COBOLでの逐次探索をマスターする8つのステップ – JPSM

COBOLでの逐次探索をマスターする8つのステップ

COBOLでの逐次探索を徹底解説するイメージCOBOL

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

このサービスは複数のSSPによる協力の下、運営されています。

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

また、理解しにくい説明や難しい問題に躓いても、JPSMがプログラミングの解説に特化してオリジナルにチューニングした画面右下のAIアシスタントに質問していだければ、特殊な問題でも指示に従い解決できるように作ってあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事では、COBOLプログラミング言語での逐次探索の基本から応用までを、初心者でも理解しやすいように詳細に解説します。

COBOLは、ビジネスデータ処理に特化した古典的なプログラミング言語で、今もなお多くの企業で利用されています。

この記事を読むことで、COBOLにおける逐次探索の基本的な概念、実装方法、さらには効率的な使い方までを学ぶことができます。

●COBOLとは

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、1959年に開発されたビジネス向けのプログラミング言語です。

その設計は、ビジネスでのデータ処理とレポート作成を主目的としており、分かりやすい英語に近い文法が特徴です。

長年にわたり、金融機関や政府機関などで広く使用されてきました。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLの歴史は、コンピューター技術の黎明期にまで遡ります。

この言語は、ビジネスの現場で必要とされる計算やデータ処理のために設計され、その後何十年にもわたって進化を遂げてきました。

COBOLの最大の特徴は、その読みやすさと理解しやすさです。

英語に似た文法を採用しているため、プログラミング初心者でも比較的習得しやすいとされています。

○プログラミング言語としてのCOBOLの位置づけ

現在、COBOLは「レガシーシステム」として認識されることが多いですが、その重要性は未だに高いままです。

多くの金融機関や保険会社、政府機関では、COBOLで書かれたアプリケーションが今日でも広く使用されています。

これらのシステムは、日々の業務に不可欠であり、その安定性と信頼性が高く評価されているためです。

また、COBOLは大規模なデータ処理に適しており、その分野における専門知識は今でも価値があります。

●逐次探索とは

逐次探索、または線形探索とは、データ構造の中で特定の要素を見つける最も基本的な探索方法の一つです。

この方法では、リストや配列の各要素を順番にチェックし、目的のデータを見つけるまで探索を続けます。

COBOLプログラミングにおいて逐次探索は、ファイルやデータベースから特定のレコードを探す際によく使用されます。

○逐次探索の基本概念

逐次探索は、配列やリストの先頭から開始し、各要素を順に検査していきます。

目的の要素が見つかれば、その位置を返し、見つからなければ探索は失敗となります。

COBOLにおける逐次探索の一般的な実装方法は、配列やリストをループで走査し、条件に合う要素を探すというものです。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SequentialSearch.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 NUMBERS PIC 9(4) OCCURS 10 TIMES.
    01 TARGET-NUMBER PIC 9(4).
    01 INDEX PIC 9(2).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM VARYING INDEX FROM 1 BY 1 UNTIL INDEX > 10
        IF NUMBERS (INDEX) = TARGET-NUMBER
            DISPLAY "Number found at position: " INDEX
            MOVE 'Y' TO FOUND
            EXIT PERFORM
        END-IF
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "Number not found."
END PROGRAM SequentialSearch.

このコードでは、10個の要素を持つ数値配列NUMBERSを走査し、目的の数値TARGET-NUMBERを探します。

見つかった場合はその位置を表示し、見つからなければ「Number not found.」と表示します。

○他の探索方法との比較

逐次探索と比較して、より効率的な探索方法には二分探索やハッシュテーブルを用いた探索があります。

二分探索は、事前にソートされたデータに対して中央の要素を比較しながら探索範囲を半分に絞っていく方法です。

ハッシュテーブルを用いた探索では、キーに対してハッシュ関数を適用し、データの位置を直接計算します。

これらの方法は、大規模なデータセットや特定の条件下で逐次探索よりも高速に動作することがあります。

しかし、逐次探索はそのシンプルさと汎用性から、特に小規模なデータセットやソートされていないデータに対して依然として有用です。

また、COBOLのような古典的な言語では、逐次探索がデータ探索の基本として広く使われています。

●COBOLにおける逐次探索の基本

COBOLにおける逐次探索は、ファイルやデータベース内のデータを順に調べて目的のデータを見つけ出す手法です。

この手法は、特に整理されていないデータや小規模なデータセットに対して効果的であり、COBOLプログラムにおいて頻繁に使用されます。

逐次探索を行う際、COBOLプログラマは通常、データを格納するための配列やリストを定義し、ループ構造を使用して各要素にアクセスします。

探索中に目的のデータが見つかれば、その処理を終了し、見つからなければ最後までデータを探し続けます。

○逐次探索の流れとロジック

逐次探索のプロセスは下記の手順で行われます。

まず、探索するデータセットが用意され、検索対象のデータが指定されます。

次に、データセットの最初から順に各要素をチェックし、目的のデータと一致するかどうかを評価します。

目的のデータが見つかった場合は、その位置情報や、必要に応じてデータ自体を返します。

データセットの最後まで探索しても目的のデータが見つからない場合は、探索失敗という結果を返します。

○サンプルコード1:基本的な逐次探索

ここではCOBOLを用いた基本的な逐次探索のサンプルコードを紹介します。

この例では、整数型の配列内から特定の数値を探し出すプログラムを表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. BasicSequentialSearch.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 NUMBERS PIC 9(4) OCCURS 10 TIMES.
    01 TARGET-NUMBER PIC 9(4).
    01 INDEX PIC 9(2).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 1234 TO TARGET-NUMBER.
    PERFORM VARYING INDEX FROM 1 BY 1 UNTIL INDEX > 10 OR FOUND = 'Y'
        IF NUMBERS (INDEX) = TARGET-NUMBER
            DISPLAY "Target number found at position: " INDEX
            MOVE 'Y' TO FOUND
        END-IF
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "Target number not found."
END PROGRAM BasicSequentialSearch.

このプログラムでは、配列NUMBERS内にある特定の数値TARGET-NUMBERを探します。

配列の各要素を順番にチェックし、目的の数値が見つかればその位置を表示し、見つからなければ「Target number not found.」と表示します。

このような逐次探索は、COBOLにおいてデータ検索の基本となります。

●逐次探索の応用例

COBOLにおける逐次探索は、単純なデータ検索を超えた様々な応用が可能です。

特定の条件に合致するデータの検索や、複数の条件を組み合わせた探索など、ビジネス上のニーズに応じて柔軟に対応できます。

○サンプルコード2:条件に合致するデータの探索

たとえば、顧客データベースから特定の条件を満たす顧客を探す場合、下記のようなCOBOLプログラムを使用できます。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. ConditionalSearch.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 CUSTOMER-RECORD.
       05 CUSTOMER-ID PIC 9(4).
       05 CUSTOMER-AGE PIC 9(2).
       05 CUSTOMER-STATUS PIC X(1).
    01 SEARCH-AGE PIC 9(2).
    01 SEARCH-STATUS PIC X(1).
    01 INDEX PIC 9(2).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 30 TO SEARCH-AGE.
    MOVE 'A' TO SEARCH-STATUS.
    PERFORM VARYING INDEX FROM 1 BY 1 UNTIL INDEX > 100 OR FOUND = 'Y'
        IF CUSTOMER-AGE (INDEX) = SEARCH-AGE AND CUSTOMER-STATUS (INDEX) = SEARCH-STATUS
            DISPLAY "Matching customer found at position: " INDEX
            MOVE 'Y' TO FOUND
        END-IF
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "No matching customer found."
END PROGRAM ConditionalSearch.

このプログラムでは、年齢とステータスを基に顧客レコードを検索します。

特定の年齢とステータスを持つ顧客を探し、見つかればその位置を表示します。

○サンプルコード3:複数条件での探索

さらに、複数の条件を組み合わせて探索することも可能です。

例えば、特定の年齢範囲内にあり、特定の地域に住む顧客を探す場合、下記のようなプログラムを作成できます。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. MultiConditionalSearch.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 CUSTOMER-RECORD.
       05 CUSTOMER-ID PIC 9(4).
       05 CUSTOMER-AGE PIC 9(2).
       05 CUSTOMER-REGION PIC X(2).
    01 LOWER-AGE-LIMIT PIC 9(2).
    01 UPPER-AGE-LIMIT PIC 9(2).
    01 SEARCH-REGION PIC X(2).
    01 INDEX PIC 9(2).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 25 TO LOWER-AGE-LIMIT.
    MOVE 35 TO UPPER-AGE-LIMIT.
    MOVE 'TK' TO SEARCH-REGION.
    PERFORM VARYING INDEX FROM 1 BY 1 UNTIL INDEX > 100 OR FOUND = 'Y'
        IF CUSTOMER-AGE (INDEX) >= LOWER-AGE-LIMIT AND CUSTOMER-AGE (INDEX) <= UPPER-AGE-LIMIT
           AND CUSTOMER-REGION (INDEX) = SEARCH-REGION
            DISPLAY "Matching customer found at position: " INDEX
            MOVE 'Y' TO FOUND
        END-IF
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "No matching customer found."
END PROGRAM MultiConditionalSearch.

このプログラムでは、顧客の年齢が指定された範囲内にあり、かつ特定の地域に住んでいるかどうかを確認します。

これらの条件に合致する顧客が見つかれば、その位置情報を表示します。

●逐次探索の効率化

大量のデータを扱う際、逐次探索の効率化は非常に重要です。特にCOBOLは伝統的なビジネスアプリケーションにおいて大量のデータを処理することが多いため、探索プロセスの最適化により、パフォーマンスと効率を大幅に向上させることが可能です。

逐次探索を効率化する一つの方法は、探索を行うデータの並べ替えです。ソートされたデータセットでは、目的のデータが見つかった時点で探索を停止できるため、探索時間を短縮できます。また、特定の条件に基づいて不要なデータを事前に除外することも、探索効率を高める手法の一つです。

○サンプルコード4:効率的な探索アルゴリズム

以下に、ソートされたデータセットを使用した効率的な逐次探索のサンプルコードを示します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. EfficientSequentialSearch.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 SORTED-NUMBERS PIC 9(4) OCCURS 100 TIMES.
    01 TARGET-NUMBER PIC 9(4).
    01 INDEX PIC 9(2).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 5678 TO TARGET-NUMBER.
    PERFORM VARYING INDEX FROM 1 BY 1 UNTIL INDEX > 100 OR FOUND = 'Y'
        IF SORTED-NUMBERS (INDEX) = TARGET-NUMBER
            DISPLAY "Number found at position: " INDEX
            MOVE 'Y' TO FOUND
        ELSE
            IF SORTED-NUMBERS (INDEX) > TARGET-NUMBER
                EXIT PERFORM
            END-IF
        END-IF
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "Number not found."
END PROGRAM EfficientSequentialSearch.

このプログラムでは、ソートされた数値配列SORTED-NUMBERSを使用しています。目的の数値を見つけた時点で探索を停止することで、探索時間を短縮しています。

○サンプルコード5:大量データでの探索最適化

大量のデータを扱う場合、データの分割やインデックスの使用など、さらに高度な最適化手法が必要になります。以下のサンプルコードでは、インデックスを利用して大量のデータ内で効率的に探索を行う方法を示します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. LargeDataSearchOptimization.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 LARGE-DATA-SET.
       05 CUSTOMER-RECORD OCCURS 10000 TIMES INDEXED BY CUSTOMER-INDEX.
          10 CUSTOMER-ID PIC 9(4).
          10 CUSTOMER-NAME PIC X(20).
    01 TARGET-CUSTOMER-ID PIC 9(4).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 4321 TO TARGET-CUSTOMER-ID.
    SET CUSTOMER-INDEX TO 1.
    PERFORM UNTIL CUSTOMER-INDEX > 10000 OR FOUND = 'Y'
        IF CUSTOMER-ID (CUSTOMER-INDEX) = TARGET-CUSTOMER-ID
            DISPLAY "Customer found: " CUSTOMER-NAME (CUSTOMER-INDEX)
            MOVE 'Y' TO FOUND
        END-IF
        SET CUSTOMER-INDEX UP BY 1
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "Customer not found."
END PROGRAM LargeDataSearchOptimization.

このプログラムでは、顧客IDをインデックスとして使用し、大規模な顧客データセットから特定の顧客を探しています。インデックスを使用することで、大量のデータ内での探索効率が向上します。

●逐次探索の効率化

大量のデータを扱う際、逐次探索の効率化は非常に重要です。

特にCOBOLは伝統的なビジネスアプリケーションにおいて大量のデータを処理することが多いため、探索プロセスの最適化により、パフォーマンスと効率を大幅に向上させることが可能です。

逐次探索を効率化する一つの方法は、探索を行うデータの並べ替えです。

ソートされたデータセットでは、目的のデータが見つかった時点で探索を停止できるため、探索時間を短縮できます。

また、特定の条件に基づいて不要なデータを事前に除外することも、探索効率を高める手法の一つです。

○サンプルコード4:効率的な探索アルゴリズム

ここでは、ソートされたデータセットを使用した効率的な逐次探索のサンプルコードを紹介します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. EfficientSequentialSearch.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 SORTED-NUMBERS PIC 9(4) OCCURS 100 TIMES.
    01 TARGET-NUMBER PIC 9(4).
    01 INDEX PIC 9(2).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 5678 TO TARGET-NUMBER.
    PERFORM VARYING INDEX FROM 1 BY 1 UNTIL INDEX > 100 OR FOUND = 'Y'
        IF SORTED-NUMBERS (INDEX) = TARGET-NUMBER
            DISPLAY "Number found at position: " INDEX
            MOVE 'Y' TO FOUND
        ELSE
            IF SORTED-NUMBERS (INDEX) > TARGET-NUMBER
                EXIT PERFORM
            END-IF
        END-IF
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "Number not found."
END PROGRAM EfficientSequentialSearch.

このプログラムでは、ソートされた数値配列SORTED-NUMBERSを使用しています。

目的の数値を見つけた時点で探索を停止することで、探索時間を短縮しています。

○サンプルコード5:大量データでの探索最適化

大量のデータを扱う場合、データの分割やインデックスの使用など、さらに高度な最適化手法が必要になります。

下記のサンプルコードでは、インデックスを利用して大量のデータ内で効率的に探索を行う方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. LargeDataSearchOptimization.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 LARGE-DATA-SET.
       05 CUSTOMER-RECORD OCCURS 10000 TIMES INDEXED BY CUSTOMER-INDEX.
          10 CUSTOMER-ID PIC 9(4).
          10 CUSTOMER-NAME PIC X(20).
    01 TARGET-CUSTOMER-ID PIC 9(4).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 4321 TO TARGET-CUSTOMER-ID.
    SET CUSTOMER-INDEX TO 1.
    PERFORM UNTIL CUSTOMER-INDEX > 10000 OR FOUND = 'Y'
        IF CUSTOMER-ID (CUSTOMER-INDEX) = TARGET-CUSTOMER-ID
            DISPLAY "Customer found: " CUSTOMER-NAME (CUSTOMER-INDEX)
            MOVE 'Y' TO FOUND
        END-IF
        SET CUSTOMER-INDEX UP BY 1
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "Customer not found."
END PROGRAM LargeDataSearchOptimization.

このプログラムでは、顧客IDをインデックスとして使用し、大規模な顧客データセットから特定の顧客を探しています。

インデックスを使用することで、大量のデータ内での探索効率が向上します。

●逐次探索におけるエラー処理

逐次探索を行う際、様々なエラーが発生する可能性があります。

これには、データの不整合、無効な入力値、検索対象が見つからない場合のエラーハンドリングなどが含まれます。

エラー処理を適切に行うことは、プログラムの安定性と信頼性を保つために重要です。

COBOLプログラムにおいてエラー処理を実装することは、特に大規模なデータ処理やビジネスアプリケーションにおいて重要です。

エラー処理を適切に行うことで、データの整合性を保ち、予期しない問題が発生した場合に迅速に対応できます。

○サンプルコード6:エラーハンドリングの実装

下記のサンプルコードは、逐次探索中に発生する可能性のあるエラーを処理する方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. ErrorHandlingInSearch.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 NUMBERS PIC 9(4) OCCURS 100 TIMES.
    01 TARGET-NUMBER PIC 9(4).
    01 INDEX PIC 9(2).
    01 FOUND PIC X VALUE 'N'.
    01 SEARCH-ERROR PIC X VALUE 'N'.

PROCEDURE DIVISION.
    MOVE 9999 TO TARGET-NUMBER.
    PERFORM VARYING INDEX FROM 1 BY 1 UNTIL INDEX > 100 OR FOUND = 'Y'
        IF NUMBERS (INDEX) = TARGET-NUMBER
            MOVE 'Y' TO FOUND
        END-IF
    END-PERFORM.

    IF FOUND = 'N'
        DISPLAY "Number not found, checking for errors."
        IF TARGET-NUMBER > 9999
            DISPLAY "Error: Target number is out of range."
            MOVE 'Y' TO SEARCH-ERROR
        END-IF
    END-IF

    IF SEARCH-ERROR = 'N'
        DISPLAY "No errors found."
END PROGRAM ErrorHandlingInSearch.

このプログラムでは、逐次探索を行い、目的の数値が見つからなかった場合にエラーチェックを実行しています。

例えば、検索対象の数値が許容範囲を超えている場合にエラーを報告します。

○エラー処理の重要性

エラー処理はプログラムの堅牢性を高めるために不可欠です。

特に、ビジネスクリティカルなアプリケーションにおいては、エラーによるデータ損失やシステムダウンは大きな損失につながる可能性があります。

適切なエラーハンドリングを行うことで、予期せぬエラーからプログラムを守り、ユーザーに正確な情報を提供することができます。

●COBOLプログラミングのベストプラクティス

COBOLプログラミングにおけるベストプラクティスは、プログラムの品質、保守性、拡張性を高める上で重要です。

適切なコーディング規約とスタイルの遵守、効果的なメンテナンスとドキュメンテーションの実践は、COBOLプログラマーにとって必須のスキルと言えます。

○コーディング規約とスタイル

COBOLプログラミングにおけるコーディング規約には、変数命名規則、プログラム構造、コメントの使用方法などが含まれます。

これらの規約を遵守することで、プログラムの読みやすさと保守性が向上します。

例えば、変数名はその目的や型が明確に理解できるように命名し、プログラム内の各セクションは明瞭に区切り、適切なコメントを付けることが推奨されます。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. BestPracticesExample.
DATA DIVISION.
    WORKING-STORAGE SECTION.
    01 CUSTOMER-NAME PIC X(30).
    01 CUSTOMER-ID PIC 9(6).
    01 TRANSACTION-AMOUNT PIC 9(7)V99.

PROCEDURE DIVISION.
    DISPLAY "Processing customer data..."
    * ここに処理のロジックを記述
END PROGRAM BestPracticesExample.

この例では、変数名が明確であり、プログラムの構造が分かりやすくなっています。

○メンテナンスとドキュメンテーション

プログラムのメンテナンスとドキュメンテーションは、長期的なプロジェクトの成功に不可欠です。

ドキュメンテーションには、プログラムの目的、構造、変更履歴などが詳細に記述されるべきです。

また、定期的なコードレビュー、テスト、バグ修正はプログラムの品質を保つ上で重要です。

プログラム名: BestPracticesExample
作成者: [作成者名]
作成日: [作成日]
説明: 顧客データを処理するCOBOLプログラムの例
更新履歴:
    - [日付]: [変更内容]
    - [日付]: [変更内容]

このドキュメンテーションでは、プログラムの基本的な情報と更新履歴が記載されており、将来的なメンテナンスや拡張に役立ちます。

まとめ

本記事では、COBOLプログラミングにおける逐次探索の基本から応用、効率化、エラー処理、そしてベストプラクティスに至るまで、8つのステップを詳細に解説しました。

初心者から上級者まで、COBOLの各側面を理解し、効果的に活用するための具体的なガイドラインを紹介しました。

これらの知識を活用することで、COBOLプログラミングの品質と効率を大幅に向上させることが可能です。

常に最良のプラクティスを念頭に置き、COBOLの可能性を最大限に引き出しましょう。