COBOLのSUPPRESS句を使ったプログラミングの8つのステップ

COBOLのSUPPRESS句を使ってみよう!初心者向けプログラミングガイドCOBOL
この記事は約10分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読むことで、COBOL言語の核心機能の一つであるSUPPRESS句の使い方を学ぶことができます。

プログラミング初心者でも理解しやすいように、COBOLの基本からSUPPRESS句の詳細な使用方法まで、段階を追って解説します。

COBOLはビジネスと金融分野で長年使用されてきた伝統あるプログラミング言語であり、今日でもその重要性は高いです。

このガイドを通じて、COBOLの基本的な知識とともに、SUPPRESS句を効果的に使用する方法を身につけましょう。

●COBOLとは

COBOLは「Common Business-Oriented Language」の略で、1959年に開発されたビジネス向けのプログラミング言語です。

その設計の主な目的は、ビジネスデータ処理と金融システムのための読みやすく、理解しやすいコードを提供することにありました。

COBOLは、その長い歴史の中で多くの改良が加えられており、現在でも多くの企業の基幹システムで使用されています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLは、その誕生以来、ビジネス世界で広く受け入れられてきました。

初期の頃は、主に大型コンピュータでのデータ処理に使用されていました。

COBOLの特徴は、英語に近い構文を持ち、非技術者でも理解しやすいことです。

また、レコード処理やファイル操作に特化しており、ビジネスアプリケーションに最適な言語とされています。

○なぜ今でもCOBOLが重要なのか

多くの人がCOBOLは古い言語であると考えがちですが、現代の経済システムでは依然として重要な役割を果たしています。

多くの銀行や保険会社、政府機関では、今でもCOBOLで書かれたプログラムが運用されています。

これらのシステムは安定性と信頼性が高く、簡単に置き換えることはできません。

また、近年ではCOBOLプログラマーの需要が再び高まっており、新しい技術と組み合わせて利用されることも増えています。

●SUPPRESS句の基本

COBOL言語におけるSUPPRESS句は、特定の条件下での出力を制御するために使用される重要な機能です。

この句を使うことで、プログラムの実行結果として生成されるレポートやデータの出力を柔軟に制御することができます。

たとえば、特定の条件を満たすデータのみを出力する、または特定の条件下での出力を抑制するといったことが可能です。

これにより、不要なデータの出力を避け、必要な情報のみを効率的に取得することができます。

○SUPPRESS句とは何か

SUPPRESS句は、COBOLプログラムにおいて出力の制御を行うための構文です。

この句を使用することで、レポートや出力ファイル内で特定の条件に基づいてデータを表示したり非表示にしたりすることができます。

例えば、ある特定の条件が真の時にのみデータを表示したい場合や、特定の条件下でデータの出力を完全に抑制したい場合にSUPPRESS句を用います。

この機能は、データ処理の効率化や出力結果のカスタマイズに非常に有用です。

○SUPPRESS句の役割とメリット

SUPPRESS句の主な役割は、不要な情報の出力を抑制し、重要なデータのみを選択的に出力することです。

これにより、大量のデータを扱う際の処理時間の短縮や、レポートの可読性の向上が期待できます。

また、出力されるデータ量が減少するため、ストレージの節約にも寄与します。

さらに、特定のビジネスルールや条件に基づいてデータを表示することで、ユーザーにとってより有意義な情報を提供することができるようになります。

これらのメリットは、特に金融機関や保険会社など、大量のトランザクションを処理する業務において重要です。

●SUPPRESS句の使い方

COBOLプログラミングにおけるSUPPRESS句の使用方法は、データの出力制御において非常に強力なツールです。

この句を用いることで、特定の条件に基づいてデータの出力を制御し、必要な情報のみを出力することが可能になります。

SUPPRESS句は、特にレポートの生成やデータの処理において、不要な情報の出力を抑制するために用いられます。

○サンプルコード1:基本的なSUPPRESS句の記述

ここでは、COBOLプログラム内でのSUPPRESS句の基本的な使用方法を表すサンプルコードを紹介します。

IF (条件)
   SUPPRESS PRINTING.
ELSE
   CONTINUE.

この例では、「条件」が真の場合に出力を抑制し、それ以外の場合は通常通り処理を続けるという構造を持っています。

SUPPRESS PRINTING文は、指定された条件下での出力を抑制するために使用されます。

○サンプルコード2:条件付きでのSUPPRESS句の使用

SUPPRESS句は条件付きでの使用が可能であり、複雑なビジネスロジックに基づいて出力を制御する場合に有効です。

下記のサンプルコードは、特定の条件下でのみデータ出力を抑制する方法を表しています。

EVALUATE TRUE
   WHEN (条件1)
      SUPPRESS PRINTING.
   WHEN (条件2)
      SUPPRESS PRINTING.
   WHEN OTHER
      CONTINUE.
END-EVALUATE.

このコードでは、複数の条件(条件1、条件2)に基づいて出力を制御しています。

EVALUATE文を使用することで、複数の条件を効率的に評価し、それぞれの条件に応じたアクションを定義することができます。

このようにSUPPRESS句を使用することで、COBOLプログラムの出力をより精密に制御することが可能になります。

●SUPPRESS句の応用例

SUPPRESS句はCOBOLプログラミングにおいて多様な応用が可能です。

特に、大規模なデータ処理やレポート生成の際に、不要な情報の出力を抑制し、必要なデータのみを効率的に取り扱うことができます。

ここでは、SUPPRESS句を用いた具体的な応用例として、レポート出力とデータ処理の場面におけるサンプルコードを紹介します。

○サンプルコード3:レポート出力でのSUPPRESS句の活用

レポート生成時には、特定の条件下でのみ特定のデータを出力する必要があります。

下記のサンプルコードは、SUPPRESS句を使って特定条件を満たすデータのみをレポートに出力する方法を表しています。

IF (レポート条件)
   WRITE REPORT FROM DATA-ITEM.
ELSE
   SUPPRESS PRINTING.

このコードでは、「レポート条件」が満たされた場合のみ、DATA-ITEMからのデータをレポートに書き出し、条件が満たされない場合は出力を抑制します。

これにより、レポートの可読性を高め、必要な情報のみをユーザーに提供することができます。

○サンプルコード4:データ処理におけるSUPPRESS句の応用

データ処理においてもSUPPRESS句は有用です。

下記のサンプルコードは、特定の条件下でデータの処理をスキップする方法を表しています。

PERFORM VARYING I FROM 1 BY 1 UNTIL I > DATA-COUNT
   IF (処理スキップ条件)
      SUPPRESS PRINTING
   ELSE
      PROCESS DATA (I)
   END-IF
END-PERFORM.

この例では、DATA-COUNTまでのデータに対してループ処理を行い、「処理スキップ条件」に従って特定のデータの処理をスキップします。

このようにSUPPRESS句を使用することで、データ処理の効率化とパフォーマンスの向上が図れます。

●注意点と対処法

COBOLでのSUPPRESS句の使用にはいくつかの注意点があります。

効果的に利用するためには、これらの点を理解し適切に対処することが重要です。

SUPPRESS句を用いる際には特に、その影響範囲と動作の特性を正確に理解することが不可欠です。

○SUPPRESS句使用時の一般的な注意点

SUPPRESS句を使用する際には、まずその動作がプログラムのどの部分に影響を及ぼすかを把握することが必要です。

SUPPRESS句は、指定された条件下でのみ動作し、それ以外の場合には無視されます。

また、この句を使用する際には、その条件式が正確であることを確認する必要があります。

誤った条件式を用いると、意図しないデータの出力抑制やエラーを引き起こす可能性があります。

さらに、SUPPRESS句はプログラムの可読性に影響を与えることがあります。

このため、他の開発者がコードを理解しやすいように、条件式やその動作を明確にコメントで記述することが推奨されます。

○よくあるエラーとその対処法

SUPPRESS句の使用に関連してよく発生するエラーの一つに、条件式の誤りがあります。

例えば、条件式が常に真または偽と評価される場合、SUPPRESS句は期待通りの動作をしません。

このような問題を避けるためには、条件式を慎重に検討し、必要に応じてテストを行うことが重要です。

また、SUPPRESS句が適用される範囲を誤解することも一般的なエラーです。

SUPPRESS句は特定の条件下でのみ動作するため、その範囲を正確に理解し、プログラムの他の部分との相互作用を考慮することが必要です。

これらのエラーを防ぐためには、コードのレビューを定期的に行い、同僚やチームメンバーと協力して問題点を特定することが効果的です。

また、プログラムの各部分がどのように連携して動作するかを理解することも、エラーを未然に防ぐために重要です。

●カスタマイズ方法

COBOLのSUPPRESS句は、さまざまなカスタマイズが可能です。

この柔軟性を活かすことで、様々なビジネスシナリオに合わせたプログラミングが実現できます。

SUPPRESS句のカスタマイズを行う際には、プログラムの要件と特定のビジネスルールを詳細に理解することが重要です。

○SUPPRESS句を使った個別のカスタマイズ例

SUPPRESS句は、条件式によってその動作をカスタマイズすることができます。

例えば、ある特定の日付やイベントが発生した場合のみデータの出力を抑制するようなシナリオでは、下記のようなコードが考えられます。

IF DATE = 特定の日付
   SUPPRESS PRINTING.
ELSE
   WRITE DATA TO REPORT.

このサンプルコードでは、特定の日付に一致する場合にのみ、データの出力を抑制し、それ以外の場合は通常通りレポートにデータを書き出します。

このようにSUPPRESS句を利用することで、特定のビジネスルールに基づいた出力制御が可能になります。

○効率的なSUPPRESS句の活用法

SUPPRESS句を効率的に活用するためには、プログラム全体の流れとSUPPRESS句が適用される範囲を正確に理解することが必要です。

また、SUPPRESS句の使用はプログラムの可読性に影響を与える可能性があるため、コード内でのその役割と目的を明確にすることが重要です。

たとえば、大量のデータを扱うプログラムでは、不要なデータの出力を抑制することで処理速度の向上やレポートの可読性を高めることができます。

この場合、SUPPRESS句を用いて特定の条件下でのみデータを出力し、それ以外のデータは無視するように設定することが考えられます。

このようにSUPPRESS句のカスタマイズと効率的な活用により、COBOLプログラミングはさらに強力で柔軟なツールとなります。

まとめ

この記事では、COBOLプログラミングにおけるSUPPRESS句の使用方法、基本的な概念、応用例、注意点、およびカスタマイズ方法について詳しく解説しました。

SUPPRESS句は、データ出力の制御に非常に有効なツールであり、ビジネスロジックに応じた柔軟なデータ処理を可能にします。

特に、不要なデータの出力を抑制し、必要な情報のみを選択的に出力することができるため、大量のデータを扱う場合に非常に役立ちます。

SUPPRESS句を適切に使用することで、COBOLプログラミングはより効率的かつ効果的なものとなります。

この記事が、COBOLを学ぶ初心者から経験豊富なプログラマーまで、すべての読者にとって有益な情報源となることを願っています。