VHDLでパラメータを使いこなす10の方法

VHDLのパラメータを効果的に使う方法を学ぶVHDL
この記事は約18分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

VHDLは、電子設計自動化(EDA)の分野で使用されるハードウェア記述言語の一つであり、電子回路やデジタルシステムの設計と検証に使用されます。

特に、複雑な集積回路やFPGAの設計に欠かせないツールとなっています。

この記事では、VHDLにおける「パラメータ」の使い方を中心に、初心者にも分かりやすく解説します。

パラメータは、VHDLでの設計効率を大幅に向上させる強力なツールとなるため、その使いこなしをマスターすることで、より高度な設計が可能となります。

パラメータの設定やカスタマイズ、さらには応用例など、具体的な10のサンプルコードを通じて、この記事を読み終わる頃には、VHDLのパラメータを効果的に使いこなすテクニックを身につけることができるでしょう。

●VHDLとは

VHDLは、Very High-Speed Integrated Circuit Hardware Description Languageの略で、デジタルシステムの動作を記述するための言語です。

この言語を使用することで、回路の設計から検証までを効率的に進めることが可能となります。

VHDLには、その性質上、多くの特性や機能が盛り込まれており、中でも「パラメータ」は、回路の柔軟性や再利用性を向上させるための重要な要素となっています。

●パラメータとは

VHDLの設計において、同じ機能を持つモジュールを異なる条件や仕様で複数回利用したい場合が多々あります。

このような時、一つ一つのモジュールを個別に記述するのは非常に手間がかかる上、メンテナンスも困難です。

こうした問題を解決するのが「パラメータ」です。

パラメータは、VHDLのモジュールやエンティティの動作を柔軟に制御するための変数や定数のようなものと考えることができます。

これにより、同じ設計を異なる条件で繰り返し使用することが容易となり、設計の再利用性が大幅に向上します。

○パラメータの役割と重要性

パラメータは、モジュールの内部動作や外部との接続方法を制御するための手段として使用されます。

例えば、あるモジュールが持つデータのビット幅や、処理の動作周波数、さらには内部ロジックの動作モードなど、様々な要素をパラメータとして外部から設定することが可能です。

このため、パラメータを効果的に使用することで、設計の柔軟性や再利用性、そして設計の効率が大幅に向上します。

●パラメータの使い方

VHDLの設計でパラメータを使用することは、柔軟な回路の設計や再利用を実現する上で非常に役立ちます。

特に、一度定義したコンポーネントをさまざまな状況や条件で再利用する際に、パラメータを活用することで設計の効率を大幅に向上させることができます。

○サンプルコード1:基本的なパラメータの設定

このコードではVHDLのエンティティ内でパラメータを定義して、そのパラメータを使って信号のビット幅を設定する例を表しています。

この例では、パラメータBIT_WIDTHを8に設定して、8ビット幅の信号を生成しています。

entity SampleEntity is
    generic (BIT_WIDTH: integer := 8);
    port (
        data_in  : in  std_logic_vector(BIT_WIDTH-1 downto 0);
        data_out : out std_logic_vector(BIT_WIDTH-1 downto 0)
    );
end SampleEntity;

architecture Behavior of SampleEntity is
begin
    data_out <= data_in;
end Behavior;

上記のコードにより、BIT_WIDTHの値を変更するだけで、信号のビット幅を簡単に変更することができます。

○サンプルコード2:複数のパラメータを設定する

次に、複数のパラメータを同時に設定する方法を見てみましょう。

このコードでは、入力と出力のビット幅を別々に設定しています。

entity MultiParameterEntity is
    generic (
        INPUT_WIDTH  : integer := 8;
        OUTPUT_WIDTH : integer := 16
    );
    port (
        data_in  : in  std_logic_vector(INPUT_WIDTH-1 downto 0);
        data_out : out std_logic_vector(OUTPUT_WIDTH-1 downto 0)
    );
end MultiParameterEntity;

architecture Behavior of MultiParameterEntity is
begin
    data_out <= data_in & "00000000";
end Behavior;

このコードでは、data_inを8ビット、data_outを16ビットとして扱っており、data_inのデータをdata_outに接続する際、下位8ビットに0を追加しています。

○サンプルコード3:条件に応じてパラメータを変更する

パラメータの値に応じて、異なる動作をする例を紹介します。

この例では、MODEというパラメータを使って、加算と減算の動作を切り替えています。

entity ModeControlEntity is
    generic (
        MODE : string := "ADD"
    );
    port (
        a, b   : in  std_logic_vector(7 downto 0);
        result : out std_logic_vector(7 downto 0)
    );
end ModeControlEntity;

architecture Behavior of ModeControlEntity is
begin
    process(a, b)
    begin
        if MODE = "ADD" then
            result <= a + b;
        else
            result <= a - b;
        end if;
    end process;
end Behavior;

この例では、MODEが”ADD”のときは加算、それ以外のときは減算の動作をします。

MODEの値を変更することで動作を切り替えることができます。

●パラメータの応用例

VHDLのパラメータは、ただ単に値を代入するだけでなく、設計フローの中で多岐にわたる役割を果たします。

具体的な応用例をいくつかのサンプルコードを通じて解説していきます。

○サンプルコード4:パラメータを使ったモジュールの生成

このコードでは、VHDLのパラメータを使用して、動的にモジュールを生成する方法を表しています。

この例では、異なるパラメータ値に基づいて異なるモジュールを生成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity param_module is
  generic (PARAM_WIDTH: integer := 8);
  port (
    A: in std_logic_vector(PARAM_WIDTH-1 downto 0);
    B: out std_logic_vector(PARAM_WIDTH-1 downto 0)
  );
end param_module;

architecture Behavior of param_module is
begin
  B <= A;
end Behavior;

ここでは、genericを使用してパラメータPARAM_WIDTHを定義しています。

また、このパラメータによって、ポートABの幅が動的に変わります。

このコードを実行すると、PARAM_WIDTHに設定したビット幅の入力Aと出力Bを持つモジュールが生成されます。

○サンプルコード5:パラメータを利用した演算処理

VHDLのパラメータを活用して、動的なビット幅での演算を行う方法を表すサンプルコードを紹介します。

この例では、入力のビット幅に応じて、加算を行います。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;

entity param_adder is
  generic (ADD_WIDTH: integer := 4);
  port (
    A, B: in std_logic_vector(ADD_WIDTH-1 downto 0);
    SUM: out std_logic_vector(ADD_WIDTH-1 downto 0)
  );
end param_adder;

architecture Behavior of param_adder is
begin
  SUM <= A + B;
end Behavior;

このコードでは、ADD_WIDTHというパラメータを使用して、入力ABおよび出力SUMのビット幅を動的に変更できるようにしています。

また、ポートのビット幅が変わっても、SUMの計算は正常に行われます。

このコードを適用すると、指定したビット幅での加算器が生成され、それに応じての演算結果が得られます。

○サンプルコード6:動的なパラメータの設定と適用

パラメータを外部から動的に設定し、その値に応じてモジュールの動作を変更する方法を表すコードを紹介します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity dynamic_param is
  port (
    DYNAMIC_WIDTH: in integer;
    A: in std_logic_vector(15 downto 0);
    B: out std_logic_vector(15 downto 0)
  );
end dynamic_param;

architecture Behavior of dynamic_param is
begin
  B <= A(DYNAMIC_WIDTH-1 downto 0) & "0000";
end Behavior;

このコードでは、外部から入力されるDYNAMIC_WIDTHの値に基づき、Aの指定された部分のビットだけを出力Bに渡します。

また、出力Bの残りのビットは0で埋められます。

この方法を用いると、外部からの入力値に応じて、動的にモジュールの動作を変更することができます。

特定の部分のビットを取得する場合などに非常に役立ちます。

●注意点と対処法

○パラメータの上限・下限について

VHDLのパラメータは非常に便利なツールとして知られていますが、その使用にはいくつかの注意点があります。

まず、パラメータに設定可能な値の上限と下限に関してです。各データ型には固有の上限値や下限値が存在します。

この範囲を超える値を設定すると、意図しない動作やエラーが発生する可能性があります。

このコードでは、パラメータの上限値と下限値を表す簡単な例を表しています。

この例では、整数型のパラメータを定義し、その上限と下限を確認しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity parameter_example is
    generic(
        param_integer: integer := 0
    );
end entity;

architecture behavior of parameter_example is
begin
    process
    begin
        assert param_integer <= INTEGER'high and param_integer >= INTEGER'low
        report "パラメータが設定範囲を超えています!"
        severity error;
    end process;
end architecture;

上記のコードを解析した結果、param_integerが整数型の範囲内であれば問題なく動作します。

しかし、設定されたパラメータが整数型の範囲を超えると、エラーメッセージが出力されます。

○パラメータの型の注意点

VHDLには様々なデータ型があります。

パラメータのデータ型を適切に選択することは、意図した動作を達成するために非常に重要です。

例えば、真偽値を持つパラメータを設定する場合、boolean型を選択する必要があります。

このコードでは、boolean型のパラメータを使用して、真偽値に基づいてLEDを点滅させる例を表しています。

この例では、パラメータparam_ledがtrueであればLEDが点灯し、falseであればLEDが消灯します。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity led_control is
    port(
        led_out: out std_logic
    );
    generic(
        param_led: boolean := true
    );
end entity;

architecture behavior of led_control is
begin
    process
    begin
        if param_led = true then
            led_out <= '1'; -- LED点灯
        else
            led_out <= '0'; -- LED消灯
        end if;
    end process;
end architecture;

上記のコードを使用すると、param_ledの値に応じて、LEDの動作が変わります。

真偽値を扱う場合は、boolean型のパラメータを使用することで、シンプルに制御を行うことができます。

●カスタマイズ方法

VHDLのパラメータは、その設定方法や利用の仕方に応じて、さまざまなカスタマイズが可能です。

特に実際の回路設計やシミュレーション時には、個別のニーズに応じてパラメータをカスタマイズすることが求められることも多いです。

ここでは、そのカスタマイズ方法をいくつかのサンプルコードを交えて詳しく紹介していきます。

○サンプルコード7:カスタムパラメータの作成と適用

このコードでは、新たにカスタムパラメータを作成し、それを利用して動作を制御する例を表しています。

この例では、カスタムパラメータを定義して特定の処理を選択しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity custom_parameter_example is
    Generic ( MY_PARAM : integer := 10 ); -- カスタムパラメータの定義
    Port ( A : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end custom_parameter_example;

architecture Behavioral of custom_parameter_example is
begin
    process(A)
    begin
        if MY_PARAM = 10 then
            B <= A + "00000001";  -- 1を加算
        else
            B <= A - "00000001";  -- 1を減算
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、MY_PARAMというカスタムパラメータを作成し、その値に応じて加算処理か減算処理を選択しています。

このように、パラメータを用いて様々な動作の切り替えを行うことができます。

カスタムパラメータを適用した結果、MY_PARAMが10の時には1を加算し、それ以外の時には1を減算する動作が実現されます。

○サンプルコード8:既存のパラメータをカスタマイズする

このコードでは、既存のパラメータの値を変更して、その結果を確認する例を表しています。

この例では、先ほどのカスタムパラメータの値を変更して、異なる動作を得ることを表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity modify_parameter_example is
    Generic ( MY_PARAM : integer := 15 ); -- パラメータの値を変更
    Port ( A : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end modify_parameter_example;

architecture Behavioral of modify_parameter_example is
begin
    process(A)
    begin
        if MY_PARAM = 15 then
            B <= A + "00000010";  -- 2を加算
        else
            B <= A - "00000010";  -- 2を減算
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、先ほどのカスタムパラメータの値を15に変更しています。

その結果、MY_PARAMが15の時には2を加算し、それ以外の時には2を減算する動作が実現されます。

○サンプルコード9:パラメータの組み合わせて複雑な動作をするモジュールの作成

このコードでは、複数のパラメータを組み合わせて、より複雑な動作を持つモジュールを作成する例を表しています。

この例では、2つのパラメータを用いて、異なる処理を選択することを表しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;



entity complex_parameter_module is
    Generic ( PARAM1 : integer := 10;
              PARAM2 : integer := 5 ); -- 2つのパラメータを定義
    Port ( A : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           B : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end complex_parameter_module;

architecture Behavioral of complex_parameter_module is
begin
    process(A)
    begin
        if PARAM1 = 10 then
            B <= A + PARAM2;  -- PARAM2の値を加算
        else
            B <= A - PARAM2;  -- PARAM2の値を減算
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このコードでは、PARAM1PARAM2の2つのパラメータを組み合わせて動作を制御しています。

このように、複数のパラメータを組み合わせることで、より柔軟な動作のカスタマイズが可能になります。

2つのパラメータを組み合わせた結果、PARAM1が10の時にはPARAM2の値(この例では5)を加算し、それ以外の時にはPARAM2の値を減算する動作が実現されます。

○サンプルコード10:外部からの入力をパラメータとして利用する

このコードでは、外部からの入力値をパラメータとして利用し、それに基づいて動作を変更する例を表しています。

この例では、外部から与えられた値を基に加算や減算の処理を行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity external_input_parameter is
    Port ( A : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0);
           PARAM : in STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0); -- 外部入力のパラメータ
           B : out STD_LOGIC_VECTOR(7 downto 0) );
end external_input_parameter;

architecture Behavioral of external_input_parameter is
begin
    process(A, PARAM)
    begin
        if PARAM = "00000010" then
            B <= A + "00000001";  -- 1を加算
        else
            B <= A - "00000001";  -- 1を減算
        end if;
    end process;
end Behavioral;

このサンプルコードでは、外部から与えられるPARAMという入力をパラメータとして利用しています。

このPARAMの値に応じて、加算処理か減算処理を選択することができます。

外部からの入力PARAMを利用した結果、PARAMが”00000010″の時には1を加算し、それ以外の時には1を減算する動作が実現されます。

まとめ

VHDLとは、ハードウェア記述言語であり、その中でのパラメータは、特定のモジュールやコンポーネントの動作を調整するための重要な要素です。

この記事では、パラメータの役割とその重要性を明確にし、基本的な使い方から複数のパラメータの設定、動的な設定やカスタマイズ方法についても触れています。

さらに、10の具体的なサンプルコードを通じて、初心者でも分かるような方法で、パラメータの設定やその応用例を学ぶことができます。

注意点や対処法も提供されており、効果的なパラメータの使用方法をしっかりと学べる内容となっています。

この記事が参考になりましたら幸いです。