Pythonでプロキシを使う7つのステップ

Pythonでプロキシを使う方法を解説したイラストPython
この記事は約7分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Pythonを使用してプロキシを利用することは、インターネットに安全にアクセスするための一つの手段となります。

この記事では、Pythonを使用したプロキシの設定方法から利用方法、さらにはエラーへの対処法や詳細なカスタマイズ方法まで、7つのステップで詳しく解説します。

初心者の方でも安心して取り組むことができるように、具体的なサンプルコードも交えて説明します。

●Pythonとプロキシとは

Pythonはプログラミング言語の一つで、その易しさと多機能性から、初心者から専門家まで幅広いユーザーに支持されています。

一方、プロキシとは、インターネット上で自身のIPアドレスを隠すための仲介サーバーのことを指します。

これにより、プライバシー保護やセキュリティ強化、地域制限の回避などが可能になります。

●Pythonでプロキシを使うための前準備

○Pythonのインストール

Pythonでプロキシを利用するためには、まずPythonが自身のコンピュータにインストールされている必要があります。

Pythonの公式ウェブサイトからダウンロードできます。

最新の安定版をダウンロードし、指示に従ってインストールしてください。

○必要なライブラリのインストール

Pythonでプロキシを使用するためには、特定のライブラリのインストールも必要です。

ここでは、Pythonのパッケージ管理ツールであるpipを用いて、requestsというライブラリをインストールします。

ターミナルを開き、次のコマンドを実行します。

pip install requests

上記のコマンドを実行すると、requestsライブラリがインストールされます。

これによりPythonでhttpリクエストを送信することが可能になります。

●Pythonでプロキシを使う基本的な方法

○サンプルコード1:プロキシの設定

ここでは、Pythonでプロキシを設定する基本的な方法を紹介します。

下記のコードはプロキシの設定を行うもので、これを実行することでPythonからプロキシを通じてインターネットにアクセスできるようになります。

import requests

proxies = {
  'http': 'http://10.10.1.10:3128',
  'https': 'http://10.10.1.10:1080',
}

response = requests.get('http://example.org', proxies=proxies)

このコードでは、httpとhttpsの2種類のプロキシを設定しています。

それぞれのプロキシは、指定したIPアドレスとポート番号を使ってアクセスします。

そして、requests.get関数を使って、設定したプロキシを通じて指定したウェブサイトにアクセスします。

○サンプルコード2:プロキシを通じたWebリクエスト

次に、設定したプロキシを使ってウェブリクエストを送る方法を解説します。

下記のコードは、プロキシを通じて特定のウェブサイトにアクセスし、その内容を取得するものです。

import requests

proxies = {
  'http': 'http://10.10.1.10:3128',
  'https': 'http://10.10.1.10:1080',
}

response = requests.get('http://example.org', proxies=proxies)
print(response.text)

このコードでは、前述のプロキシ設定と同じく、requests.get関数を使用して指定したウェブサイトにアクセスします。

そして、取得したウェブサイトの内容(HTMLなど)をprint関数を使って出力します。

これにより、プロキシを経由してウェブサイトの情報を取得できます。

●プロキシのエラー対処法

Pythonでプロキシを使ってWebサイトにアクセスするとき、エラーが発生することがあります。

そのような場合、対処法を知っておくことが重要です。

○サンプルコード3:エラーハンドリング

例えば、下記のコードはrequestsの例外処理を用いてプロキシエラーを処理する例です。

このコードではrequestsライブラリを使ってHTTPリクエストを行い、エラーが発生した場合にはその詳細を表示しています。

import requests

proxies = {"http": "http://proxy.example.com:8080", "https": "http://proxy.example.com:8080"}

try:
    response = requests.get("http://example.com", proxies=proxies)
    response.raise_for_status()
except requests.exceptions.RequestException as e:
    print("エラーが発生しました:", e)

上記のコードを実行した結果、エラーが発生した場合はエラーメッセージが表示されます。

これにより、何が問題であるかを特定し、それに対処することができます。

●プロキシの詳細なカスタマイズ方法

Pythonではプロキシの詳細な設定やカスタマイズも可能です。

○サンプルコード4:プロキシの詳細設定

下記のコードは、各プロトコルごとに異なるプロキシを設定する例です。

このコードではhttpとhttpsのプロトコルごとに異なるプロキシを指定しています。

proxies = {
    "http": "http://proxy1.example.com:8080",
    "https": "http://proxy2.example.com:8080",
}
response = requests.get("http://example.com", proxies=proxies)

上記のコードを実行すると、httpリクエストは”proxy1.example.com”を、httpsリクエストは”proxy2.example.com”を経由して行われます。

○サンプルコード5:プロキシのローテーション

次に、複数のプロキシの中からランダムに一つ選んで使用する、プロキシのローテーションの例を見てみましょう。

Pythonのrandom.choice関数を使用して、プロキシのリストからランダムに一つ選びます。

import random

proxy_list = ["http://proxy1.example.com:8080", "http://proxy2.example.com:8080", "http://proxy3.example.com:8080"]

proxy = {"http": random.choice(proxy_list), "https": random.choice(proxy_list)}

response = requests.get("http://example.com", proxies=proxy)

このコードを実行すると、リクエストごとにランダムなプロキシが選ばれます。

これにより、プロキシの使用を均等に分散させることができます。

●応用例:Pythonとプロキシを使ったデータスクレイピング

Pythonとプロキシを組み合わせることで、効率的にデータスクレイピングを行うことも可能です。

○サンプルコード6:データスクレイピングの実例

このコードはPythonのBeautifulSoupライブラリとrequestsライブラリを使って、Webサイトからデータをスクレイピングする例です。

from bs4 import BeautifulSoup

proxies = {"http": "http://proxy.example.com:8080", "https": "http://proxy.example.com:8080"}
response = requests.get("http://example.com", proxies=proxies)

soup = BeautifulSoup(response.text, "html.parser")

for link in soup.find_all('a'):
    print(link.get('href'))

このコードを実行すると、指定したWebページの全てのリンクを抽出し、それらを表示します。

これにより、Webページから情報を収集する作業を自動化することができます。

まとめ

以上、Pythonでプロキシを使う基本的な手順とその応用、カスタマイズ方法について解説しました。

これらの情報を活用して、Pythonでプロキシを使ったプログラムをより効率的に作成し、運用することができるようになります。

ただし、プロキシを使用する際は、そのサービスの規約や法令を遵守することが重要です。

安全かつ適切な方法でプロキシを使用し、Pythonの可能性を最大限に引き出しましょう。