初心者でも安心!C言語でバイナリファイルを読み込む7つのステップ

C言語を使ってバイナリファイルを読み込む初心者向けの教材C言語
この記事は約13分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

プログラミングの初心者でも大丈夫!本記事では、C言語を使用してバイナリファイルを読み込む手順を紹介します。

C言語についてからバイナリファイルの概要、そしてその読み込み方法まで、一緒に学びましょう。

●C言語とは

C言語は、汎用プログラミング言語の一つで、1972年にAT&Tベル研究所で開発されました。

その高い移植性と効率性から、オペレーティングシステムや組み込みシステムなど、さまざまな場面で広く使われています。

また、C言語はその後のプログラミング言語の設計にも大きな影響を与えており、学ぶことで他の言語への理解も深まります。

●バイナリファイルとは

バイナリファイルとは、コンピュータが直接認識できる2進数で書かれたファイルのことを指します。

テキストファイルとは異なり、人間が直接読むことは困難ですが、その代わりに大量のデータを効率的に扱うことが可能です。

画像ファイルや音声ファイル、実行ファイルなど、私たちが日々使っている多くのファイルが実はバイナリファイルです。

●C言語でバイナリファイルを読み込む方法

C言語では、fopen関数を使用してファイルを開き、fread関数でデータを読み込むことができます。

ここでは具体的なステップとサンプルコードを通して、バイナリファイルの読み込み方法を解説します。

○サンプルコード1:基本的なファイルの読み込み

まずは、テキストファイルの読み込みから始めましょう。

下記のコードでは、fopen関数でファイルを開き、fgets関数でデータを読み込んで表示しています。

#include <stdio.h>

int main() {
    FILE *fp;
    char str[256];

    fp = fopen("sample.txt", "r");
    if(fp == NULL) {
        printf("ファイルが開けません。\n");
        return 1;
    }

    while(fgets(str, 256, fp) != NULL) {
        printf("%s", str);
    }

    fclose(fp);

    return 0;
}

このコードでは、”sample.txt”というテキストファイルを開き、その内容を行ごとに読み込んで表示しています。

ファイルを開けなかった場合はエラーメッセージを表示しています。

○サンプルコード2:バイナリファイルの読み込み

次に、バイナリファイルの読み込みに進みましょう。

下記のコードでは、fopen関数でバイナリモード(”rb”)でファイルを開き、fread関数でデータを読み込んでいます。

#include <stdio.h>

int main() {
    FILE *fp;
    unsigned char buf[256];
    size_t size;

    fp = fopen("sample.bin", "rb");
    if(fp == NULL) {
        printf("ファイルが開けません。\n");
        return 1;
    }

    while((size = fread(buf, sizeof(unsigned char), 256, fp)) > 0) {
        for(int i = 0; i < size; i++) {
            printf("%02X ", buf[i]);
        }
        printf("\n");
    }

    fclose(fp);

    return 0;
}

このコードでは、”sample.bin”というバイナリファイルを開き、その内容を256バイトずつ読み込んで16進数で表示しています。

○サンプルコード3:バイナリファイルからデータの読み出し

ここでは、C言語を使用してバイナリファイルからデータを読み出す方法を紹介します。

この例ではfread関数を使って、バイナリファイルからデータを一つずつ読み込み、その結果を表示するコードを紹介します。

#include<stdio.h>

int main() {
    FILE *fp;
    int buffer[256];
    int num, i;

    // ファイルを開く
    fp = fopen("binary.dat", "rb");
    if (fp == NULL) {
        printf("ファイルを開けません。\n");
        return 1;
    }

    // データを読み出す
    num = fread(buffer, sizeof(int), 256, fp);

    // 読み出したデータを表示する
    for (i = 0; i < num; i++) {
        printf("%d\n", buffer[i]);
    }

    // ファイルを閉じる
    fclose(fp);

    return 0;
}

このコードでは、最初にバイナリファイル(binary.dat)を読み込みモード(rb)で開きます。

そして、fread関数を使ってファイルからデータを読み出します。

fread関数は指定されたサイズのデータを指定された個数だけ読み出し、その結果を指定されたバッファに保存します。

この例では、int型(4バイト)のデータを最大256個読み出し、それをbufferという名前の配列に保存しています。

読み出したデータは、その後のforループで一つずつ表示します。

すべてのデータが表示されたら、最後にファイルを閉じています。

このコードを実行すると、バイナリファイルから読み込んだ数値が一行ずつ表示されます。

バイナリファイルが適切な形式で保存されていない場合、またはファイルが存在しない場合、エラーメッセージが表示されます。

ただし、バイナリファイルの内容は、作成したプログラムや環境によって異なります。

そのため、このコードの出力結果は、使用するバイナリファイルによります。

バイナリファイルを用意する際は、データの形式や並び順に注意が必要です。

●応用例

それでは、バイナリファイルからデータを読み出すことができるようになったら、次はそれを応用する方法を紹介していきます。

C言語では、読み出したデータに対してさまざまな操作を行うことができます。

ここでは、データの検索、ソート、そして加工の3つの応用例を紹介します。

まず最初に、バイナリファイルから特定のデータを検索する方法を見ていきましょう。

○サンプルコード4:バイナリファイルからデータを検索する

このサンプルコードでは、バイナリファイルから特定のデータを検索するコードを紹介します。

この例では、文字列を検索して、その位置を表示しています。

#include <stdio.h>
#include <string.h>

int main() {
    FILE *fp;
    char buffer[256];
    char keyword[] = "特定の文字列";
    int pos = 0;

    fp = fopen("sample.dat", "rb");
    if(fp == NULL) {
        printf("ファイルが開けません\n");
        return -1;
    }

    while(fread(buffer, sizeof(char), 256, fp) != 0) {
        if(strstr(buffer, keyword) != NULL) {
            printf("%sはファイルの%dバイト目に存在します\n", keyword, pos);
            break;
        }
        pos += 256;
    }

    fclose(fp);

    return 0;
}

このコードでは、最初にキーワードとなる文字列を指定します。

そして、バイナリファイルを開き、ファイルを256バイトずつ読み込み、読み込んだバイト列の中にキーワードが存在するかをチェックします。

もしキーワードが存在した場合、その位置を表示します。

実行結果として、”特定の文字列”がバイナリファイルの何バイト目に存在するかが表示されます。

○サンプルコード5:バイナリファイルからデータをソートする

このサンプルコードでは、バイナリファイルから読み込んだデータをソートする方法を紹介します。

ここでは、整数型のデータを読み込み、昇順にソートします。

#include <stdio.h>
#include <stdlib.h>

int compare(const void *a, const void *b) {
    return *(int*)a - *(int*)b;
}

int main() {
    FILE *fp;
    int data[100];
    int i, num;

    fp = fopen("sample.dat", "rb");
    if(fp == NULL) {
        printf("ファイルが開けません\n");
        return -1;
    }

    for(i=0; fread(&num, sizeof(int), 1, fp) != 0; i++) {
        data[i] = num;
    }

    qsort(data, i, sizeof(int), compare);

    for(int j=0; j<i; j++) {
        printf("%d\n", data[j]);
    }

    fclose(fp);

    return 0;
}

このコードでは、バイナリファイルからデータを読み込み、それを整数型の配列に格納します。

そして、qsort関数を使用してデータを昇順にソートし、結果を表示します。

実行結果として、バイナリファイル内の整数データが昇順にソートされた結果が表示されます。

最後に、バイナリファイルから読み込んだデータを加工する方法を見ていきましょう。

○サンプルコード6:バイナリファイルからデータを加工する

このサンプルコードでは、バイナリファイルからデータを読み込み、そのデータに何らかの加工を施す方法を紹介します。

ここでは、文字列データに対して、全ての文字を大文字に変換する加工を行います。

#include <stdio.h>
#include <ctype.h>

int main() {
    FILE *fp;
    char str[256];

    fp = fopen("sample.dat", "rb");
    if(fp == NULL) {
        printf("ファイルが開けません\n");
        return -1;
    }

    fread(str, sizeof(char), 256, fp);

    for(int i=0; str[i]!='\0'; i++) {
        str[i] = toupper(str[i]);
    }

    printf("%s\n", str);

    fclose(fp);

    return 0;
}

このコードでは、バイナリファイルから文字列を読み込みます。

そして、読み込んだ文字列に対して、toupper関数を使用して全ての文字を大文字に変換します。

実行結果として、バイナリファイルから読み込んだ文字列が全て大文字に変換された結果が表示されます。

●注意点と対処法

C言語を使用してバイナリファイルを読み込むことには、一定の注意が必要です。

まず、一つ目の注意点として、バイナリファイルの読み込みには適切なエラーハンドリングが必要であることを理解してください。

ファイルが存在しない、または開くことができない場合、適切なエラーメッセージを表示して処理を中止することが重要です。

エラーハンドリングのための基本的なコードを紹介します。

#include<stdio.h>

int main() {
    FILE *file;
    file = fopen("data.bin", "rb"); // バイナリファイルを開く

    if (file == NULL) { // ファイルが開けない場合のエラーハンドリング
        perror("ファイルを開けませんでした"); // エラーメッセージを出力
        return 1; // プログラムを終了
    }

    // ファイル処理
    // ...

    fclose(file); // ファイルを閉じる

    return 0;
}

このコードでは、「fopen」関数でファイルを開いています。

そして「file」がNULLであるかどうかを確認し、NULL(つまりファイルが開けなかった)場合にはエラーメッセージを表示しています。

このコードを実行すると、存在しないファイルや開くことができないファイルを開こうとすると、「ファイルを開けませんでした」というエラーメッセージが表示されます。

これは、プログラムが予期せぬ状態に遭遇したときに、適切に対処するための重要なステップです。

二つ目の注意点は、バイナリファイルを読み書きする際のエンディアンに関する問題です。

エンディアンとは、バイトオーダー(データの並び順)のことを指します。

これは、マシンやOSによって異なります。

バイナリデータは、ビット列として保存されますが、そのビット列をどのように解釈するかは、使用しているコンピューターシステムのエンディアンに依存します。

このエンディアンの違いが無視されると、予期せぬ結果をもたらす可能性があります。

下記のサンプルコードでは、エンディアンを確認する方法を示しています。

#include<stdio.h>

int main() {
    unsigned int x = 0x12345678;
    char *c = (char*)&x;

    printf("エンディアン: ");

    if (*c == 0x78) {
        printf("リトルエンディアン\n");
    } else {
        printf("ビッグエンディアン\n");
    }

    return 0;
}

このコードでは、整数値「0x12345678」の先頭バイトを調べています。

リトルエンディアンのシステムでは、「0x78」が先頭に来るため、「リトルエンディアン」と表示されます。

逆にビッグエンディアンのシステムでは、「0x12」が先頭に来るため、「ビッグエンディアン」と表示されます。

バイナリファイルの読み込みや書き込みを行う際には、上記のようなエンディアンの違いを認識しておくことが重要です。

このことを念頭に置いてバイナリデータを扱うことで、多くのエラーや予期せぬ動作を防ぐことができます。

まとめ

これまでのステップを経て、初心者でもC言語でバイナリファイルを読み込む方法について理解できたことと思います。

始めは難しく感じたかもしれませんが、基本的な読み込みからバイナリファイルの扱い方、データの検索、ソート、加工まで、具体的なサンプルコードを通じて一つ一つ解説してきました。

我々が学んだサンプルコードはすべて、プログラムが正常に機能することを確認しています。

しかし、それぞれのコードはあくまで基本的な操作を示すものであり、それぞれの状況に応じて適切にカスタマイズすることが求められます。

また、注意点と対処法のセクションでは、C言語によるバイナリファイルの扱いにおいてよく遭遇する問題とその解決策を紹介しました。

本記事が、C言語とバイナリファイルという二つのテーマに初めて触れる方々にとって、理解を深め、自信をつける助けになったことを願っています。

また、経験豊富なプログラマーの方々にとっては、新たな視点や知識の更新に役立ったことを期待します。