VHDLでの時間制御の完全ガイド!初心者向け10選テクニック

VHDLの時間制御を学ぶ初心者が見るべき10のテクニックVHDL
この記事は約16分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLを学ぶ際、時間制御は非常に重要な要素となります。特に初心者が頻繁に直面する問題の一つに、シミュレーションや実ハードウェア上での動作タイミングの制御があります。

この記事では、時間制御をマスターするための10のテクニックを実際のコード例と共にわかりやすく解説します。

●VHDLと時間制御の基本

○VHDLの概要

VHDLはハードウェア記述言語の一つであり、デジタル回路の設計やシミュレーションに使用されます。

VHDLを使うことで、物理的なハードウェアを持たなくても、複雑なデジタルロジックの動作を試すことができます。

○時間制御とは

時間制御とは、VHDL内で特定の動作を一定の時間だけ遅延させたり、待機させたりするための手法です。

これにより、シミュレーション中の動作タイミングを制御することができます。

●時間制御の具体的な使い方

○サンプルコード1:基本的な待機

このコードでは、基本的なwait文を使用して、特定の時間だけ処理を待機させる例を表しています。

この例では、10nsだけ待機してから次の処理に進むようにしています。

begin
    -- 10ns待機
    wait for 10 ns;
    -- 以降の処理
end;

この例では、10nsの時間が経過した後、次の処理が実行されます。

○サンプルコード2:条件付き待機

このコードでは、特定の条件が満たされるまで待機する方法を表しています。

この例では、signal名が’value’になるまで待機するという条件を設定しています。

begin
    -- signal名が'value'になるまで待機
    wait until signal_name = 'value';
    -- 以降の処理
end;

この例では、signal名が’value’という値になった時点で、次の処理が実行されます。

○サンプルコード3:ループ内の時間制御

このコードでは、ループ内での時間制御を行う方法を表しています。

この例では、ループ内で5回、10nsずつ待機しながら処理を行います。

begin
    for i in 1 to 5 loop
        -- 処理
        ...
        -- 10ns待機
        wait for 10 ns;
    end loop;
end;

この例では、5回のループの中で、それぞれのループの終わりに10nsの待機が挿入されています。

このようにして、ループ内の処理間で一定の時間を空けることができます。

○サンプルコード4:複数の時間制御

このコードでは、複数の時間制御を組み合わせる方法を表しています。

この例では、まず10ns待機した後、特定の条件が満たされるまでさらに待機します。

begin
    -- 10ns待機
    wait for 10 ns;
    -- signal名が'value'になるまで待機
    wait until signal_name = 'value';
    -- 以降の処理
end;

この例では、最初に10nsの待機が行われ、その後signal名が’value’という値になるまで待機します。

両方の条件が満たされた後、次の処理が実行されます。

●VHDLでの時間制御の応用例

VHDLの時間制御は、単なる待機から始めて様々な応用例を持っています。

ここでは、実際のプロジェクトで役立つ応用的な使い方を紹介します。

○サンプルコード5:シーケンス制御

このコードではVHDLを使って特定のシーケンスを制御する方法を表しています。

この例では、LEDを点滅させるシーケンスを作成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity sequence_control is
    Port ( LED : out STD_LOGIC;
           CLK : in STD_LOGIC);
end sequence_control;

architecture Behavior of sequence_control is
begin
process(CLK)
begin
    wait for 10 ns;
    LED <= '1';
    wait for 10 ns;
    LED <= '0';
end process;
end Behavior;

このコードはCLKの入力を監視し、特定のタイミングでLEDをオンオフすることで、LEDの点滅を実現します。

このようにVHDLで時間制御を駆使すれば、実際のハードウェアでの動作をシミュレートすることができます。

○サンプルコード6:外部デバイスとの同期

VHDLの時間制御を利用して、外部デバイスとの同期を取ることも可能です。

下記のコードは、外部のセンサーからの入力を待ってから処理を実行する例です。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity device_sync is
    Port ( SENSOR : in STD_LOGIC;
           LED : out STD_LOGIC;
           CLK : in STD_LOGIC);
end device_sync;

architecture Behavior of device_sync is
begin
process(CLK, SENSOR)
begin
    if SENSOR = '1' then
        wait for 20 ns;
        LED <= '1';
    else
        LED <= '0';
    end if;
end process;
end Behavior;

SENSORからの入力が1になった場合、20ns待機してからLEDをオンにします。

SENSORが0のときはLEDをオフに保ちます。

○サンプルコード7:時間に応じた出力変更

時刻に応じて出力を変えることもVHDLの時間制御で実現できます。

下記の例では、時間が経過するとLEDの光の強さを変えるシミュレーションを表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity time_output is
    Port ( LED : out STD_LOGIC_VECTOR(3 downto 0);
           CLK : in STD_LOGIC);
end time_output;

architecture Behavior of time_output is
begin
process(CLK)
variable count: integer := 0;
begin
    wait for 10 ns;
    count := count + 1;
    LED <= std_logic_vector(to_unsigned(count, 4));
end process;
end Behavior;

ここでは、10nsごとにcountの値を増やし、その値に応じてLEDの光の強さを変えるシミュレーションを行っています。

時間制御を駆使すれば、実時間での動作をシミュレートすることが可能です。

○サンプルコード8:エラー処理時の待機

時々、エラーが発生した際に一時停止させることでデバッグを容易にする場面があります。

下記の例は、エラーが発生した際に特定の時間待機するシミュレーションを表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity error_wait is
    Port ( ERROR : in STD_LOGIC;
           LED : out STD_LOGIC;
           CLK : in STD_LOGIC);
end error_wait;

architecture Behavior of error_wait is
begin
process(CLK)
begin
    if ERROR = '1' then
        wait for 50 ns;
        LED <= '1';
    else
        LED <= '0';
    end if;
end process;
end Behavior;

ERROR入力が1の場合、50ns待機してからLEDをオンにします。

この待機時間は、問題の箇所を特定するための時間として使用できます。

○サンプルコード9:デバッグ時の時間制御

VHDLの開発において、デバッグは必須の工程となります。

デバッグ時に、特定の箇所での動作確認や、問題の発生源を特定するために一時停止したり、特定の期間だけ動作を見るための時間制御が欠かせません。

ここでは、デバッグ時に役立つ時間制御のテクニックについて、詳しく説明します。

このコードでは、特定の条件下での動作確認を行うための時間制御を使用しています。

この例では、デバッグピンがアクティブな場合に、特定の時間だけ動作を停止させ、その後の動作を確認するためのものです。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity debug_time_control is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           debug_pin : in STD_LOGIC;
           reset : in STD_LOGIC;
           output_pin : out STD_LOGIC);
end debug_time_control;

architecture Behavioral of debug_time_control is
begin
    process(clk, reset)
    begin
        if reset = '1' then
            output_pin <= '0';
        elsif rising_edge(clk) then
            if debug_pin = '1' then
                -- デバッグピンがアクティブの場合、10クロックサイクルの間動作を停止
                wait for 10 * 10 ns;
                output_pin <= '1';
            else
                output_pin <= '0';
            end if;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

上記のコードでは、debug_pinがアクティブ(’1’)の場合、10クロックサイクル分の時間、output_pinを’1’にして動作を停止させます。

これにより、デバッグ時に特定の動作を一時的に停止させて確認することができます。

デバッグ時にこのコードを実行すると、debug_pinがアクティブになった際、output_pinが10クロックサイクルの間だけ’1’になる様子を観察することができます。

これにより、特定のタイミングでの動作や信号の変化を容易に捉えることができます。

しかし、デバッグ時の時間制御を過度に使用すると、実際の動作と異なる結果を引き起こすことがありますので、注意が必要です。

適切な場所とタイミングでの使用を心掛けましょう。

○サンプルコード10:リアルタイム処理

VHDLのプログラミングにおいて、リアルタイム処理は非常に重要な概念となります。

ここでは、VHDLでのリアルタイム処理の時間制御方法を、サンプルコードを通して具体的に紹介していきます。

リアルタイム処理とは、特定のタイミングや期限までに処理を完了させることを意味します。

例えば、外部デバイスとの通信やセンサからのデータ取得など、特定のタイミングでの動作が要求される場面での応用が考えられます。

リアルタイム処理を実現するための基本的なVHDLのサンプルコードを紹介します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity realtime_example is
    Port ( clk : in STD_LOGIC;
           reset : in STD_LOGIC;
           data_in : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           data_out : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end realtime_example;

architecture Behavior of realtime_example is
begin
    process(clk, reset)
    begin
        -- クロックの立ち上がりエッジで動作
        if rising_edge(clk) then
            if reset = '1' then
                data_out <= "00000000"; -- リセット時にはデータを0に
            else
                data_out <= data_in; -- データをそのまま出力
            end if;
        end if;
    end process;
end Behavior;

このコードでは、外部デバイスやセンサからのデータdata_inを、特定のタイミング(クロックの立ち上がりエッジ)で取得してdata_outとして出力するリアルタイム処理を実現しています。

この例では、クロックの立ち上がりエッジを利用してデータの取得と出力を行っています。

このサンプルコードを動作させると、data_inが提供されたデータを、クロックの立ち上がりエッジのタイミングでdata_outに出力する動作を見ることができます。

リセット信号が’1’の場合、data_outは”00000000″に初期化されます。

注意点として、リアルタイム処理を実現するためには、処理速度やクロックの周波数などのハードウェアのスペックに注意が必要です。

特に、処理に時間がかかる場合や、外部デバイスとの通信が頻繁に行われる場合などは、処理の遅延やタイミングのずれに注意が必要です。

応用例として、複数の外部デバイスとの同期を取りながらのリアルタイム処理や、特定の条件下での処理をスキップするなどの高度な制御もVHDLで実現可能です。

これらの高度な制御を行う際には、さらに複雑な時間制御や条件分岐の記述が必要となります。

●時間制御の注意点と対処法

時間制御をVHDLで実装する際、特に初心者の方にありがちな問題や注意点がいくつか存在します。

これらの注意点を理解し、適切な対処法を学ぶことで、効果的な時間制御を行うことができます。

○注意点1:過度な時間制御の使用

時間制御を頻繁に使用することは、回路の性能やシミュレーション速度を低下させる可能性があります。

適切なタイミングでの制御が必要です。

このコードでは過度な時間制御を表しています。

この例では1nsごとに待機するという無駄な操作をしています。

begin
  for i in 1 to 100 loop
    -- 1nsごとに待機
    wait for 1 ns;
  end loop;
end process;

適切に時間制御を行うためには、必要最低限の制御を心がけましょう。

例えば、外部デバイスとの同期が必要な場面での待機や、特定の条件下での一時停止など、目的を持った制御が求められます。

○注意点2:シミュレーションと実ハードウェアでの挙動の違い

VHDLで記述されたコードは、シミュレーション上では意図した通りに動作することが多いですが、実際のハードウェアに実装する際には動作が異なることがあります。

例として、次のコードでは10ns待機後にLEDを点灯するシンプルな操作を行っています。

begin
  wait for 10 ns;
  LED <= '1';  -- LEDを点灯
end process;

しかし、実際のハードウェア上でこのコードを実行すると、LEDの点灯タイミングが10nsよりも遅れる場合があります。

これは、物理的なハードウェアの遅延や外部の影響など、さまざまな要因により引き起こされることが考えられます。

対処法としては、シミュレーションでの動作確認はもちろんのこと、実際のハードウェア上でもテストを繰り返し行い、適切なタイミングでの制御や遅延の補正などを行うことが重要です。

○注意点3:非同期信号の扱い

VHDLにおける非同期信号は、時間制御の際に特に注意が必要です。非同期信号は、クロック信号とは無関係に変化する信号のことを指します。

これらの信号を不適切に扱うと、システムの不具合や予期せぬ動作を引き起こす可能性があります。

下記のコードでは、非同期信号async_signalの変化を待機してからLEDを点灯する処理を行っています。

begin
  wait until async_signal = '1';
  LED <= '1';
end process;

このような非同期信号の扱いには極力、同期回路を使用して信号を同期させることが推奨されます。

特に、FPGAやASICのようなデジタル回路設計においては、非同期信号の適切な扱いが非常に重要です。

●時間制御のカスタマイズ方法

VHDLにおける時間制御の基本は以上の通りですが、さらに高度な制御や独自のカスタマイズを求める場面もあるでしょう。

ここでは、時間制御のカスタマイズ方法をいくつか紹介します。

○カスタマイズ例1:複数の条件を組み合わせた待機

基本的なwait for文やwait until文を組み合わせることで、複数の条件を満たした場合にのみ処理を進めることができます。

この方法は、より複雑なタイミング制御や条件判断が必要な場面で役立ちます。

下記のコードは、10ns待機した後、かつ、input_signalが’1’になった場合にLEDを点灯する例です。

begin
  wait for 10 ns and wait until input_signal = '1';
  LED <= '1';
end process;

この例では10ns待機するとともに、input_signalが’1’になるのを待機しています。

両方の条件が満たされたときのみ、LEDが点灯します。

○カスタマイズ例2:変数を用いた動的な時間制御

VHDLでは変数を使用して、動的に待機時間を変更することができます。

これにより、状況に応じて最適な時間制御を行うことが可能となります。

下記のコードでは、変数delay_timeを用いて動的に待機時間を設定しています。

variable delay_time : time := 10 ns;
begin
  wait for delay_time;
  LED <= '1';
  delay_time := delay_time + 5 ns;  -- 待機時間を増やす
end process;

この例では初回の待機時間は10nsとなり、次回の待機時間は15ns、その次は20nsと増加していきます。

このような方法を用いることで、動的な制御や調整が簡単に行えます。

まとめ

VHDLでの時間制御は、システムの動作や同期を正確に行うための重要な要素です。

しかし、その扱いには注意が必要であり、特に非同期信号の取り扱いや実ハードウェアでの動作確認など、多くのポイントが存在します。

本記事では、時間制御の基本からカスタマイズ方法、注意点と対処法について詳しく解説しました。

これを参考に、効果的な時間制御を実現してください。