Python初心者必見!print関数の使い方と応用例を10選で紹介

Pythonのprint関数の詳細な使い方と応用例の解説Python
この記事は約8分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

Pythonを学び始めると、最初に出会う関数の一つがprint関数です。

基本的でありながら非常に重要なこの関数の使い方を知ることで、Pythonの世界が一気に広がります。

この記事を読むことで、print関数の基本的な使い方から、その応用までを理解し、自在に扱うことができるようになります。

それでは一緒に、Pythonの魅力を探求していきましょう。

●Pythonとは

Pythonは、コードが読みやすく、書きやすいことで知られている汎用の高級プログラミング言語です。

そのシンプルさから初心者にとって親しみやすく、またその高機能さから科学計算や機械学習など、幅広い領域で活用されています。

●print関数とは

print関数はPythonで最も基本的な出力関数です。

様々なデータ型をコンソールに出力することが可能で、プログラムの動作確認やデバッグに非常に重要な役割を果たします。

○基本的な使い方

print関数の基本的な使い方は次の通りです。

print("Hello, World!")

このコードを実行すると、コンソールに”Hello, World!”と表示されます。

このように、print関数は引数に渡された値をそのまま出力します。

●print関数の詳細な使い方

print関数の使い方は一見単純ですが、実は様々な使い方があります。

引数に何を渡すか、どのように渡すかによって、その出力は変わります。

次に、具体的なサンプルコードを見ながら、その詳細な使い方を見ていきましょう。

○サンプルコード1:print関数の基本的な使い方

# 文字列を出力
print("Hello, Python!")

# 数値を出力
print(123)

# 変数を出力
msg = "Hello, Python!"
print(msg)

このサンプルコードでは、まず文字列を直接出力し、次に数値を出力しています。

最後に変数を出力する例を見ています。

この例では、変数msgに文字列を代入し、それをprint関数で出力しています。

○サンプルコード2:改行しない方法

print("Hello, ", end="")
print("Python!")

このコードでは、print関数のendパラメータを使っています。

このパラメータは、print関数が出力した後の文字列を指定します。

デフォルトでは”\n”(改行)が設定されていますが、この例では空文字列(””)を設定することで、2つのprint関数の出力が同じ行に出力されます。

○サンプルコード3:変数を使ったprint関数の使い方

# 変数の宣言
name = "Python"
age = 30

# 文字列と変数を組み合わせた出力
print("Hello, " + name + "! You are " + str(age) + " years old.")

このコードでは、変数を用いてprint関数を使う方法を紹介しています。

この例では、変数nameとageを定義し、それらをprint関数で出力しています。

文字列と変数(数値)を組み合わせる際には、数値を文字列に変換するためのstr関数を使用しています。

●print関数の応用例

さて、これまで基本的な使い方を学んできたprint関数ですが、さまざまな応用が可能です。

ここからはprint関数の応用例をサンプルコードと共に紹介します。

○サンプルコード4:リストの要素を出力する

# リストの宣言
fruits = ["apple", "banana", "cherry"]

# リストの要素を出力
for fruit in fruits:
    print(fruit)

このコードでは、リストの要素を一つずつ出力する方法を紹介しています。

この例では、リストfruitsを定義し、それをforループとprint関数を使って出力しています。

これにより、リストの各要素が一行ずつ出力されます。

○サンプルコード5:辞書の要素を出力する

# 辞書の宣言
person = {"name": "John", "age": 30}

# 辞書のキーと値を出力
for key, value in person.items():
    print(key + ": " + str(value))

このコードでは、辞書の要素を一つずつ出力する方法を紹介しています。

この例では、辞書personを定義し、それをforループとprint関数を使って出力しています。

これにより、辞書の各キーと値が一行ずつ出力されます。

○サンプルコード6:条件分岐を伴うprint関数の使い方

# 数値の宣言
num = 10

# 数値が偶数か奇数かを判断し出力
if num % 2 == 0:
    print(str(num) + " is even.")
else:
    print(str(num) + " is odd.")

このコードでは、条件分岐を伴うprint関数の使い方を紹介しています。

この例では、数値numを定義し、それが偶数か奇数かをif文とprint関数を使って判断し出力しています。

○サンプルコード7:ループを伴うprint関数の使い方

# 1から5までの数値を出力
for i in range(1, 6):
    print(i)

このコードでは、ループを伴うprint関数の使い方を紹介しています。

この例では、1から5までの数値をforループとprint関数を使って出力しています。

これにより、1から5までの数値が一行ずつ出力されます。

○サンプルコード8:関数内でprint関数を使う方法

# 関数の定義
def greet(name):
    print("Hello, " + name + "!")

# 関数の呼び出し
greet("Python")

このコードでは、関数内でprint関数を使う方法を紹介しています。

この例では、greetという関数を定義し、その中でprint関数を用いて挨拶文を出力しています。

そして、その関数を呼び出しています。

関数を使うことで、同じコードを何度も書く必要がなく、コードの再利用性が高まります。

○サンプルコード9:ファイルへの出力方法

# ファイルへの出力
with open('output.txt', 'w') as f:
    print("Hello, Python!", file=f)

このコードでは、ファイルへの出力方法を紹介しています。

この例では、open関数を使ってファイルを開き、そのファイルに対してprint関数でメッセージを出力しています。

print関数のfileパラメータに出力先のファイルオブジェクトを指定することで、画面ではなくファイルへの出力が可能となります。

○サンプルコード10:エラーメッセージの出力方法

# エラーメッセージの出力
import sys
print("Error: Invalid input!", file=sys.stderr)

このコードでは、エラーメッセージの出力方法を紹介しています。

この例では、sysモジュールのstderrを使ってエラーメッセージを出力しています。

通常のprint関数で出力すると標準出力に情報が送られますが、エラーメッセージの場合は標準エラー出力に送ることが一般的です。

●print関数の注意点と詳細な対処法

Pythonのprint関数は非常に強力で使いやすいですが、その利用にあたってはいくつかの注意点があります。

特に初心者の方は、次の点に気をつけてprint関数を使いましょう。

①print関数は遅い

大量のデータを出力する際には、print関数は遅いと感じることがあります。

特にループ内で大量のprintを行うと、プログラムのパフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

そのため、大量のデータを扱う際には、出力する情報を最小限に抑えるか、必要なデータだけをファイルに出力することをお勧めします。

②出力結果の整形

print関数で出力した結果はデフォルトで改行されますが、これはprint関数のendパラメータを用いて制御することができます。

また、複数の値を出力する際の間隔は、sepパラメータで調節することが可能です。

●print関数の詳細なカスタマイズ方法

print関数は様々なカスタマイズが可能で、その方法を理解することで、より効率的にコーディングを行うことが可能となります。

print関数のカスタマイズ方法をいくつか紹介します。

①改行を制御する

print関数のendパラメータを使うと、出力後の改行を制御することができます。

デフォルトでは改行(‘\n’)が追加されますが、これを空文字列にすると、出力後に改行されなくなります。

例えば、print("Hello, Python!", end="")とすると、次のprint関数の出力が同じ行に続きます。

②出力する値の間隔を制御する

print関数のsepパラメータを使うと、出力する値の間隔を制御することができます。

デフォルトでは空白文字(‘ ‘)が挿入されますが、これを任意の文字列に変更することができます。

例えば、print("Hello", "Python!", sep="---")とすると、”Hello”と”Python!”の間に”—“が挿入されます。

③フォーマット済みの文字列を出力する

Pythonのf文字列(フォーマット済み文字列)を使うと、変数の値を直接文字列に埋め込むことができます。

これを利用すると、print関数で出力する文字列の整形が容易になります。

例えば、name = "Python"; print(f"Hello, {name}!")とすると、”Hello, Python!”と出力されます。

まとめ

本記事では、Pythonのprint関数の使い方とその応用例を詳しく解説しました。

初心者の方はもちろん、中級者の方もきっと何か新しいことを学べたはずです。

プログラミングは、基本的な機能を理解し、それをうまく組み合わせて使うことで、様々な問題を解決できるようになります。

これからもPythonの学習を続けて、その楽しさと可能性を感じてください。