C言語初心者必見!引数を使いこなす10のステップ

C言語の引数の使用方法を学ぶ初心者のためのガイドブックC言語
この記事は約14分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C言語は初心者がプログラミングを学ぶための基盤となる言語であり、一方で実際の産業界でも幅広く使われています。

しかし、その学習には一定の難易度が存在します。特に関数と引数の使い方は、理解するのが難しいトピックの一つとなります。

そこで、今回は初心者がC言語で引数を効果的に使いこなすための基本から応用まで、理解できる10のステップを詳細な説明とサンプルコードとともにご紹介します。

●C言語とは

C言語は1972年にAT&Tベル研究所のデニス・リッチーによって開発されたプログラミング言語であり、現代の多くのプログラミング言語の基盤となっています。

構文がシンプルであること、直接ハードウェアに近いレベルでコードを書くことができることなどから、オペレーティングシステムや組み込みシステムの開発に広く用いられています。

●関数と引数の基本

関数は一連の処理をまとめたものであり、引数はその処理を行うために関数に渡されるデータのことを指します。

引数のない関数、引数が一つの関数、複数引数の関数の三つの基本的なケースについて説明します。

○引数がない関数

引数がない関数は、特定のタスクを実行するための処理をまとめたもので、引数を取らない関数とも呼ばれます。

関数名の後ろに括弧()をつけることで、引数がないことを表します。

このタイプの関数は、同じタスクを繰り返し実行する際に役立ちます。

○引数が一つの関数

引数が一つの関数は、関数に1つのデータを渡して、そのデータに基づいて処理を行うことができます。

例えば、数値の平方を計算する関数では、1つの数値引数を取り、その平方を計算します。

○複数引数の関数

複数の引数を取る関数は、2つ以上のデータを関数に渡し、それらのデータに基づいて処理を行うことができます。

例えば、2つの数値の和を計算する関数では、2つの数値引数を取り、その和を計算します。

●引数の型と意味

引数には様々な型があります。これらの型によって、関数にどのようなデータを渡すことができるかが決まります。

整数型、浮動小数点型、文字型の引数について説明します。

○整数型の引数

整数型の引数は、関数に整数値を渡すためのものです。

例えば、2つの整数の和を計算する関数では、2つの整数型引数を取り、その和を計算します。

○浮動小数点型の引数

浮動小数点型の引数は、関数に小数値を渡すためのものです。

例えば、2つの小数値の和を計算する関数では、2つの浮動小数点型引数を取り、その和を計算します。

○文字型の引数

文字型の引数は、関数に文字を渡すためのものです。

例えば、文字を大文字に変換する関数では、1つの文字型引数を取り、その大文字版を返します。

●引数の使い方:詳細なサンプルコード

具体的なコードを通して引数の使い方を理解することが、最も効果的な学習方法の一つです。

それでは、引数がない関数、引数が一つの関数、そして複数引数の関数という3つのパターンでサンプルコードをご紹介し、その詳細な説明を行います。

○サンプルコード1:引数がない関数

このコードでは、「hello」という文字列を画面に表示するだけの非常にシンプルな関数を紹介しています。

この例では引数が一つもない関数を示しています。

#include <stdio.h>

void sayHello() {
    printf("Hello!\n");
}

int main() {
    sayHello();
    return 0;
}

このコードを実行すると、「Hello!」という文字列がコンソールに表示されます。

このコードのポイントは、sayHelloという関数がどのような引数も取らない点です。

○サンプルコード2:引数が一つの関数

次の例では、引数が一つある関数を示します。

ここでは、「printNum」という関数があり、この関数は一つの整数引数を取り、それを画面に表示します。

#include <stdio.h>

void printNum(int num) {
    printf("%d\n", num);
}

int main() {
    printNum(5);
    return 0;
}

このコードを実行すると、「5」という数字がコンソールに表示されます。

このコードでは、printNum関数に5という引数を渡し、それをそのまま表示しています。

○サンプルコード3:複数引数の関数

最後に、複数の引数を持つ関数の例を見てみましょう。

ここでは「add」関数が2つの整数引数を取り、それらを足した結果を表示します。

#include <stdio.h>

void add(int a, int b) {
    printf("%d\n", a + b);
}

int main() {
    add(3, 7);
    return 0;
}

このコードを実行すると、「10」という数字がコンソールに表示されます。

このコードでは、add関数に3と7という2つの引数を渡し、それらを足した結果を表示しています。

●引数の応用例

引数の概念を理解したところで、いくつかの応用例を見てみましょう。

実際のコードを見ながら学習することで、理解がより深まります。

○サンプルコード4:引数を使用した計算関数

このコードは二つの整数を引数とする計算関数を表しています。

ここでは、引数aとbを加えた結果を返すシンプルな関数を作成します。

#include <stdio.h>

int add(int a, int b) { // 引数が二つの関数
  return a + b;  // aとbを加えた結果を返す
}

int main() {
  printf("%d\n", add(5, 3));  // 5と3を加えた結果を表示する
  return 0;
}

このコードを実行すると、”8″と表示されます。

関数addは二つの引数5と3を受け取り、その和を返しています。

○サンプルコード5:引数を使用した文字列操作関数

このサンプルコードは文字列の長さを返す関数を作成します。

関数strlenの引数に文字列を渡すことで、その文字列の長さを返します。

#include <stdio.h>
#include <string.h>

int main() {
  char str[] = "Hello World!"; // 文字列を定義
  printf("%d\n", strlen(str)); // 文字列の長さを表示
  return 0;
}

このコードを実行すると、”12″と表示されます。

これは”Hello World!”という文字列の長さを表しています。

○サンプルコード6:引数を使用した配列操作関数

このコードでは、引数として配列を受け取り、その配列の各要素を表示する関数を作成します。

#include <stdio.h>

void printArray(int arr[], int size) { // 配列とそのサイズを引数に取る関数
  for (int i = 0; i < size; i++) {
    printf("%d ", arr[i]);  // 配列の要素を表示
  }
  printf("\n");
}

int main() {
  int arr[] = {1, 2, 3, 4, 5};
  int size = sizeof(arr)/sizeof(arr[0]);  // 配列のサイズを計算
  printArray(arr, size);  // 配列の要素を表示
  return 0;
}

このコードを実行すると、”1 2 3 4 5″と表示されます。

ここでは関数printArrayに引数として配列とそのサイズを渡しています。

●引数の詳細な使い方

引数はプログラミングの基本中の基本ですが、それらをどう活用するかは、ソフトウェア開発の効率性と品質に大きな影響を及ぼします。

C言語での引数の使い方を詳しく見ていきましょう。

○引数の順序と重要性

関数に引数を与える際、引数の順序は非常に重要です。

C言語では、関数の引数は左から右へと順番に与えられます。

例えば、「void sample(int a, float b, char c)」という関数があった場合、この関数を呼び出す際には必ず整数、浮動小数点数、文字の順で引数を与える必要があります。

// コード例
#include <stdio.h>

void sample(int a, float b, char c) {
  printf("整数:%d、浮動小数点数:%f、文字:%c\n", a, b, c);
}

int main() {
  sample(1, 2.5, 'c');
  return 0;
}

このコードでは「sample」関数に整数、浮動小数点数、文字の順で引数を渡しています。

この順序を守ることで関数は正しく動作します。

この例では1、2.5、’c’をそれぞれ引数として与えています。

実行結果は”整数:1、浮動小数点数:2.500000、文字:c”となります。

引数の順序を変更したり、型が合わない引数を渡すと、予期しない結果やエラーを引き起こす可能性があるので注意が必要です。

○引数のデフォルト値

C言語では、関数の引数にデフォルト値を設定することはできません。

しかし、引数がオプショナルな場合、あるいは引数に特定のデフォルト値を設定したい場合は、引数を構造体にまとめて渡し、その構造体の中でデフォルト値を設定するという方法があります。

// コード例
#include <stdio.h>

typedef struct {
  int a;
  float b;
  char c;
} SampleArgs;

void sample(SampleArgs args) {
  printf("整数:%d、浮動小数点数:%f、文字:%c\n", args.a, args.b, args.c);
}

int main() {
  SampleArgs args = { .a = 1, .b = 2.5, .c = 'c' };  // デフォルト値を設定
  sample(args);
  return 0;
}

このコードでは、SampleArgsという構造体を定義し、その中に引数a、b、cを定義しています。そして関数sampleでは、この構造体を引数として受け取ります。

この例では、main関数内でSampleArgs型の変数argsを定義し、その中にデフォルト値として1、2.5、’c’を設定しています。

そして、このargsをsample関数に渡しています。

実行結果は”整数:1、浮動小数点数:2.500000、文字:c”となります。

●注意点と対処法

C言語の引数使用には、いくつかの注意点があります。

それらを無視すると、コードは予期しない結果をもたらす可能性があります。

ここでは、最も一般的な問題点をいくつか取り上げ、それらを回避するための対処法を紹介します。

○引数の型と数の一致

まず最初に、引数の型と数の一致について考えてみましょう。

関数が引数を期待している場合、その数と型が正確でなければなりません。

間違った型の引数を関数に渡すと、エラーが発生する可能性があります。

下記のコードでは、整数型の引数を期待する関数を示しています。

#include <stdio.h>

void printNumber(int num) {
    printf("The number is %d\n", num);
}

int main() {
    printNumber(5);  // これは問題なく動作します
    printNumber(3.14);  // これは問題を引き起こす可能性があります
    return 0;
}

このコードでは、関数printNumberは整数型の引数を期待しています。

そのため、浮動小数点数を渡すと、想定外の出力結果が得られる可能性があります。

このような問題を避けるためには、関数がどのような型の引数を必要としているかを常に意識し、適切な型の引数を渡すことが重要です。

○値渡しと参照渡しの違い

次に、引数の渡し方の違い、特に値渡しと参照渡しの違いを理解することが重要です。

値渡しでは、関数に引数のコピーが渡されます。

これにより、関数内で引数の値を変更しても、その変更は関数外の元の変数には影響を及ぼしません。

一方、参照渡しでは、関数に引数のメモリアドレスが渡されます。

これにより、関数内で引数の値を変更すると、その変更が元の変数に反映されます。

下記のサンプルコードでは、値渡しと参照渡しの違いを表しています。

#include <stdio.h>

void byValue(int x) {
    x = 10;
}

void byReference(int *x) {
    *x = 10;
}

int main() {
    int a = 5;
    int b = 5;

    byValue(a);
    printf("After byValue, a = %d\n", a);  // aの値は変わらず、5が出力されます。

    byReference(&b);
    printf("After byReference, b = %d\n", b);  // bの値が10に変わるので、10が出力されます。

    return 0;
}

このコードでは、byValue関数は引数の値を変更しても、main関数内の変数aの値には影響を及ぼしません。

一方、byReference関数は引数のメモリアドレスを受け取り、そのアドレスに格納されている値を変更します。

この結果、main関数内の変数bの値が変更されます。

●カスタマイズ方法

ここまで引数の基本的な使い方から応用までを見てきましたが、次はさらに一歩進んで、引数のカスタマイズ方法について見ていきましょう。

特に、関数オーバーロードと可変長引数の利用について詳しく説明します。

○引数のオーバーロード

引数のオーバーロードとは、同じ名前の関数を複数定義し、その引数の数や型によってどの関数を呼び出すかを区別する方法です。

ただし、C言語には原則としてオーバーロードの概念はありません。

それでも、同じ動作をさまざまな型の引数で実行したい場合には、関数名に型情報を含めるなどして別の関数として定義する方法があります。

整数と浮動小数点数で動作が異なる関数の例を紹介します。

#include<stdio.h>

void add_int(int a, int b) {
    printf("%d\n", a + b);
}

void add_double(double a, double b) {
    printf("%.2f\n", a + b);
}

int main() {
    add_int(3, 7);
    add_double(3.2, 7.8);
    return 0;
}

この例では、整数を加算する関数と、浮動小数点数を加算する関数をそれぞれ定義しています。main関数内で、適切な関数を呼び出しています。

これにより、異なる型の引数に対応することができます。

実行結果は次のようになります。

10
11.00

○可変長引数の利用

可変長引数とは、引数の数が固定されていない関数のことを指します。C言語では、printf関数などが代表的な例です。

可変長引数を持つ関数を定義するには、というヘッダファイルをインクルードする必要があります。

可変長引数を用いた関数の例を紹介します。

#include<stdio.h>
#include<stdarg.h>

void print_numbers(int n, ...) {
    va_list ap;
    va_start(ap, n);
    for (int i = 0; i < n; i++) {
        int num = va_arg(ap, int);
        printf("%d ", num);
    }
    va_end(ap);
    printf("\n");
}

int main() {
    print_numbers(3, 10, 20, 30);
    print_numbers(5, 1, 2, 3, 4, 5);
    return 0;
}

この例では、可変長引数を持つprint_numbers関数を定義しています。

第一引数は引数の数を示し、その後ろに任意の数の引数を続けることができます。

va_listva_startva_argva_endというマクロを使って引数を順番に取り出し、それぞれを出力しています。

実行結果は次のようになります。

10 20 30
1 2 3 4 5

このように、引数のオーバーロードと可変長引数の利用を理解することで、より複雑で柔軟な関数の作成が可能となります。

まとめ

C言語での引数の利用は、プログラミング技術を磨くための重要なステップと言えます。

今回のガイドでは、関数と引数の基本から型、使い方、応用例、注意点、カスタマイズ方法まで、引数を効果的に使いこなすためのステップを詳細な説明とサンプルコードとともにご紹介しました。

引数の使い方を理解し、効果的に活用することで、より効率的かつ強力なプログラミングが可能となります。

本ガイドが、C言語での引数の活用についての理解を深めるための一助となれば幸いです。