VHDLでマルチプレクサを10ステップでマスター

VHDLでマルチプレクサを学ぶイラスト VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

デジタル回路設計の世界で、VHDLは非常に人気のある言語です。

この記事では、VHDLを用いてマルチプレクサを効果的に設計・利用する方法に焦点を当て、初心者から上級者までのスキルアップを目指します。

徹底解説とともに、実践的なサンプルコードや応用例まで詳細に解説しますので、VHDLでのマルチプレクサ設計に自信を持って取り組むことができるでしょう。

●VHDLとは

VHDL(VHSIC Hardware Description Language)は、米国国防総省が1980年代に開始したVHSIC(Very High-Speed Integrated Circuit)プロジェクトの一環として開発されたハードウェア記述言語です。

ICやFPGAの設計に使用され、ハードウェアの動作を高レベルで記述することができるのが特長です。

○VHDLの基本的な概念

VHDLは、エンティティ、アーキテクチャ、プロセスなどの概念を持つ。

エンティティは回路の外部インターフェースを定義し、アーキテクチャはその動作を定義します。

プロセスは、回路内部の動作を記述するためのもので、シーケンシャルな記述が可能です。

●マルチプレクサとは

マルチプレクサは、複数の入力信号から一つの信号を選択して出力するデジタル回路の一つです。

その選択は、コントロール信号によって決定されます。

簡単に言えば、スイッチのような役割を果たすコンポーネントです。

○マルチプレクサの仕組み

基本的に、マルチプレクサは2つ以上のデータ入力ライン、1つの出力ライン、そして選択ラインから構成されます。

選択ラインの組み合わせに応じて、特定の入力ラインが出力ラインに接続されます。

●マルチプレクサの作り方

マルチプレクサをVHDLで設計するには、条件文やcase文を利用します。

基本的なマルチプレクサの作成から、異なる入力やマルチプレクサのチェーン接続までのサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード1:基本的なマルチプレクサの作成

このコードでは、2-to-1のマルチプレクサを作成する方法を表しています。

この例では、2つの入力から1つの出力を選択するためのコードを記述しています。

entity multiplexer_2to1 is
    Port ( A, B : in  STD_LOGIC;
           S : in  STD_LOGIC;
           Y : out  STD_LOGIC);
end multiplexer_2to1;

architecture Behavioral of multiplexer_2to1 is
begin
    process(A, B, S)
    begin
        if S = '0' then
            Y <= A;
        else
            Y <= B;
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このコードを実行すると、選択信号Sが’0’の場合、入力Aが出力Yに接続され、Sが’1’の場合、入力Bが出力Yに接続されます。

○サンプルコード2:異なる入力のマルチプレクサ

VHDLにおけるマルチプレクサの作成に際して、異なる入力パターンを持つマルチプレクサの作成方法は非常に重要です。

特に複雑なデジタルシステムの中で、信号のルーティングや選択が求められる場面では頻繁に遭遇します。

ここでは、2つの異なる入力を持つマルチプレクサのVHDLコードの記述方法について詳しく解説します。

実際のコード例を通じて、どのように異なる入力を扱い、その入力に基づいて適切な出力を選択するのかを解説します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity multiplexer_2input is
    Port ( A : in  STD_LOGIC;
           B : in  STD_LOGIC;
           SELECT : in  STD_LOGIC;
           Y : out  STD_LOGIC);
end multiplexer_2input;

architecture Behavior of multiplexer_2input is
begin
    process(A, B, SELECT)
    begin
        -- 日本語のコメント:SELECT信号に基づいて、どちらの入力を出力に割り当てるかを決定
        if SELECT = '0' then
            Y <= A;
        else
            Y <= B;
        end if;
    end process;
end Behavior;

このコードでは、AとBという2つの入力信号と、それらの信号を選択するためのSELECT信号を使用しています。

SELECTが’0’の場合、Y出力はA入力と同じ値を持ち、SELECTが’1’の場合、Y出力はB入力と同じ値を持ちます。

この例においては、SELECT信号のみで2つの異なる入力信号の中から一つを選択しています。

これは最も基本的なマルチプレクサの動作となります。

このコードを実際にFPGAボードやシミュレータで実行すると、SELECT信号を変更することでY出力がAまたはBの入力に連動して変化する様子を確認することができます。

例えば、Aが’1’、Bが’0’、そしてSELECTが’0’の場合、Y出力はAの’1’となります。

一方、SELECTを’1’に変更すると、Y出力はBの’0’となります。

○サンプルコード3:マルチプレクサのチェーン接続

VHDLのマルチプレクサの使い方を学んできましたが、チェーン接続とは何でしょうか?

これは、複数のマルチプレクサを直列に接続して一つの大きなマルチプレクサとして動作させる手法です。

一般に、チェーン接続は、多数の入力から1つを選択する場合や、複雑な選択ロジックを実現するために使用されます。

このコードではVHDLを使ってマルチプレクサをチェーン接続する方法を表しています。

この例では2つの4-to-1マルチプレクサを接続して8-to-1マルチプレクサとして動作させています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity chained_multiplexer is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR (2 downto 0); -- 8入力
           S : in  STD_LOGIC_VECTOR (2 downto 0); -- 3セレクト信号
           Y : out STD_LOGIC); -- 出力
end chained_multiplexer;

architecture Behavior of chained_multiplexer is
    signal inter_Y1, inter_Y2 : STD_LOGIC;
    signal S1, S2 : STD_LOGIC_VECTOR (1 downto 0);
begin
    S1 <= S(1 downto 0);
    S2 <= S(1) & S(0);

    process(A, S1, S2)
    begin
        case S1 is
            when "00" => inter_Y1 <= A(1);
            when "01" => inter_Y1 <= A(2);
            when "10" => inter_Y1 <= A(3);
            when others => inter_Y1 <= A(4);
        end case;

        case S2 is
            when "00" => inter_Y2 <= A(5);
            when "01" => inter_Y2 <= A(6);
            when "10" => inter_Y2 <= A(7);
            when others => inter_Y2 <= A(8);
        end case;
    end process;

    Y <= inter_Y1 when S(2) = '0' else inter_Y2;

end Behavior;

上記のコードでは、入力Aから8つの信号を持ち、Sというセレクト信号でそれを選択して出力Yに送出します。

2つの4-to-1マルチプレクサはinter_Y1とinter_Y2として実現され、最終的な出力YはSの最上位ビットでこれらを選択します。

このような接続を行うと、入力の数が多い場合や特定の条件下でのみ特定の入力を選択したい場合など、より柔軟な選択が可能になります。

その結果、入力Aの中からSに応じて適切な信号が選ばれ、出力Yに送出されることになります。

例えば、Sが”010″の場合、Aの6番目の信号が選ばれることになります。

この方法を利用することで、複数の小さなマルチプレクサを組み合わせることで、大きなマルチプレクサのように動作させることが可能となります。

これは、特定の条件で特定の入力を選択したい場合や、複雑な選択ロジックが必要な場合に非常に役立ちます。

この技術の応用例として、特定のセンサーデータを選択的に読み取るシステムや、複数の信号ソースからのデータを組み合わせるロジックなどが考えられます。

また、チェーン接続を利用することで、より多くの入力を持つマルチプレクサを簡単に実現することもできるでしょう。

●マルチプレクサの応用例

VHDLを使用すると、マルチプレクサはさまざまな方法で応用することができます。

これにより、複雑なロジックや制御回路を効率的に設計することが可能になります。

今回は、いくつかの応用例を通して、マルチプレクサの多様性を体感していただきます。

○サンプルコード4:複数の信号のルーティング

このコードでは、複数の信号を効率的にルーティングするためのマルチプレクサの実装方法を表しています。

この例では、4つの異なる信号を1つの出力にルーティングします。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity signal_routing_mux is
    Port ( selector : in STD_LOGIC_VECTOR(1 downto 0);
           input0, input1, input2, input3 : in STD_LOGIC;
           output_signal : out STD_LOGIC);
end signal_routing_mux;

architecture Behavioral of signal_routing_mux is
begin
    process(selector, input0, input1, input2, input3)
    begin
        case selector is
            when "00" =>
                output_signal <= input0; -- 入力0を選択
            when "01" =>
                output_signal <= input1; -- 入力1を選択
            when "10" =>
                output_signal <= input2; -- 入力2を選択
            when others =>
                output_signal <= input3; -- 入力3を選択
        end case;
    end process;
end Behavioral;

selectorの値に応じて、入力信号がoutput_signalにルーティングされる動きとなります。

たとえば、selectorが”01″の場合、input1がoutput_signalに伝達される仕組みです。

この実装では、信号の経路を動的に変更することができます。

これにより、さまざまな状況下で異なる信号を選択的に処理することが可能になります。

○サンプルコード5:動的な信号選択

次に、動的に信号を選択する方法を表します。

この例では、入力信号のうち、最も高い優先度を持つものを出力として選択します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity dynamic_signal_selector is
    Port ( inputA, inputB, inputC : in STD_LOGIC_VECTOR(2 downto 0);
           output_signal : out STD_LOGIC_VECTOR(2 downto 0));
end dynamic_signal_selector;

architecture Behavioral of dynamic_signal_selector is
begin
    process(inputA, inputB, inputC)
    begin
        if inputA > inputB and inputA > inputC then
            output_signal <= inputA; -- 入力Aが最も高い場合
        elsif inputB > inputA and inputB > inputC then
            output_signal <= inputB; -- 入力Bが最も高い場合
        else
            output_signal <= inputC; -- 入力Cが最も高い場合
        end if;
    end process;
end Behavioral;

この実装を使用すると、3つの入力信号の中から、最も大きな値を持つ信号を自動的に選択することができます。

これにより、入力信号の動的な比較や選択が容易になります。

○サンプルコード6:マルチプレクサを用いた計算

VHDLにおけるマルチプレクサの活用は、単なる信号の選択に留まりません。計算処理にも役立てることができます。

今回は、マルチプレクサを活用して、複数の計算方法を選択するサンプルコードを紹介します。

このコードでは、2つの数値入力を受け取り、指定された計算方法で計算結果を出力します。

具体的には、加算、減算、乗算の3つの計算方法をサポートしています。

マルチプレクサは、計算方法の選択信号を入力として受け取り、適切な計算結果を出力します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity multiplexer_calc is
    Port ( A : in  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : in  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           Sel : in  STD_LOGIC_VECTOR(1 downto 0);
           Result : out  STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0));
end multiplexer_calc;

architecture Behavioral of multiplexer_calc is
begin
process(A, B, Sel)
begin
    -- 加算
    if Sel = "00" then
        Result <= A + B;
    -- 減算
    elsif Sel = "01" then
        Result <= A - B;
    -- 乗算
    elsif Sel = "10" then
        Result <= A * B;
    else
        Result <= (others => '0');
    end if;
end process;
end Behavioral;

上記のコードでは、入力される2つの8ビット数値AとB、および2ビットの選択信号Selを受け取り、計算結果をResultとして出力します。

Selが”00″の場合、AとBの加算結果がResultに出力されます。

Selが”01″の場合、AからBを減算した結果が出力されます。

そして、Selが”10″の場合、AとBの乗算結果が出力されます。

それ以外の場合、Resultは0になります。

例えば、Aが”00000010″ (2進数で2)、Bが”00000011″ (2進数で3)、Selが”00″の場合、Resultには加算の結果である”00000101″ (2進数で5)が出力されることになります。

このような計算選択機能は、デジタルシステム設計において様々な場面で利用されることが想定されます。

例えば、計算機のALU (Arithmetic Logic Unit) の一部として、または複雑なデジタル回路の中で特定の計算処理を選択して実行する際に使用することができます。

●注意点と対処法

マルチプレクサの設計や使用には、注意しなければならない点がいくつか存在します。

これらの注意点を知ることで、効果的なマルチプレクサの設計が可能となります。

また、トラブルが発生した際には迅速に対処するための方法を学ぶことが必要です。

○マルチプレクサのトラブルシュート

マルチプレクサを使用している際によく遭遇する問題の一つは、出力が期待通りにならない場合です。

これは、入力の信号が正しくない、またはマルチプレクサの設計が不適切である可能性が考えられます。

このコードではマルチプレクサのシンプルなトラブルシューティング方法を表しています。

この例では、入力信号の確認や選択信号の確認を行い、期待通りの出力が得られるかをチェックしています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity multiplexer_troubleshoot is
    Port ( A : in STD_LOGIC;
           B : in STD_LOGIC;
           select_signal : in STD_LOGIC;
           Y : out STD_LOGIC);
end multiplexer_troubleshoot;

architecture Behavior of multiplexer_troubleshoot is
begin
    process(A, B, select_signal)
    begin
        -- 入力信号の確認
        assert A /= 'X' and B /= 'X' report "入力信号が不正です。" severity ERROR;

        -- 選択信号の確認
        if select_signal = '0' then
            Y <= A;
        else
            Y <= B;
        end if;
    end process;
end Behavior;

実装時には、上記のコードをVHDLのシミュレータで実行し、assert文がエラーを報告するかどうかを確認します。

もしエラーが報告された場合、入力信号が不正であることがわかります。

実際に上記のコードを実行すると、入力信号が正しくない場合や、選択信号が不適切な場合にエラーメッセージが出力されることが期待されます。

これにより、マルチプレクサの動作に問題があるかどうかを迅速に判断することができます。

●マルチプレクサのカスタマイズ方法

VHDLでのマルチプレクサ設計は、非常に柔軟です。基本的な動作原理を理解していれば、さまざまなカスタマイズや拡張が可能です。

それでは、独自の機能を追加する方法や、マルチプレクサの最適化手法について紹介します。

○サンプルコード7:独自機能の追加

VHDLでマルチプレクサを設計する際、特定の要件に対応するための独自の機能を追加する場面がしばしば発生します。

今回は、マルチプレクサに独自機能として、特定の条件下でのみ選択される信号を加える方法を解説します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity CustomMux is
    Port ( A, B, C : in STD_LOGIC;
           Sel : in STD_LOGIC_VECTOR(1 downto 0);
           Y : out STD_LOGIC);
end CustomMux;

architecture Behavioral of CustomMux is
begin
    process(A, B, C, Sel)
    begin
        -- 通常のマルチプレクサの動作
        case Sel is
            when "00" => Y <= A;
            when "01" => Y <= B;
            when "10" => 
                -- 独自の機能: Cが'1'のときのみAを出力
                if C = '1' then
                    Y <= A;
                else
                    Y <= B;
                end if;
            when others => Y <= '0';
        end case;
    end process;
end Behavioral;

このコードでは、Selが”10″の場合、さらにCが’1’であるときのみAが出力されます。

Cが’0’の場合、Bが出力されるという独自の機能を持ったマルチプレクサを実現しています。

このように、VHDLでは条件分岐や複数の信号を組み合わせることで、様々な独自の動作を持つ回路を設計することができます。

このマルチプレクサをFPGAに実装して動作を確認すると、Selが”10″でCが’1’の場合、出力YはAの値を取ることが確認できるでしょう。

一方、Cが’0’の場合、出力YはBの値を取ります。

○サンプルコード8:マルチプレクサの最適化

次に、マルチプレクサの最適化に関して解説します。

最適化とは、回路の複雑さを減少させるか、またはパフォーマンスを向上させるための手法を指します。

特に、FPGAのリソースを有効活用するために、回路の最適化は不可欠です。

独自の最適化を施したマルチプレクサの例を紹介します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity OptimizedMux is
    Port ( D : in STD_LOGIC_VECTOR(3 downto 0);
           Sel : in STD_LOGIC_VECTOR(1 downto 0);
           Y : out STD_LOGIC);
end OptimizedMux;

architecture Behavioral of OptimizedMux is
begin
    Y <= D(TO_INTEGER(UNSIGNED(Sel)));
end Behavioral;

この例では、4つの入力信号D(3 downto 0)を持つマルチプレクサを設計しています。

Selの値に応じて、Dの中から選択された信号がYに出力されます。

TO_INTEGERおよびUNSIGNEDは、VHDLの標準ライブラリ関数を用いて、2ビットのSelを整数値に変換しています。

この方法を採用することで、複数のcase文やif文を書くことなく、簡潔にマルチプレクサの動作を記述することができます。

この回路を実際にFPGA上で動作させると、Selの値に応じてDの信号が正確にYに出力されることが確認できるでしょう。

○サンプルコード9:大規模なマルチプレクサの設計

大規模なシステムの設計において、VHDLを用いたマルチプレクサの利用は一層重要となってきます。

複雑なシステムでは、数多くの信号が行き交うため、効果的なルーティングと制御が不可欠です。

ここでは、大規模なマルチプレクサの設計方法を詳細に解説します。

このコードでは、16入力のマルチプレクサをVHDLで設計しています。

この例では、4ビットのセレクト信号を使用して、16のデータ入力から1つを選択し、そのデータを出力します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity large_mux is
    Port ( select_signal : in  STD_LOGIC_VECTOR (3 downto 0);
           data_inputs   : in  STD_LOGIC_VECTOR (15 downto 0);
           output_data   : out STD_LOGIC);
end large_mux;

architecture Behavior of large_mux is
begin
    process(select_signal, data_inputs)
    begin
        case select_signal is
            when "0000" => output_data <= data_inputs(0);
            when "0001" => output_data <= data_inputs(1);
            -- 以下の行は同じ方法で続きます
            when others => output_data <= '0'; -- 不正なセレクト信号には0を出力
        end case;
    end process;
end Behavior;

このVHDLコードは、セレクト信号の値に基づいて、指定されたデータ入力を出力データとして選択します。

例えば、セレクト信号が”0001″の場合、data_inputsの2番目のビットがoutput_dataにルーティングされます。

このマルチプレクサを実際にFPGAやASICに組み込む場合、シミュレーションを行い動作を確認した後、タイミングのチェックやその他の最適化を行うことが推奨されます。

次に、このコードを実際に使用すると、セレクト信号の値を変更することで、異なるデータ入力が選択され、それが出力データとして得られるという動作を確認することができます。

例として、セレクト信号が”0010″の場合、data_inputsの3番目の信号が出力されることが期待されます。

○サンプルコード10:マルチプレクサのテストベンチ作成

VHDLでの設計が完了したら、次に行うべきはその動作の確認です。

テストベンチを使用することで、作成したマルチプレクサの動作を確認することができます。

このコードでは、上記で作成した16入力のマルチプレクサに対するテストベンチを表しています。

この例では、異なるセレクト信号を順番に適用し、期待される出力が得られるかを確認しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity tb_large_mux is
end tb_large_mux;

architecture sim of tb_large_mux is
    signal test_select : STD_LOGIC_VECTOR (3 downto 0);
    signal test_input  : STD_LOGIC_VECTOR (15 downto 0);
    signal test_output : STD_LOGIC;

    -- マルチプレクサのインスタンス化
    component large_mux
        Port ( select_signal : in  STD_LOGIC_VECTOR (3 downto 0);
               data_inputs   : in  STD_LOGIC_VECTOR (15 downto 0);
               output_data   : out STD_LOGIC);
    end component;

begin
    uut: large_mux port map(test_select, test_input, test_output);

    process
    begin
        -- テストケースの設定
        test_input <= "0000000000000001";
        test_select <= "0000";
        wait for 10 ns;
        test_select <= "0001";
        wait for 10 ns;
        -- 以下の行も同じ方法で続きます
        wait;
    end process;
end sim;

このテストベンチを使用してシミュレーションを実行すると、期待される出力データが得られることを確認できます。

例えば、test_selectが”0000″のとき、test_outputはdata_inputsの最初の信号、すなわち”1″を出力することが期待されます。

テストベンチを用いて十分な動作確認を行うことは、正確な設計のために非常に重要です。

異なるセレクト信号やデータ入力の組み合わせを試して、期待する動作が得られるかを確認することで、安定した設計を目指すことができます。

まとめ

本記事では、VHDLを使用して大規模なマルチプレクサの設計とテストベンチの作成方法を徹底的に解説しました。

マルチプレクサは、複数の入力信号の中から特定の信号を選択して出力する役割を持つ重要なデジタル回路であり、大規模なシステムにおいてその役割は一層増大します。

VHDLを使用することで、柔軟かつ効率的な設計が可能となります。

また、設計が完了した後の動作確認にはテストベンチが不可欠であり、期待する動作が得られるかどうかの確認を行うことが重要です。

この確認を通して、設計の安定性や正確性を確保することができます。

VHDLでのマルチプレクサ設計に関する基本的な知識と実践的なサンプルコードを身につけることで、より複雑なデジタルシステムの設計や最適化への挑戦が可能となります。