完全ガイド!VerilogのDONT_TOUCH属性を利用した10の有用なテクニック

プログラミング初心者向け、VerilogのDONT_TOUCH属性を活用した10のテクニックを解説する図 Verilog

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VerilogのDONT_TOUCH属性についての完全ガイドにようこそ。

この記事ではVerilogのDONT_TOUCH属性について、その使い方、注意点、カスタマイズ方法、そして実際の応用例まで詳しく解説します。

10の具体的なテクニックを通じて、初心者でも簡単に理解できる内容となっています。

●Verilogとは

Verilogは、ハードウェア記述言語(HDL)の一つであり、デジタル回路の設計や検証に広く使われています。

その柔軟性と機能性により、複雑なデジタル回路の設計を効率的に行うことが可能です。

●DONT_TOUCH属性とは

VerilogにおけるDONT_TOUCH属性は、合成ツールが特定のモジュールやゲートを変更しないようにするための指定方法です。

○DONT_TOUCH属性の目的と機能

DONT_TOUCH属性の主な目的は、デザイナーが特定のデザイン要素を保護することです。

これは合成ツールが、デザインの特定部分を再合成や最適化から除外するために使用されます。

●DONT_TOUCH属性の使い方

DONT_TOUCH属性の使用方法は非常にシンプルです。

具体的には、保護したいモジュールやゲートに対してDONT_TOUCH属性を適用します。

○基本的な使用方法

基本的な使用方法は次のようになります。

モジュールやゲートの定義前に(* dont_touch = "true" *)を記述することで、その要素に対してDONT_TOUCH属性を適用します。

○サンプルコード1:DONT_TOUCH属性の基本的な使用法

このコードでは、DONT_TOUCH属性を使ってモジュールを保護する例を紹介しています。

この例では、my_moduleというモジュールを保護しています。

(* dont_touch = "true" *)
module my_module (
  input wire clk,
  input wire reset,
  input wire [7:0] data_in,
  output reg [7:0] data_out
);
  always @(posedge clk or negedge reset) begin
    if (!reset)
      data_out <= 8'b0;
    else
      data_out <= data_in;
  end
endmodule

上記のコードは、クロック信号(clk)の立ち上がりエッジ、またはリセット信号(reset)の立ち下がりエッジで動作するフリップフロップを記述しています。

DONT_TOUCH属性が適用されているため、合成ツールはこのモジュールに対する最適化を行いません。

○サンプルコード2:DONT_TOUCH属性を利用したゲートレベル合成防止

次のコードは、DONT_TOUCH属性を使ってゲートレベルの合成を防止する例を紹介しています。

この例では、NANDゲートを保護しています。

(* dont_touch = "true" *)
assign y = ~(a & b);

このコードでは、入力信号abのNANDゲートの出力をyに割り当てています。

DONT_TOUCH属性が適用されているため、合成ツールはこのNANDゲートに対するゲートレベルの最適化を行いません。

●DONT_TOUCH属性の応用例

DONT_TOUCH属性は、特定機能の保護や最適化の抑制、複雑なモジュールの保護など、様々なシナリオで使用することができます。

ここでは、そのような応用例をいくつか紹介します。

○サンプルコード3:DONT_TOUCH属性を用いた特定機能の保護

このコードは、DONT_TOUCH属性を使って特定機能を保護する例を紹介しています。

この例では、固定機能のロジックを保護しています。

(* dont_touch = "true" *)
assign locked_func = a ? b : c;

このコードでは、入力信号aによって、bあるいはcを出力する三項演算子を記述しています。

DONT_TOUCH属性が適用されているため、合成ツールはこの三項演算子に対する最適化を行いません。

○サンプルコード4:DONT_TOUCH属性を用いた最適化抑制

次のコードは、DONT_TOUCH属性を使って最適化を抑制する例を紹介しています。

この例では、特定の算術演算を保護しています。

(* dont_touch = "true" *)
assign y = a * b;

このコードでは、入力信号abの乗算結果をyに割り当てています。

DONT_TOUCH属性が適用されているため、合成ツールはこの乗算に対する最適化を行いません。

○サンプルコード5:DONT_TOUCH属性を用いた複雑なモジュールの保護

このコードは、DONT_TOUCH属性を使って複雑なモジュールを保護する例を紹介しています。

この例では、複雑な機能を持つモジュールを保護しています。

(* dont_touch = "true" *)
module

 complex_module (
  // Input and output declarations
);
  // Module logic
endmodule

上記のコードは、入力と出力の宣言、そしてモジュールのロジックを記述するためのスケルトンです。

DONT_TOUCH属性が適用されているため、合成ツールはこのモジュールに対する最適化を行いません。

●DONT_TOUCH属性の注意点と対処法

DONT_TOUCH属性を使用する際には、いくつかの注意点があります。

誤った使用法や使用時の制約など、理解しておくべき点を解説します。

○注意点1:誤った使用法

DONT_TOUCH属性は強力なツールですが、誤用すると設計の意図に反する結果を招くことがあります。

たとえば、すべてのモジュールにDONT_TOUCH属性を適用してしまうと、合成ツールの最適化が全く行われず、大規模なチップの設計が困難になる可能性があります。

○対処法1:正しい使用法

誤った使用法を避けるには、DONT_TOUCH属性を適用するモジュールやゲートを適切に選択することが重要です。

具体的には、保護するべき特定の機能や、最適化によって変更されると問題が生じる部分に対して、DONT_TOUCH属性を適用します。

○注意点2:使用時の制約

また、DONT_TOUCH属性はあくまで合成ツールへのヒントであり、すべての合成ツールがDONT_TOUCH属性をサポートしているわけではありません。

したがって、使用する合成ツールがDONT_TOUCH属性を正しく理解し、適切に反映できることを確認することが必要です。

○対処法2:制約への対応

使用する合成ツールがDONT_TOUCH属性をサポートしていない場合は、ツール特有の手法を使用して同様の機能を実現します。

これには、ツール固有の属性を使用する方法や、合成スクリプトで特定のモジュールやゲートを最適化から除外する方法などがあります。

●DONT_TOUCH属性のカスタマイズ方法

DONT_TOUCH属性は、一部適用や条件付き適用など、さまざまな方法でカスタマイズすることが可能です。

これにより、設計の柔軟性と効率性が向上します。

○カスタマイズ例1:属性の一部適用

DONT_TOUCH属性は、モジュール全体ではなく、モジュール内の特定のゲートに対して適用することも可能です。

これにより、モジュールの一部だけを保護し、他の部分を合成ツールによる最適化の対象とすることができます。

○カスタマイズ例2:属性の条件付き適用

また、DONT_TOUCH属性は条件付きで適用することも可能です。

たとえば、合成の目的やターゲットテクノロジに応じて、DONT_TOUCH属性を適用するかどうかを切り替えることができます。

まとめ

この記事では、VerilogのDONT_TOUCH属性について、その使い方、注意点、カスタマイズ方法、そして実際の応用例まで詳しく解説しました。

DONT_TOUCH属性は強力なツールですが、正しく理解し適切に使用することが重要です。

このガイドが、VerilogのDONT_TOUCH属性をうまく活用する上での参考になれば幸いです。