VHDLのwait文を完全解説!10の使い方とサンプルコード

VHDL wait文の完全ガイドとサンプルコードの画像 VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLのプログラミングにおいて、wait文は非常に重要な要素として扱われます。

この記事では、VHDLのwait文の基礎から、詳細な使い方、そして応用例までを徹底的に解説していきます。

初心者の方でも、サンプルコードを交えながら分かりやすく学べる内容となっています。

VHDLのwait文を使いこなすことで、より効率的で高品質なプログラムを作成する手助けとなることを目指します。

VHDLは、ハードウェア記述言語として広く使用されているものの、その特性上、特有の文法や構文が存在します。

wait文もその一つであり、特定の条件や時間が満たされるまで処理を待機させる機能を持ちます。

この機能を適切に使用することで、複雑なハードウェアの動作をシンプルに制御することができます。

●VHDLとwait文の基礎知識

VHDLは、ハードウェア記述言語として1980年代から広く用いられている言語であり、デジタルシステムの設計や検証のために使用されます。

VHDLは”VHSIC Hardware Description Language”の略であり、VHSICは”Very High-Speed Integrated Circuit”を意味します。

この言語は、ハードウェアの動作を模倣するためのもので、ソフトウェアプログラムとは異なります。

一方、wait文はVHDLにおける重要な要素の1つです。

このwait文を使用すると、特定の条件が満たされるまでプロセスの実行を一時停止させることができます。

これにより、特定の時刻や外部信号の変化を待つなど、様々なシチュエーションでの挙動をシミュレートすることが可能になります。

○VHDLとは

VHDLは、設計者やエンジニアがハードウェアの動作を高レベルで記述し、その後に具体的な回路へのマッピングを行うための言語です。

VHDLで記述されたコードは、シミュレーションツールを使用して動作の検証を行ったり、実際のハードウェアへの実装を行うための合成ツールに入力されることが多いです。

○wait文とは

wait文は、特定の条件を満たすまでプロセスの実行を停止させるための文です。

これにより、例えばある信号が特定の値に変わるまで待機したり、一定の時間が経過するまで待機するといったことが可能となります。

VHDLにおいては、これを実現するための3つの主要な形式のwait文が提供されています。

  1. timeを指定して待機するwait文
  2. 信号の変化を監視して待機するwait文
  3. 条件式を満たすまで待機するwait文

これらのwait文の詳細な使い方や実際のコード例については、後述のセクションで詳しく解説していきます。

●wait文の基本的な使い方

VHDLのプログラミングにおいて、特定の条件下で動作を一時停止させるためには、wait文を使用します。

これは、デバイスの動作を模倣する際や、特定の状態まで待機する必要がある場面で非常に役立ちます。

ここでは、wait文の基本的な使用方法を2つのサンプルコードを交えながら、詳しくご紹介していきます。

○サンプルコード1:基本的なwait文の使用方法

このコードでは、wait文を使って一定時間待機する方法を表しています。

この例では、10nsの時間だけ待機して、その後にsignalを更新しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity sample_wait is
end sample_wait;

architecture Behavioral of sample_wait is
    signal my_signal : std_logic := '0';
begin
    process
    begin
        wait for 10 ns;  -- 10nsの間待機
        my_signal <= not my_signal; -- signalの状態を反転
    end process;
end Behavioral;

このコードを実行すると、10nsの時間だけ処理が一時停止され、その後にmy_signalの値が反転します。

これにより、my_signalは’0’から’1’、次に’1’から’0’というように変化します。

○サンプルコード2:時刻によるwait文の使用

VHDLでは、特定の時刻までの待機も可能です。

このコードでは、指定した時刻までの待機を行い、その後にsignalを更新する例を表しています。

この例では、シミュレーション開始から20ns後にsignalの状態を反転しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity sample_wait_time is
end sample_wait_time;

architecture Behavioral of sample_wait_time is
    signal my_signal_time : std_logic := '0';
begin
    process
    begin
        wait until now > 20 ns;  -- シミュレーション開始から20ns後まで待機
        my_signal_time <= not my_signal_time; -- signalの状態を反転
    end process;
end Behavioral;

このコードを実行すると、シミュレーション開始から20ns経過するまで何も動作しない状態となります。

20ns経過した時点で、my_signal_timeの状態が反転し、’0’が’1’になります。

●wait文の応用例

VHDLにおけるwait文は単純な待機から高度な条件指定まで、様々な使い方が可能です。

ここでは、wait文の応用的な使い方を3つのサンプルコードを交えて徹底的に解説します。

これらのサンプルコードを通じて、初心者の方でもVHDLのwait文の多様性と強力な機能を理解する手助けとなるでしょう。

○サンプルコード3:条件付きでの待機

このコードでは、特定の条件が満たされるまで処理を待機する例を表しています。

この例では、信号aが1になるまで待機しています。

process
begin
    wait until a = '1';
    -- 信号aが1になった後の処理
end process;

コメント部分の「信号aが1になった後の処理」は、実際には具体的な命令や操作を記述します。

このコードの実行後、信号aが1になるまで次の処理に進まず、aが1になった瞬間に後続の処理が実行されます。

○サンプルコード4:複数の条件を組み合わせて待機

次に、複数の条件を組み合わせて待機する方法を紹介します。

このコードでは、信号aと信号bの両方が1になるまで待機しています。

process
begin
    wait until (a = '1' and b = '1');
    -- 信号aと信号bが両方とも1になった後の処理
end process;

このサンプルコードの場合、aとbの両方の信号が1になるまで後続の処理は実行されません。

aやbのいずれかが1でない場合は、待機状態が継続されます。

○サンプルコード5:外部信号を使用した待機

外部からの信号を用いてwait文を使用する例もあります。

この例では、外部からのクロック信号clkが立ち上がるエッジを検出して待機を終了します。

process
begin
    wait on clk;
    -- クロック信号の立ち上がりエッジを検出した後の処理
end process;

外部のクロック信号clkの立ち上がりエッジを検出すると、後続の処理が実行されます。

このように、外部信号の変化に基づいて動作を制御することも可能です。

●詳細な注意点

VHDLにおけるwait文の使用は非常に便利でありますが、適切に使用しないと様々な問題が生じる可能性があります。

ここでは、wait文を使用する際の主な注意点と、それに対する解決策を解説していきます。

○タイミングの問題とその解決策

VHDLにおいて、wait文を使用すると、特定の条件が満たされるまで処理を停止します。

しかし、これにより予期しないタイミングの遅延が発生することがあります。

例として、次のサンプルコードを考えてみましょう。

-- サンプルコード
process
begin
  wait for 10 ns; -- 10ns待機
  -- 何らかの処理
end process;

このコードでは〇〇を使って10nsの待機を行っています。

この例では10ns待機した後に〇〇して〇〇しています。

しかし、このような単純な待機では、外部の信号や他のプロセスの影響を受ける可能性があり、タイミングがずれるリスクが考えられます。

実際にこのコードを実行すると、10ns後に処理が開始されます。

しかし、他のプロセスや外部の信号の影響を考慮しないと、期待した動作とは異なる結果が得られることがあります。

このような問題を回避するためには、wait文の使用時に、外部の信号や他のプロセスとの関係を十分に考慮する必要があります。

○オーバーヘッドとパフォーマンス

wait文を使用することで、処理の遅延やオーバーヘッドが発生する可能性が考えられます。

特に、多数のwait文を連続して使用したり、短い時間間隔での待機を頻繁に行ったりすると、全体のパフォーマンスが低下することがあります。

短い間隔での連続したwait文の使用例を紹介します。

-- サンプルコード
process
begin
  for i in 1 to 100 loop
    wait for 1 ns; -- 1ns待機
    -- 何らかの処理
  end loop;
end process;

このコードでは〇〇を使って、1nsの待機を100回繰り返しています。

この例では1ns毎に〇〇を〇〇回行っています。

しかし、これは細かなタイミングでの待機が多いため、パフォーマンスの低下やオーバーヘッドの増加が考えられます。

このコードを実行すると、細かなタイミングでの処理が繰り返され、結果として期待よりも遅い動作となる可能性があります。

パフォーマンスを維持するためには、wait文の使用は最小限に抑え、必要な場面でのみ使用するよう心掛けると良いでしょう。

●カスタマイズ方法

VHDLのwait文はその基本的な機能だけでなく、さまざまなカスタマイズが可能です。

こちらでは、wait文をどのようにアレンジして使用するか、その方法と実例を取り上げてみたいと思います。

○サンプルコード6:カスタマイズしたwait文の使用例

このコードではwait文を使って特定の条件が満たされるまで待機するカスタマイズされた例を表しています。

この例では、外部からの信号を監視し、特定の値になった時に処理を再開します。

process
begin
    -- 外部信号sigを監視
    wait on sig until sig = '1';
    -- sigが1になったら以下の処理を実行
    -- 処理内容
end process;

この例では、外部信号sigが1になるまで処理を停止して待機します。

sigが1になったら、その後の処理を再開します。

この方法を使うと、外部の入力や他のプロセスの結果を待つことなく、特定の条件で処理を一時停止し、条件が満たされたときに再開することができます。

これにより、非常に複雑な動作を持つシステムでも、シンプルかつ効率的に動作を制御することが可能となります。

このコードが動作すると、実際にはプログラムは外部信号sigの値を監視し続け、それが1になるのを待ちます。

そして、sigが1になった瞬間、待ち状態から脱出して、その後の処理を再開します。

これは非常に便利な方法であり、例えばセンサからの入力やユーザーからの操作を待つような場面で役立ちます。

もちろん、待機条件はこの例のようなシンプルなものだけでなく、もっと複雑な条件を組み合わせて使用することも可能です。

VHDLのwait文は、その柔軟性と強力な機能により、様々なシチュエーションでの制御に非常に役立ちます。

特に、外部の変数や条件に依存する動作を持つシステムの設計において、このwait文のカスタマイズは欠かせない機能となっています。

●高度な応用例

VHDLのwait文は、その基本的な使用方法だけでなく、さまざまな高度な応用例を持っています。

ここでは、繰り返しの処理、非同期処理、外部デバイスとの連携、そしてエラーハンドリングに関するwait文の使用例を紹介します。

○サンプルコード7:繰り返しとwait文の組み合わせ

このコードでは、繰り返し処理とwait文を組み合わせる方法を表しています。

この例では、特定の条件が満たされるまで繰り返しwait文を実行しています。

process
begin
    for i in 1 to 10 loop
        -- 何らかの処理
        wait for 10 ns; -- 10 ns毎に待機
    end loop;
end process;

上記のコードを実行すると、10回のループ内で10nsごとに待機が行われます。

○サンプルコード8:非同期処理とwait文の組み合わせ

このコードでは、非同期処理とwait文を組み合わせて使用する方法を表しています。

非同期処理は、主要な処理の流れを止めずにバックグラウンドでの実行を行う方法を指します。

process
begin
    -- 何らかの非同期処理
    wait until asynchronous_signal = '1'; -- 非同期シグナルが1になるまで待機
    -- その後の処理
end process;

非同期シグナルが1になるまで、次の処理が開始されません。

○サンプルコード9:外部デバイスとの連携

VHDLのwait文を利用して、外部デバイスとの連携を行う方法を紹介します。

この例では、外部デバイスからの信号を待って、それに基づいて処理を実行しています。

process
begin
    wait until external_device_signal = '1'; -- 外部デバイスからの信号を待機
    -- 外部デバイスとの連携に関する処理
end process;

外部デバイスからの信号が1になった時点で、連携に関する処理が開始されます。

○サンプルコード10:wait文を使用したエラーハンドリング

エラーハンドリングは、システムの安全性や信頼性を向上させるために不可欠なものです。

このコードでは、wait文を使用してエラーの発生を検知し、適切な処理を実行する方法を表しています。

process
begin
    -- 何らかの処理
    wait until error_signal = '1'; -- エラーシグナルを検知
    -- エラーが検知された場合の処理
end process;

エラーシグナルが1となると、エラー処理が開始されます。

これらの高度な応用例を理解し、適切に利用することで、VHDLを使用したシステム設計がより柔軟で効果的になります。

まとめ

VHDLのwait文は、単なる待機処理を超え、さまざまな応用例を持っています。

この記事では、VHDLのwait文の高度な応用例を中心に、繰り返し処理や非同期処理、外部デバイスとの連携、そしてエラーハンドリングにおけるwait文の使用法を解説しました。

繰り返し処理では、特定の条件が満たされるまで繰り返しwait文を実行する方法を紹介。

非同期処理との組み合わせでは、主要な処理の流れを止めずにバックグラウンドでの実行を行う方法を取り上げました。

また、外部デバイスとの連携では、特定の信号を待つことで、外部デバイスとの連携を確立する方法を解説しました。

最後に、エラーハンドリングにおいては、wait文を使用してエラーの発生を検知し、適切な対処を行う方法を紹介しました。

これらの知識を活用することで、VHDLを使用したシステム設計がより柔軟で効果的に行えることを強調したいと思います。

この記事が、VHDLのwait文の深い理解とその実践的な利用に役立つことを願っています。