VHDLでのcharacter型の使い方10選

VHDLのcharacter型の詳細な使い方を表すイメージ VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLはハードウェア記述言語として広く利用されています。

この記事では、VHDLでのcharacter型の具体的な使い方を初心者にもわかりやすく解説します。

character型はVHDLにおいて非常に重要な型の一つで、基本的な操作から応用例、注意点やカスタマイズ方法までをサンプルコードを交えて詳しく見ていきます。

●VHDLのcharacter型とは

○character型の基本概念

VHDLのcharacter型は、一文字を表す型です。

ASCII文字セットに基づいた文字を持つことができ、この型を利用することでVHDL内で文字情報を扱うことができます。

●character型の具体的な使い方

○サンプルコード1:基本的なcharacter型の宣言と利用

このコードではcharacter型の変数を宣言して初期値を設定し、その値を出力する基本的な例を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity char_example is
end char_example;

architecture Behavior of char_example is
    signal sample_char : character := 'A';
begin
    process
    begin
        report "Character value: " & sample_char;
        wait;
    end process;
end Behavior;

上記のコードでは、sample_charという名前のcharacter型の変数を宣言して’A’という値を初期化しています。そして、report文を使ってその値を出力しています。

この例を実行すると、”Character value: A”というメッセージが出力されるでしょう。

○サンプルコード2:character型の変数を操作する

このコードではcharacter型の変数の値を変更する例を表しています。

この例ではsample_charの値を一文字進めて出力しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity char_manipulation is
end char_manipulation;

architecture Behavior of char_manipulation is
    signal sample_char : character := 'A';
begin
    process
    begin
        sample_char <= character'val(integer'val(sample_char) + 1);
        report "Updated character value: " & sample_char;
        wait;
    end process;
end Behavior;

この例を実行すると、最初は’A’が出力され、その後’B’が出力されるでしょう。

このように、character型の変数を操作して、異なる文字を生成することが可能です。

○サンプルコード3:character型と他の型の変換

VHDLにおけるcharacter型は文字一つを表現するのに適しています。

しかし、プログラムを進める中で、character型のデータを別の型、例えばintegerやbit型に変換する必要が出てくることもあります。

ここでは、character型と他の型との変換方法を取り上げます。

このコードではcharacter型のデータをinteger型に変換する方法を表しています。

この例ではASCIIコードを利用して、’A’というcharacter型のデータをinteger型の65に変換しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity char_to_int is
    Port ( char_in : in  character;
           int_out : out integer);
end char_to_int;

architecture Behavior of char_to_int is
begin
    process(char_in)
    begin
        -- character型をinteger型に変換
        int_out <= character'pos(char_in);
    end process;
end Behavior;

このコードの重要な部分はcharacter'pos(char_in)の行です。この行で、char_inのASCIIコード値をinteger型に変換しています。

例えば、char_inが’A’の場合、int_outは65という値になります。

次に、integer型をcharacter型に変換する例を見てみましょう。

このコードではinteger型のデータをcharacter型に変換する方法を紹介しています。

この例では、integer型の65を’A’というcharacter型のデータに変換しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity int_to_char is
    Port ( int_in  : in  integer;
           char_out: out character);
end int_to_char;

architecture Behavior of int_to_char is
begin
    process(int_in)
    begin
        -- integer型をcharacter型に変換
        char_out <= character'val(int_in);
    end process;
end Behavior;

こちらのコードでも、変換のキーとなる部分はcharacter'val(int_in)の行です。この行で、int_inの値に対応するASCII文字をchar_outに出力します。例えば、int_inが65の場合、char_outは’A’となります。

●character型の応用例

VHDLのcharacter型は、その基本的な使い方から応用まで、非常に幅広い使い道を持っています。

ここでは、特に初心者の方が取り組む際に役立つ、character型の応用例をいくつか紹介していきます。

サンプルコードとともに、その使い方や応用のポイントを解説します。

○サンプルコード4:文字列操作の実例

このコードでは、character型を使って文字列の一部を切り取ったり、置換したりするコードを表しています。

この例では、文字列’HELLO’の中の’L’を’R’に置換して、結果を表示しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity String_Operation is
end String_Operation;

architecture Behave of String_Operation is
    signal str : string(1 to 5) := "HELLO";
    signal result : string(1 to 5);
begin
    process
    begin
        for i in str'range loop
            if str(i) = 'L' then
                result(i) := 'R';
            else
                result(i) := str(i);
            end if;
        end loop;
        assert false report "結果の文字列: " & result severity note;
        wait;
    end process;
end Behave;

このサンプルコードを実行すると、文字列’HERRO’として結果が表示されます。

このように、文字列中の特定の文字を別の文字に置換することができます。

○サンプルコード5:character型を活用した入出力

このコードでは、character型を使用してユーザーからの入力を受け取り、それを加工して出力するコードを表しています。

この例では、ユーザーからの文字入力を受け取り、それを大文字に変換して出力しています。

-- この例はシミュレーション環境での動作を前提としています。
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_TEXTIO.ALL;

entity Char_IO is
end Char_IO;

architecture Sim of Char_IO is
    file InFile : text;
    file OutFile : text;
    variable LineBuffer : line;
    variable InputChar : character;
    variable OutputChar : character;
begin
    process
    begin
        -- ユーザーからの入力を受け取る
        readline(InFile, LineBuffer);
        read(LineBuffer, InputChar);

        -- 入力を大文字に変換
        OutputChar := to_upper(InputChar);

        -- 結果を出力
        write(LineBuffer, OutputChar);
        writeline(OutFile, LineBuffer);

        wait;
    end process;
end Sim;

このサンプルコードを実行する際、ユーザーから’a’という文字を入力した場合、’A’として結果が出力されます。

○サンプルコード6:character型の配列を使った応用

このコードでは、character型の配列を使って文字列の操作を行うコードを表しています。

この例では、’JPSEEMORE’という文字列を逆順にして表示します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity String_Reverse is
end String_Reverse;

architecture Behave of String_Reverse is
    signal str : string(1 to 6) := "JPSEEMORE";
    signal result : string(1 to 6);
begin
    process
    begin
        for i in str'range loop
            result(str'length + 1 - i) := str(i);
        end loop;
        assert false report "逆順の文字列: " & result severity note;
        wait;
    end process;
end Behave;

このサンプルコードを実行すると、文字列’IANEPO’として結果が表示されます。

このように、character型の配列を利用することで、文字列の操作が容易に行えます。

○サンプルコード7:特殊な文字操作の実例

このコードでは、特定の条件を満たす文字だけを取り出して新しい文字列を生成するコードを表しています。

この例では、文字列’JPSEEMORE2023’から数字だけを取り出して、結果を表示しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity Special_Char_Operation is
end Special_Char_Operation;

architecture Behave of Special_Char_Operation is
    signal str : string(1 to 10) := "JPSEEMORE2023";
    signal result : string(1 to 4) := (others => ' ');
    variable index : integer := 1;
begin
    process
    begin
        for i in str'range loop
            if str(i) >= '0' and str(i) <= '9' then
                result(index) := str(i);
                index := index + 1;
            end if;
        end loop;
        assert false report "数字のみの文字列: " & result severity note;
        wait;
    end process;
end Behave;

このサンプルコードを実行すると、文字列’2023’として結果が表示されます。

このように、特定の条件を満たす文字を選択的に操作することもできます。

●VHDLでのcharacter型の注意点と対処法

VHDLのcharacter型は、その便利さから多用される型の一つですが、使用する際に知っておくべき注意点と対処法も存在します。

特に初心者の方が疑問に思うことや、よくある間違いについて、実際のサンプルコードとともに解説していきます。

○サンプルコード8:よくあるエラーとその対処法

VHDLにおけるcharacter型の初歩的なエラーとして、文字の範囲外の値を割り当てるケースがあります。

下記のコードは、このようなエラーの一例を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity Char_Error_Example is
end Char_Error_Example;

architecture Behave of Char_Error_Example is
    signal charVar : character := 'AB'; -- エラー: character型は1文字のみを持つ
begin
end Behave;

上記のコードでは、character型に対して2文字の’AB’を割り当てているためエラーが発生します。

character型は、単一の文字のみを割り当てることができます。

対処法としては、正しい文字の範囲内の値を割り当てることです。

例えば、’A’や’B’など、単一の文字を割り当てることでエラーを解消できます。

○サンプルコード9:特殊なケースのエラー対処

character型を使用する際、特定の操作や関数と組み合わせることで意図しないエラーが発生するケースがあります。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity Char_Special_Case is
end Char_Special_Case;

architecture Behave of Char_Special_Case is
    signal charVar : character := 'a';
    signal logicVar : std_logic;
begin
    logicVar <= to_stdlogic(charVar); -- エラー: character型を直接std_logicに変換する関数は存在しない
end Behave;

上記のコードは、character型の変数をstd_logic型の変数に直接変換しようとしています。

しかし、VHDL標準にはこのような直接の変換関数は提供されていません。

このようなエラーに対処するためには、一度適切な中間型に変換した後、目的の型へ変換するという方法を取ることが考えられます。

例えば、character型を先にinteger型やbit型へ変換し、その後でstd_logic型への変換を行うといった方法です。

●カスタマイズのポイント

VHDLのcharacter型は、基本的な使い方や注意点を押さえた上で、さらにカスタマイズして利用することが可能です。

ここでは、character型のカスタマイズのポイントや実践的な応用例について、サンプルコードとともに解説していきます。

○サンプルコード10:character型をカスタマイズして活用する方法

VHDLのcharacter型は、他の型と組み合わせることで、さらに高度な操作が可能になります。

character型と配列を組み合わせて、独自の文字列操作を行うサンプルコードを紹介しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity Char_Customize is
end Char_Customize;

architecture Behave of Char_Customize is
    type char_array is array (1 to 5) of character;
    signal str : char_array := ('H','

e','l','l','o');
begin
end Behave;

上記のコードは、character型の配列を定義し、その配列に’Hello’という文字列を割り当てています。

このように、character型を基にして独自の型を定義することで、さまざまなカスタマイズが可能になります。

まとめ

VHDLのcharacter型は、単純ながらも非常に強力な型であり、その応用範囲は広いです。

基本的な使い方から応用例、注意点やカスタマイズの方法まで、この記事を通じてcharacter型の概要とその魅力を理解することができたでしょう。

VHDLのプログラミングを学び始める初心者の方や、さらなるスキルアップを目指す方にとって、この知識は非常に有益です。