【COBOL】定数定義を完全理解するための7ステップを初心者向けに解説!

COBOLプログラミングの基本を学ぶ初心者のイメージCOBOL
この記事は約12分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、プログラミング言語COBOLにおける定数定義の基本的な方法を、初心者の方にも理解しやすいように丁寧に解説します。

COBOLはビジネス用途に特化した古典的な言語であり、現代のプログラミング環境においてもその重要性は変わりません。

ここでは、COBOLの基本概念から、定数の定義方法に至るまでの知識をステップバイステップで紹介します。

サンプルコードを交えながら、定数の定義がどのように行われ、プログラムにどのように組み込まれるかを具体的に見ていきましょう。

COBOLの基本をしっかりと理解することで、より複雑なプログラミングに挑戦する土台を築くことができます。

●COBOLとは

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、1959年に開発されたビジネス処理に特化した高水準プログラミング言語です。

その設計は、主にビジネスデータ処理の要件に基づいており、金融機関や政府機関などで広く使用されてきました。

COBOLの特徴は、英語に似た文法を持つことで、初心者にも比較的理解しやすい構造をしています。

また、大規模なデータ処理に優れ、安定した動作を提供するため、現代でも多くの企業システムで活用されています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLの歴史は、コンピュータ技術の黎明期に遡ります。

1950年代後半に米国国防総省の支援のもとで開発されたこの言語は、事務処理に特化した最初のプログラミング言語の一つです。

COBOLの設計は、当時としては画期的であり、ビジネスデータ処理の効率化を大きく進めました。

特に、英語に近い自然言語に似た文法は、非技術者でもプログラムを読み書きしやすいという利点があります。

さらに、COBOLは堅牢性と移植性に優れており、異なるハードウェアやオペレーティングシステム間での互換性を保つことができます。

これらの特徴は、現代の多くのプログラミング言語の設計にも影響を与えています。

また、COBOLはビジネス用途に特化しているため、金融、保険、政府機関などの分野で広く利用されており、大規模なデータベースと連携したアプリケーションの開発に適しています。

●定数とは

COBOLにおけるプログラミングでは、定数が重要な役割を担います。定数とは、プログラムの実行中にその値が変更されないデータを指します。

これらは、プログラム内で何度も使用される値や、変更されるべきではない重要なデータを扱う際に用いられます。

例えば、税率や計算で使われる定数などがあります。

これらの値をプログラムの複数の場所でハードコード(直接記述)する代わりに、定数として定義することで、プログラムのメンテナンスが容易になり、エラーの可能性も減少します。

○定数の概念と重要性

定数の使用は、プログラムの可読性とメンテナンス性を大幅に向上させます。

値がプログラム全体で一貫していることを保証し、値の変更が必要な場合には、一箇所の修正で済むため、エラーのリスクを減らすことができます。

また、定数はプログラム内でのその値の意味を明確にすることで、他のプログラマーがコードを理解しやすくなります。

COBOLでは、定数は特定のデータ型(数値、文字列など)を持ち、プログラム内で一度定義すると、その値は変更できません。

例えば、下記のCOBOLコードでは、「TAX_RATE」という名前の数値定数を定義しています。

この定数は、プログラム内の税計算に使用され、その値は7.5となります。

      01 TAX_RATE PIC 9(2)V99 VALUE 7.5.

このサンプルコードでは、「TAX_RATE」という名前の定数を定義し、小数点以下2桁の数値(税率)として7.5を設定しています。

この定数はプログラム内で税金の計算に使用されるため、一貫性のある計算が可能になります。

また、将来税率が変更される場合でも、この定数の値を更新するだけで、プログラム全体に適用されるため、メンテナンスが容易になります。

●COBOLでの定数定義方法

COBOLプログラミングにおける定数定義は、プログラム全体で一貫した値を保持し、コードの可読性とメンテナンス性を高めるために重要です。

定数はプログラムの実行中に値が変更されないことを意味し、特定の値をプログラム内で一貫して使用する場合に利用されます。

COBOLでの定数定義は、DATA DIVISION内に特定の値として定義され、その後のプログラム処理で使用されます。

○定数の基本的な定義方法

COBOLで定数を定義する基本的な方法は、DATA DIVISION内に定数として利用する値を設定することです。

通常、01レベルで値を設定し、VALUE句を用いて初期値を与えます。

定数の値は、プログラムの実行中に変更することができません。

      DATA DIVISION.
      WORKING-STORAGE SECTION.
      01 TAX-RATE PIC 9(03)V99 VALUE 7.50.

この例では、「TAX-RATE」という名前の数値定数を定義しています。

この定数は、税率を表し、値として7.50(7.50%)が設定されています。

この定数は、プログラム内で税金の計算に使用され、値が変更されることはありません。

○サンプルコード1:数値定数の定義

COBOLで数値定数を定義する一般的な例として、下記のコードを考えます。

      01 MAX-ITEMS PIC 9(04) VALUE 1000.

このサンプルコードでは、「MAX-ITEMS」という名前の定数を定義し、値として1000を設定しています。

この定数は、例えば商品の最大在庫数などを表すのに使用され、プログラム内でこの値が変更されることはありません。

○サンプルコード2:文字列定数の定義

文字列定数を定義する場合、下記のようなコードが用いられます。

      01 COMPANY-NAME PIC X(20) VALUE "JPSM CORPORATION".

このコードでは、「COMPANY-NAME」という名前の文字列定数を定義しており、その値として「JPSM CORPORATION」という文字列が設定されています。

この文字列定数は、例えばレポートのヘッダーなどに会社名を表示する際に使用され、プログラムの実行中にこの値が変更されることはありません。

●定数を使ったプログラミング例

COBOLプログラミングにおいて、定数を使用することでプログラムの効率性と正確性を高めることができます。

定数はプログラム内で一度定義すると、その値が実行中に変更されることはありません。

これにより、プログラム内の多くの部分で同じ値を使用する際に、誤りを減らし、可読性を高めることが可能です。

ここでは、COBOLで定数を使用する具体的な例をいくつか紹介します。

○サンプルコード3:条件文に定数を使用

条件文に定数を使用することで、プログラムの論理がより明確になり、後で値を変更する必要がある場合にも容易に対応できます。

下記のサンプルコードでは、税率を表す定数を使用して税金を計算しています。

      IF SALES > 1000 THEN
          COMPUTE TAX = SALES * TAX-RATE.

このコードでは、「TAX-RATE」という定数が税金の計算に使用されています。

売上(SALES)が1000を超えた場合、税金が計算されます。

ここでの「TAX-RATE」は以前に定義された定数であり、プログラムの実行中にその値が変更されることはありません。

○サンプルコード4:繰り返し処理に定数を使用

繰り返し処理においても、定数は重要な役割を果たします。

下記のサンプルコードでは、定数を使用して特定の回数だけ繰り返し処理を行います。

      PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > MAX-COUNT
          DISPLAY "LOOP COUNT: " I.
      END-PERFORM.

このコードでは、「MAX-COUNT」という定数を使用してループの終了条件を設定しています。

変数「I」が「MAX-COUNT」より大きくなるまで、ループ内の処理が繰り返されます。

このように定数を使用することで、プログラムの柔軟性と保守性を高めることができます。

また、将来的にループの回数を変更する必要がある場合でも、定数の値を変更するだけで済むため、プログラムの修正が容易になります。

●定数定義の応用

COBOLプログラミングにおいて定数を用いることで、より複雑な条件やデータ処理を効率的に行うことが可能です。

定数を使用することで、プログラムの変更が必要な場合にも簡単に対応でき、プログラム全体の可読性と保守性が向上します。

ここでは、複雑な条件文やデータ処理における定数の利用方法と、効率的なコードの書き方について具体的なサンプルコードを用いて説明します。

○サンプルコード5:複雑な条件文での定数利用

定数は複雑な条件文においても非常に有用です。

下記のサンプルコードでは、特定の条件を満たす場合に処理を実行する例を表しています。

      IF EMPLOYEE-AGE > RETIREMENT-AGE THEN
          PERFORM RETIREMENT-PROCESS.

このコードでは、「RETIREMENT-AGE」という定数を用いて従業員の退職年齢を判断しています。

従業員の年齢(EMPLOYEE-AGE)が退職年齢(RETIREMENT-AGE)を超えた場合、退職処理(RETIREMENT-PROCESS)を実行します。

このように定数を利用することで、コード内のマジックナンバーを避け、プログラムの明確性を保つことができます。

○サンプルコード6:定数を使ったデータ処理

定数は、データ処理においても効率化を図ることができます。

下記のコードは、定数を使用したデータ処理の例です。

      PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > MAX-RECORDS
          READ EMPLOYEE-FILE AT END
              GO TO END-OF-FILE-PROCESS.
          PROCESS EMPLOYEE-RECORD.
      END-PERFORM.

このサンプルコードでは、従業員ファイルからデータを読み込み、各レコードを処理しています。

ここで「MAX-RECORDS」という定数は、処理する最大レコード数を表しています。

このように定数を用いることで、データ処理の範囲を明確にし、プログラムの変更が必要な場合にも簡単に対応できます。

○サンプルコード7:効率的なコードの書き方

効率的なコードを書くためには、定数を適切に利用することが重要です。

下記のサンプルコードは、効率的なプログラミングの一例を表しています。

      01 SALES-TOTAL PIC 9(7)V99 VALUE ZERO.
      01 SALES-COUNTER PIC 9(4) VALUE ZERO.

      PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > TOTAL-SALES-RECORDS
          ADD SALES-AMOUNT(I) TO SALES-TOTAL.
          ADD 1 TO SALES-COUNTER.
      END-PERFORM.

このコードでは、合計売上(SALES-TOTAL)と売上件数(SALES-COUNTER)を計算しています。

ここで「TOTAL-SALES-RECORDS」という定数は、処理する売上レコードの総数を表しており、各売上レコード(SALES-AMOUNT(I))の合計を計算しています。

このように定数を用いることで、プログラムの可読性と保守性を高めることができます。

また、必要に応じて定数の値を変更するだけで、プログラム全体に影響を与えることができ、効率的なプログラミングが可能となります。

●注意点と対処法

COBOLプログラミングにおける定数定義では、いくつかの重要な点を注意しなければなりません。

これらの注意点を正しく理解し、適切に対処することで、エラーを防ぎ、効率的かつ安全なコードの作成が可能になります。

定数定義に関連する重要な注意点と、よく発生するエラーについて、その対処法を詳細に説明します。

○COBOLの定数定義における注意点

COBOLにおいて定数を定義する際には、まず正確なデータ型を選択することが重要です。

適切なデータ型を使用しないと、プログラム実行時にエラーや予期せぬ挙動が発生する可能性があります。

さらに、定数に値を割り当てる際はVALUE句を正しく使用する必要があります。この句の誤った使用はエラーの原因となります。

また、定数の命名には一意性が求められるため、用途や内容を明確に示す命名を心がけることが推奨されます。

○よくあるエラーとその対処法

COBOLプログラミングにおける定数定義でよく発生するエラーには、データ型不一致や誤ったVALUE句の使用、定数の重複定義などがあります。

データ型不一致の場合は、定数のデータ型を確認し、適切な型に修正することが必要です。

VALUE句の使用に誤りがある場合は、値とデータ型が一致しているかを再確認し、必要に応じて修正します。

定数の重複定義は、プログラム内で定数名が一意であることを確認し、重複がある場合は名前を変更することで対処できます。

これらの注意点と対処法を適切に理解し、適用することで、より安全で効率的なプログラミングが実現可能です。

まとめ

この記事では、COBOL言語における定数定義の基本的な方法、重要性、そして定数を使用する際の注意点や一般的なエラーとその対処法について詳しく解説しました。

COBOLはビジネス処理に特化した古典的なプログラミング言語であり、定数の使用はプログラムの効率性、安全性、そして可読性を高める重要な要素です。

定数を用いることでプログラム内で一貫性を保ち、エラーの可能性を減少させることができます。また、プログラムの変更やメンテナンスが容易になるという利点もあります。

特に、データ型の選択、VALUE句の正しい使用、そして一意の命名規則は、定数定義の際に重要なポイントです。

一方で、データ型不一致や誤ったVALUE句の使用、定数の重複定義などのエラーが発生しやすいため、これらの問題を避けるための対策も理解しておく必要があります。

COBOLプログラミングにおける定数の適切な使用は、プログラムの品質を向上させるために不可欠です。

この記事を通じて、COBOLにおける定数定義の基本から応用までを網羅的に理解することができたと思います。

効率的かつ安全なプログラミングのために、これらの知識を活用していただければ幸いです。