主な特徴は、並列性と高レベルな抽象化をサポートしていることです。

一方、CやPythonなどの高レベル言語は、プログラムの逐次的な実行を前提としています。

そのため、Verilogでは自然に表現できる並列性や同時性を、これらの言語では表現するのが難しい場合があります。

しかし、Verilogは他の言語と比較して学習曲線が急であるとも言われています。

これは、Verilogがハードウェアの設計を直接的に表現するため、ソフトウェアプログラミングの経験があるだけでは理解が難しい部分が存在するためです。

それに対し、CやPythonなどの言語は学習が容易で、広範なアプリケーションで使用されています。

しかし、これらの言語でハードウェアを直接制御することは難しく、そのための専用ライブラリやフレームワークが必要となります。

まとめ

この記事では、Verilogにおける外部入力の活用方法を、初心者から上級者までの10ステップで解説しました。

Verilogは、ハードウェア記述言語として、デジタルロジックの設計やシミュレーションに広く使用されています。

外部入力の基本的な扱い方から、より複雑な利用例までを詳しく見てきました。

外部入力を用いて、カウンターや状態マシンの制御、特殊なデバイス制御など、さまざまなタスクを実行することができます。

しかし、外部入力を使用する際には注意点もあります。

信号の不安定性や非同期性、予期せぬ値の変化などを適切に管理することが重要です。

Verilogと他の言語との比較を通じて、Verilogの特徴とその利点、そして学習の難しさについても触れました。

この情報が、あなたのVerilogの学習や利用に役立つことを願っています。