COBOLで二分探索をマスターする初心者向けの10ステップ

COBOLで二分検索をマスターするガイドのイメージCOBOL
この記事は約15分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、COBOLで二分探索を実装できるようになります。

COBOLは古典的なプログラミング言語で、現在も金融や行政などの分野で広く使われています。

この記事では、COBOLの基本から、二分探索アルゴリズムの実装方法までを、初心者でも理解できるように丁寧に解説します。

●COBOLとは

COBOL(Common Business Oriented Language)は、1959年に開発されたビジネス向けプログラミング言語です。

英語に近い文法を持ち、初心者にも理解しやすいことが特徴です。主に金融機関や政府機関で使用され、信頼性の高い大規模なデータ処理に適しています。

○COBOLの基本

COBOLプログラムは、IDENTIFICATION DIVISION, ENVIRONMENT DIVISION, DATA DIVISION, PROCEDURE DIVISIONの4つのセクションで構成されます。

各セクションは、プログラムの識別情報、実行環境、データ構造、処理手順を定義します。

COBOLのコードは、英語のような自然な文で記述され、ビジネスロジックを明確に表現することができます。

○COBOLの歴史と現在

COBOLは、その歴史の長さにも関わらず、今日でも多くの企業システムで広く使用されています。

特に金融業界や保険業界では、大量のトランザクションを効率的に処理するために重宝されています。

近年では、新しいプログラミング言語との統合や、クラウドコンピューティングとの連携など、現代の技術トレンドに適応しつつあります。

しかし、COBOLを習得しているプログラマーが減少しているため、専門技術を持つ人材が求められています。

COBOLは、その可読性と堅牢なデータ処理能力により、今日でも多くのビジネスアプリケーションで重要な役割を果たしています。

●プログラミングの基礎

プログラミングを理解するためには、基本的な概念を学ぶことが重要です。

プログラミングでは、変数、データ型、制御構造などの基本的な要素を理解し、それらをどのように使用するかが鍵となります。

これらの概念は、COBOLを含むほとんどのプログラミング言語に共通しています。

○変数とデータ型

プログラミングにおける「変数」とは、データを格納するための容器のようなものです。

変数には名前(識別子)が与えられ、この名前を通じてデータにアクセスします。

また、変数には「データ型」があり、これは変数が保持できるデータの種類を定義します。

例えば、数値、文字列、日付などがあります。

COBOLでは、データ型を定義する際にはDATA DIVISIONにおいて変数の宣言を行います。

ここでは、COBOLでの変数宣言のサンプルコードを紹介します。

DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 数値型変数 PIC 9(4).
01 文字列型変数 PIC X(10).

この例では、数値型変数という名前の数値型変数と、文字列型変数という名前の文字列型変数を宣言しています。

PIC 9(4)は4桁の数値を意味し、PIC X(10)は長さ10の文字列を意味します。

○制御構造

制御構造は、プログラムの流れを制御するための命令です。

最も基本的な制御構造には、「if文(条件分岐)」、「loop(繰り返し)」などがあります。

これらを使用することで、プログラムの挙動を柔軟に制御することができます。

COBOLでは、例えば下記のように条件分岐を記述することができます。

IF 数値型変数 = 100
    DISPLAY '変数は100です。'
ELSE
    DISPLAY '変数は100ではありません。'
END-IF.

このコードでは、数値型変数が100であるかどうかを判定しています。

もし100であれば、「変数は100です。」と表示し、そうでなければ「変数は100ではありません。」と表示します。

●二分探索とは

二分探索は、効率的な検索アルゴリズムの一つであり、整列されたデータセット内で特定の要素を見つけるために使用されます。

この方法は、データセットを半分に分割し、目的の要素が分割された範囲のどちら側にあるかを判断することにより、検索範囲を狭めていきます。

○二分探索の原理

二分探索を行う際、まずデータセットを半分に分け、検索対象の要素が中央の要素より大きいか小さいかを評価します。

もし中央の要素より小さければ、検索範囲を前半部分に限定し、大きければ後半部分に限定します。

このプロセスを繰り返し行うことで、効率的に目的の要素を見つけ出すことができます。

例えば、下記のような整列された数値の配列があるとします。

3, 6, 9, 12, 15, 18, 21, 24, 27, 30

ここで値18を検索する場合、最初に配列の中央値である15と比較します。

1815より大きいので、検索範囲を後半の18, 21, 24, 27, 30に限定します。

このプロセスを繰り返すことで、目的の値を効率良く見つけることができます。

○二分探索の利点

二分探索の最大の利点は、検索にかかる時間がデータセットのサイズに対して対数的に増加する点にあります。

これは、データセットが非常に大きくても、検索に必要なステップ数が少ないことを意味します。

例えば、100万件の要素がある配列でも、最大20回程度の比較で目的の要素を見つけることが可能です。

また、二分探索は理解しやすく実装が容易であるため、多くのプログラミング初心者にとってアクセスしやすいアルゴリズムとなっています。

COBOLのような古典的な言語でも効率的に実装することができるため、既存のシステムにおいても活用されています。

●COBOLにおける二分探索の実装

COBOLでの二分探索の実装は、データの整列性と効率的な検索アルゴリズムの理解が必要です。

ここでは、整列されたデータ配列に対して二分探索を行う方法を紹介します。

○サンプルコード1:基本的な二分探索

まず、整列されたデータ配列と検索対象の値を定義します。

次に、配列の最低インデックスと最高インデックスを初期化し、これらの間で検索を行います。

ここでは、基本的な二分探索のCOBOLサンプルコードを紹介します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. BINARYSEARCH.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 数値配列 PIC 9(4) OCCURS 10 TIMES
       INDEXED BY IDX.
    01 最低インデックス PIC 9(4).
    01 最高インデックス PIC 9(4).
    01 中央インデックス PIC 9(4).
    01 検索値 PIC 9(4).
    01 見つかった位置 PIC 9(4).

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 3 TO 数値配列(1)
    MOVE 6 TO 数値配列(2)
    ... (配列の初期化)
    MOVE 1 TO 最低インデックス
    MOVE 10 TO 最高インデックス
    MOVE 18 TO 検索値

検索ループ.
    PERFORM UNTIL 最低インデックス > 最高インデックス
        COMPUTE 中央インデックス = (最低インデックス + 最高インデックス) / 2
        IF 数値配列(中央インデックス) = 検索値
            MOVE 中央インデックス TO 見つかった位置
            DISPLAY "値が見つかりました。位置: " 見つかった位置
            EXIT PERFORM
        ELSE IF 数値配列(中央インデックス) < 検索値
            MOVE 中央インデックス + 1 TO 最低インデックス
        ELSE
            MOVE 中央インデックス - 1 TO 最高インデックス
        END-IF
    END-PERFORM.

このコードでは、配列数値配列内で値18を検索しています。

二分探索は検索ループパラグラフ内で実行され、配列の中央値を基に検索範囲を絞り込んでいます。

○サンプルコード2:エラー処理

二分探索においては、検索対象が配列内に存在しない場合のエラー処理も重要です。

下記のコードは、値が見つからなかった場合にメッセージを表示する処理を加えたものです。

検索終了.
    IF 最低インデックス > 最高インデックス
        DISPLAY "値は配列内に存在しません。"
    END-IF.

この追加の処理により、検索対象が配列内にない場合に適切なメッセージをユーザーに提供できます。

COBOLにおける二分探索の実装は、これらの基本的な概念を理解することから始まります。

●COBOLのプログラム構造

COBOLプログラムは独特な構造を持ち、それぞれの部分が特定の役割を果たしています。

この構造はプログラムの読みやすさと整理を促進するために重要です。

COBOLプログラムは一般的に、IDENTIFICATION DIVISION、ENVIRONMENT DIVISION、DATA DIVISION、そしてPROCEDURE DIVISIONの四つの主要部分から成り立っています。

○プログラムのセクションとディビジョン

COBOLプログラムの各セクションは、特定の目的を果たします。

IDENTIFICATION DIVISIONはプログラムの識別情報を提供します。

ENVIRONMENT DIVISIONはプログラムが実行される環境に関する設定を定義します。

DATA DIVISIONはプログラムで使用されるすべてのデータ項目を宣言し、PROCEDURE DIVISIONでは実際のプログラムの手順やロジックが記述されます。

これらのセクションはプログラムの構造と流れを明確にし、プログラムの全体像を理解するのに役立ちます。

○プロシージャとスコープ

PROCEDURE DIVISION内では、プログラムの具体的な処理が行われます。

この部分では、複数のプロシージャや関数が定義され、それぞれが特定のタスクを実行します。

プロシージャのスコープは、そのプロシージャ内でのみ有効な変数や処理の範囲を指し、プログラムの整合性と効率性を高めるために重要です。

COBOLでは、適切なスコープの管理により、プログラムの複雑さを管理し、エラーを防止することが可能です。

●デバッグとテスト

COBOLプログラミングにおけるデバッグとテストのプロセスは、プログラムが正しく機能することを確認し、エラーを特定して修正するために不可欠です。

このプロセスは、プログラムの信頼性を高めるとともに、将来的な問題の発生を防ぐために重要です。

○サンプルコード3:テストケース

テストケースは、プログラムの特定の部分が期待通りに動作することを確認するために使用されます。

テストケースは、さまざまな入力値や条件でプログラムを実行し、出力が期待される結果と一致するかどうかを確認します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. TESTCASE.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 テスト対象値 PIC 9(4).
    01 期待結果 PIC 9(4).
    01 実際結果 PIC 9(4).

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 100 TO テスト対象値
    MOVE 200 TO 期待結果

    PERFORM 何らかの処理 USING テスト対象値 GIVING 実際結果

    IF 実際結果 = 期待結果
        DISPLAY "テスト成功。"
    ELSE
        DISPLAY "テスト失敗。期待結果: " 期待結果 "、実際結果: " 実際結果
    END-IF.

この例では、特定の処理が期待される結果を生み出すかどうかをテストしています。

○デバッグのヒント

COBOLでのデバッグは、しばしば挑戦的ですが、いくつかのヒントが役立ちます。

まず、プログラムを小さなセクションに分割し、各セクションを個別にテストすることが有効です。

また、エラーが発生した際には、その直前の処理を詳細に検証することが重要です。

データの不整合やロジックの誤りが多くのエラーの原因となるため、変数の内容を頻繁にチェックし、処理の各段階で期待通りの動作をしているか確認することが有効です。

COBOLプログラムのデバッグとテストを適切に行うことで、より信頼性の高い、エラーの少ないプログラムを作成することができます。

●二分探索の応用例

二分探索は、単なる数値検索を超えて、様々な応用分野で利用されています。

データベース検索、アルゴリズムの最適化、さらには科学的なデータ分析など、その応用範囲は広大です。

二分探索の原理を応用することで、これらの領域における効率とパフォーマンスを大幅に向上させることが可能です。

○サンプルコード4:応用アルゴリズム

二分探索は、より複雑なアルゴリズムやデータ処理技術に組み込むことで、その効率を向上させることができます。

例えば、大規模なデータセット内での特定のデータポイントの検索や、計算量が大きい問題における最適解の近似などに使用されます。

ここでは、COBOLでの応用アルゴリズムを用いた二分探索のサンプルコードを紹介します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. ADVANCEDSEARCH.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 大規模配列 PIC 9(4) OCCURS 10000 TIMES
       INDEXED BY IDX.
    01 検索対象値 PIC 9(4).
    01 最低インデックス PIC 9(4).
    01 最高インデックス PIC 9(4).
    01 中央インデックス PIC 9(4).

PROCEDURE DIVISION.
    ... (大規模配列の初期化)
    MOVE 1 TO 最低インデックス
    MOVE 10000 TO 最高インデックス
    MOVE 検索したい値 TO 検索対象値

    PERFORM UNTIL 最低インデックス > 最高インデックス
        COMPUTE 中央インデックス = (最低インデックス + 最高インデックス) / 2
        IF 大規模配列(中央インデックス) = 検索対象値
            DISPLAY "値が見つかりました。位置: " 中央インデックス
            EXIT PERFORM
        ELSE IF 大規模配列(中央インデックス) < 検索対象値
            MOVE 中央インデックス + 1 TO 最低インデックス
        ELSE
            MOVE 中央インデックス - 1 TO 最高インデックス
        END-IF
    END-PERFORM.

このコードは、大規模な配列内で特定の値を効率的に検索するためのものです。

○サンプルコード5:データ検索

二分探索は、データベースや情報システムにおける検索処理の最適化にも応用されます。

特に、大量のデータレコードを持つシステムにおいて、二分探索を利用することで、検索時間を大幅に短縮することが可能です。

ここでは、COBOLを用いたデータベースの検索処理における二分探索のサンプルコードを紹介します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. DATABASESEARCH.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 データベースレコード PIC X(50) OCCURS 1000 TIMES
       INDEXED BY DB-INDEX.
    01 検索キーワード PIC X(50).
    01 最低インデックス PIC 9(4).
    01 最高インデックス PIC 9(4).
    01 中央インデックス PIC 9(4).

PROCEDURE DIVISION.
    ... (データベースレコードの初期化)
    MOVE 1 TO 最低インデックス
    MOVE 1000 TO 最高インデックス
    MOVE '特定のキーワード' TO 検索キーワード

    PERFORM UNTIL 最低インデックス > 最高インデックス
        COMPUTE 中央インデックス = (最低インデックス + 最高インデックス) / 2
        IF データベースレコード(中央インデックス) = 検索キーワード
            DISPLAY "キーワードが見つかりました。位置: " 中央インデックス
            EXIT PERFORM
        ELSE
            IF データベースレコード(中央インデックス) < 検索キーワード
                MOVE 中央インデックス + 1 TO 最低インデックス
            ELSE
                MOVE 中央インデックス - 1 TO 最高インデックス
            END-IF
    END-PERFORM.

このサンプルでは、特定のキーワードを持つデータベースレコードを効率的に検索しています。

二分探索を用いることで、検索範囲を効果的に絞り込み、処理時間を短縮しています。

●注意点と対処法

COBOLプログラミングにおいては、特定の注意点を把握し、それらに対する対処法を理解することが重要です。

これにより、一般的なエラーや一般的な問題を避けることができます。COBOLは、その特有の構文や動作により、特別な注意を要する場合があります。

○エラー回避のポイント

COBOLにおいてエラーを回避するための主要なポイントとして、まず、正確な構文の使用が挙げられます。

COBOLは他の多くのプログラミング言語とは異なる独自の構文を持っているため、構文エラーは特に一般的です。

したがって、コードを慎重に記述し、常に文法を確認することが重要です。

また、データ型の不一致や範囲外の値に対する処理も、エラーを引き起こす一因です。

これらの問題を防ぐためには、変数の宣言と使用に特に注意を払う必要があります。

○効率的なコーディング

COBOLプログラミングにおける効率的なコーディングのためには、プログラムの構造を適切に管理することが重要です。

プログラムを論理的なセクションに分割し、それぞれのセクションに明確な目的を持たせることが推奨されます。

また、可能な限りモジュラーなアプローチを採用し、再利用可能なコードを作成することで、全体の保守性と効率を向上させることができます。

さらに、パフォーマンスを意識したプログラミングにより、処理速度やリソースの利用を最適化することも重要です。

まとめ

この記事では、COBOLを使用して二分探索をマスターするための基本的な手順と重要なポイントを詳細に解説しました。

COBOLの歴史と現在の用途、基本的な構造から二分探索の実装方法まで、初心者にも分かりやすく説明し、各セクションには実用的なサンプルコードも紹介しました。

この知識を活用して、読者はCOBOLにおける二分探索アルゴリズムの実装に自信を持って取り組むことができるでしょう。