C++のドット演算子を実例5選で完全ガイド

C++のドット演算子を解説する記事のイメージC++
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

C++を学ぶ上で、ドット演算子の理解は不可欠です。特にオブジェクト指向プログラミングを行う際には、この演算子の使い方を正確に把握しておくことが重要となります。

この記事では、C++のドット演算子について、その基本から応用までを初心者にも分かりやすく解説します。

サンプルコードを交えながら、ドット演算子の使い方を徹底的に学びましょう。

●ドット演算子とは

ドット演算子(.)は、C++においてオブジェクトのメンバにアクセスするために使用される演算子です。

オブジェクト指向プログラミングにおいて、クラスから生成されたインスタンス(オブジェクト)の属性やメソッドにアクセスする際には、この演算子が不可欠です。

具体的には、オブジェクト名の後にドットを置き、その後にメンバ名を記述することで、該当するメンバにアクセスします。

○ドット演算子の基本構文

ドット演算子の基本的な構文は非常にシンプルです。

下記の形式に従います。

オブジェクト名.メンバ名;

ここで、オブジェクト名はクラスのインスタンス、つまりオブジェクトを指し、メンバ名はそのオブジェクトの属性やメソッド(関数)を指します。

この構文により、オブジェクトの特定のメンバにアクセスすることが可能になります。

○サンプルコード1:オブジェクトのメンバにアクセスする

このコード例では、C++のクラス内で定義されたメンバ変数に、ドット演算子を使ってアクセスしています。

下記の例では、MyClassクラスにmyMemberというメンバ変数があり、それにアクセスしています。

class MyClass {
public:
    int myMember;
};

int main() {
    MyClass obj;
    obj.myMember = 10;
    std::cout << obj.myMember << std::endl;  // 10が出力される
}

この例では、MyClassのインスタンスobjが作成され、obj.myMemberを通じてmyMemberに値を代入し、出力しています。

ここでobj.myMemberはドット演算子を使用してobjオブジェクトのmyMemberメンバにアクセスしています。

○サンプルコード2:ドット演算子を使った関数呼び出し

次に、ドット演算子を使用してオブジェクトのメソッド(関数)を呼び出す例を見てみましょう。

下記のサンプルコードでは、MyClassクラスにdisplayメソッドを定義し、それをオブジェクトを通して呼び出しています。

class MyClass {
public:
    void display() {
        std::cout << "Hello, World!" << std::endl;
    }
};

int main() {
    MyClass obj;
    obj.display();  // "Hello, World!"が出力される
}

このコードでは、obj.display()の部分でドット演算子を使い、objオブジェクトのdisplayメソッドを呼び出しています。

これにより、displayメソッドが実行され、”Hello, World!”が画面に表示されます。

●ドット演算子の使い方

ドット演算子の使い方を理解するには、実際のサンプルコードを見ていくことが最も効果的です。

ここでは、オブジェクトのメンバ変数の操作とチェーンメソッドの活用という2つの異なるシナリオにおけるドット演算子の使い方を詳細に解説します。

これらの例を通じて、ドット演算子の柔軟性と効果的な使用方法を理解しましょう。

○サンプルコード3:オブジェクトのメンバ変数の操作

このサンプルでは、オブジェクトのメンバ変数を操作する一般的な例を表しています。

クラス内で定義されたメンバ変数に対して、オブジェクトを通じて値を設定したり、取得したりする方法を見ていきます。

class Point {
public:
    int x;
    int y;

    void setPoint(int newX, int newY) {
        x = newX;
        y = newY;
    }
};

int main() {
    Point point;
    point.setPoint(5, 10);  // xとyに値を設定
    std::cout << "X: " << point.x << ", Y: " << point.y << std::endl;  // X: 5, Y: 10 と表示
}

この例では、Pointクラスにxyという2つのメンバ変数があります。

setPointメソッドを使ってこれらの値を設定し、その後、ドット演算子を使用してそれぞれの値を取得しています。

このように、ドット演算子はオブジェクトの属性やメソッドに直接アクセスするための強力なツールです。

○サンプルコード4:チェーンメソッドの活用

チェーンメソッドは、複数のメソッド呼び出しを一連の連鎖として行うテクニックです。

この手法を使うと、コードをより洗練され、読みやすくすることができます。

下記のサンプルでは、ドット演算子を用いてメソッドチェーンを実現する方法を紹介します。

class Chain {
public:
    Chain& setX(int value) {
        // ... Xの値を設定する処理 ...
        return *this;  // 自身のオブジェクトへの参照を返す
    }

    Chain& setY(int value) {
        // ... Yの値を設定する処理 ...
        return *this;  // 自身のオブジェクトへの参照を返す
    }
};

int main() {
    Chain chain;
    chain.setX(10).setY(20);  // メソッドチェーンを用いてXとYの値を設定
    // ... 以降、chainオブジェクトの使用 ...
}

この例では、setXsetYメソッドが自身のオブジェクトへの参照を返すことにより、連続してメソッドを呼び出すことができます。

これにより、同一オブジェクトに対する複数の操作を簡潔な形で記述することが可能になります。

メソッドチェーンは、特に設定を行うような場面で有効です。

●よくあるエラーと対処法

C++において、ドット演算子を使用する際には、いくつかの一般的なエラーがあります。

これらのエラーを理解し、適切に対処することで、プログラムのバグを減らし、効率的なコーディングを行うことができます。

ここでは、特に初心者が陥りやすいエラーとその対処法について解説します。

○エラー1:非オブジェクトでのドット演算子使用

このエラーは、ドット演算子をオブジェクトでないものに対して使おうとした場合に発生します。

C++では、ドット演算子はオブジェクトのメンバにアクセスするために使用されるため、ポインタや基本型の変数に対しては使用できません。

例えば、下記のようなコードではエラーが発生します。

int main() {
    int number = 5;
    number.value = 10;  // エラー:numberはオブジェクトではない
}

この例では、基本型の変数numberに対してドット演算子を使用しようとしていますが、これは許されていません。

このようなエラーを避けるためには、ドット演算子を使用する際には、対象がオブジェクトであることを確認する必要があります。

○エラー2:スコープ解決演算子との混同

ドット演算子と似た構文であるスコープ解決演算子(::)との混同もよくあるエラーです。

ドット演算子はオブジェクトのメンバにアクセスするために使われるのに対し、スコープ解決演算子は特定のスコープ(例えばクラスや名前空間)内のメンバにアクセスするために使われます。

下記のコードでは、クラスの静的メンバにアクセスする正しい方法と間違った方法を表しています。

class MyClass {
public:
    static int staticValue;
};

int MyClass::staticValue = 0;

int main() {
    MyClass obj;
    int value = MyClass::staticValue;  // 正しい:スコープ解決演算子の使用
    int wrongValue = obj.staticValue;  // エラー:ドット演算子を静的メンバに対して使用
}

この例では、MyClassの静的メンバstaticValueにアクセスするためにスコープ解決演算子を使用しています。

obj.staticValueのようにドット演算子を使用するとエラーが発生します。

静的メンバにアクセスする際には、常にスコープ解決演算子を使用することを心がけましょう。

●ドット演算子の応用例

C++におけるドット演算子の使用例は非常に多岐にわたります。

初心者から上級者までが理解しやすいよう、ここでは特に役立つ応用例をいくつか紹介します。

これらの例を通じて、ドット演算子の柔軟性と多様性を理解し、自分のプログラミングスキルに取り入れてみましょう。

○サンプルコード5:複合的なクラス利用

ドット演算子は、複雑なクラスの構造においてもその力を発揮します。

オブジェクトが他のオブジェクトを含む場合、ドット演算子を用いて内包されたオブジェクトのメンバにアクセスすることができます。

下記の例では、一つのクラスが別のクラスをメンバとして持ち、そのメンバへのアクセス方法を表しています。

class InnerClass {
public:
    int innerValue;
};

class OuterClass {
public:
    InnerClass innerObj;
};

int main() {
    OuterClass outerObj;
    outerObj.innerObj.innerValue = 100;  // ネストされたオブジェクトへのアクセス
    std::cout << outerObj.innerObj.innerValue << std::endl;  // 100が出力される
}

この例では、OuterClassのオブジェクトouterObjInnerClassのオブジェクトinnerObjを持っています。

outerObj.innerObj.innerValueという形でドット演算子を連鎖させることにより、内部のオブジェクトのメンバにアクセスしています。

○サンプルコード6:オブジェクト配列とドット演算子

配列を使用する際、ドット演算子は配列の各要素に対して個別に適用されます。

オブジェクトの配列においては、配列の各要素がオブジェクトであるため、それぞれの要素に対してドット演算子を使用してメンバにアクセスできます。

下記の例では、オブジェクトの配列を作成し、それぞれの要素のメンバにアクセスする方法を表しています。

class MyClass {
public:
    int value;
};

int main() {
    MyClass objArray[3];
    objArray[0].value = 10;
    objArray[1].value = 20;
    objArray[2].value = 30;

    for (int i = 0; i < 3; i++) {
        std::cout << "objArray[" << i << "].value = " << objArray[i].value << std::endl;
    }
    // 出力結果:
    // objArray[0].value = 10
    // objArray[1].value = 20
    // objArray[2].value = 30
}

このコードでは、MyClassのオブジェクトを3つ含む配列objArrayが作成されています。

配列の各要素(objArray[0]objArray[1]objArray[2])に対して、ドット演算子を使ってvalueメンバにアクセスし、値を設定しています。

●エンジニアなら知っておくべき豆知識

C++でのコーディングにおいて、エンジニアとして知っておくべき重要な豆知識がいくつかあります。

これらは、より効率的で理解しやすいコードを書くために役立ちます。

ドット演算子を巡るこれらの知識を把握することで、C++のプログラミングがより深まります。

○豆知識1:ドット演算子とポインタ

C++におけるドット演算子の使用は直感的ですが、ポインタを扱う際の理解が必要です。

ドット演算子はオブジェクト自体に対して使用されますが、オブジェクトへのポインタに対してはアロー演算子(->)を使用します。

この基本的な違いを理解することは、C++において非常に重要です。

例えば、MyClass型のオブジェクトへのポインタを持っている場合、そのメンバにアクセスするにはアロー演算子を使う必要があります。

これは、C++の基本的なポインタの操作と密接に関連しています。

○豆知識2:効率的なコーディングのコツ

効率的なコーディングを行うためには、いくつかの基本的な原則に従うことが重要です。

コードの可読性を高め、再利用しやすくすることが目標です。

これには、適切な命名規則の使用、コードのカプセル化、そして共通機能のモジュール化が含まれます。

命名規則はコードの意図を明確に伝えるために重要で、カプセル化はデータの保護と整理を助け、モジュール化はコードの再利用を可能にし、全体の構造を簡潔に保ちます。

これらの原則を遵守することで、保守性が高く、効率的なコードを作成することが可能になります。

まとめ

この記事では、C++におけるドット演算子の基本から応用、そして一般的なエラーとその対処法に至るまでを網羅的に解説しました。

初心者にも理解しやすいように具体的なサンプルコードを用いて説明することで、読者はドット演算子の使い方を深く学ぶことができます。

効率的なコーディングのコツや、ポインタとの関連性についての豆知識も紹介し、より実践的な知識を紹介しました。

これらの知識を身につけることで、C++プログラミングの理解がより一層深まり、より洗練されたコーディングが可能になるでしょう。