VHDLのif文活用!初心者でも分かる10の実例

VHDLのif文の詳しい使い方とサンプルコードVHDL
この記事は約18分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLはハードウェア記述言語の一つで、デジタル回路の設計やシミュレーションに広く使用されています。

特にif文は、VHDLでのプログラミングにおいて頻繁に使われる制御文です。

この記事では、VHDLのif文を初心者でも理解できるように、具体的なサンプルコードを交えて徹底解説していきます。

●VHDLとif文の基本

○VHDLの基本的な構造

VHDLはハードウェア記述言語として、デジタル回路の動作をシミュレートするための言語です。

そのため、プログラミング言語とは異なる一部の特性や文法を持っています。

○if文の使い方と特性

VHDLのif文は、特定の条件が成立する場合にのみ、指定した処理を行うための制御文です。

基本的な形は次の通りです。

if (条件式) then
    -- 処理
end if;

●VHDLのif文の使い方:実例10選

○サンプルコード1:簡単な条件分岐

このコードでは、ある条件が成立する場合のみ、指定した処理を行う基本的なif文の使い方を表しています。

この例では、変数Aが1の場合に、変数Bに2を割り当てる処理を行っています。

signal A, B : integer;
...
if (A = 1) then
    B <= 2;
end if;

上記のコードでは、Aが1であればBに2が割り当てられます。

○サンプルコード2:複数の条件を持つif文

このコードでは、複数の条件式を持つif文の使い方を表しています。

この例では、変数Aの値に応じて、変数Bに異なる値を割り当てる処理を行っています。

signal A, B : integer;
...
if (A = 1) then
    B <= 2;
elsif (A = 2) then
    B <= 3;
else
    B <= 4;
end if;

上記のコードでは、Aが1ならBに2、Aが2ならBに3、それ以外ならBに4が割り当てられます。

○サンプルコード3:elsifを使用した条件分岐

このコードでは、elsifを使用して、複数の条件を順番に評価する方法を表しています。

この例では、変数Aの値に応じて、変数Bに異なる値を割り当てる処理を行っています。

signal A, B : integer;
...
if (A = 1) then
    B <= 2;
elsif (A = 3) then
    B <= 4;
else
    B <= 6;
end if;

上記のコードでは、Aが1のときBに2が、Aが3のときBに4が、それ以外のときBに6が割り当てられます。

○サンプルコード4:nested if文の利用例

VHDLにおけるnested if文は、一つのif文の中にさらに別のif文を組み入れる方法です。

これにより、より複雑な条件分岐を表現することが可能となります。

このnested if文を用いることで、複数の条件に基づいた処理を、順番に確認し、それに応じた動作をさせることができます。

このコードでは、nested if文を使用して、信号の値に基づいて異なる動作をさせる例を表しています。

この例では、外側のif文で信号Aの値を確認し、内側のif文で信号Bの値を確認して動作を切り替えています。

-- サンプルコード
process (A, B)
begin
    if A = '1' then
        if B = '1' then
            -- 信号AとBがともに'1'のときの動作
            output <= "11";
        else
            -- 信号Aは'1'で、信号Bが'0'のときの動作
            output <= "10";
        end if;
    else
        if B = '1' then
            -- 信号Aが'0'で、信号Bが'1'のときの動作
            output <= "01";
        else
            -- 信号AとBがともに'0'のときの動作
            output <= "00";
        end if;
    end if;
end process;

このコードが実行されると、信号AとBの組み合わせに応じて、outputの値が”11″, “10”, “01”, “00”のいずれかになります。

具体的には、Aが’1’でBが’1’のときは”11″、Aが’1’でBが’0’のときは”10″といった具体的な動作が期待されます。

○サンプルコード5:if文とloopの組み合わせ

VHDLのif文とloop文を組み合わせることで、特定の条件下での繰り返し処理を実現することができます。

このように、if文をloop文の中に取り入れることで、条件に応じた処理の繰り返しや、特定の条件でのループの終了など、柔軟な動作を表現することができます。

このコードでは、if文とloopを組み合わせて、信号Aが’1’のときのみ、loop内の処理を繰り返す例を表しています。

この例では、信号Aの値に応じて、loop内の信号Bの加算処理を行うかどうかを判断しています。

-- サンプルコード
signal B : integer := 0;
process
begin
    for i in 1 to 10 loop
        if A = '1' then
            B <= B + 1;
        end if;
    end loop;
end process;

このコードが実行されると、信号Aが’1’のとき、信号Bは10回加算され、その結果、信号Bの値が10増加します。

信号Aが’0’の場合、加算処理は行われず、信号Bの値は変化しません。

○サンプルコード6:if文を用いた信号の割り当て

VHDLでは、if文を用いて特定の条件下で信号に値を割り当てることができます。

特に、複雑なロジックや動作を持つ回路の記述時に、if文は非常に強力なツールとなります。

このコードでは、入力信号に基づいて出力信号に特定の値を割り当てる方法を表しています。

この例では、input_signalの値に応じて、output_signalに値を割り当てています。

entity sample_signal_assignment is
    Port ( input_signal : in  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           output_signal : out STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0));
end sample_signal_assignment;

architecture Behavioral of sample_signal_assignment is
begin
    process(input_signal)
    begin
        if input_signal = "00000001" then
            output_signal <= "00010000"; -- input_signalが00000001の場合、output_signalに00010000を割り当て
        elsif input_signal = "00000010" then
            output_signal <= "00100000"; -- input_signalが00000010の場合、output_signalに00100000を割り当て
        else
            output_signal <= "00000000"; -- それ以外の場合、output_signalに00000000を割り当て
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードを解析すると、input_signalの値が”00000001″の場合、output_signalには”00010000″が割り当てられることがわかります。

同様に、”00000010″の場合は”00100000″が割り当てられます。

それ以外の場合、output_signalは”00000000″になります。

信号の割り当てを行う際の注意点として、VHDLでは、割り当てられる信号のビット幅やデータ型が一致している必要があります。

異なるビット幅やデータ型を持つ信号同士を割り当てる場合は、適切な型変換やビットのマスク処理が必要となります。

○サンプルコード7:case文との比較

VHDLのif文は非常に柔軟に条件分岐を記述することができますが、多数の条件を持つ場合にはcase文の使用も考慮すると良いでしょう。

下記のサンプルコードは、if文を用いた信号の割り当てと同様の動作をcase文を用いて行っています。

entity sample_case_assignment is
    Port ( input_signal : in  STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0);
           output_signal : out STD_LOGIC_VECTOR (7 downto 0));
end sample_case_assignment;

architecture Behavioral of sample_case_assignment is
begin
    process(input_signal)
    begin
        case input_signal is
            when "00000001" =>
                output_signal <= "00010000"; -- input_signalが00000001の場合
            when "00000010" =>
                output_signal <= "00100000"; -- input_signalが00000010の場合
            when others =>
                output_signal <= "00000000"; -- それ以外の場合
        end case;
    end process;
end Behavioral;

このコードでは、case文を用いて、input_signalの値に応じてoutput_signalに値を割り当てています。

if文と比較して、case文は明確な条件を持つ場合や、多数の条件を持つ場合にコードが読みやすくなるというメリットがあります。

一方で、case文を使用する場合、全ての可能な入力値に対して出力値を明示的に割り当てるか、「others」を使用してデフォルトの出力を指定する必要があります。

この点を注意しながら、適切な文を選択してください。

このサンプルコードを用いると、input_signalの値に応じてoutput_signalに特定の値が割り当てられることが確認できます。

具体的には、input_signalが”00000001″の場合、output_signalには”00010000″が、”00000010″の場合は”00100000″が、それ以外の場合は”00000000″が割り当てられます。

○サンプルコード8:if文でのエラー処理

VHDLでのプログラミング中、エラー処理は非常に重要な要素となります。

特に、ハードウェア記述言語であるVHDLでは、予期せぬ動作やシミュレーションエラーが発生することがあるため、適切なエラー処理を実装することで、問題の特定や解決が容易になります。

このコードではif文を使ってエラーの発生を検知し、それに応じて特定の信号を割り当てるコードを紹介しています。

この例では、ある条件下でエラーが発生すると予測される場合に、エラー信号を立ち上げる動作をしています。

entity error_detection is
    Port ( input_signal : in  std_logic_vector(3 downto 0);
           error_signal : out std_logic);
end error_detection;

architecture Behavioral of error_detection is
begin
    process(input_signal)
    begin
        -- エラー条件の検知
        if input_signal = "1001" then  -- "1001"はエラーとして扱う例
            error_signal <= '1';       -- エラー発生時にエラー信号を立ち上げる
        else
            error_signal <= '0';       -- それ以外はエラー信号を下げる
        end if;
    end process;
end Behavioral;

入力信号input_signalが”1001″の場合、エラーとして認識され、error_signalが’1’になるようにしています。

このように、特定の条件下でのエラー発生を検知し、それに応じて動作を変更することができます。

実際に上記のコードをシミュレーションすると、input_signalが”1001″となった瞬間、error_signalが’1’に変わることが観察できます。

これにより、特定の状態や値が来たときのエラーを検知することができます。

○サンプルコード9:if文を活用した関数の作成

VHDLでは、関数を利用して特定の動作をモジュール化することができます。

ここでは、if文を用いて条件に基づく出力を返す関数の作成方法について詳しく解説します。

このコードでは、入力された値が一定の範囲内か外かを判定する関数を紹介しています。

この例では、入力値が5以上10以下であるかどうかを確認し、範囲内であれば真を、そうでなければ偽を返す関数を作成しています。

function is_within_range(value: integer) return boolean is
begin
    if value >= 5 and value <= 10 then
        return true;  -- 範囲内である場合
    else
        return false; -- 範囲外である場合
    end if;
end function is_within_range;

この関数を使用することで、任意の整数値が指定した範囲内にあるかどうかを簡単に判定することができます。

例えば、is_within_range(7)という関数の呼び出しを行うと、戻り値として真が得られます。

○サンプルコード10:高度な応用例

VHDLのif文は、単純な条件分岐だけでなく、より複雑なロジックの構築にも利用することができます。

ここでは、高度な応用例として、パリティチェックのロジックを実装する方法について解説します。

このコードでは、入力されたデータのパリティ(偶数か奇数か)を判定し、その結果を出力するコードを紹介しています。

この例では、入力データの1の数が偶数であれば偶数パリティ、奇数であれば奇数パリティとして出力します。

-- 中略
begin
    process(data)
    variable count_ones: integer := 0;
    begin
        for i in data'range loop
            if data(i) = '1' then
                count_ones := count_ones + 1;
            end if;
        end loop;

        if count_ones mod 2 = 0 then
            parity <= '0'; -- 偶数パリティ
        else
            parity <= '1'; -- 奇数パリティ
        end if;
    end process;
end Behavioral;

上記のコードを使用すると、入力データのパリティを簡単に判定することができます。

このような応用的な利用も、VHDLのif文の強力な機能を示しています。

●注意点と対処法

VHDLのif文は非常に強力なツールですが、使用する際にはいくつかの注意点と対処法を理解しておくことで、効果的にコードを書くことができます。

○VHDLのif文での多重条件判定の誤用

VHDLのif文で多重の条件を判定する際、論理演算子を用いるときには注意が必要です。

特にANDやOR演算子の使用で誤解が生じることがあります。

このコードでは、二つの入力信号AとBの両方が’1’のときに、出力信号Yを’1’にするコードを表しています。

この例では、AND演算子を用いてAとBの両方が’1’の場合にYを’1’に設定しています。

process (A, B)
begin
    if (A = '1' and B = '1') then
        Y <= '1';
    else
        Y <= '0';
    end if;
end process;

これを実行すると、期待通りAとBが’1’のときのみYが’1’になります。

しかし、このような論理演算子の誤用が起こりやすく、例えば、if (A = '1' or B = '1') thenと書いた場合、AまたはBが’1’のときにYが’1’になってしまいます。

○センシティビティリストの忘れ

センシティビティリストは、プロセスが反応する信号をリストアップする部分です。

このリストに記載されていない信号の変化にはプロセスは反応しません。

従って、センシティビティリストの記載忘れは、バグの原因となります。

このコードでは、入力信号Aの変化に応じて、出力信号Yを切り替えるコードを表しています。

この例では、センシティビティリストにAを追加し、Aの変化に応じてYを切り替える動作をしています。

process (A) -- センシティビティリストにAを記載
begin
    if A = '1' then
        Y <= '1';
    else
        Y <= '0';
    end if;
end process;

もしセンシティビティリストにAを記載忘れた場合、Aの変化にYは反応しないという問題が発生します。

これは、特に初心者の方には陥りやすいミスですので、注意が必要です。

○同時アクセスの問題

VHDLのif文を使用して、複数のプロセスから同じ信号に同時にアクセスする場合、競合や未定義の状態が発生する可能性があります。

これを避けるためには、適切な同期ロジックを実装する必要があります。

このコードでは、clkの立ち上がりエッジでdata信号を読み出し、out1とout2にデータを出力するシンプルなコードを紹介しています。

この例では、clkの立ち上がりエッジでif文を使用して、dataの読み出しを行っています。

process (clk)
begin
    if rising_edge(clk) then
        out1 <= data;
        out2 <= data;
    end if;
end process;

もし、このような実装が複数のプロセスに分散している場合、clkのタイミングによっては同時アクセスが発生する可能性があります。

このような問題を避けるためには、適切な同期ロジックや信号の排他制御を考慮する必要があります。

●カスタマイズのアドバイス

VHDLのif文は高度なデジタル回路設計を行う際の中心的な要素ですが、その機能性を最大限に引き出すためには、独自のカスタマイズや工夫が必要です。

ここでは、VHDLのif文をさらに使いやすく、効率的にするためのカスタマイズのアドバイスをいくつか紹介します。

○条件式の最適化

VHDLのif文で使用する条件式は、できるだけシンプルに保つことが推奨されます。

シンプルな条件式は、コードの可読性を向上させ、エラーのリスクを減少させる効果があります。

このコードでは、複数の条件式を一つにまとめています。

この例では、ABがともに1の場合にのみCを1に設定します。

-- 条件式の最適化の例
process(A, B)
begin
    if (A = '1' and B = '1') then
        C <= '1';
    else
        C <= '0';
    end if;
end process;

○変数の初期化

VHDLのif文を使用する際、変数の初期化は重要なステップとなります。

変数の初期化を忘れると、意図しない動作やエラーが発生する可能性があります。

このコードでは、resultという変数を初期化しています。

この例では、input_signalの値に応じてresultの値を設定します。

-- 変数の初期化の例
process(input_signal)
    variable result : bit := '0';  -- 初期化
begin
    if (input_signal = '1') then
        result := '1';
    end if;
    output_signal <= result;
end process;

このコードの実行後、input_signalが’1’の場合、output_signalも’1’となります。

それ以外の場合、output_signalは’0’となります。

○else節の活用

if文には、else節を使用することで、条件が満たされなかった場合の動作を定義することができます。

else節を活用することで、コードの冗長性を減少させることが可能です。

このコードでは、data_validの値に応じて、data_outの値を設定します。

-- else節の活用例
process(data_in, data_valid)
begin
    if (data_valid = '1') then
        data_out <= data_in;
    else
        data_out <= (others => '0');
    end if;
end process;

このコードの実行後、data_validが’1’の場合、data_outdata_inの値と同じになります。

それ以外の場合、data_outは全てのビットが’0’となります。

これらのカスタマイズのアドバイスを参考に、VHDLのif文をより効率的に、そして確実に動作させることができるでしょう。

まとめ

VHDLのif文はデジタル回路設計における中心的なツールであり、その活用方法や注意点、カスタマイズの方法を理解することで、より高品質なデザインを実現することができます。

この記事ではVHDLのif文の基本的な使い方から、高度な応用例までを紹介しました。

初心者の方でも実践的な知識を身につけることができる内容となっていますので、ぜひ実際の設計に活かしてください。