【COBOL】THRU句を使った10のコード例 – JPSM

【COBOL】THRU句を使った10のコード例

COBOLでTHRU句を学ぶ初心者のためのガイドブックCOBOL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、COBOL言語の基本的な概念と、特にTHRU句の使い方を学ぶことができます。

COBOLは、ビジネスデータ処理に特化した古典的なプログラミング言語です。

この言語を学ぶことで、金融や保険、公共セクターなど、さまざまな分野でのデータ処理の基本を理解することができるでしょう。

●COBOLとは

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、1959年に開発されたビジネス向けの高水準プログラミング言語です。

その設計の主な目的は、ビジネス環境でのデータ処理とレポート作成の容易化でした。

COBOLは、その可読性と堅牢なファイル処理能力で知られており、銀行業界や政府機関などで今なお広く使用されています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLは、1960年代から1970年代にかけて、主にビジネスアプリケーションの開発に使用されました。

この言語は英語に近い構文を持ち、非技術者でも理解しやすいことが特徴です。

また、COBOLプログラムは、長期間にわたって企業の基幹システムとして機能してきたため、非常に信頼性が高いとされています。

○プログラミング初心者にとってのCOBOL

プログラミング初心者にとってCOBOLは、そのシンプルな構文と堅牢なデータ構造のため、学びやすい言語です。

特に、ビジネスロジックやデータ処理に関心がある場合、COBOLは有効なスキルセットを提供します。

COBOLの基本的な構造とコマンドを理解することで、初心者でも既存のシステムの保守や新しいアプリケーションの開発に参加することができます。

●THRU句の基本

COBOLにおけるTHRU句は、データ項目の範囲を指定するために使用される重要な構文の一つです。

特に、大規模なデータセットや複数のデータ項目を扱う際に、この句を利用することでコードの簡潔化と可読性の向上が期待できます。

例えば、複数の連続するデータ項目を一括で処理する際に、各項目を個別に指定する代わりに、範囲を指定して処理することができるのです。

○THRU句とは何か

THRU句は、COBOLプログラム内でデータ項目の範囲を指定するために使用されます。

この句は主に、MOVE、INITIALIZE、およびSET文で使用され、一連の項目を簡単に指定することができます。

たとえば、ある範囲の変数に初期値を設定したい場合や、一連の変数を特定の値に設定したい場合に有効です。

○THRU句の基本構文

THRU句の基本構文は比較的シンプルです。

通常、開始するデータ項目と終了するデータ項目を指定し、その間の全てのデータ項目に対して操作を適用します。

例えば、「MOVE 0 TO A THRU D」という文は、AからDまでの各項目に0を代入する操作に相当します。

ここで、具体的なサンプルコードを見てみましょう。

下記の例では、THRU句を使用して、配列の特定の範囲に値を代入しています。

01 数値配列。
   05 数値項目1 PIC 9(3) VALUE ZEROES.
   05 数値項目2 PIC 9(3) VALUE ZEROES.
   05 数値項目3 PIC 9(3) VALUE ZEROES.
   05 数値項目4 PIC 9(3) VALUE ZEROES.

MOVE 100 TO 数値項目1 THRU 数値項目4.

このコードでは、数値配列の各項目(数値項目1から数値項目4)に100を代入しています。

THRU句を使用することで、各項目を個別に指定する必要なく、一括で操作を行うことが可能になります。

これにより、コードの簡潔性と可読性が大幅に向上します。

●THRU句の使い方

COBOLにおけるTHRU句の使い方は多岐にわたりますが、特にループ処理やデータ範囲の指定においてその力を発揮します。

ここでは、THRU句を使用して効率的にデータを操作する方法について、実際のサンプルコードを交えて詳しく見ていきます。

○サンプルコード1:データ範囲の指定

THRU句を使用して特定のデータ範囲を指定する一例を紹介します。

下記のサンプルコードでは、複数の変数に対して同じ値を一括で設定しています。

01 数値配列。
   05 数値項目1 PIC 9(3) VALUE ZEROES.
   05 数値項目2 PIC 9(3) VALUE ZEROES.
   05 数値項目3 PIC 9(3) VALUE ZEROES.

MOVE 100 TO 数値項目1 THRU 数値項目3.

このコードでは、数値項目1から数値項目3までの各項目に100を代入しています。

THRU句を使用することで、各項目を個別に指定する必要なく、簡単かつ効率的に同じ操作を行うことができます。

○サンプルコード2:ループ処理の簡略化

THRU句はループ処理を簡略化するのにも役立ちます。

下記のサンプルコードでは、配列の要素を一括で処理しています。

01 数値配列。
   05 数値項目 PIC 9(3) OCCURS 10 TIMES VALUE ZEROES.

PERFORM VARYING 数値項目 FROM 1 BY 1 UNTIL 数値項目 > 10
   MOVE 100 TO 数値配列 (数値項目)
END-PERFORM.

このコードでは、配列「数値配列」の各要素に対してループ処理を行い、各要素に100を代入しています。

PERFORM文と組み合わせることで、THRU句を使ったループ処理の簡略化が実現されます。

○サンプルコード3:配列の操作

COBOLでの配列操作は、THRU句を利用することでより効率的になります。

配列の要素に一括で操作を適用することができるため、コードの簡潔さと可読性が向上します。

01 数値配列。
   05 数値項目 PIC 9(3) OCCURS 5 TIMES VALUE ZEROES.

MOVE 100 TO 数値項目(1) THRU 数値項目(5).

この例では、5つの要素を持つ数値配列「数値配列」が定義されています。THRU句を使用して、配列の全ての要素に同じ値(この場合は100)を代入しています。

このようにTHRU句を使用することで、配列の各要素に対して個別にMOVE文を書く必要がなくなり、効率的に配列を操作することができます。

○サンプルコード4:条件分岐の簡素化

THRU句は、条件分岐の際にも役立ちます。

複数の条件を一括で評価することができるため、コードをより簡潔に書くことが可能になります。

IF 数値項目(1) THRU 数値項目(5) = 100
   DISPLAY "全ての項目が100です。"
ELSE
   DISPLAY "一部の項目が100ではありません。"

この例では、先ほどの配列「数値配列」の全ての要素が100であるかどうかを一括で評価しています。

もし全ての要素が100であれば、”全ての項目が100です。”と表示し、そうでなければ”一部の項目が100ではありません。”と表示します。

THRU句を使用することで、各要素を個別に評価する複雑なIF文を書く必要がなくなります。

●THRU句の応用例

COBOLにおけるTHRU句の応用例は、基本的な使い方から一歩進んだ複雑なデータ構造の操作や効率的なデータ処理に至るまで多岐にわたります。

ここでは、THRU句を活用した高度なコード例をいくつか紹介し、それらの実際の応用方法を解説します。

○サンプルコード5:複雑なデータ構造の操作

THRU句は、複雑なデータ構造の操作にも有効です。

例えば、ネストされた配列や複数のレコード構造に対して、一括で操作を適用することができます。

ここでは、ネストされた配列に対する操作のサンプルコードを紹介します。

01 複合データ構造。
   05 部門レコード OCCURS 5 TIMES。
      10 部門コード PIC 9(3).
      10 部門名 PIC A(20).
      10 従業員数 PIC 9(3) OCCURS 10 TIMES VALUE ZEROES.

MOVE 50 TO 従業員数 OF 部門レコード(1) THRU 部門レコード(5).

このコードでは、5つの部門レコードがあり、それぞれに従業員数の配列が含まれています。

THRU句を使用して、全ての部門レコードの従業員数に一括で50を代入しています。

このようにTHRU句を使うことで、複雑なデータ構造内の複数の要素に対して効率的に操作を行うことができます。

○サンプルコード6:効率的なデータ処理

THRU句は、大量のデータを効率的に処理する際にも役立ちます。

ここでは、大量のデータレコードに対する処理のサンプルコードを紹介します。

01 大量データファイル。
   05 データレコード PIC X(100) OCCURS 1000 TIMES。

PERFORM VARYING データレコード FROM 1 BY 1 UNTIL データレコード > 1000
   IF データレコード(1) THRU データレコード(1000) = "条件"
      DISPLAY "特定の条件に一致するレコードが見つかりました。"
   END-IF
END-PERFORM.

このコードでは、1000個のデータレコードが定義されており、PERFORM文を使用して各レコードを順に処理しています。

THRU句を使うことで、一定の条件に一致するレコードを効率的に検索しています。

このようにTHRU句を用いることで、大量のデータを扱う際の処理を簡略化し、パフォーマンスを向上させることができます。

○サンプルコード7:データベースとの連携

COBOLでのデータベース操作は、THRU句を利用することでさらに効率化することができます。

データベースからの大量データの読み込みや更新など、複数のデータベース操作を一括で行うことが可能になります。

ここでは、データベースとの連携を表すサンプルコードを紹介します。

01 データベースレコード。
   05 社員ID PIC 9(5).
   05 社員名 PIC A(20).
   05 所属部門 PIC A(20).

SELECT 社員情報 INTO :データベースレコード
FROM 社員テーブル
WHERE 社員ID = :社員ID THRU :社員ID + 100.

このコードでは、社員テーブルから特定の範囲の社員情報を一括で取得しています。

THRU句を使って、社員IDの範囲を指定し、該当する全ての社員のデータを取得しています。

この方法により、効率的に大量のデータを処理することができます。

○サンプルコード8:ファイル操作の自動化

COBOLにおいて、THRU句はファイル操作を自動化する際にも重要な役割を果たします。

特に、大量のファイルデータに対する一括処理において、コードの簡略化と処理速度の向上が期待できます。

ここでは、ファイル操作の自動化を示すサンプルコードを紹介します。

01 ファイルレコード。
   05 ファイル名 PIC A(50).
   05 ファイルデータ PIC X(1000).

OPEN INPUT ファイル
READ ファイル INTO ファイルレコード AT END
   DISPLAY "ファイルの終わりに到達しました。"
END-READ.

PERFORM UNTIL ファイルレコード = "特定の条件"
   READ ファイル NEXT RECORD INTO ファイルレコード AT END
      EXIT PERFORM
   END-READ
END-PERFORM.

CLOSE ファイル.

このコードでは、指定されたファイルを開き、特定の条件に一致するレコードが見つかるまでファイル内のデータを読み込み続けます。

THRU句を用いることで、特定の範囲のファイルレコードに対して一括で操作を適用することも可能です。

このようにして、ファイル操作を自動化し、効率的にデータを処理することができます。

○サンプルコード9:エラー処理の改善

COBOLプログラムでは、エラー処理が重要な役割を担います。

THRU句を使用して、エラーチェックを効率的に行うことが可能です。

下記のサンプルコードでは、複数のデータ項目に対するエラーチェックを一括で実行しています。

01 データレコード。
   05 数値項目1 PIC 9(3).
   05 数値項目2 PIC 9(3).
   05 数値項目3 PIC 9(3).

IF 数値項目1 THRU 数値項目3 > 100
   DISPLAY "エラー:値が100を超えています。"
ELSE
   CONTINUE
END-IF.

このコードでは、THRU句を用いて数値項目1から数値項目3までの全ての項目が100を超えていないかを一括でチェックしています。

もしいずれかの項目が条件を満たさなければ、エラーメッセージを表示します。

このようにして、複数の項目に対するエラーチェックを簡潔に記述できます。

○サンプルコード10:性能最適化

COBOLにおけるTHRU句のもう一つの応用例は、プログラムの性能最適化です。

特に、大量のデータ処理や繰り返し操作において、THRU句を活用することで処理時間の短縮が期待できます。

ここでは、性能最適化のためのサンプルコードを紹介します。

01 大規模データ配列。
   05 データ項目 PIC X(10) OCCURS 1000 TIMES.

PERFORM VARYING データ項目 FROM 1 BY 1 UNTIL データ項目 > 1000
   IF データ項目(1) THRU データ項目(1000) = "特定の条件"
      DISPLAY "条件に一致するデータが見つかりました。"
      EXIT PERFORM
   END-IF
END-PERFORM.

このコードでは、1000個のデータ項目を持つ大規模データ配列に対して、特定の条件に一致するデータ項目が存在するかを効率的に検索しています。

THRU句を用いることで、配列の全ての要素に対する条件チェックを簡潔に記述し、性能の向上を図ることが可能です。

●注意点と対処法

COBOLでTHRU句を使用する際の注意点には、範囲指定の正確性、データ型の整合性、性能への影響などがあります。

これらを適切に管理することで、プログラムの効率性と正確性を高めることができます。

範囲指定の正確性については、指定する範囲がプログラムの要件に正確に合致しているかを確認する必要があります。

誤った範囲指定は、思わぬエラーの原因となり得ます。

データ型の整合性では、THRU句による範囲指定が行われるデータ項目が同じ型であることを確認することが重要です。

異なる型のデータ項目に対してTHRU句を適用すると、エラーが生じる可能性があります。

性能への影響に関しては、特に大量のデータを扱う場合、THRU句の使用がプログラムの実行速度に影響を与えることがあります。

性能テストを通じて最適な処理方法を選択することが推奨されます。

○デバッグのコツ

COBOLプログラムのデバッグにおいては、プログラムの各セクションを個別にテストすることが有効です。

段階的なテストを行い、問題がある部分を特定しやすくすることが重要です。

また、ログ出力を活用することで、プログラムの動作を詳細に追跡し、問題の原因を特定しやすくなります。

○一般的なエラーとその解決策

COBOLプログラミングにおいて一般的なエラーには、構文エラーやデータ型の不整合、範囲外の値へのアクセスなどがあります。

これらのエラーを防ぐためには、プログラムコードの厳密なレビューとテストが必要です。

また、エラーメッセージを注意深く読み解き、問題のあるコードを特定し、修正することが重要です。

●カスタマイズ方法

COBOLプログラムのカスタマイズにおいては、プログラムの可読性と保守性を重視することが重要です。

特にTHRU句を使用する場合、コードの明瞭さを保つために、適切なコメントやドキュメントの追加が推奨されます。

また、プログラムの変更に伴うテストケースの更新や、パフォーマンスの監視も重要な要素です。

THRU句の使用によりコードの簡潔化が図れますが、過度の使用は逆にコードの理解を難しくすることがあります。

そのため、THRU句の使用は、その効果が明確になる場面に限定することが望ましいです。

○コードのカスタマイズ例

例えば、ある範囲内の数値に対する処理を行う場合、THRU句を利用すると、複数行にわたる記述を一行で表現することができます。

しかし、この時、範囲が広すぎると、どの数値が対象か不明確になる可能性があるため、範囲の設定は慎重に行う必要があります。

○THRU句の応用テクニック

THRU句の応用としては、ループ処理や条件分岐の簡略化が挙げられます。

例えば、複数の条件を一つの条件文で表現する際、THRU句を用いると、コードを簡潔に保つことができます。

また、配列の要素を範囲指定で操作する際にもTHRU句は有効です。

これにより、コードの可読性と効率性を高めることができます。

ただし、これらの応用技術を使用する際は、常にプログラムの全体的な構造とパフォーマンスを考慮することが不可欠です。

適切な応用により、COBOLプログラミングの柔軟性と効率性を高めることが可能になります。

まとめ

本記事では、COBOLプログラミングにおけるTHRU句の基本的な使い方から、その応用例までを網羅的に解説しました。

初心者から経験者まで、THRU句を効果的に使うための知識を提供することを目指しました。

THRU句は、データ範囲の指定やループ処理の簡略化、条件分岐の効率化など、多岐にわたる用途で使用できます。

また、カスタマイズや応用テクニックを駆使することで、より高度なプログラミングが可能になります。

しかし、その使用には注意が必要で、コードの可読性や保守性を損なわないように慎重に検討することが重要です。

この記事を通じて、COBOLのTHRU句のポテンシャルを最大限に引き出し、あなたのプログラミングスキルの向上に寄与できることを願っています。