VHDLパッケージ作成の全手順10選

VHDLパッケージ作成の初心者向けガイド VHDL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスはSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラム(回路記述)の基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

近年、デジタル回路設計の分野においてVHDLが盛んに使用されています。

特に、大規模なデザインや高度な機能を持つデザインを実現するためには、適切な構造化や再利用が必要です。

その際に役立つのが「パッケージ」という概念です。VHDLにおけるパッケージは、関連する定義や宣言をまとめて再利用や共有を容易にする仕組みです。

この記事では、VHDLでのパッケージ作成を初心者の方でも簡単に理解して取り組むことができるよう、10の手順を通して詳しく解説します。

サンプルコードを交えながら、パッケージの基本から応用、そしてカスタマイズのコツまでを学んでいきます。

VHDLパッケージ作成の初心者向けガイドとして、この記事があなたのデジタル回路設計のスキルアップに役立てれば幸いです。

●VHDLとは

VHDL(VHSIC Hardware Description Language)は、米国防総省が主導して開発したデジタル回路の記述言語です。

ハードウェアの動作や構造を記述するための言語であり、FPGAやASICの設計に広く使用されています。

○VHDLの基本概念

VHDLでは、エンティティ、アーキテクチャ、プロセスなどの基本的な概念を持っています。

  • エンティティ(Entity):ハードウェアの外部インターフェースを記述します。
  • アーキテクチャ(Architecture):エンティティの内部動作や構造を記述します。
  • プロセス(Process):順序制御を行う部分を記述します。

これらの基本概念を理解することで、VHDLにおけるデザインの流れや構造が明確になります。

●パッケージの概要

○パッケージとは

パッケージは、VHDLの中で再利用したい型やサブプログラム、定数などの宣言をまとめたものです。

これにより、一つの場所に共通の宣言を集め、それを他のエンティティやアーキテクチャから参照することができます。

このコードでは、基本的なパッケージの宣言を表しています。

この例では、数値を扱うための型や、基本的な算術演算を行う関数を定義しています。

package my_package is
  -- 型の宣言
  type number_array is array (0 to 9) of integer;

  -- 関数の宣言
  function add(a: integer; b: integer) return integer;
end my_package;

このように、パッケージ内には関連する宣言や定義をまとめることができます。

この後、他の部分からこのパッケージを利用する場面で、このパッケージ内の型や関数を利用することができます。

このような利用の一例として、次のコードを見てみましょう。

use work.my_package.all;

entity sample_entity is
end sample_entity;

architecture sample_arch of sample_entity is
begin
  process
    variable a, b, c : integer;
  begin
    a := 5;
    b := 7;
    c := add(a, b);  -- my_package内の関数を使用
    assert c = 12 report "Error in addition!" severity error;
  end process;
end sample_arch;

このコードでは、先ほど定義したadd関数を使って、変数aとbの和を計算しています。

このように、一度パッケージで定義した内容は他の場所で容易に再利用することができます。

パッケージの力を十分に活用することで、設計の効率化や再利用性の向上、また保守性の向上など、多くのメリットが得られます。

次に、パッケージがもたらす具体的なメリットについて解説していきます。

○パッケージのメリット

パッケージを使用することの主なメリットは次のとおりです。

  1. 再利用性の向上:共通の定義や機能をパッケージにまとめることで、それを必要な場所で簡単に再利用することができます。
  2. 設計の効率化:似たような機能や定義が散在することなく、一元的に管理できるため、設計の効率が大きく向上します。
  3. 保守性の向上:パッケージ内の変更は、そのパッケージを利用している全ての場所に反映されるため、変更箇所が局所化され、保守が容易になります。

●パッケージの作成手順

VHDLでの設計を行う上で、再利用性や保守性を高めるためには、パッケージの定義と利用が欠かせません。

ここでは、パッケージを作成する手順を詳しく解説していきます。

○サンプルコード1:基本的なパッケージの定義

このコードでは、VHDLで最も基本的なパッケージの定義を行います。

この例では、数値操作に関連する関数や定数をまとめたパッケージを定義しています。

-- パッケージの定義
package BasicPackage is
    constant MAX_VALUE: integer := 100; -- 最大値の定数
    function add(a: integer; b: integer) return integer; -- 足し算関数
end BasicPackage;

-- パッケージの実装部
package body BasicPackage is
    function add(a: integer; b: integer) return integer is
    begin
        return a + b;
    end function;
end BasicPackage;

コメントで示したように、上記のコードは「BasicPackage」という名前のパッケージを定義しています。

このパッケージには、MAX_VALUEという定数と、2つの整数を引数として取る足し算の関数「add」が含まれています。

このようにパッケージを定義することで、VHDL内で共通して使用される関数や定数を一元的に管理できます。

特に、プロジェクトが大規模になってくると、このようなパッケージの利用は欠かせないものとなります。

○サンプルコード2:関数の定義と使用

このコードでは、パッケージ内で関数を定義し、それを外部から呼び出して利用する方法を表しています。

この例では、2つの整数の掛け算を行う関数をパッケージ内に定義しています。

-- MultiplicationPackageという名前のパッケージ定義
package MultiplicationPackage is
    function multiply(a: integer; b: integer) return integer;
end MultiplicationPackage;

package body MultiplicationPackage is
    function multiply(a: integer; b: integer) return integer is
    begin
        return a * b;
    end function;
end MultiplicationPackage;

-- 上記のパッケージを使用するエンティティ
entity UseMultiply is
end UseMultiply;

architecture Behave of UseMultiply is
    signal result: integer;
begin
    result <= MultiplicationPackage.multiply(5, 4);
end Behave;

「MultiplicationPackage」というパッケージ内に「multiply」という関数を定義しました。

この関数を「UseMultiply」というエンティティ内で呼び出して、5と4の掛け算を行っています。

こちらの例では、エンティティ「UseMultiply」の中で、パッケージ「MultiplicationPackage」内の関数「multiply」を使用して20という結果を得ることができます。

○サンプルコード3:手続きの定義と使用

このコードでは、VHDLの手続きをパッケージ内で定義し、その手続きを外部から呼び出す方法を表しています。

この例では、与えられた2つの整数のうち大きい方の値を返す手続きを作成しています。

-- MaxValuePackageという名前のパッケージ定義
package MaxValuePackage is
    procedure findMax(a: in integer; b: in integer; maxVal: out integer);
end MaxValuePackage;

package body MaxValuePackage is
    procedure findMax(a: in integer; b: in integer; maxVal: out integer) is
    begin
        if a > b then
            maxVal := a;
        else
            maxVal := b;
        end if;
    end procedure;
end MaxValuePackage;

-- 上記のパッケージを使用するエンティティ
entity UseMaxValue is
end UseMaxValue;

architecture Behave of UseMaxValue is
    signal max_result: integer;
begin
    process
    begin
        MaxValuePackage.findMax(15, 20, max_result);
        wait;
    end process;
end Behave;

この例では、手続き「findMax」を使用して、15と20の2つの整数の中で大きい値を変数「max_result」に格納しています。

その結果、変数「max_result」には20という値がセットされます。

○サンプルコード4:カスタム型の定義

このコードでは、VHDLのカスタム型をパッケージ内で定義する方法を表しています。

この例では、RGB値を表すカスタム型を作成しています。

-- RGBPackageという名前のパッケージ定義
package RGBPackage is
    type RGB is record
        R: integer range 0 to 255;
        G: integer range 0 to 255;
        B: integer range 0 to 255;
    end record;
end RGBPackage;

-- 上記のパッケージを使用するエンティティ
entity UseRGB is
end UseRGB;

architecture Behave of UseRGB is
    signal rgb_val: RGBPackage.RGB;
begin
    rgb_val <= (R => 100, G => 150, B => 200);
end Behave;

「RGBPackage」というパッケージ内に、RGB値を表すカスタム型「RGB」を定義しました。

この型を「UseRGB」というエンティティ内で使用して、RGB値を指定しています。

この例において、エンティティ「UseRGB」の中で、RGB値(100, 150, 200)を変数「rgb_val」にセットしています。

●パッケージの応用例

VHDLのパッケージは、複雑な設計プロジェクトで一貫性と再利用性を持つための鍵となる要素です。

それでは、VHDLパッケージの応用例をいくつか示し、それぞれのサンプルコードを交えて解説していきます。

○サンプルコード5:複数のモジュールでの共有

VHDLのパッケージは、複数のモジュール間で型や関数を共有するために使用することができます。

このコードでは、定義したパッケージを別のエンティティで利用して、RGBの値を共有しています。

-- RGBPackage.vhdl
package RGBPackage is
    type RGB is record
        R: integer range 0 to 255;
        G: integer range 0 to 255;
        B: integer range 0 to 255;
    end record;
end RGBPackage;

-- Module1.vhdl
entity Module1 is
end Module1;
architecture Behavior of Module1 is
    use work.RGBPackage.all;
    signal rgb_val: RGB;
begin
    rgb_val <= (R => 100, G => 150, B => 200);
end Behavior;

-- Module2.vhdl
entity Module2 is
end Module2;
architecture Behavior of Module2 is
    use work.RGBPackage.all;
    signal rgb_val2: RGB;
begin
    rgb_val2 <= (R => 50, G => 100, B => 150);
end Behavior;

この例では、RGBPackageというパッケージをModule1とModule2の二つのエンティティで使用しています。

こうすることで、異なるモジュール間でも共通のデータ型や関数を使用することができます。

○サンプルコード6:外部ライブラリの使用

VHDLでは外部のライブラリも利用することができます。

このようなライブラリ内のパッケージを利用することで、設計の再利用や共有が容易になります。

このコードでは、外部のライブラリのパッケージを使用して、特定の機能を呼び出しています。

-- 外部ライブラリとして提供されるExternalLib.vhdl
library ExternalLib;
use ExternalLib.SomePackage.all;

entity ExternalEntity is
end ExternalEntity;
architecture Behavior of ExternalEntity is
    signal example_signal: SomeType; -- SomeTypeは外部ライブラリの型
begin
    example_signal <= someFunction(); -- someFunctionは外部ライブラリの関数
end Behavior;

この例では、外部ライブラリExternalLibのSomePackageというパッケージを使っています。

SomeTypeというデータ型やsomeFunctionという関数は、この外部ライブラリから取り入れて使用しています。

○サンプルコード7:ジェネリックの利用

VHDLのパッケージ作成において、ジェネリックは非常に重要な役割を果たしています。

ジェネリックとは、一言で言えば、設計時に変更可能なパラメータのことを指します。

これにより、一つのコードを書くだけで様々な機能や構成を持つモジュールを生成することが可能となります。

このコードではジェネリックを使って、可変のビット幅を持つ加算器を作成するコードを表しています。

この例では、ビット幅を指定して加算器を生成しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_ARITH.ALL;
use IEEE.STD_LOGIC_UNSIGNED.ALL;

entity Adder is
    generic (WIDTH : integer := 8); -- ジェネリックの定義
    port (
        A : in STD_LOGIC_VECTOR(WIDTH-1 downto 0);
        B : in STD_LOGIC_VECTOR(WIDTH-1 downto 0);
        SUM : out STD_LOGIC_VECTOR(WIDTH-1 downto 0)
    );
end Adder;

architecture Behavioral of Adder is
begin
    SUM <= A + B; -- 加算の操作
end Behavioral;

このサンプルコードの主要部分はジェネリックの定義として、generic (WIDTH : integer := 8);という部分です。

この部分で、ビット幅のデフォルト値として8を指定しています。

しかし、この加算器をインスタンス化する際に異なるビット幅を指定することで、異なるビット幅の加算器を簡単に作成することができます。

例えば、次のようにインスタンス化することで16ビットの加算器を生成できます。

Adder_inst : Adder generic map (16)
    port map (
        A => inputA,
        B => inputB,
        SUM => outputSum
    );

上記のコードを実行した場合、inputAとinputBの2つの16ビットの入力に対して、その和をoutputSumとして出力します。

ジェネリックの利用は、再利用性の高いモジュールを作成する上で非常に効果的です。

特に、異なる構成や機能を持つ複数のモジュールを作成する必要がある場合、ジェネリックを利用することで効率的に設計を進めることができます。

VHDLでのパッケージ作成を学ぶ初心者の方々にとって、ジェネリックの適切な利用方法を習得することは非常に価値があります。

再利用性の高いモジュールの作成により、設計の効率化だけでなく、バグのリスクの低減や品質の向上にも繋がります。

○サンプルコード8:パッケージのテストベンチ作成

VHDLを利用してパッケージを作成する際、そのパッケージが正しく動作しているかを確認するための「テストベンチ」が必要となります。

テストベンチは、設計した回路やパッケージが予期した動作をするかをシミュレーションで確認するためのものであり、設計の正確性を保証するための重要なステップです。

このコードでは、先に作成したパッケージを利用して、テストベンチを作成する方法を表しています。

この例では、パッケージ内の関数や手続きを呼び出して、その結果を検証しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use work.あなたのパッケージ名.ALL; -- ここに実際のパッケージ名を指定

entity TestBench is
end TestBench;

architecture sim of TestBench is
signal test_signal : std_logic;
begin
    process
    begin
        test_signal <= あなたの関数名; -- ここでパッケージの関数を呼び出し
        wait for 10 ns;
        assert (test_signal = '1') report "テスト失敗" severity failure; 
        wait;
    end process;
end sim;

この例では、パッケージから関数を呼び出し、その結果をtest_signalに代入しています。

そして、assert文を使って結果を検証しています。

もし関数の結果が’1’ではなかった場合、”テスト失敗”というメッセージが出力され、シミュレーションが終了します。

実際にこのテストベンチを実行すると、関数の結果が’1’である場合は何も出力されず、異なる場合は”テスト失敗”というメッセージが表示されることが期待されます。

この方法で、複数のテストケースを追加して、パッケージ全体の動作を確認することができます。

●注意点と対処法

VHDLのパッケージ作成において、プログラムの品質や実行の安定性を保つために注意すべきポイントと、それらの問題に対する対処法を詳しく説明します。

ここでは、初心者が陥りがちなトラブルや、より高度なプログラムを作成する際のハマりポイントを中心に取り上げています。

○予約語の回避方法

VHDLには多くの予約語が存在し、これらの単語を変数名や関数名として使用することはできません。

例として、”begin”, “end”, “process” などが挙げられます。

これらの単語を使用してしまうと、コンパイルエラーが発生します。

このコードでは、予約語を変数名として使用してしまった例を表しています。

この例では、”begin”という予約語を変数として使用しようとしています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity SampleEntity is
end SampleEntity;

architecture Behavior of SampleEntity is
    signal begin: std_logic; -- ここでエラーが発生
begin
end Behavior;

この問題を解決するためには、予約語を回避するように心掛けることが必要です。

具体的な方法としては、変数名や関数名の前にアンダースコアを付ける、意味のある接頭辞や接尾辞を追加するなどが考えられます。

○バージョン間の互換性問題

VHDLのバージョンによって、利用できる機能や記述方法が変わることがあります。

例えば、VHDL-93とVHDL-2008では、いくつかの新しい機能が追加されています。

これにより、新しいバージョンの環境で古いコードを実行する際や、逆に古いバージョンの環境で新しいコードを実行する際に問題が生じることがあります。

このコードでは、VHDL-2008で追加された”all”というキーワードを使った例を表しています。

この例では、すべてのビットを反転させる操作を行っています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

entity Inverter is
    Port ( input : in  std_logic_vector(7 downto 0);
           output : out std_logic_vector(7 downto 0));
end Inverter;

architecture Behavior of Inverter is
begin
    process(input)
    begin
        output <= not all; -- VHDL-2008での新機能
    end process;
end Behavior;

VHDL-93の環境では、このコードはコンパイルエラーとなります。

そのため、実行環境のバージョンに応じてコードを修正するか、特定のバージョンに依存しない記述方法を選択することが必要です。

●カスタマイズのコツ

次に、VHDLのパッケージ作成をさらに高度にカスタマイズするためのコツをいくつか紹介します。

これらのテクニックを取り入れることで、より効率的かつ独自のプログラムを実現することが可能となります。

○サンプルコード9:カスタムライブラリの作成

ライブラリは、再利用可能なコードの集合体です。

自身で頻繁に使用する機能や、特定のプロジェクト間で共有したい機能をライブラリとして定義することで、コードの再利用性や保守性が向上します。

このコードでは、独自の数学関数を含むカスタムライブラリを作成する例を表しています。

この例では、2つの数値の最大公約数を求める関数を定義しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;

package MathLibrary is
    function GCD(a: integer; b: integer) return integer;
end package MathLibrary;

package body MathLibrary is
    function GCD(a: integer; b: integer) return integer is
    begin
        if b = 0 then
            return a;
        else
            return GCD(b, a mod b);
        end if;
    end function GCD;
end package body MathLibrary;

このカスタムライブラリを利用することで、他のVHDLコードから簡単にGCD関数を呼び出すことができます。

その際には、use文を用いてMathLibraryをインクルードする必要があります。

○サンプルコード10:拡張パッケージの利用

VHDLのパッケージは、既存のパッケージを拡張して新しい機能を追加することができます。

これにより、既存のコードの再利用性を高めることができます。

このコードでは、先ほど作成したMathLibraryパッケージを拡張して、2つの数値の最小公倍数を求める関数を追加する例を表しています。

この例では、最小公倍数を求めるために、先ほどのGCD関数を利用しています。

library IEEE;
use IEEE.STD_LOGIC_1164.ALL;
use work.MathLibrary.ALL;

package ExtendedMathLibrary is
    function LCM(a: integer; b: integer) return integer;
end package ExtendedMathLibrary;

package body ExtendedMathLibrary is
    function LCM(a: integer; b: integer) return integer is
    begin
        return (a * b) / GCD(a, b);
    end function LCM;
end package body ExtendedMathLibrary;

この拡張パッケージを利用することで、GCD関数とLCM関数の両方を簡単に利用することができます。

これらのカスタマイズテクニックを取り入れることで、VHDLのパッケージ作成の幅が広がり、より高度なプログラムの実装が可能となります。

まとめ

VHDLでのパッケージ作成は、コードの再利用性や保守性を向上させる重要な技術です。

この記事では、VHDLパッケージ作成の基本から応用、注意点や対処法、さらにはカスタマイズのコツまでを詳細に解説しました。

これらの知識を活用して、より効果的なVHDLプログラミングを進めていきましょう。