【COBOL】LOW-VALUEの活用法10選

COBOLプログラミングの初心者向けガイドブックの表紙COBOL
この記事は約20分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、COBOLプログラミングの基本からLOW-VALUEの活用法までを学ぶことができます。

COBOLはビジネスと金融業界で広く使用されている古典的なプログラミング言語であり、その基礎を理解することは今でも非常に重要です。

本記事では、COBOLの基本概念から始め、特に初心者にとって理解しやすい形でLOW-VALUEという概念の使い方とその応用例を解説していきます。

COBOLをこれから学びたい方、または基本を再確認したい経験者の方にも役立つ内容を心がけています。

●COBOLとは

COBOL(Common Business Oriented Language)は、1959年に開発されたビジネス向けの高水準プログラミング言語です。

その主な特徴は、英語に似た構文を持ち、読みやすく書きやすいことです。

COBOLは特に金融機関や政府機関で広く使われており、大量のデータを扱うトランザクション処理に優れています。

また、長い歴史を持つため、既存のシステムがCOBOLで書かれていることが多く、その保守や改善にCOBOLの知識が必要とされます。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLは、コンピューターの黎明期に登場したプログラミング言語の一つです。

その設計は、事務処理やデータ処理に特化しており、商業分野での使用を意図しています。

COBOLのコードは、英語のような自然言語に近いため、非プログラマーでも理解しやすいという特徴があります。

また、COBOLは堅牢なエラー処理機能を持ち、大規模なビジネスアプリケーションの開発に適しています。

○なぜ今もCOBOLが重要か

現代でもCOBOLが重要である理由は、多くの既存のビジネスシステムがこの言語で書かれているためです。

特に銀行や保険会社、政府機関などでは、古いシステムが現在も運用されており、これらのシステムの維持や更新にはCOBOLの知識が不可欠です。

また、COBOLは大規模なデータ処理とトランザクション処理に非常に優れており、これらの能力は今日のビジネス環境においても重要な役割を果たしています。

そのため、COBOLを学ぶことは、これらのシステムを扱う能力を身につけることを意味し、多くの企業にとって価値のあるスキルとなっています。

●COBOLの基本

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、ビジネスアプリケーションに特化したプログラミング言語で、その特徴は英語のような自然な文法と読みやすいコードです。

COBOLは大規模なデータ処理やファイル操作、バッチ処理に優れており、これらの基本を理解することはプログラミング技術の強化に繋がります。

○COBOLの構文概要

COBOLの構文は、英語をベースにしているため、直感的に理解しやすいのが特徴です。

COBOLプログラムは、IDENTIFICATION DIVISION, ENVIRONMENT DIVISION, DATA DIVISION, PROCEDURE DIVISIONという4つの主要なセクションで構成されています。

これらは、プログラムの識別情報、実行環境、データ構造、およびプログラムの具体的な処理手順を定義します。

例えば、簡単なCOBOLプログラムの構造を見てみましょう。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SAMPLE-PROGRAM.

ENVIRONMENT DIVISION.
CONFIGURATION SECTION.

DATA DIVISION.
FILE SECTION.

PROCEDURE DIVISION.
    BEGIN.
        DISPLAY 'Hello, COBOL World!'.
        STOP RUN.

このサンプルでは、最も基本的なプログラムの構造を表しています。

IDENTIFICATION DIVISIONではプログラムの名前を指定し、PROCEDURE DIVISIONでシンプルな出力を行っています。

○基本的なプログラムの構造

COBOLプログラムの基本的な構造は、上述のセクションで構成されています。

各セクションは特定の目的を持ち、プログラム全体の流れを形成します。

たとえば、DATA DIVISIONはプログラムで使用される変数やデータ構造を定義し、PROCEDURE DIVISIONは実際の処理手順やビジネスロジックを記述します。

COBOLのプログラムは通常、次の手順に従って書かれます。

  1. プログラムの識別情報をIDENTIFICATION DIVISIONに記述
  2. 実行環境の設定をENVIRONMENT DIVISIONで定義
  3. 使用するデータの構造をDATA DIVISIONで定義
  4. 具体的な処理手順をPROCEDURE DIVISIONで記述

これらの基本構造を理解することで、COBOLプログラミングの基礎を固めることができ、より複雑なアプリケーションへの応用が可能になります。

●LOW-VALUEの重要性

COBOLにおいてLOW-VALUE(低値)の重要性は、データの初期化や比較、条件分岐における基本的な役割にあります。

LOW-VALUEは、あるデータ項目の最小値を表し、通常はゼロや空白などを意味します。

これにより、プログラムがより安全で信頼性の高い動作をすることが保証されます。

特に、データの整合性を保つためには、適切な初期値の設定が不可欠であり、その際にLOW-VALUEが用いられることが多いのです。

○LOW-VALUEとは何か

LOW-VALUEは、COBOLで定義されたデータタイプの最小値を表す特別な値です。

例えば、数値型のデータ項目においてはゼロ、文字型のデータ項目においては空白(あるいはヌル文字)を表します。

この値を利用することで、プログラム内のデータ項目が未初期化の状態であることを防ぐことができます。

○LOW-VALUEの使い道

LOW-VALUEの主な使い道は、データ項目の初期化と条件分岐です。

例えば、新しいレコードを処理する前に、以前のレコードから残された値をクリアするために使用されます。

また、あるデータ項目が特定の値(例えば、ゼロや空白)であるかどうかを判断する際にも使われます。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 EMPLOYEE-RECORD.
   05 EMPLOYEE-NAME PIC A(20) VALUE LOW-VALUE.
   05 EMPLOYEE-ID PIC 9(5) VALUE LOW-VALUE.

PROCEDURE DIVISION.
    INITIALIZE EMPLOYEE-RECORD.
    IF EMPLOYEE-NAME = LOW-VALUE THEN
        DISPLAY "Employee name is not set".
    END-IF.

このサンプルでは、従業員レコードの各フィールドをLOW-VALUEで初期化しています。

その後、従業員の名前が設定されていない場合(つまり、LOW-VALUEの場合)にメッセージを表示する条件分岐を行っています。

●LOW-VALUEの基本的な使い方

COBOLにおけるLOW-VALUEの基本的な使い方は、主にデータの初期化や条件判断に使用されます。

LOW-VALUEを利用することで、プログラム内の変数やデータ項目が意図しない値で操作されることを防ぎ、エラーの発生を減らすことができます。

特に、プログラムが開始されたときや新しいデータ処理を行う前に、LOW-VALUEを用いてデータ項目をクリアすることは一般的なプラクティスです。

○サンプルコード1:変数の初期化

COBOLでの変数初期化にLOW-VALUEを用いる基本的な例を紹介します。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 EMPLOYEE-RECORD.
   05 EMPLOYEE-NAME PIC A(20) VALUE LOW-VALUE.
   05 EMPLOYEE-ID PIC 9(5) VALUE LOW-VALUE.

PROCEDURE DIVISION.
    INITIALIZE EMPLOYEE-RECORD.
    MOVE 'TANAKA' TO EMPLOYEE-NAME.
    MOVE 12345 TO EMPLOYEE-ID.

この例では、従業員の名前とIDを持つレコードEMPLOYEE-RECORDを定義し、LOW-VALUEで初期化しています。

その後、具体的な値(この場合は「TANAKA」と12345)を変数に代入しています。

この初期化プロセスにより、プログラムが安全にデータを扱えるようになります。

○サンプルコード2:条件分岐の例

LOW-VALUEは条件分岐においても重要な役割を果たします。

下記のコードは、条件分岐におけるLOW-VALUEの利用例です。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 ITEM-RECORD.
   05 ITEM-NAME PIC A(20) VALUE LOW-VALUE.
   05 ITEM-PRICE PIC 9(5) VALUE LOW-VALUE.

PROCEDURE DIVISION.
    INITIALIZE ITEM-RECORD.
    MOVE 'BOOK' TO ITEM-NAME.
    IF ITEM-PRICE = LOW-VALUE THEN
        DISPLAY "Item price not set".
    ELSE
        DISPLAY "Item price is set".
    END-IF.

このコードでは、商品名と価格を持つレコードITEM-RECORDを初期化しています。

その後、商品名に「BOOK」を代入し、価格が未設定(LOW-VALUE)の場合に特定のメッセージを表示する条件分岐を行っています。

これにより、価格が適切に設定されているかどうかをプログラムが確認することができます。

●LOW-VALUEの応用例

COBOLにおけるLOW-VALUEの応用例は多岐にわたりますが、特にデータ処理、エラー処理、データベース操作においてその有効性が際立ちます。

これらの領域でLOW-VALUEを適切に使用することで、プログラムの信頼性と効率性を大幅に向上させることができます。

○サンプルコード3:データ処理

データ処理において、LOW-VALUEはファイルの終端を判定する際によく用いられます。

下記のサンプルコードは、ファイルからデータを読み込み、終端に達したかどうかをLOW-VALUEを用いて判断する方法を表しています。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 INPUT-FILE.
   05 DATA-RECORD PIC A(20).

PROCEDURE DIVISION.
    OPEN INPUT INPUT-FILE.
    READ INPUT-FILE INTO DATA-RECORD.
    PERFORM UNTIL DATA-RECORD = LOW-VALUE
        PROCESS DATA-RECORD
        READ INPUT-FILE INTO DATA-RECORD.
    END-PERFORM.
    CLOSE INPUT-FILE.

このコードでは、データファイルからデータレコードを読み込み、LOW-VALUEに達するまでデータを処理しています。

ファイルの終端に達すると、データレコードはLOW-VALUEと等しくなり、ループが終了します。

○サンプルコード4:エラー処理

エラー処理においても、LOW-VALUEは有用です。

下記のサンプルでは、ファイル処理中にエラーが発生した場合にLOW-VALUEを使用してエラー処理を行う方法を表しています。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 INPUT-FILE.
   05 DATA-RECORD PIC A(20).

PROCEDURE DIVISION.
    OPEN INPUT INPUT-FILE.
    READ INPUT-FILE INTO DATA-RECORD
        AT END MOVE LOW-VALUE TO DATA-RECORD.
    IF DATA-RECORD = LOW-VALUE THEN
        DISPLAY "Error reading file or end of file reached."
    ELSE
        PROCESS DATA-RECORD.
    END-IF.
    CLOSE INPUT-FILE.

この例では、ファイルからの読み込みに失敗した場合、あるいはファイルの終端に到達した場合にDATA-RECORDにLOW-VALUEを代入しています。

これにより、エラーが発生したことを検知し、適切な処理を行うことができます。

○サンプルコード5:データベース操作

データベース操作では、LOW-VALUEを使用して特定のフィールドが未設定であることを示すことができます。

下記のサンプルコードでは、データベースからデータを取得し、特定のフィールドがLOW-VALUEであるかどうかをチェックしています。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 DATABASE-RECORD.
   05 CUSTOMER-ID PIC 9(5).
   05 ORDER-DATE PIC 9(8) VALUE LOW-VALUE.

PROCEDURE DIVISION.
    RETRIEVE DATABASE-RECORD.
    IF ORDER-DATE = LOW-VALUE THEN
        DISPLAY "Order date not set for customer", CUSTOMER-ID.
    ELSE
        PROCESS ORDER FOR CUSTOMER-ID.
    END-IF.

このコードでは、データベースから顧客のレコードを取得し、注文日が設定されていない場合(つまり、LOW-VALUEの場合)に特定のメッセージを表示しています。

これにより、データの完全性を確保し、エラーを回避することができます。

●COBOLプログラミングの注意点

COBOLプログラミングを行う際には、いくつかの重要な注意点があります。

これらの注意点を理解し遵守することで、より効果的で安全なプログラムを作成することが可能です。

特に、文法の厳守とデバッグの重要性については、COBOLプログラミングにおいて特に注意を要するポイントです。

○文法の厳守

COBOLは、その構造が厳密であり、文法の誤りがプログラムの実行エラーに直結する可能性が高いため、文法を正確に理解し、適用することが重要です。

例えば、変数宣言やセクションの記述が不適切だと、プログラムが正しく動作しない原因となります。

また、COBOLのコードはしばしば大規模で複雑なため、小さな文法上の誤りが大きな問題を引き起こすこともあります。

したがって、文法に対する正確な理解とそれに基づいたコーディングが求められます。

○デバッグの重要性

COBOLプログラミングでは、デバッグが非常に重要です。デバッグを行うことで、コード内のエラーを特定し、修正することができます。

特に、COBOLはビジネスや金融の分野で使用されることが多く、小さなエラーが大きな財務上の損失を招く可能性があるため、デバッグは極めて重要です。

デバッグプロセスには、コードの段階的なテストやロジックの検証が含まれ、問題の特定と修正に役立ちます。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 CUSTOMER-RECORD.
   05 CUSTOMER-ID PIC 9(5).
   05 CUSTOMER-NAME PIC A(20).
   05 BALANCE PIC 9(7)V99.

PROCEDURE DIVISION.
    OPEN INPUT CUSTOMER-FILE.
    READ CUSTOMER-FILE INTO CUSTOMER-RECORD.
    PERFORM UNTIL CUSTOMER-ID = 99999
        PERFORM VALIDATE-BALANCE
        READ CUSTOMER-FILE INTO CUSTOMER-RECORD.
    END-PERFORM.
    CLOSE CUSTOMER-FILE.

VALIDATE-BALANCE.
    IF BALANCE < 0 THEN
        DISPLAY "Negative balance for customer", CUSTOMER-ID.
    END-IF.

このコードは、顧客データファイルを読み込み、各顧客の残高が負でないかどうかをチェックするものです。

このようなデバッグプロセスは、エラーを早期に検出し、修正するために不可欠です。

プログラムの各部分を丁寧に検証し、エラーを特定することが重要です。

●COBOLプログラミングのカスタマイズ

COBOLプログラミングを行う際には、プログラムのカスタマイズが不可欠です。

特に、業務の要件や処理の複雑さに合わせて、標準的な構造や手法を適応させる必要があります。

COBOLでは、関数のカスタマイズや効率的なコーディングテクニックを用いることで、プログラムのパフォーマンスを向上させることができます。

○サンプルコード6:カスタム関数

COBOLでは、特定の処理を行うためのカスタム関数を作成することが可能です。

下記のサンプルコードは、日付のフォーマットを変更するカスタム関数の一例を表しています。

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 DATE-INPUT PIC 9(8).
01 FORMATTED-DATE PIC A(10).

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 20200917 TO DATE-INPUT.
    PERFORM FORMAT-DATE USING DATE-INPUT GIVING FORMATTED-DATE.
    DISPLAY FORMATTED-DATE.

FORMAT-DATE SECTION.
FORMAT-DATE PARAGRAPH.
    USING DATE-INPUT.
    GIVING FORMATTED-DATE.
    COMPUTE FORMATTED-DATE = FUNCTION DATE-OF-INTEGER (DATE-INPUT) (1:4) "-" (5:2) "-" (7:2).
    EXIT PARAGRAPH.

この関数FORMAT-DATEは、数値形式の日付をYYYY-MM-DDの形式に変換します。

このように、カスタム関数を用いることで、特定の処理を効率的に再利用することができます。

○サンプルコード7:効率的なコーディングテクニック

効率的なコーディングテクニックを用いることも、COBOLプログラミングのカスタマイズにおいて重要です。

下記のサンプルコードは、ループ処理において効率を向上させる方法を表しています。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 CUSTOMER-RECORD.
   05 CUSTOMER-ID PIC 9(5).
   05 CUSTOMER-NAME PIC A(20).
   05 PURCHASE-AMOUNT PIC 9(7)V99.

PROCEDURE DIVISION.
    OPEN INPUT CUSTOMER-FILE.
    READ CUSTOMER-FILE INTO CUSTOMER-RECORD.
    PERFORM UNTIL CUSTOMER-ID = 99999
        PROCESS-CUSTOMER-RECORD
        READ CUSTOMER-FILE INTO CUSTOMER-RECORD.
    END-PERFORM.
    CLOSE CUSTOMER-FILE.

PROCESS-CUSTOMER-RECORD.
    IF PURCHASE-AMOUNT > 5000 THEN
        DISPLAY "High-value customer: ", CUSTOMER-NAME.
    END-IF.

このコードでは、顧客の購入金額が特定の閾値を超えた場合にのみ、メッセージを表示する処理を行っています。

このような条件付きの処理は、不要な計算を避けることでプログラムの効率を高めることができます。

●COBOLプログラミングのさらなる応用

COBOLプログラミングでは、基本的なデータ処理だけでなく、ファイル操作、ネットワーク通信、ユーザーインターフェースの作成など、より高度な応用が可能です。

これらの応用は、COBOLプログラムの用途を広げ、より複雑な業務プロセスを自動化することを可能にします。

○サンプルコード8:ファイル操作

ファイル操作は、COBOLプログラミングにおいて非常に重要な部分です。

下記のサンプルコードは、ファイルを開いてデータを読み込み、処理した後にファイルを閉じる一連の流れを表しています。

DATA DIVISION.
FILE SECTION.
01 SALES-FILE.
   05 SALES-RECORD PIC A(50).

PROCEDURE DIVISION.
    OPEN INPUT SALES-FILE.
    READ SALES-FILE INTO SALES-RECORD.
    PERFORM UNTIL EOF
        PROCESS-SALES-RECORD
        READ SALES-FILE INTO SALES-RECORD.
    END-PERFORM.
    CLOSE SALES-FILE.

PROCESS-SALES-RECORD.
    * ここに売上記録の処理を記述
    DISPLAY "Processing sales record: ", SALES-RECORD.

このコードでは、SALES-FILEを開き、その内容を一行ずつ読み込み、PROCESS-SALES-RECORDで処理しています。

これにより、大量のデータを効率的に処理できます。

○サンプルコード9:ネットワーク通信

COBOLは、ネットワーク通信にも対応しています。

下記のサンプルでは、外部のサービスとの通信を行う方法を表しています。

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 SERVER-RESPONSE PIC A(100).

PROCEDURE DIVISION.
    * ネットワークを介して外部サービスにリクエストを送信
    CALL 'EXTERNAL-SERVICE' USING SOME-PARAMETERS
        RETURNING SERVER-RESPONSE.
    DISPLAY "Response from server: ", SERVER-RESPONSE.

この例では、EXTERNAL-SERVICEという外部のサービスにパラメータを送信し、その応答をSERVER-RESPONSEに格納しています。

○サンプルコード10:ユーザーインターフェースの作成

COBOLでは、テキストベースのユーザーインターフェースの作成も可能です。

下記のサンプルでは、ユーザーからの入力を受け取り、それに基づいて処理を行う簡単なインターフェースを表しています。

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 USER-INPUT PIC A(20).

PROCEDURE DIVISION.
    DISPLAY "Please enter your command: ".
    ACCEPT USER-INPUT.
    EVALUATE USER-INPUT
        WHEN 'REPORT' PERFORM GENERATE-REPORT
        WHEN 'EXIT' PERFORM EXIT-PROGRAM
        OTHERWISE DISPLAY "Unknown command".
    END-EVALUATE.

GENERATE-REPORT.
    * レポート生成の処理を記述
    DISPLAY "Generating report...".

EXIT-PROGRAM.
    * プログラム終了の処理を記述
    DISPLAY "Exiting program...".
    STOP RUN.

このコードでは、ユーザーからのコマンドを受け取り、それに応じて異なる処理を行っています。

これにより、ユーザーとの対話が可能なプログラムを作成できます。

まとめ

この記事を通じて、COBOLプログラミングの基本から応用まで、特にLOW-VALUEの多様な使い方に焦点を当てて解説しました。

COBOLは現在も多くの企業システムで使用されており、その重要性は変わりません。

この情報を基に、読者の皆さんがCOBOLプログラミングのスキルを磨き、より複雑な課題に挑戦することを願っています。

COBOLは古い言語ですが、その機能と応用範囲は現代のプログラミングにおいても十分に役立つものです。

引き続き、COBOLの学習と実践を進めていただければと思います。