VHDLで浮動小数点を使いこなす10の方法 – JPSM

VHDLで浮動小数点を使いこなす10の方法

VHDLでの浮動小数点の使い方の図解VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLは、デジタル回路の設計やシミュレーションで利用される言語の一つです。

特に、浮動小数点数の計算は、信号処理や通信アルゴリズムの設計において重要な役割を果たしています。

この記事では、VHDLでの浮動小数点数の使い方を10の手法で詳しく解説します。

サンプルコードと詳細な説明を通して、VHDLの浮動小数点操作の技術を磨きましょう。

●VHDLと浮動小数点の基本

○VHDLの特徴と浮動小数点の役割

VHDLは、ハードウェア記述言語として広く知られています。

この言語は複雑なデジタルシステムの設計に使用されるもので、その特性上、精度や演算速度を重視する場面が多くあります。

そこで浮動小数点が役立ちます。

浮動小数点は、非常に大きな数から非常に小さな数まで幅広い値を表現するのに適しており、これにより計算の精度や範囲が拡がります。

●浮動小数点の具体的な使い方

○サンプルコード1:基本的な浮動小数点の操作

このコードでは、VHDLで浮動小数点の基本的な値を宣言し、その値を変更する方法を表しています。

この例では、初期値を設定し、それに数値を加算しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity float_example is
Port ( clk : in STD_LOGIC;
       float_output : out real);
end float_example;

architecture Behavioral of float_example is
signal float_val : real := 3.14;
begin
process(clk)
begin
  if rising_edge(clk) then
    float_val <= float_val + 1.0;
  end if;
end process;
float_output <= float_val;
end Behavioral;

上記のコードを実行すると、float_valの値がクロックの立ち上がりエッジごとに1.0増加します。

したがって、クロックが数回立ち上がると、float_outputの値も同様に増加します。

○サンプルコード2:浮動小数点の四則演算

このコードでは、VHDLで浮動小数点数を使用して四則演算を行う方法を表しています。

この例では、加算、減算、乗算、除算の各操作を表しています。

-- [略] 上のサンプルコードと同様のlibrary宣言部分

entity arithmetic_example is
-- [略]
end arithmetic_example;

architecture Behavioral of arithmetic_example is
signal float_a : real := 5.5;
signal float_b : real := 2.5;
signal sum_val, sub_val, mul_val, div_val : real;
begin
process
begin
  sum_val <= float_a + float_b;
  sub_val <= float_a - float_b;
  mul_val <= float_a * float_b;
  div_val <= float_a / float_b;
end process;
-- [略]
end Behavioral;

上記のコードを利用すると、sum_valには8.0、sub_valには3.0、mul_valには13.75、div_valには2.2という値がそれぞれ格納されます。

○サンプルコード3:浮動小数点の比較操作

VHDLでの浮動小数点の操作は、多くのエンジニアや学生が挑戦する難関のひとつです。

特に、浮動小数点の比較操作は、そのままの操作だと予想外の結果になることがあります。

しかし、適切な知識と手法を身につければ、それほど難しくはありません。

このコードでは、VHDLで浮動小数点を使った比較操作を行う方法を表しています。

この例では、二つの浮動小数点数を比較し、それぞれが大きいか、小さいか、あるいは等しいかを判断しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;
use IEEE.NUMERIC_STD.ALL;

entity FloatCompare is
end FloatCompare;

architecture Behavioral of FloatCompare is
    signal a : real := 3.14;
    signal b : real := 2.71;
    signal result : std_logic_vector(2 downto 0);
begin
    process(a, b)
    begin
        if a > b then
            result <= "100";  -- aがbより大きい
        elsif a < b then
            result <= "001";  -- aがbより小さい
        else
            result <= "010";  -- aとbは等しい
        end if;
    end process;
end Behavioral;

上述のコードは、浮動小数点数aとbを比較し、それぞれの関係に応じてresultシグナルの値を設定しています。

具体的には、aがbより大きければresultは”100″、aがbより小さければresultは”001″、aとbが等しければresultは”010″となります。

このコードを実行したとき、aの値は3.14、bの値は2.71なので、aがbより大きいため、resultの値は”100″となります。

次に、VHDLにおける浮動小数点の比較操作で気を付けるべき点について触れてみましょう。

浮動小数点数の比較には、誤差が生じることがあるので、絶対値の差が非常に小さい場合(たとえば、10^-6 以下など)には、等しいとみなすようなアプローチを取ることが一般的です。

これにより、計算上の微小な誤差が結果に大きな影響を及ぼすのを防ぐことができます。

また、浮動小数点数の比較では、特定の数(NaN(Not a Number)や無限大など)との比較結果が定義されていない場合があります。

そのため、比較前にそれらの値が含まれていないか確認することも重要です。

○サンプルコード4:浮動小数点を使用したループ処理

VHDLでのプログラムの中で、浮動小数点の計算を効率的に行う方法として、ループ処理を使用することがあります。

ループ処理を利用することで、同じ操作を繰り返し実行したり、一連の浮動小数点の数値に対して処理を適用することができます。

ここでは、浮動小数点を用いたループ処理のサンプルコードを紹介し、それに関する詳しい解説を行います。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity float_loop is
end float_loop;

architecture Behavioral of float_loop is
    signal sum: real := 0.0;
begin
    process
    variable i: real := 0.1;
    begin
        for count in 1 to 10 loop
            sum <= sum + i;
            i := i + 0.1;
            wait for 10 ns;
        end loop;
    end process;
end Behavioral;

このコードでは、浮動小数点数を使って10回のループを行い、その間に0.1ずつ加算しているコードを紹介しています。

この例では、初期値を0.1として、ループの度にその値を増やしていき、最終的に合計の値をsumという信号に保存しています。

このループ処理を利用することで、一定の間隔で値を加算するような計算や、浮動小数点数の配列に対しての操作など、さまざまな場面で応用が可能です。

このサンプルコードを実行すると、sumの信号には、0.1, 0.2, … , 1.0 という数値が順番に格納されることになります。

最終的には、合計の5.5という値がsumに格納されます。

○サンプルコード5:浮動小数点を利用した関数の作成

VHDLにおいては、関数を定義することで特定の処理を再利用することが可能です。

浮動小数点を引数として取り、二乗の計算を返す関数のサンプルコードを紹介します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity float_func is
end float_func;

architecture Behavioral of float_func is
    function square(val: real) return real is
    begin
        return val * val;
    end function;

    signal result: real;
    constant inputValue: real := 3.0;
begin
    process
    begin
        result <= square(inputValue);
        wait;
    end process;
end Behavioral;

このコードでは、real型の引数valを受け取り、その値を二乗して返す関数squareを定義しています。

この例では、3.0を入力として与え、関数を通して計算を行い、結果として9.0がresult信号に格納されることになります。

このように、VHDLでの関数定義を利用することで、浮動小数点の計算などの処理を効率的に行うことができます。

○サンプルコード6:浮動小数点を使った配列操作

VHDLでの浮動小数点の取り扱いは多岐にわたる。

その中でも、配列を扱う際の浮動小数点の操作は、デジタル回路設計やシミュレーション時に頻繁に利用される。

ここでは、浮動小数点を含む配列の基本的な操作を紹介する。

このコードでは、浮動小数点を要素とする1次元の配列を扱い、その中の値を操作するコードを紹介しています。

この例では、配列の要素を取得し、加算して新しい配列を生成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity FloatArrayOps is
end FloatArrayOps;

architecture Behavior of FloatArrayOps is
    -- 浮動小数点の配列を定義
    type float_array is array (0 to 4) of real;
    signal sample_array : float_array := (2.5, 3.6, 4.1, 5.2, 6.7);
    signal result_array : float_array := (others => 0.0);
begin
    process
    begin
        -- 配列の各要素に1.5を加算
        for i in sample_array'range loop
            result_array(i) := sample_array(i) + 1.5;
        end loop;
        wait;
    end process;
end Behavior;

このコードでは、5つの要素を持つsample_arrayという浮動小数点の配列を初期化し、その要素の値に1.5を加算した結果をresult_arrayに保存しています。

この操作を行った後、result_arrayの値はそれぞれ「4.0, 5.1, 5.6, 6.7, 8.2」となります。

このようにして、VHDL内で浮動小数点の配列に対する操作を簡単に行うことができます。

この浮動小数点を利用した配列操作の応用例としては、信号処理や画像処理、数値シミュレーションなどが考えられます。

特に、大量のデータを効率的に処理する際には、配列を活用することで高速な計算を実現することができます。

しかしながら、浮動小数点の配列操作には注意点もいくつか存在します。

たとえば、配列のサイズを超えてアクセスしようとすると、エラーが発生する可能性があります。

また、大きなサイズの配列を扱う場合、必要なメモリや計算リソースが増加するため、その点も考慮する必要があります。

○サンプルコード7:浮動小数点の変換とキャスト

VHDLを使用して浮動小数点を効果的に操作する際、変換やキャストは非常に便利な手段となることがあります。

これにより、異なるデータ型やビット幅間でのデータの移動や調整が可能になります。

ここでは、浮動小数点の変換とキャストの具体的な手法について、サンプルコードを交えて詳しく説明していきます。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity float_conversion is
end float_conversion;

architecture behavior of float_conversion is
signal a : real := 12.34; -- 初期値として12.34を設定
signal b : integer;
begin
    -- real型からinteger型への変換
    b <= conv_integer(a);
end behavior;

このコードでは、real型の変数ainteger型の変数bに変換しています。

具体的には、conv_integer関数を使用して、aの値を整数型に変換し、その結果をbに代入しています。

この例では、aの初期値12.34を整数へと変換することで、bには12が格納されることになります。

この方法を使用することで、異なるデータ型間でのデータの変換がスムーズに行えます。

特に、シミュレーションや実装の際に、異なるデータ型を持つ変数間での操作が必要な場面でこの手法が役立つでしょう。

また、変換の際に、浮動小数点の値が整数に正確に変換できない場合、小数点以下の値は切り捨てられる点に注意が必要です。

architecture behavior_advanced of float_conversion is
signal c : real := 56.78;
signal d : std_logic_vector(7 downto 0);
begin
    -- real型からstd_logic_vector型への変換
    d <= conv_std_logic_vector(c, 8);
end behavior_advanced;

上記のサンプルコードは、real型の変数cの値をstd_logic_vector型の変数dに変換しています。

この例では、conv_std_logic_vector関数を使用して、cの値を8ビットのベクトルに変換し、dに代入しています。

しかし、直接的な変換はできないため、実際には中間的な処理が必要となることがあります。

○サンプルコード8:浮動小数点を用いた高度な演算

VHDLでの浮動小数点の操作は基本的なものから高度なものまで、さまざまな方法で実現できます。

ここでは、特に高度な演算を行う際の浮動小数点の取り扱いに焦点を当てて解説します。

このコードでは浮動小数点を使った高度な演算を実現するためのサンプルを表しています。

この例では、浮動小数点同士の累乗演算を行って結果を取得しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_TEXTIO.ALL;

entity advanced_float_operations is
end advanced_float_operations;

architecture Behave of advanced_float_operations is
begin
process
    variable base, exponent, result: real;
begin
    base := 2.5;
    exponent := 3.0;
    result := base ** exponent; -- 累乗の計算
    assert false
    report "2.5の3乗は" & real'image(result)
    severity note;
    wait;
end process;
end Behave;

このコードを実行すると、baseの変数が2.5、exponentの変数が3.0として定義され、base ** exponentにより2.5の3乗の計算が行われます。

結果として、2.5の3乗の値がコンソールに表示されるようになっています。

したがって、このコードの実行により、2.5の3乗の結果が得られます。

また、VHDLでは浮動小数点の累乗だけでなく、他の高度な演算、例えば三角関数や対数関数などの計算もサポートしています。

これらの関数を利用する際には、適切なライブラリやパッケージをインクルードする必要があるので注意が必要です。

応用例として、浮動小数点を用いた高度な演算を応用して、特定の関数やシミュレーションの中での計算結果を得ることができます。

例えば、信号処理やフィルタ設計、さらには通信システムのモデリングなど、実際の工学の現場でも高度な浮動小数点の計算は頻繁に行われています。

このような高度な計算を行う際の注意点として、計算結果の範囲や精度を事前に確認しておくことが大切です。

VHDLでの浮動小数点の計算はハードウェア上で実行されるため、計算能力やメモリの制約が影響する場合があります。

また、浮動小数点の計算は固定小数点の計算に比べて処理が重いため、計算の負荷や実行速度にも注意が必要です。

○サンプルコード9:浮動小数点のエラー処理

VHDLを使用して浮動小数点の計算を行う際、特に初心者の方々はエラーに遭遇することが多々あります。

これは、浮動小数点計算の特性やVHDLの特有の動作を理解していないことが主な原因となります。

しかし、適切なエラー処理を知っていれば、これらの問題は簡単に解決できます。

このコードでは、浮動小数点数に関するエラーを捕捉し、対応するメッセージを出力する方法を表しています。

この例では、0での除算エラーとオーバーフローエラーを検出し、適切なメッセージを表示する方法を示しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;
use IEEE.float_pkg.ALL;

entity FloatErrorHandling is
end FloatErrorHandling;

architecture Behavior of FloatErrorHandling is
    signal a, b, result: float32;
begin
    process
    begin
        -- 通常の除算
        a <= to_float32(10.0);
        b <= to_float32(2.0);
        result <= a / b;
        wait for 10 ns;

        -- 0での除算エラー
        b <= to_float32(0.0);
        result <= a / b;
        wait for 10 ns;

        -- オーバーフローエラー
        a <= float32'high;
        b <= to_float32(10.0);
        result <= a * b;
        wait;
    end process;

    process(result)
    begin
        if result = float32'inf then
            report "0での除算エラーが発生しました。";
        elsif result = float32'high then
            report "オーバーフローエラーが発生しました。";
        else
            report "正常な計算結果:" & float'image(to_float(result));
        end if;
    end process;
end Behavior;

上記のサンプルコードでは、まず正常な除算を行い、その後0での除算エラーを、そしてオーバーフローエラーを意図的に発生させるコードが書かれています。

エラーが発生した場合、reportを使用してエラーメッセージを出力します。

実際に上記のコードをVHDLのシミュレータで実行すると、”0での除算エラーが発生しました。”や”オーバーフローエラーが発生しました。”というメッセージが得られるでしょう。

また、正常な計算の場合は、その計算結果も同様に表示されます。

このようなエラー処理は、実際のハードウェア設計やテスト段階で非常に役立ちます。

特に、大規模なデザインや複雑な演算を行う場合、意図しないエラーが発生することがあります。

そのため、エラー処理をしっかりと行い、問題の原因を特定することが重要です。

応用例として、エラー発生時に特定の信号をアサートする、または特定の動作をさせるような処理も追加することができます。

このような追加の処理により、エラーの発生をより明確に検出し、対応を行うことが可能となります。

○サンプルコード10:カスタマイズした浮動小数点の利用方法

VHDLでの浮動小数点操作は、基本的な操作から応用的な操作まで幅広い利用シーンがあります。特に、独自の浮動小数点操作を行いたい場合、その操作をカスタマイズする必要が出てきます。このセクションでは、VHDLでの浮動小数点のカスタマイズ方法を紹介します。

このコードではVHDLでの浮動小数点のカスタマイズ例を使って、特定の操作をするコードを紹介しています。この例では、浮動小数点数を独自の方法で丸める方法を示しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.NUMERIC_STD.ALL;

entity FloatCustom is
    Port ( A : in  float32;
           B : out float32);
end FloatCustom;

architecture Behavioral of FloatCustom is
begin
    process(A)
    begin
        -- 独自の浮動小数点丸め方法
        B <= A when A > 0.5 else 0.0; -- Aが0.5より大きい場合はAの値を、それ以外は0.0を出力
    end process;
end Behavioral;

上記のコードは、入力された浮動小数点数Aが0.5より大きい場合にその数値を出力し、それ以外の場合は0.0を出力する独自の丸め方法を実装しています。このような方法は、特定の条件下で特定の浮動小数点数を取り扱いたい場合などに利用することができます。

このコードを実行すると、Aに0.6を入力すると0.6が出力され、Aに0.4を入力すると0.0が出力される結果となります。これにより、独自の浮動小数点操作を実装する際の参考にすることができます。

●浮動小数点の注意点と対処法

VHDLでの浮動小数点操作には、いくつかの注意点が存在します。特に、計算結果の精度や丸めの挙動などに関して注意が必要です。

ここでは、浮動小数点操作における主な注意点と、それに対する対処法を紹介します。

まず、VHDLでの浮動小数点数の精度に関してです。

浮動小数点数は、その性質上、無限に精度を高めることができません。

したがって、非常に小さな値や非常に大きな値を扱う際には、計算結果に誤差が生じる可能性があります。

このような場合、計算結果の精度を確保するための方法や、適切な丸め方法を選択する必要があります。

また、VHDLの浮動小数点数の演算には、オーバーフローやアンダーフローといった現象が発生する可能性があります。

これは、計算結果が表現できる範囲を超える場合や、非常に小さい値になりすぎる場合に発生します。

このような場合には、適切なエラー処理を実装することで、信頼性の高い動作を確保することができます。

次に、VHDLでの浮動小数点数の丸めに関しての注意点です。

VHDLでは、標準的な丸め方法が提供されていますが、独自の丸め方法を実装する場合もあります。

このような場合、丸めの挙動や精度に関して十分な注意が必要です。

独自の丸め方法を実装する際には、その方法が正確に動作するかどうかをテストすることが重要です。

●VHDLでの浮動小数点のカスタマイズ方法

VHDLにおいて浮動小数点の操作は多岐にわたり、そのカスタマイズも非常に豊富です。

初心者から上級者まで、VHDLの浮動小数点に関するカスタマイズ技法を知っておくことで、より高度なプログラミングが可能となります。

ここでは、VHDLでの浮動小数点のカスタマイズの一部を詳細に解説します。

○カスタマイズ方法1:精度の向上

このコードでは、浮動小数点の精度を向上させる方法を表しています。

この例では、特定のビット幅を持つ浮動小数点数を定義して、その精度を向上させています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.NUMERIC_STD.ALL;

entity custom_float is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR (31 downto 0);
           B : out STD_LOGIC_VECTOR (31 downto 0));
end custom_float;

architecture Behavioral of custom_float is
    signal floatA, floatB: REAL;
begin
    -- 32ビットの浮動小数点数に変換
    floatA <= to_real(to_signed(A, 32));
    floatB <= floatA * 2.0; -- 精度を2倍にする
    B <= std_logic_vector(to_signed(integer(floatB), 32));
end Behavioral;

上記のコードを適切に組み込むことで、浮動小数点数の精度を2倍にすることができます。

この方法で、必要に応じて浮動小数点数の精度を柔軟に調整することができるのです。

○カスタマイズ方法2:浮動小数点の範囲の拡張

このコードでは、浮動小数点の範囲を拡張する方法を表しています。

この例では、浮動小数点数の最大値と最小値の範囲を広げています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.NUMERIC_STD.ALL;

entity extend_float is
    Port ( C : in  STD_LOGIC_VECTOR (31 downto 0);
           D : out STD_LOGIC_VECTOR (31 downto 0));
end extend_float;

architecture Behavioral of extend_float is
    signal floatC, floatD: REAL;
begin
    -- 32ビットの浮動小数点数に変換
    floatC <= to_real(to_signed(C, 32));
    floatD <= floatC * 100.0; -- 範囲を拡大する
    D <= std_logic_vector(to_signed(integer(floatD), 32));
end Behavioral;

上記のコードを実行することで、浮動小数点数の範囲が100倍に拡大されます。

これにより、大きな浮動小数点数の操作が可能となるのです。

VHDLにおける浮動小数点のカスタマイズ方法は多岐にわたりますが、上述した方法はその一部に過ぎません。

VHDLの知識を深めることで、更に高度なカスタマイズが可能となります。

初心者の方でも、浮動小数点のカスタマイズ方法を学び、VHDLプログラミングの幅を広げてみてはいかがでしょうか。

まとめ

VHDLでの浮動小数点のカスタマイズ方法は、初心者から上級者まで幅広く利用できる重要な技術です。

特に、浮動小数点の精度向上や範囲の拡張など、具体的なカスタマイズ技法を学ぶことで、より高度なプログラミングが実現できます。

今回紹介した方法は一部に過ぎませんが、これを基にVHDLの知識をさらに深めることで、多岐にわたるカスタマイズが可能となります。

VHDLを用いたプログラミングの幅を広げるために、浮動小数点のカスタマイズ方法をぜひマスターしてください。