COBOLとNATIONAL-OF関数の10の簡単な使い方

COBOLプログラミングの基本を学ぶ、NATIONAL-OF関数の使い方のイラストCOBOL
この記事は約18分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

COBOL(Common Business Oriented Language)は、ビジネスアプリケーションの開発に特化したプログラミング言語です。

1959年に初めて開発されて以来、金融、政府、保険などの分野で広く使用されてきました。

COBOLの特徴は、その読みやすさとビジネスロジックの表現に適した構造にあります。

この記事では、COBOLの中でも特に重要な「NATIONAL-OF関数」に焦点を当て、その基本的な使い方や応用例を、初心者にも理解しやすい形で詳しく解説します。

COBOLのコードは、業務処理に焦点を当てて設計されており、簡潔で直感的な構文を持っています。

これにより、業務知識を持つ非プログラマーでもCOBOLコードの読み書きが容易になります。

しかし、この言語が持つ豊富な機能の中で、特に「NATIONAL-OF関数」は、国際化対応のアプリケーションを作成する際に重要な役割を果たします。

●COBOLプログラミング言語の概要

COBOLは、主にビジネス、財務、管理システムのために設計された高水準のプログラミング言語です。

COBOLの設計の主な目的は、業務用の処理を自然言語に近い形式で記述できるようにすることにあります。

このため、COBOLのプログラムは非常に読みやすく、自然言語に近い文法を持っています。

COBOLは、大規模なデータ処理に適しており、銀行、保険会社、政府機関などで長年にわたり利用されてきました。

また、COBOLは長期間にわたるビジネス要件の変化に対応するため、時代とともに進化し続けています。

近年では、オブジェクト指向機能やXMLのサポートなど、現代のプログラミング言語の特徴も取り入れられています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLの歴史は、1950年代末に始まります。

この言語は、ビジネス用途に特化した最初の数少ないプログラミング言語の一つで、その設計は業務用アプリケーションのニーズに合わせて行われました。

COBOLは読みやすさを重視して設計されており、自然言語に似た構文を持つことが特徴です。

このため、プログラムは記述が容易であり、ビジネスの専門家によっても理解しやすいです。

COBOLのもう一つの重要な特徴は、その堅牢さと信頼性です。

金融機関や政府機関など、大量のトランザクションとデータを扱う環境で広く使用されてきた実績があります。

さらに、COBOLはそのスケーラビリティにおいても優れており、小規模なビジネスアプリケーションから大規模なエンタープライズシステムまで、幅広い規模のシステム開発に適応できます。

●NATIONAL-OF関数の基本

COBOLにおける「NATIONAL-OF関数」は、国際化されたデータの取り扱いに特化した機能です。

この関数は、異なる文字セット間でデータを変換する際に使用され、特に多言語環境でのアプリケーション開発において重要な役割を果たします。

NATIONAL-OF関数を使用することで、例えば、ASCII文字セットを使用する英語のテキストを、Unicode文字セットを使用する日本語や中国語などのテキストに変換することができます。

この関数の利用は、グローバルなビジネス環境において特に重要です。

異なる国や地域で使用されるさまざまな言語や文字セットに対応するため、COBOLプログラムはNATIONAL-OF関数を利用して、データの表現を統一的かつ効率的に行うことができます。

これにより、プログラムの国際化が容易になり、より広いユーザーベースに対応するアプリケーションを開発することが可能になります。

○NATIONAL-OF関数の役割と仕組み

NATIONAL-OF関数の主な役割は、異なる文字エンコーディング間でのデータ変換です。

この関数は、指定されたソース文字列を、異なる国や地域の言語に適した文字セットに変換するために使用されます。

例えば、英語のテキストを日本語や中国語などの異なる文字セットを使用する言語に変換する場合、NATIONAL-OF関数は非常に有効です。

この関数の仕組みは、ソース文字列と目的の文字セットを指定することによって機能します。

COBOLプログラムは、NATIONAL-OF関数を使用して、ソース文字列を目的の文字セットに変換し、その結果を新たな文字列として返します。

このプロセスは、多言語対応のアプリケーション開発において重要なステップであり、異なる地域のユーザーに適したデータ表現を可能にします。

COBOLにおけるNATIONAL-OF関数の使用は、国際化を考慮したアプリケーション開発において、データの整合性とアクセシビリティを保つ上で非常に重要です。

●NATIONAL-OF関数の使い方

COBOLのNATIONAL-OF関数を使用する際には、まず関数が取り扱う文字列の種類や目的の文字セットを理解することが重要です。

この関数は、特定の文字列を指定された文字セットに変換する役割を担います。

例えば、ASCII文字セットからUnicode文字セットへの変換などがこれに該当します。

具体的な使い方としては、関数の引数に変換したい文字列と目的の文字セットを指定します。

このプロセスは、データの国際化や多言語対応の際に特に役立ちます。

NATIONAL-OF関数の使用は、グローバルな市場で活動するビジネスアプリケーションにおいて、多言語対応の必要性を満たすために不可欠です。

この関数を適切に使用することで、異なる国や地域のユーザーが使用する様々な言語に対応したアプリケーションを作成することが可能になります。

○サンプルコード1:文字列の国際化

例として、英語の文字列を日本語に変換するシンプルなCOBOLプログラムを考えてみましょう。

下記のサンプルコードでは、NATIONAL-OF関数を使用して、ASCII文字セットを使用する英語の文字列を、Unicode文字セットを使用する日本語の文字列に変換しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. NATIONAL-OF-Example.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 ENGLISH-STRING PIC X(100) VALUE "Hello, World!".
01 JAPANESE-STRING PIC N(100).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(ENGLISH-STRING, 'UTF-8') TO JAPANESE-STRING.
   DISPLAY JAPANESE-STRING.

STOP RUN.

このコードは、「Hello, World!」という英語の文字列を、UTF-8形式の日本語文字列に変換しています。

NATIONAL-OF関数は、第一引数に変換したい文字列(ここではENGLISH-STRING)、第二引数に目的の文字セット(ここでは’UTF-8’)を取ります。

結果として得られる文字列は、JAPANESE-STRINGに格納され、画面に表示されます。

○サンプルコード2:数値データの変換

次に、数値データを異なる国際的なフォーマットに変換する例を考えます。

下記のサンプルコードでは、NATIONAL-OF関数を使用して、アメリカ式の数値フォーマットを日本式の数値フォーマットに変換しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. NATIONAL-OF-Number-Example.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 AMERICAN-NUMBER PIC 9(5) VALUE 12345.
01 JAPANESE-NUMBER PIC N(5).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(AMERICAN-NUMBER, 'JP') TO JAPANESE-NUMBER.
   DISPLAY JAPANESE-NUMBER.

STOP RUN.

このプログラムでは、数値12345を日本の数値フォーマットに変換しています。

NATIONAL-OF関数は、AMERICAN-NUMBERを日本式のフォーマット(’JP’)に変換し、その結果をJAPANESE-NUMBERに格納しています。

このようにして、異なる国や地域の数値表現への対応が可能になります。

○サンプルコード3:データ型の変更

COBOLでは、データ型を変換するためにNATIONAL-OF関数を使用することができます。

例えば、文字列型から数値型へ、またはその逆の変換が考えられます。

この種の変換は、データを異なる形式で処理する必要がある場合に便利です。

下記のサンプルコードでは、文字列型のデータを数値型に変換しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. Data-Type-Conversion.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 STRING-DATA PIC X(10) VALUE '100'.
01 NUMERIC-DATA PIC 9(10).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(STRING-DATA, 'NUMERIC') TO NUMERIC-DATA.
   DISPLAY NUMERIC-DATA.

STOP RUN.

このプログラムでは、文字列’100’を数値100に変換しています。

NATIONAL-OF関数は、第一引数に変換したいデータ(ここではSTRING-DATA)、第二引数に変換後のデータタイプ(ここでは’NUMERIC’)を取ります。

このようにして、データの型変換を容易に行うことが可能です。

○サンプルコード4:日付フォーマットの変更

COBOLのNATIONAL-OF関数を使用して、日付データのフォーマットを変更することもできます。

異なる国や地域で一般的な日付フォーマットに対応するために、この機能は特に有用です。

下記のサンプルコードでは、アメリカ式の日付フォーマット(MM/DD/YYYY)を日本式のフォーマット(YYYYMMDD)に変換しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. Date-Format-Conversion.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 AMERICAN-DATE PIC X(10) VALUE '12/31/2023'.
01 JAPANESE-DATE PIC X(8).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(AMERICAN-DATE, 'YYYYMMDD') TO JAPANESE-DATE.
   DISPLAY JAPANESE-DATE.

STOP RUN.

このプログラムでは、’12/31/2023’という日付を’20231231’の形式に変換しています。

NATIONAL-OF関数は、アメリカ式の日付を日本式のフォーマットに変換するために使用されています。

この機能を利用することで、アプリケーションが異なる国や地域の日付表記標準に対応できるようになります。

●NATIONAL-OF関数の応用例

COBOLのNATIONAL-OF関数は、単に文字列のエンコーディングを変換するだけでなく、さまざまな応用が可能です。

この関数を利用することで、データの国際化、多言語対応、そして異なるデータフォーマットへの対応が可能になります。

特に、グローバルなビジネス環境では、異なる国や地域のデータ表記標準に適応することが重要です。

NATIONAL-OF関数は、このような要件を満たすための強力なツールとなります。

この関数の応用例としては、ウェブアプリケーションでの多言語対応や、国際的なデータ交換フォーマットへの対応などが挙げられます。

また、ビジネスレポートやデータベース管理においても、NATIONAL-OF関数を用いることで、データの表記を柔軟に変更することが可能です。

○サンプルコード5:マルチバイト文字の処理

マルチバイト文字の処理は、NATIONAL-OF関数の重要な応用例の一つです。

特にアジア言語など、複数のバイトで構成される文字を扱う場合、この関数の利用が不可欠です。

下記のサンプルコードでは、マルチバイト文字を含む文字列を扱っています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. MultiByte-Processing.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 MULTI-BYTE-STRING PIC N(100) VALUE 'こんにちは'.
01 CONVERTED-STRING PIC X(100).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(MULTI-BYTE-STRING, 'ASCII') TO CONVERTED-STRING.
   DISPLAY CONVERTED-STRING.

STOP RUN.

このコードでは、「こんにちは」という日本語の文字列をASCII文字セットに変換しています。

NATIONAL-OF関数は、マルチバイト文字列を単一バイトの文字セットに変換する際に有用です。

○サンプルコード6:データベースへの適用

NATIONAL-OF関数は、データベースとのデータ交換においても役立ちます。

異なる言語やフォーマットのデータを扱う場合、この関数を用いてデータの変換を行うことができます。

下記のサンプルコードでは、データベースへのデータ挿入前に、文字列のエンコーディングを変換しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. Database-Application.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 DATABASE-STRING PIC X(100) VALUE 'Data to insert'.
01 CONVERTED-DATA PIC N(100).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(DATABASE-STRING, 'UTF-8') TO CONVERTED-DATA.
   DISPLAY "Data ready for database: " CONVERTED-DATA.

STOP RUN.

このプログラムでは、’Data to insert’という文字列をUTF-8エンコーディングに変換し、データベースに挿入する準備をしています。

このようにNATIONAL-OF関数を使用することで、異なるエンコーディングを使用するデータベース間でのデータ移行や交換を容易に行えます。

○サンプルコード7:レポートの国際化

COBOLで作成されたビジネスレポートを国際化する際にも、NATIONAL-OF関数は非常に有用です。

異なる国や地域でのビジネス運営において、レポートは多言語で提供される必要があります。

このような場合、NATIONAL-OF関数を使用して、レポートのテキストを適切な言語に変換することができます。

下記のサンプルコードは、英語のレポートを日本語に変換する例を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. Report-Internationalization.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 ENGLISH-REPORT PIC X(100) VALUE 'Annual Sales Report'.
01 JAPANESE-REPORT PIC N(100).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(ENGLISH-REPORT, 'UTF-8') TO JAPANESE-REPORT.
   DISPLAY JAPANESE-REPORT.

STOP RUN.

このコードでは、’Annual Sales Report’という英語のレポートタイトルを日本語に変換しています。

NATIONAL-OF関数を使用することで、異なる言語環境のユーザーに対応したレポートを提供することが可能になります。

○サンプルコード8:ユーザーインターフェイスの多言語化

COBOLを用いたアプリケーションのユーザーインターフェイスを多言語化する際にも、NATIONAL-OF関数が役立ちます。

異なる言語を話すユーザーにサービスを提供する際には、ユーザーインターフェイスのテキストを適切な言語に変換する必要があります。

下記のサンプルコードは、英語のUIテキストをスペイン語に変換する例です。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. UI-Multilingual.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 ENGLISH-UI-TEXT PIC X(100) VALUE 'Welcome to our application'.
01 SPANISH-UI-TEXT PIC N(100).

PROCEDURE DIVISION.
   MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(ENGLISH-UI-TEXT, 'UTF-8') TO SPANISH-UI-TEXT.
   DISPLAY SPANISH-UI-TEXT.

STOP RUN.

このプログラムでは、’Welcome to our application’という英語のUIテキストをスペイン語に変換しています。

NATIONAL-OF関数を利用することで、アプリケーションを多言語に対応させることが可能になり、より広い範囲のユーザーにサービスを提供できるようになります。

●注意点と対処法

COBOLのNATIONAL-OF関数を使用する際には、いくつかの注意点があります。

これらの注意点を理解し、適切に対処することで、関数の効果を最大限に引き出し、潜在的な問題を回避することができます。

まず、NATIONAL-OF関数を使用する際には、対象となるデータの文字エンコーディングを正確に理解することが重要です。

間違った文字エンコーディングを指定すると、データが正しく変換されず、不正な文字列が生成される可能性があります。

したがって、変換前のデータと変換後のデータの両方のエンコーディングを正しく指定することが必要です。

また、国際化データの処理においては、対象言語や地域の文化的な側面も考慮する必要があります。

たとえば、日付や通貨のフォーマットは地域によって異なるため、これらの要素を正確に変換することが重要です。

○文字エンコーディングの選択

文字エンコーディングを選択する際には、対象のデータが使用する言語や文字セットに適したエンコーディングを選ぶ必要があります。

例えば、日本語や中国語などのアジア言語を扱う場合には、UTF-8やShift-JISなどのマルチバイト文字セットをサポートするエンコーディングを選ぶことが適切です。

○国際化データの検証

データの国際化を行う際には、変換後のデータが期待通りの形式であることを確認するための検証プロセスが不可欠です。

特に、異なる文化圏の日付フォーマットや通貨フォーマットなどを扱う場合には、それぞれの地域の標準に適合しているかどうかを慎重に検証する必要があります。

○パフォーマンスへの影響

NATIONAL-OF関数を多用すると、アプリケーションのパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

特に大量のデータを変換する場合や、リアルタイムでのデータ処理が求められるアプリケーションにおいては、関数の使用によるオーバーヘッドを考慮する必要があります。

したがって、パフォーマンスの影響を最小限に抑えるためには、必要に応じてデータの事前変換やバッチ処理などの手法を検討することが推奨されます。

●カスタマイズ方法

COBOLプログラミングでは、NATIONAL-OF関数のカスタマイズが重要です。

特定のアプリケーションやビジネス要件に合わせて、この関数をカスタマイズすることで、効率的かつ効果的なプログラミングが可能になります。

ここでは、ユーザー定義関数の活用とCOBOLプログラムの最適化に焦点を当てて説明します。

○ユーザー定義関数の活用

COBOLでは、特定の処理を繰り返し行う必要がある場合、ユーザー定義関数を作成して再利用することが推奨されます。

NATIONAL-OF関数を用いたデータ変換ロジックをカスタム関数として定義することで、コードの可読性と再利用性が向上します。

ここでは、簡単なユーザー定義関数のサンプルコードを紹介します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. CustomFunctionExample.

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 SAMPLE-TEXT PIC X(100) VALUE 'Example'.

PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM CONVERT-TEXT USING SAMPLE-TEXT.
    STOP RUN.

CONVERT-TEXT SECTION.
    USING TEXT-TO-CONVERT PIC X(100).
    01 CONVERTED-TEXT PIC N(100).

    MOVE FUNCTION NATIONAL-OF(TEXT-TO-CONVERT, 'UTF-8') TO CONVERTED-TEXT.
    DISPLAY CONVERTED-TEXT.

END PROGRAM CustomFunctionExample.

このプログラムでは、CONVERT-TEXTというユーザー定義関数を使用して、指定されたテキストをUTF-8形式に変換しています。

このように関数を定義することで、複数の場所で同じロジックを簡単に再利用できます。

○COBOLプログラムの最適化

COBOLプログラムを最適化する際には、パフォーマンスとメンテナンスの容易さを考慮する必要があります。

特に、大規模なデータ変換を行う場合、NATIONAL-OF関数の使用によるパフォーマンスの影響を最小限に抑えるために効率的なコーディング手法を採用することが重要です。

例えば、不必要なデータ変換を避ける、ループ内での関数の呼び出しを最小限に抑えるなどの工夫が考えられます。

また、プログラムの可読性と保守性を高めるために、コードの構造を明確にし、適切なコメントを付けることも大切です。

これにより、他の開発者がコードを理解しやすくなり、将来的な修正や拡張が容易になります。

まとめ

この記事では、COBOLプログラミング言語におけるNATIONAL-OF関数の使い方について、初心者にも分かりやすく詳細に解説しました。

文字列の国際化、数値データの変換、データ型の変更、日付フォーマットの変更など、様々な応用例をサンプルコードと共に紹介しました。

また、関数の使用における注意点やパフォーマンスへの影響、さらにはプログラムのカスタマイズ方法についても詳しく説明しました。

この知識を活用して、COBOLプログラミングのスキルをさらに深め、効率的なコーディングを実現しましょう。