VHDLテストベンチの方法10選!初心者でも簡単に学べる! – JPSM

VHDLテストベンチの方法10選!初心者でも簡単に学べる!

VHDLテストベンチの初心者向け解説と10のサンプルコードVHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLテストベンチの技術は、デジタル回路の設計と検証の世界で中心的な役割を果たしています。

これにより、回路が期待通りの動作をするかを確認することができ、エラーや不具合を早期に発見し、修正することが可能になります。

本記事では、初心者でも簡単にVHDLのテストベンチを理解し、実際に使用できるように10のサンプルコードを通じて解説していきます。

●VHDLとは

VHDLは、VHSIC Hardware Description Languageの略で、高速集積回路のためのハードウェア記述言語です。

主にデジタル回路の設計やシミュレーションのために使用される言語で、物理的なハードウェアを構築する前に、その動作を確認するためのツールとしての役割を果たしています。

○VHDLの基本概念

VHDLには、エンティティ、アーキテクチャ、プロセスなどの基本的な要素が含まれています。

エンティティは回路の外部インターフェイスを定義し、アーキテクチャはその実装を表します。

プロセスは、一連の命令を順序付けて実行するための構造です。

●テストベンチの重要性

テストベンチは、設計したデジタル回路が正確に動作するかを検証するためのツールです。

テストベンチを使用することで、実際のハードウェアを構築する前に、シミュレーション環境上で回路の動作を確認することができます。

これにより、回路の設計ミスやエラーを早期に発見し、設計の品質を向上させることができます。

●VHDLテストベンチの作成方法

VHDLのテストベンチを作成する際の基本的な手順は次の通りです。

○サンプルコード1:基本的なテストベンチの作成

このコードでは、VHDLを使って基本的なテストベンチを作成するコードを表しています。

この例では、簡単なANDゲートをテストするためのテストベンチを作成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity and_gate_tb is
end and_gate_tb;

architecture sim of and_gate_tb is
    signal a, b: std_logic;
    signal result: std_logic;

begin
    UUT: entity work.and_gate port map (a, b, result);

    stimulus: process
    begin
        a <= '0'; b <= '0'; wait for 10 ns;
        a <= '0'; b <= '1'; wait for 10 ns;
        a <= '1'; b <= '0'; wait for 10 ns;
        a <= '1'; b <= '1'; wait for 10 ns;
        wait;
    end process stimulus;
end sim;

上記のコードにおいて、and_gate_tbはテストベンチのエンティティ名で、これは実際のデバイスをシミュレートするものではありません。

テストベンチの中心となる部分はstimulusプロセスで、ここでANDゲートのすべての入力パターンを生成しています。

このコードを実行すると、ANDゲートの入力パターンがすべて生成され、その結果が出力されます。つまり、ANDゲートの動作をすべて確認することができます。

○サンプルコード2:シグナルのアサートとチェック

このコードでは、シグナルのアサートとチェックの方法を表しています。

この例では、ANDゲートの動作を検証するためのアサートとチェックを実装しています。

-- 以前のコードを引用して、次のプロセスを追加

check: process
begin
    wait until rising_edge(result);
    assert (a and b) = result report "Test failed!" severity ERROR;
    wait;
end process check;

このcheckプロセスでは、resultの立ち上がりエッジを検出して、ANDゲートの出力が正しいかをアサートを使って検証しています。

アサートに失敗すると、”Test failed!”というエラーメッセージが出力されます。

このコードを実行すると、ANDゲートのすべての入力パターンに対して出力が正しいかを自動的に検証します。

エラーがない場合、何も出力されませんが、エラーが発生するとエラーメッセージが表示されます。

○サンプルコード3:クロック生成

VHDLのテストベンチを理解するためには、クロック生成の知識が欠かせません。

シミュレーション中のデジタル回路は、多くの場合、クロックに同期して動作します。

そのため、テストベンチでのクロック生成は非常に重要です。

このコードでは、クロックジェネレータを作成して、定期的なクロックパルスを生成するコードを表しています。

この例では、50MHzのクロック信号を生成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity clk_gen is
    Port ( clk_out : out  STD_LOGIC;
           rst     : in   STD_LOGIC);
end clk_gen;

architecture Behavioral of clk_gen is
    constant T : time := 10 ns; -- 50MHz
begin
    process
    begin
        wait for T/2;
        clk_out <= not clk_out;
    end process;
end Behavioral;

上記のコードでは、クロックジェネレータのエンティティとしてclk_genを定義しています。

クロックの出力はclk_outというポートを通して行われます。

また、リセット信号はrstとして入力されます。クロックの周期はTとして定義し、10ns(50MHz)に設定されています。

クロックはprocess内で生成され、T/2の時間待機した後、クロックの出力を反転させることで、クロック信号を生成しています。

このコードを実行すると、定期的な50MHzのクロック信号がclk_outポートから出力されることが期待されます。

○サンプルコード4:入力パターンの自動化

VHDLのテストベンチ作成では、多くの場合、様々な入力パターンを使ってデザインの機能を確認する必要があります。

しかし、手動で多くの異なる入力を作成するのは時間がかかり、効率的ではありません。

そこで、このセクションでは、VHDLを使って入力パターンを自動化する方法を詳しく学びます。

このコードでは、入力パターンを自動生成するためのシンプルなテストベンチを表しています。

この例では、forループを使って入力パターンを順次生成し、結果を観察しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity tb_auto_input is
end tb_auto_input;

architecture SIM of tb_auto_input is
    signal test_input: std_logic_vector(3 downto 0);
    signal test_output: std_logic_vector(3 downto 0);

    -- テスト対象のダミーモジュール
    component sample_module
        port(
            input: in std_logic_vector(3 downto 0);
            output: out std_logic_vector(3 downto 0)
        );
    end component;

begin
    -- ダミーモジュールのインスタンス化
    DUT: sample_module
        port map(
            input => test_input,
            output => test_output
        );

    -- 入力パターンの自動生成
    process
    begin
        for i in 0 to 15 loop
            test_input <= std_logic_vector(to_unsigned(i, 4));
            wait for 10 ns;
        end loop;
        wait;
    end process;
end SIM;

このコードの中心部にあるprocessブロックは、入力パターンの生成を行う主要な部分です。

forループを使って0から15までの数値を生成し、それを4ビットのstd_logic_vectorに変換してtest_inputシグナルに割り当てています。

これにより、連続した入力パターンが自動的に生成され、ダミーモジュールに供給されます。

このようなコードを使用することで、必要なすべての入力パターンを網羅的にテストできるため、エラーや不具合を効率的に見つけることができます。

テストベンチを実行すると、test_inputシグナルは0から15までの値を順次取得します。

各パターンは10nsの間隔で生成され、test_outputはそれに応じて変化します。

この動きをシミュレーションツールを使用して観察することで、テスト対象のモジュールが正しく動作しているかどうかを確認できます。

応用例として、さまざまな条件やシナリオに基づいて入力パターンを変更することが考えられます。

例えば、特定の条件を満たす入力パターンのみを生成する、あるいはランダムに入力パターンを生成するなど、テストの要件に応じてカスタマイズが可能です。

まとめると、VHDLのテストベンチでは、自動化の技術を使用して、効率的かつ網羅的なテストを実施することができます。

これにより、設計の品質を高めるための重要なステップとなります。

●テストベンチの詳細な使い方

VHDLのテストベンチは、設計したデジタル回路の動作確認を行うための非常に重要なツールです。

テストベンチを使用することで、実際のハードウェアを持っていなくても、シミュレータ上での動作検証が可能となります。

ここでは、テストベンチの詳細な使い方と、さらなる効率的なシミュレーション方法をサンプルコードとともに解説します。

○サンプルコード5:シミュレーションの視覚化

シミュレーション結果を視覚的に確認するためには、波形出力の機能を活用します。

下記のサンプルコードでは、シミュレーションの結果を波形として出力する方法を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity waveform_output_tb is
end waveform_output_tb;

architecture sim of waveform_output_tb is
  signal test_signal : std_logic := '0';
begin
  process
  begin
    wait for 10 ns; test_signal <= '1';
    wait for 10 ns; test_signal <= '0';
  end process;
end sim;

このコードでは、シミュレーション開始から10ns後にtest_signalを’1’に、さらに10ns後に’0’に設定しています。

シミュレーションを実行すると、20nsの間にtest_signalの値が変化する波形を観察することができます。

○サンプルコード6:例外処理の実装

テストベンチ中で想定外の動作を検出した場合、その事象をユーザに通知するために例外処理を実装することができます。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity exception_handling_tb is
end exception_handling_tb;

architecture sim of exception_handling_tb is
  signal test_signal : std_logic_vector(3 downto 0) := "0000";
begin
  process
  begin
    for i in 0 to 15 loop
      test_signal <= std_logic_vector(to_unsigned(i, 4));
      wait for 10 ns;
      if test_signal = "1000" then
        assert false report "test_signal reached forbidden value!" severity error;
      end if;
    end loop;
  end process;
end sim;

この例では、test_signalが”1000″の値になった場合、エラーメッセージを出力しています。

このようにして、テスト中に問題を検出した際にユーザに通知することが可能となります。

○サンプルコード7:シミュレーション時間の制御

シミュレーションを行う際に、特定の時間だけシミュレーションを進めたい、あるいは特定の条件を満たすまでシミュレーションを進めたい、といったニーズが生まれることがあります。

このコードでは、シミュレーション時間を制御する方法を表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity time_control_tb is
end time_control_tb;

architecture sim of time_control_tb is
  signal clk : std_logic := '0';
  constant CLK_PERIOD : time := 20 ns;
begin
  clk_process : process
  begin
    clk <= not clk;
    wait for CLK_PERIOD/2;
  end process;
end sim;

この例では、クロック信号clkが20nsごとに切り替わるように制御しています。

wait forステートメントを使用して、シミュレーションの進行を一時停止し、指定した時間だけ待機することができます。

○サンプルコード8:テストベンチのモジュール化

VHDLのテストベンチ作成の際、大規模なシミュレーションを効率的に行うためには、モジュール化が不可欠です。

モジュール化とは、テストベンチの各部分を独立した部品として扱い、これを組み合わせて全体のシミュレーションを構築する方法を指します。

このコードでは、モジュール化の方法を使って、テストベンチを構築するコードを表しています。

この例では、2つの異なるテストケースをモジュールとして定義し、それらをメインのテストベンチ内で使用しています。

-- テストモジュール1
procedure test_module1(signal clk: in std_logic; signal rst: in std_logic; signal data_in: in std_logic_vector(7 downto 0); signal data_out: out std_logic_vector(7 downto 0)) is
begin
    -- ここにテストケースの内容を記述
end procedure test_module1;

-- テストモジュール2
procedure test_module2(signal clk: in std_logic; signal rst: in std_logic; signal data_in: in std_logic_vector(7 downto 0); signal data_out: out std_logic_vector(7 downto 0)) is
begin
    -- ここに別のテストケースの内容を記述
end procedure test_module2;

-- メインのテストベンチ
entity main_tb is
end main_tb;

architecture sim of main_tb is
    signal clk, rst: std_logic;
    signal data_in, data_out: std_logic_vector(7 downto 0);
begin
    -- テストモジュール1の呼び出し
    test_module1(clk, rst, data_in, data_out);

    -- テストモジュール2の呼び出し
    test_module2(clk, rst, data_in, data_out);
end architecture sim;

上記のコードを実行すると、テストモジュール1とテストモジュール2が順番に実行されます。

各モジュール内にテストケースの具体的な内容を記述することで、複数のテストケースを効率的に組み合わせることが可能となります。

次に、このコードをさらにカスタマイズする方法について考えます。

例えば、テストモジュール1の中で特定の条件が満たされた場合のみ、テストモジュール2を実行するといった条件付きのテストケースの実行も可能です。

その際には、VHDLの制御構文を利用して、条件に応じたテストモジュールの呼び出しを行うことが考えられます。

テストベンチのモジュール化は、VHDLのテストベンチ作成の際に非常に役立つ技術です。

大規模なシミュレーションを行う際や、複数のテストケースを効率的に管理したい場合には、ぜひともこの技術を取り入れてみることをおすすめします。

○サンプルコード9:外部ファイルの読み込み

VHDLを利用したシミュレーションの中で、事前に用意された外部ファイルのデータを読み込むことは非常に一般的です。

特に複雑なシミュレーションや多数のテストケースを持つ場合、外部ファイルからのデータ読み込みは欠かせない機能となります。

ここでは、外部ファイルを読み込むための基本的な方法をサンプルコードを通じて解説します。

このコードでは、VHDLで外部のテキストファイルを読み込むための手法を表しています。

この例では、テキストファイルの各行を読み取り、それをシミュレーション内で使用しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use std.textio.all;

entity file_reader is
end entity file_reader;

architecture sim of file_reader is
begin
  process
    variable line_var : line;
    variable text : string(1 to 100);
    file data_file : text is in "data.txt";
  begin
    while not endfile(data_file) loop
      readline(data_file, line_var);
      read(line_var, text);
      -- ここでtext変数を利用した処理を書く
    end loop;
    wait;
  end process;
end architecture sim;

外部ファイルdata.txtの内容を一行ずつ読み込む処理を行っています。

ファイルは事前に同じディレクトリ内に配置しておく必要があります。

このコードを実行すると、data.txtの内容がtext変数に読み込まれるため、その後の処理でこのデータを活用することができます。

さて、このコードを実行すると、外部のテキストファイルからデータを読み込むことができることが確認できます。

具体的には、テキストファイルに記述されている内容がtext変数に格納されるため、その情報を利用してシミュレーションやテストを行うことができます。

応用例として、テキストファイルにはシミュレーションの入力パターンや期待する出力結果などを記述しておき、それを基にテストベンチを動作させるという使い方が考えられます。

また、カスタマイズ例としては、異なるフォーマットのテキストファイルやバイナリファイルの読み込みに対応させることなどが挙げられます。

これには、適切なファイルフォーマットの解析ロジックをVHDLに実装する必要があります。

このような外部ファイルの活用は、大量のテストデータや複雑なシミュレーション条件を効率的に取り扱う上で非常に有効です。

特に、実際のハードウェア動作を模倣するためのテストベンチ作成時には、この技術は頻繁に利用されます。

○サンプルコード10:テストケースの自動実行

VHDLテストベンチで特に役立つのは、テストケースの自動実行です。

これは、テストベンチの中で複数の入力シナリオを自動的に反復して実行し、シミュレーション結果を確認することを可能にします。

特に、多数のテストケースを持つ大規模なデザインにおいては、この自動化は非常に価値があります。

下記のサンプルコードは、テストケースの自動実行を実装する方法を表しています。

-- テストベンチのライブラリとエンティティの定義
library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity TestBench is
end TestBench;

architecture sim of TestBench is
    signal clk : std_logic := '0';
    signal test_input : std_logic_vector(3 downto 0);
    signal test_output : std_logic_vector(3 downto 0);

    -- テスト対象のモジュールをインスタンス化
    component TargetModule
        port(
            input : in std_logic_vector(3 downto 0);
            output : out std_logic_vector(3 downto 0)
        );
    end component;

begin
    -- テスト対象のモジュールを接続
    DUT: TargetModule
        port map(
            input => test_input,
            output => test_output
        );

    -- クロック信号の生成
    clk_process : process
    begin
        wait for 10 ns;
        clk <= not clk;
    end process;

    -- テストケースの自動実行
    test_process : process
    begin
        -- テストケース1
        test_input <= "0000";
        wait for 20 ns;

        -- テストケース2
        test_input <= "0001";
        wait for 20 ns;

        -- 以降、必要なテストケースを追加していく
        -- ...

        wait;
    end process;

end sim;

このコードでは、TargetModuleという名前のテスト対象モジュールをテストベンチ内でインスタンス化し、それに対して複数のテストケースを連続して入力しています。

test_process内で定義されているテストケースは、テストケースごとに20nsの間隔で実行されるようになっています。

このようにして、テストベンチ内で複数のテストケースを連続して実行することができます。

このコードを実行すると、指定されたテストケースに基づいて、TargetModuleの振る舞いを順番に確認することができます。

出力は各テストケースにおいて20nsの間隔で変化し、それに応じてtest_outputも変化します。

●VHDLテストベンチの注意点と対処法

VHDLテストベンチを使用する際には、いくつかの注意点と対処法を知っておくと良いでしょう。

まず、テストベンチはデザインの動作をシミュレーションするものであり、実際のハードウェアでの動作を保証するものではありません。

したがって、シミュレーション結果が正しいとしても、ハードウェア上での動作に問題がある場合が考えられます。

また、テストベンチのシミュレーション時間は、テストケースの数や複雑さ、シミュレータの性能などによって変動します。

大規模なデザインや多数のテストケースを扱う場合には、十分なシミュレーション時間を確保することが重要です。

さらに、テストベンチの作成は、しばしば手間と時間がかかる作業となります。

このため、テストベンチの再利用やモジュール化を行うことで、効率的にテストベンチを作成・管理する方法を取ることが推奨されます。

●カスタマイズのポイント

VHDLテストベンチのカスタマイズには、様々なポイントがあります。

特に、次の点に注意してカスタマイズを行うと、より効果的なテストベンチを作成することができます。

①入力パターンのバリエーション

テストケースの入力パターンを多様化することで、デザインの異常な動作を検出しやすくなります。

②出力の確認

各テストケースにおける出力を正確に確認することで、デザインの期待される動作を検証することができます。

③例外処理の導入

テストベンチ内で例外やエラーが発生した場合の処理を定義することで、シミュレーションの品質を向上させることができます。

これらのポイントを踏まえながら、VHDLテストベンチのカスタマイズを進めると、より高品質なデザインの検証が行えるでしょう。

まとめ

VHDLテストベンチは、デザインの正確性を検証するための強力なツールです。

この記事では、VHDLテストベンチの基本的な作成方法から、テストケースの自動実行、注意点、カスタマイズのポイントまでを解説しました。

これらの知識をもとに、高品質なVHDLデザインの検証を行うことができるでしょう。