C++でdequeを使いこなす10の方法を徹底的に解説!

C++のdequeを学ぶ初心者から上級者までのガイドのイメージC++
この記事は約19分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、C++における非常に強力なデータ構造の一つ、dequeを使いこなすことができるようになります。

dequeはダブルエンドキューの略で、データの先頭と末尾の両方から迅速に追加や削除ができる柔軟なコンテナです。

初心者から上級者まで役立つ情報を盛り込んだ、深い解説をお届けしますので、ぜひ最後までご覧ください。

●C++のdequeとは

C++でdequeを使用するとき、まず基本的なことから理解することが重要です。

dequeは標準テンプレートライブラリ(STL)の一部として提供されており、ベクタ(vector)やリスト(list)と並んで非常に便利なコンテナ型です。

特に、ランダムアクセスと両端への高速な挿入・削除機能を兼ね備えています。

これは、プログラミングにおいて非常に重要な特性であり、多くのシナリオでdequeが有効に機能します。

○dequeの基本概念

dequeは内部的には動的配列のセグメントのシーケンスで構成されています。

これにより、先頭または末尾に要素を追加または削除する操作を、平均的には定数時間で行うことができます。

一方で、ランダムアクセスもサポートしているため、特定の位置へのアクセスも高速です。

ただし、中間の要素への挿入や削除は、ベクタに比べると低速になる可能性があります。

○dequeと他のコンテナとの比較

dequeはベクタやリストと比較して、独自の利点を持っています。

例えば、ベクタは末尾への追加が高速ですが、先頭への操作は低速です。

リストは先頭や中間への操作に強いですが、ランダムアクセスがサポートされていません。

これに対して、dequeは両端への操作とランダムアクセスのバランスが良く、多様な状況に対応可能です。

しかし、内部的にはより複雑であり、メモリ使用の観点からもベクタよりも不利な場合があります。

それぞれのコンテナには長所と短所があり、使用する状況によって適切なものを選ぶことが重要です。

●dequeの基本的な使い方

dequeを使用する際の基本的な方法について説明します。

dequeは初心者にとっては少し複雑に感じられるかもしれませんが、一歩ずつ丁寧に理解していけば、非常に強力なツールとなります。

基本的な操作には、要素の追加、アクセス、削除が含まれます。

これらの操作をマスターすることで、dequeの真価を発揮できます。

○サンプルコード1:dequeの初期化と要素の追加

まずはdequeの初期化と要素の追加方法から見ていきましょう。

下記のサンプルコードは、dequeに数値を追加する基本的な方法を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> myDeque; // dequeの初期化
    myDeque.push_back(10); // 末尾に要素を追加
    myDeque.push_front(20); // 先頭に要素を追加

    // dequeの内容を表示
    for(int num : myDeque) {
        std::cout << num << ' ';
    }
    return 0;
}

このコードでは、std::deque<int> を用いて整数型のdequeを初期化し、push_back()push_front() を使用してそれぞれ末尾と先頭に要素を追加しています。

この操作の結果、dequeには「20 10」という順序で要素が格納されます。

○サンプルコード2:要素のアクセスと変更

次に、dequeの要素にアクセスし、それらを変更する方法を見てみましょう。

下記のサンプルコードは、dequeの特定の要素にアクセスし、値を変更する方法を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> myDeque = {1, 2, 3, 4, 5}; // 初期値を持つdeque
    myDeque[2] = 10; // インデックス2の要素を10に変更

    // 変更後のdequeの内容を表示
    for(int num : myDeque) {
        std::cout << num << ' ';
    }
    return 0;
}

このコードでは、初期値を持つdequeを宣言し、インデックス演算子を使用して特定の要素(この場合は3番目の要素)を新しい値(10)に置き換えています。

結果として、「1 2 10 4 5」という出力が得られます。

○サンプルコード3:イテレータを使った要素の参照

最後に、イテレータを使用してdequeの要素を参照する方法について説明します。

イテレータは、コンテナ内の要素を指し示すために使用されるオブジェクトです。

下記のサンプルコードでは、イテレータを使用してdeque内の各要素を参照しています。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> myDeque = {1, 2, 3, 4, 5};

    // イテレータを使用してdequeの要素を参照
    for(auto it = myDeque.begin(); it != myDeque.end(); ++it) {
        std::cout << *it << ' ';
    }
    return 0;
}

このコードでは、begin()end() を使用してdequeの先頭と終端を指すイテレータを取得し、ループを使用して各要素を参照しています。

イテレータを通じて、deque内の要素に対するより柔軟な操作が可能になります。

●dequeの応用的な使い方

dequeの基本的な使い方をマスターしたら、次はより応用的な使い方を学びましょう。

応用的な使い方には、データのソート、キューの実装、マルチスレッド環境での利用などがあります。

これらの応用例を通じて、dequeのさらなる可能性を探求することができます。

○サンプルコード4:dequeでのデータのソート

deque内のデータをソートする方法は、標準ライブラリのアルゴリズムを使用することで簡単に行えます。

下記のサンプルコードは、deque内のデータを昇順にソートする方法を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>
#include <algorithm>

int main() {
    std::deque<int> myDeque = {5, 3, 1, 4, 2};

    // dequeのデータを昇順にソート
    std::sort(myDeque.begin(), myDeque.end());

    // ソート後の内容を表示
    for(int num : myDeque) {
        std::cout << num << ' ';
    }
    return 0;
}

このコードでは、std::sort() 関数を使用してdeque内の要素を昇順にソートしています。

ソートは非常に一般的な操作であり、dequeでも容易に実装できます。

○サンプルコード5:dequeを使ったキューの実装

dequeはキューの実装にも使用できます。

下記のサンプルコードは、dequeを使ってシンプルなキューの動作を実装したものです。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> myQueue;

    // キューに要素を追加
    myQueue.push_back(1);
    myQueue.push_back(2);
    myQueue.push_back(3);

    // キューから要素を取り出し、表示
    while (!myQueue.empty()) {
        std::cout << myQueue.front() << ' ';
        myQueue.pop_front();
    }
    return 0;
}

このコードでは、push_back() を使って要素をキューに追加し、pop_front() でキューの先頭から要素を取り出しています。

これは、キューの基本的な「先入れ先出し」の原則に従った操作です。

○サンプルコード6:マルチスレッド環境でのdequeの利用

マルチスレッド環境では、スレッドセーフな操作が必要です。

下記のサンプルコードは、マルチスレッドで安全にdequeを操作する一例を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>
#include <thread>
#include <mutex>

std::deque<int> myDeque;
std::mutex dequeMutex;

void addData(int data) {
    std::lock_guard<std::mutex> guard(dequeMutex);
    myDeque.push_back(data);
}

void processData() {
    std::lock_guard<std::mutex> guard(dequeMutex);
    while (!myDeque.empty()) {
        std::cout << "Processing: " << myDeque.front() << std::endl;
        myDeque.pop_front();
    }
}

int main() {
    std::thread producer(addData, 1);
    std::thread consumer(processData);

    producer.join();
    consumer.join();

    return 0;
}

このコードでは、std::mutexstd::lock_guard を使用して、dequeへのアクセスをスレッドセーフにしています。

マルチスレッドプログラミングでは、共有リソースへのアクセスを適切に管理することが重要です。

●よくあるエラーと対処法

C++のdequeを使用する際には、いくつかの一般的なエラーに注意する必要があります。

これらのエラーを理解し、適切に対処することで、より効率的で安全なコードを書くことができます。

○エラー事例1:範囲外の要素へのアクセス

dequeで一番よく起こるエラーの一つが、存在しない要素へのアクセスです。

このエラーは、不正なインデックスを使用して要素にアクセスしようとしたときに発生します。

例えば、要素数が5のdequeで、存在しない6番目の要素にアクセスしようとすると、このエラーが発生します。

対処法としては、常にdequeのサイズをチェックし、範囲内の要素のみにアクセスするようにすることが重要です。

下記のサンプルコードでは、範囲外アクセスを避けるためにサイズチェックを行っています。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> myDeque = {1, 2, 3, 4, 5};

    int index = 3; // アクセスする要素のインデックス
    if (index < myDeque.size()) {
        std::cout << "Element at index " << index << " is " << myDeque[index] << std::endl;
    } else {
        std::cout << "Index out of range." << std::endl;
    }
    return 0;
}

このコードでは、アクセスしようとしているインデックスがdequeのサイズより小さいことを確認しています。

これにより、範囲外アクセスを防ぐことができます。

○エラー事例2:イテレータの無効化

dequeに要素を追加または削除すると、既存のイテレータが無効になる場合があります。

特に、要素の追加や削除によってコンテナのサイズが変更されると、イテレータは無効になります。

この問題を避けるには、イテレータを使用する前に常にその有効性を確認するか、または操作のたびに新しいイテレータを取得する必要があります。

下記のサンプルコードでは、イテレータの無効化を避けるための一例を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> myDeque = {1, 2, 3, 4, 5};

    // 要素の追加
    myDeque.push_back(6);

    // 新しいイテレータを取得して要素を参照
    for(auto it = myDeque.begin(); it != myDeque.end(); ++it) {
        std::cout << *it << ' ';
    }
    return 0;
}

このコードでは、要素を追加した後に新しいイテレータを取得しています。

これにより、イテレータの無効化を防ぐことができます。

○エラー事例3:メモリの効率的な利用

dequeは動的なサイズ変更が可能ですが、不適切な使用はメモリの非効率な使用につながることがあります。

例えば、非常に大きなサイズの要素を何度も追加・削除すると、メモリの再確保やコピーが頻繁に発生し、パフォーマンスに影響を与える可能性があります。

この問題を避けるためには、予めdequeのサイズを適切に設定するか、不必要なサイズ変更を避けることが重要です。

また、メモリの使用量を抑えるために、不要になった要素をすぐに削除することも有効です。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> myDeque;

    // 予め必要なサイズを設定
    myDeque.reserve(100);

    // 要素の追加
    for (int i = 0; i < 100; ++i) {
        myDeque.push_back(i);
    }

    // 使い終わったらクリアしてメモリを解放
    myDeque.clear();
    return 0;
}

このコードでは、reserve() を使ってdequeのサイズを予め設定し、不必要なメモリ確保を避けています。

また、使い終わったら clear() を呼び出して要素をすべて削除し、メモリを解放しています。

●dequeの応用例

dequeはその柔軟性と効率性から、様々な応用例が考えられます。

データのストリーミング処理や動的な管理など、多様なシナリオで活用することが可能です。

これらの応用例を通じて、dequeの利用範囲を広げ、プログラミングの可能性を拡張しましょう。

○サンプルコード7:データのストリーミング処理

データのストリーミング処理において、dequeはデータの一時的な格納や、順次処理に非常に適しています。

下記のサンプルコードは、データのストリーミング処理においてdequeをどのように使用するかを表しています。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> dataStream;

    // ストリーミングデータの模擬
    for (int i = 0; i < 10; ++i) {
        dataStream.push_back(i);
    }

    // データの順次処理
    while (!dataStream.empty()) {
        std::cout << "Processing data: " << dataStream.front() << std::endl;
        dataStream.pop_front();
    }
    return 0;
}

このコードでは、データストリームを模擬的に生成し、dequeに格納しています。

その後、dequeから順にデータを取り出し、処理を行っています。

このようにdequeを使用することで、データストリームを効率的に処理することが可能です。

○サンプルコード8:データの動的な管理

dequeはデータの動的な管理にも有効です。

下記のサンプルコードは、動的に変化するデータセットを管理する際のdequeの使用例を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>

int main() {
    std::deque<int> dataQueue;

    // データの動的追加
    for (int i = 0; i < 5; ++i) {
        dataQueue.push_back(i);
    }

    // データの途中での追加と削除
    dataQueue.insert(dataQueue.begin() + 2, 10);
    dataQueue.erase(dataQueue.begin() + 4);

    // 最終的なデータの表示
    for (int num : dataQueue) {
        std::cout << num << ' ';
    }
    return 0;
}

このコードでは、データの追加、途中での挿入、そして削除を行っています。

dequeを使用することで、データセットの動的な変更が簡単かつ効率的に行えます。

これにより、リアルタイムでのデータ処理や調整が容易になります。

○サンプルコード9:アルゴリズムとの組み合わせ

C++の標準テンプレートライブラリ(STL)には多くのアルゴリズムが含まれており、これらはdequeと組み合わせて利用できます。

例えば、std::find関数を使用して、特定の要素がdeque内に存在するかを確認することができます。

下記のサンプルコードは、deque内で特定の要素を検索する方法を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>
#include <algorithm>

int main() {
    std::deque<int> myDeque = {1, 2, 3, 4, 5};
    int target = 3;

    auto it = std::find(myDeque.begin(), myDeque.end(), target);
    if (it != myDeque.end()) {
        std::cout << target << " found in deque." << std::endl;
    } else {
        std::cout << target << " not found in deque." << std::endl;
    }
    return 0;
}

このコードでは、std::findを使って、変数targetの値がdeque内に存在するかを確認しています。

見つかった場合、その事実を出力します。

○サンプルコード10:カスタム型との連携

dequeは、組み込みのデータ型だけでなく、ユーザー定義型(カスタム型)ともうまく連携できます。

例えば、独自のクラスや構造体を格納するためにdequeを使用することができます。

下記のサンプルコードでは、カスタム型のオブジェクトを格納するdequeの使用方法を表しています。

#include <iostream>
#include <deque>
#include <string>

class Person {
public:
    std::string name;
    int age;
    Person(std::string n, int a) : name(n), age(a) {}
};

int main() {
    std::deque<Person> myDeque;

    // カスタム型のオブジェクトをdequeに追加
    myDeque.emplace_back("Alice", 30);
    myDeque.emplace_back("Bob", 25);

    // deque内のカスタム型オブジェクトを表示
    for(const auto& person : myDeque) {
        std::cout << person.name << " is " << person.age << " years old." << std::endl;
    }
    return 0;
}

このコードでは、Personクラスのインスタンスをdequeに追加し、各要素の情報を出力しています。

emplace_back関数を使用して、直接deque内にオブジェクトを構築しています。

これにより、柔軟性と効率性を兼ね備えたデータ構造が実現できます。

●エンジニアなら知っておくべきdequeの豆知識

C++でdequeを使う際には、いくつかの重要な豆知識があります。

これらを知っておくことで、より効率的でパフォーマンスの高いコードを書くことができます。

○豆知識1:dequeの内部構造

dequeの内部構造は、他のコンテナとは異なります。

dequeは動的配列のシーケンスで構成されており、これにより先頭と末尾の両方からの追加や削除を高速に行えます。

一方で、ベクタのような単一の連続したメモリ領域ではないため、中央の要素へのアクセスは若干遅くなります。

このため、ランダムアクセスのパフォーマンスはベクタに比べて劣る場合があります。

dequeのこのような特性を理解することは、それを使用する際のパフォーマンスを最適化するうえで重要です。

特に、データの挿入や削除が頻繁に行われる場合や、先頭または末尾からのアクセスが多い場合にdequeを選択すると良いでしょう。

○豆知識2:パフォーマンス最適化のポイント

dequeのパフォーマンスを最適化するためのポイントはいくつかあります。

まず、予め必要な容量が分かっている場合は、resize()reserve() を使用して、十分なメモリ領域を確保しておくと良いでしょう。

これにより、頻繁なメモリ再確保を避けることができます。

また、dequeの特性を理解し、用途に応じて他のコンテナと適切に使い分けることも重要です。

例えば、ランダムアクセスのパフォーマンスが重要な場合はベクタを、先頭または末尾のみの操作が多い場合はdequeを選ぶなど、状況に応じた選択が求められます。

まとめ

この記事では、C++におけるdequeの使用方法から応用例、内部構造、パフォーマンス最適化のポイントまでを詳しく解説しました。

初心者から上級者までが利用できるように、基本的な使い方から応用的な技術まで、具体的なサンプルコードを交えて説明しました。

dequeはその柔軟性と効率性により、様々なシナリオで有効なツールです。

この知識を活かし、C++プログラミングの幅を広げていただければ幸いです。