C++で日時取得・操作をマスターする7つの方法

C++プログラミングで日時を取得・操作する方法のイメージC++
この記事は約15分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C++を学ぶ上で、日時の取得や操作は非常に重要なスキルです。

この記事では、C++を使って日時を扱う基本から応用まで、初心者でも分かりやすいように丁寧に解説します。

C++で日時を扱うことは、アプリケーションの多様な機能を実装する上で役立ちます。

たとえば、ログファイルにタイムスタンプをつける、ユーザーのアクティビティを時刻に基づいて分析する、あるいはスケジュールされたタスクを管理するなど、日時はプログラミングにおける基本的な要素の一つです。

●C++における日時の基本

C++では、標準ライブラリに含まれるいくつかのクラスと関数を使用して、日時を扱います。

これらのツールを理解し適切に使用することで、日時関連のデータを取得し、操作することが可能です。

C++の標準ライブラリは、時間を測定し、日時を表現し、時刻に基づいた計算を行うための多くの機能を実装しています。

○概要

C++で日時を取得し操作するためには、ライブラリがよく使用されます。

このライブラリは、時間の測定と操作のための機能を提供し、時間の間隔(duration)、時点(time point)、クロック(clock)などの概念を導入しています。

時間の間隔は、特定の時間の長さを表し、時点は特定の時刻を表します。

クロックは、現在の時刻や特定の日時を取得するために使用されます。

○システム時刻とは

C++におけるシステム時刻は、コンピュータシステムのクロックによって提供される現在の時刻を指します。

これは、プログラムが実行されているシステムの現在の日時情報を取得するために用いられます。

システム時刻は、ログファイルのタイムスタンプ、イベントのスケジューリング、パフォーマンスの測定など、多くの用途に使われます。

○日時情報の取得方法

日時情報を取得するためには、C++のライブラリが提供するさまざまなクロックを使用します。

例えば、std::chrono::system_clockはシステムの現在時刻を取得するために用いられます。

これを使って現在の時刻を取得し、年、月、日、時間などに分解することができます。

また、特定の時刻までの期間を計測するためにstd::chrono::steady_clockを使用することもできます。

これらのクロックは、高精度の時間測定が求められる場面で特に有用です。

●C++で日時を取得する方法

C++で日時を取得する際には、標準ライブラリの機能が中心になります。

これを使って、現在の日時を取得したり、特定の日時を設定したり、日時のフォーマットを変更したり、さらには日時の計算を行ったりすることができます。

○サンプルコード1:現在の日時を取得する

C++で現在の日時を取得する基本的な方法は、std::chrono::system_clockを使用することです。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <ctime>

int main() {
    auto now = std::chrono::system_clock::now();
    std::time_t now_c = std::chrono::system_clock::to_time_t(now);
    std::cout << "現在の日時: " << std::ctime(&now_c) << std::endl;
    return 0;
}

このコードは、現在のシステム時刻を取得し、それを人間が読める形式に変換して出力します。

std::chrono::system_clock::now()は現在の時刻を取得し、std::chrono::system_clock::to_time_t関数でCスタイルの時刻に変換します。

○サンプルコード2:特定の日時を設定する

特定の日時をC++で設定する方法を紹介します。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <ctime>

int main() {
    std::tm t = {};
    t.tm_year = 2020 - 1900; // 年は1900から数える
    t.tm_mon = 5 - 1;        // 月は0から始まる(0=1月)
    t.tm_mday = 15;          // 日
    t.tm_hour = 8;           // 時
    t.tm_min = 30;           // 分
    t.tm_sec = 0;            // 秒

    std::time_t time = std::mktime(&t);
    std::cout << "設定された日時: " << std::ctime(&time) << std::endl;
    return 0;
}

このコードでは、std::tm構造体を用いて年、月、日、時、分、秒を設定しています。

そして、std::mktime関数を使用してこれらの値からstd::time_tオブジェクトを生成し、設定した日時を表示します。

○サンプルコード3:日時のフォーマットを変更する

日時のフォーマットを変更する方法を紹介します。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <ctime>

int main() {
    auto now = std::chrono::system_clock::now();
    std::time_t now_c = std::chrono::system_clock::to_time_t(now);
    std::tm* now_tm = std::localtime(&now_c);
    char buffer[80];
    std::strftime(buffer, sizeof(buffer), "%Y年%m月%d日 %H時%M分%S秒", now_tm);
    std::cout << "フォーマットされた日時: " << buffer << std::endl;
    return 0;
}

ここでは、std::strftime関数を使って日時を任意のフォーマットで表示しています。

この例では「YYYY年MM月DD日 HH時MM分SS秒」の形式で出力されます。

○サンプルコード4:日時の計算を行う

最後に、日時の計算の例を見てみましょう。

#include <iostream>
#include <chrono>

int main() {
    auto start = std::chrono::system_clock::now();
    // 何らかの処理
    auto end = std::chrono::system_clock::now();

    std::chrono::duration<double> elapsed = end - start;
    std::cout << "経過時間: " << elapsed.count() << "秒" << std::endl;
    return 0;
}

このサンプルでは、プログラムの特定部分の処理にかかった時間を計測しています。

std::chrono::system_clock::now()を使って開始時刻と終了時刻を取得し、その差(経過時間)をstd::chrono::durationで計算します。

この結果は秒単位で出力されます。

●日時取得時のよくあるエラーと対処法

C++における日時取得や操作は、非常に便利ですが、いくつかの一般的なエラーに注意する必要があります。

ここでは、それらのエラーとその対処方法を具体的に解説します。

○エラー例1:無効な日時フォーマット

日時のフォーマットは、プログラムが正確な情報を読み取るために重要です。

無効なフォーマットを使用すると、プログラムは不正確な情報を解釈するか、エラーを引き起こす可能性があります。

たとえば、月を示す数値が13以上になっていたり、日にちが月の最大日数を超えていたりすると、無効な日時となります。

対処法として、日時データを処理する際には、入力値を検証し、無効な日時データが処理されないようにします。

C++の標準ライブラリには、日時データの妥当性を検証するための関数が用意されています。

また、エラー処理を適切に実装して、無効なデータが入力された場合には適切なメッセージをユーザーに表示するようにしましょう。

○エラー例2:タイムゾーンの扱い

プログラムにおける日時の取得や操作では、タイムゾーンを正確に扱うことが必要です。

特に、異なるタイムゾーン間での日時の変換を行う場合、間違ったタイムゾーンの設定は誤った日時計算を引き起こします。

対処法として、C++では、タイムゾーンを考慮した日時の取得や変換を行うために、ライブラリやサードパーティの日時ライブラリを使用できます。

これらのライブラリは、異なるタイムゾーン間の正確な日時計算をサポートしています。

タイムゾーンに関する計算を行う場合は、これらのツールを活用しましょう。

○エラー例3:日時計算の誤差

日時の計算においては、特に長い期間をまたぐ計算では、うるう秒や夏時間の切り替えなどによる誤差が生じることがあります。

これは、時間の計測が非常に精密な場合に特に問題となります。

対処法として、日時計算における誤差を最小限に抑えるためには、時間の精度や、うるう秒の調整などを考慮する必要があります。

C++のライブラリは高精度の時間計測をサポートしていますが、特定のケースでは、専門の日時ライブラリや外部APIを利用して、より精密な日時計算を行うことを検討しましょう。

●日時関連の応用例

C++における日時取得と操作の技術は、様々な応用例に活用できます。

ここでは、具体的な応用例とそれに対応するサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード5:カウントダウンタイマーの作成

C++でカウントダウンタイマーを作成する例を紹介します。

このサンプルでは、指定された時間までの残り時間を秒単位で表示しています。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <thread>

int main() {
    auto end_time = std::chrono::system_clock::now() + std::chrono::seconds(10);
    while (std::chrono::system_clock::now() < end_time) {
        auto remaining_time = end_time - std::chrono::system_clock::now();
        auto seconds = std::chrono::duration_cast<std::chrono::seconds>(remaining_time).count();
        std::cout << "残り時間: " << seconds << "秒" << std::endl;
        std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(1));
    }
    std::cout << "カウントダウン終了!" << std::endl;
    return 0;
}

このコードでは、std::chrono::system_clockを使用して現在時刻と終了時刻を取得し、それらの差を秒単位で計算しています。

std::this_thread::sleep_for関数を使用して、1秒ごとに残り時間を更新しています。

○サンプルコード6:日時を用いたイベントスケジューリング

特定の日時に特定のイベントを実行するスケジューラの例を紹介します。

このサンプルでは、指定した日時にメッセージを表示します。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <ctime>
#include <thread>

int main() {
    std::tm scheduled_time = {};
    scheduled_time.tm_year = 2024 - 1900;  // 年
    scheduled_time.tm_mon = 3 - 1;         // 月(0から始まる)
    scheduled_time.tm_mday = 30;           // 日
    scheduled_time.tm_hour = 12;           // 時
    scheduled_time.tm_min = 0;             // 分
    scheduled_time.tm_sec = 0;             // 秒

    auto scheduled_time_t = std::mktime(&scheduled_time);
    auto scheduled_time_tp = std::chrono::system_clock::from_time_t(scheduled_time_t);

    while (std::chrono::system_clock::now() < scheduled_time_tp) {
        std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(1));
    }
    std::cout << "指定された時間になりました。イベントを実行します。" << std::endl;
    return 0;
}

このサンプルでは、std::tmを使ってスケジュールされた日時を設定し、std::chrono::system_clockで現在時刻と比較しています。

指定時刻になるとメッセージを表示します。

○サンプルコード7:時刻同期システムの実装

C++を使用して簡単な時刻同期システムを実装する例を紹介します。

このシステムでは、一定間隔でシステム時刻をチェックし、外部ソースから取得した時刻と同期します。

#include <iostream>
#include <chrono>
#include <thread>

// 外部時刻ソースから時刻を取得する仮想関数(実際にはAPI等を使用)
std::chrono::system_clock::time_point getExternalTime() {
    // ここでは、現在時刻に5秒を加えた時刻を返します
    return std::chrono::system_clock::now() + std::chrono::seconds(5);
}

int main() {
    while (true) {
        auto current_time = std::chrono::system_clock::now();
        auto external_time = getExternalTime();

        if (current_time < external_time) {
            // 時刻を同期
            std::cout << "時刻を同期します。" << std::endl;
            // 時刻の同期処理(ここでは仮の処理として出力のみ)
        }

        std::this_thread::sleep_for(std::chrono::seconds(10));  // 10秒ごとにチェック
    }
    return 0;
}

このサンプルでは、仮の外部時刻ソース関数getExternalTimeを定義しています。

本来は、NTPサーバーなどの実際の時刻ソースから時刻を取得することになります。

プログラムは定期的に現在時刻と外部時刻を比較し、時刻が異なれば同期処理を行います。

●C++日時処理の豆知識

C++での日時処理には多くの豆知識があり、これらを知っておくことでより効率的かつ正確に日時を扱うことができます。

○豆知識1:C++の日時ライブラリ

C++には、日時を扱うためのいくつかのライブラリが存在します。

<chrono>ライブラリは最も一般的で、システム時刻の取得や時間間隔の計算、高精度のタイマー機能などを紹介します。

この他にも、古いCスタイルの<ctime>ライブラリがあり、これも基本的な日時処理に使用されます。

<chrono>ライブラリの利点は、時間を非常に精密に扱える点にあります。

例えば、ナノ秒単位の時間間隔を表現することが可能です。

また、時間の点(time_point)と期間(duration)という2つの主要な概念を通じて、時間をより直感的に扱うことができます。

○豆知識2:時間計測の高精度化

C++の<chrono>ライブラリを使うと、時間の計測を非常に高精度で行うことができます。

例えば、プログラムの実行時間を微細な単位で計測する場合、std::chrono::high_resolution_clockを使用することで、より精密な時間測定が可能になります。

ここでは、高精度のタイマーを使用したサンプルコードを紹介します。

#include <iostream>
#include <chrono>

int main() {
    auto start = std::chrono::high_resolution_clock::now();

    // ここで何らかの処理を実行する
    // ...

    auto end = std::chrono::high_resolution_clock::now();
    std::chrono::duration<double, std::milli> elapsed = end - start;
    std::cout << "処理時間: " << elapsed.count() << "ミリ秒" << std::endl;
    return 0;
}

このコードは、std::chrono::high_resolution_clockを使用してプログラムの特定の部分の実行時間をミリ秒単位で計測しています。

このようにして、アプリケーションのパフォーマンス測定や最適化に役立てることができます。

まとめ

この記事を通じて、C++における日時取得と操作の基本から応用までを網羅的に学ぶことができたかと思います。

<chrono>ライブラリの基本的な使用方法から始まり、実用的なサンプルコードを通して具体的な応用例まで、C++での日時処理のさまざまな側面を探求しました。

また、よくあるエラーや豆知識についても触れ、日時処理の技術を深めるための一助となる内容を紹介しました。

C++を使った日時処理の知識は、多様なプログラミングシーンで役立つことでしょう。