PythonをWindows, Mac, Linux (Ubuntu)に7ステップでインストールする方法

Pythonのインストール方法を解説する図Python
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

ようこそ、この記事へ。

この記事を読めば、PythonをWindows, Mac, Linux(Ubuntu)にインストールする方法が手に入ります。

プログラミングの世界へ踏み出す初歩とも言えるこのステップを、私たちは丁寧に解説します。

言語自体の簡単な紹介から、ダウンロード、インストール、基本的な使い方、そしてカスタマイズ方法まで、ここには全てが詰まっています。

さあ、一緒にプログラミングの旅を始めましょう。

●Pythonとは

Pythonは、汎用性の高いプログラミング言語です。

初心者にとって扱いやすいシンプルな文法と豊富なライブラリが特徴で、データ分析やAI開発からWeb開発まで、幅広い分野で利用されています。

その柔軟性と拡張性から、世界中の多くの開発者に愛用されている言語です。

●Pythonのダウンロード方法

Pythonをインストールするためには、まず公式サイトからダウンロードします。

Pythonの公式サイト(https://www.python.org/)にアクセスし、”Downloads”ボタンをクリックします。

そこから、ご自身のOSに対応するPythonのバージョンを選択しダウンロードしましょう。

○WindowsへのPythonのインストール

  1. Pythonのインストーラをダウンロードしたら、ダブルクリックでインストーラを起動します。
    インストーラの最初の画面では「Add Python 3.x to PATH」のチェックボックスをオンにし、PythonをWindowsのPATHに追加します。
    これにより、どのディレクトリからでもPythonを起動できるようになります。
  2. 続いて、「Install Now」をクリックしてインストールを開始します。
    インストールが完了したら、「Close」をクリックしてインストーラを閉じます。
  3. Pythonが正しくインストールされたか確認するために、コマンドプロンプトを開き、「python –version」と入力します。
    するとPythonのバージョン情報が表示され、インストールが成功していることを確認できます。

○MacへのPythonのインストール

  1. Pythonの公式サイトからMac用のPythonインストーラをダウンロードします。
  2. ダウンロードした.pkgファイルをダブルクリックしてインストーラを起動し、指示に従ってインストールを進めます。
  3. インストールが完了したら、「Python Launcher」を「Applications」フォルダにドラッグします。
  1. ターミナルを開き、「python3 –version」と入力してPythonが正しくインストールされたか確認します。

○Linux (Ubuntu)へのPythonのインストール

Ubuntu 18.04以降はデフォルトでPython3がインストールされていますが、もしまだインストールされていなければ次の手順でインストールできます。

  1. ターミナルを開き、次のコマンドを実行します。
    「sudo apt update」これにより、パッケージリストを最新のものに更新します。
  2. 次に「sudo apt install python3」を入力し、Python3をインストールします。
  3. インストールが完了したら、「python3 –version」と入力し、Pythonが正しくインストールされたことを確認します。

以上で、Pythonのダウンロードとインストールが完了しました。

それでは、次にPythonの基本的な使い方について見ていきましょう。

●Pythonの使い方

Pythonを用いて基本的なプログラミングを行う方法を3つのサンプルコードを通じて解説します。

○サンプルコード1:基本的な使い方

ここでは、Pythonで「Hello, World!」と出力する基本的なコードを紹介します。

次のようにprint関数を使って文字列を出力します。

print("Hello, World!")

このコードでは、print関数を使って文字列”Hello, World!”を出力するコードを紹介しています。

この例では、文字列”Hello, World!”を出力しています。

このコードを実行すると、以下の結果が得られます。

Hello, World!

「Hello, World!」という文字列が出力されました。

print関数は、引数として与えられた値をコンソールに出力するPythonの基本的な関数です。

○サンプルコード2:Pythonを使った計算

Pythonは計算機能も優れており、電卓代わりに使用することも可能です。

次のコードでは、Pythonを使って基本的な四則演算を行います。

# 加算
print(7 + 3)

# 減算
print(7 - 3)

# 乗算
print(7 * 3)

# 除算
print(7 / 3)

このコードでは、加算、減算、乗算、除算をそれぞれ行うPythonのコードを紹介しています。

この例では、数値7と3を対象に四則演算を行っています。

このコードを実行すると、次の結果が得られます。

10
4
21
2.3333333333333335

それぞれ、7+3、7-3、7*3、7/3の計算結果が出力されました。

Pythonでは四則演算が直感的な記法で書け、計算結果も自動的に浮動小数点数として扱われます。

○サンプルコード3:Pythonでのテキスト操作

Pythonは文字列の操作も得意としています。

下記のコードでは、文字列の連結と、文字列内の特定の単語の出現回数を数える方法を紹介します。

# 文字列の連結
greeting = "Hello" + " " + "World"
print(greeting)

# 文字列内の特定の単語の出現回数
count = "Hello, World. Hello, Python.".count("Hello")
print(count)

このコードでは、”+”演算子を使って文字列を連結し、文字列メソッドのcountを使って特定の単語の出現回数を数えるコードを紹介しています。

この例では、”Hello”と”World”を連結し、”Hello”の出現回数を数えています。

このコードを実行すると、次の結果が得られます。

Hello World
2

“Hello World”という連結した結果と、”Hello”の出現回数2が出力されました。

●Pythonの問題対処法

Pythonを使っていると、エラーメッセージに出会うことがあります。

しかし、これらは問題を解決する手がかりでもあります。

○エラーメッセージの読み方

Pythonのエラーメッセージは、最後の行にエラーの種類とその簡単な説明が表示されます。さらに上の行には、エラーが発生したコードとその行番号が表示されます。

これらの情報を利用して、問題の箇所とその原因を特定することができます。

○よくあるエラーとその解決策

  • 「SyntaxError: invalid syntax」: 構文エラー。Pythonの文法に従っていないコードが書かれている。
  • 「NameError: name ‘xxx’ is not defined」: 定義されていない名前(変数など)を使用した。
  • 「TypeError: unsupported operand type(s) for xxx」: 不適切な型の値を演算に使用した。

上記のようなエラーが出た場合、エラーメッセージをよく読み、何が原因でエラーが出ているのかを理解し、それを修正しましょう。

それでは最後に、Pythonのカスタマイズ方法について解説します。

●Pythonのカスタマイズ

Pythonの動作は多数の設定でカスタマイズ可能です。

ここでは、Pythonの環境設定の変更方法と、その例を紹介します。

○Pythonの環境設定の変更方法

Pythonの設定は、主に環境変数を通じて変更します。

具体的な設定方法はOSにより異なるため、各OSの公式ドキュメンテーションを参照してください。

○サンプルコード4:Pythonの環境設定の変更

下記のPythonコードでは、osモジュールを使って環境変数を読み取り、変更する方法を紹介します。

import os

# 環境変数の読み取り
path = os.getenv("PATH")
print(path)

# 環境変数の設定
os.environ["MY_VARIABLE"] = "Hello, Python"
print(os.getenv("MY_VARIABLE"))

このコードでは、osモジュールのgetenvメソッドを使って環境変数を読み取り、os.environを使って環境変数を設定する方法を示しています。

この例では、”PATH”という環境変数を読み取り、新たに”MY_VARIABLE”という環境変数を設定しています。

このコードを実行すると、次のような結果が得られます。

/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin
Hello, Python

上から順に、”PATH”の値と、新たに設定した”MY_VARIABLE”の値が出力されました。

Pythonはその柔軟性から、自分のニーズに合わせて多くのカスタマイズが可能です。

まとめ

以上が、Windows、Mac、Linux (Ubuntu)でPythonをインストールし、活用するための完全ガイドでした。

この記事を通じて、Pythonの基本的な使い方から、問題の対処法、さらにはカスタマイズ方法までを理解できたことでしょう。

次回からはPythonを使ったプログラミングがよりスムーズになるはずです。

引き続きPython学習に励みましょう!