COBOLで学ぶRANDOM関数の10の活用法

COBOLプログラミングにおけるRANDOM関数の使用例のイメージCOBOL
この記事は約15分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、COBOL言語におけるRANDOM関数を使いこなすことができるようになります。

COBOLは長い歴史を持つプログラミング言語で、今日でも多くのビジネスシステムで活躍しています。

特に、RANDOM関数は乱数を生成し、さまざまなアプリケーションで利用されています。

この記事では、COBOLの基礎からRANDOM関数の使い方、応用例までを初心者にも分かりやすく解説します。

サンプルコードを通して、実践的な知識を身につけることができます。

●COBOLとは

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、1959年に開発されたビジネス向けのプログラミング言語です。

その名の通り、ビジネスでのデータ処理に特化しており、読みやすく書きやすい言語設計が特徴です。

COBOLは、銀行、保険、政府機関などで広く使われており、信頼性と安定性が求められる分野で重宝されています。

○COBOLの歴史と特徴

COBOLは、ビジネスアプリケーションの開発を容易にするために設計されました。

その歴史は60年以上にわたり、多くのバージョンアップが行われてきました。

英語に似た文法を持ち、非プログラマーにも理解しやすいのが特徴です。

例えば、COBOLのコードは「PERFORM UNTIL」や「IF … THEN」のような、日常言語に近い命令文で書かれます。

これにより、コードの可読性が高まり、ビジネスロジックの理解を助けています。

○COBOLの現代における重要性

現代においてもCOBOLの重要性は衰えていません。

多くの企業でCOBOLで書かれた古いシステムが今も運用されており、これらのシステムを維持、更新するためにはCOBOLの知識が不可欠です。

また、金融機関や政府機関などで用いられる重要なシステムの多くがCOBOLで構築されています。

新しい言語や技術が登場しても、既存のCOBOLシステムの維持・改良が求められるため、COBOLスキルは今後も価値を持ち続けるでしょう。

●RANDOM関数の基本

COBOL言語におけるRANDOM関数は、乱数を生成するのに使用されます。

この関数は、特定の範囲内でランダムな数値を生成し、プログラム内で様々な用途に応用することができます。

例えば、テストデータの生成、シミュレーション、ゲームの開発など、多岐にわたる分野で利用されています。

ここでは、RANDOM関数の基本的な概念とその使い方を、初心者にも理解しやすいように詳しく解説します。

○RANDOM関数とは

RANDOM関数は、指定された範囲内でランダムな整数を生成するために用いられます。

COBOLでは、RANDOM関数を使用して、0から指定された上限値までの間のランダムな数値を得ることができます。

この関数は、予測不可能な数値が必要な場合に非常に便利です。

例えば、ロトやビンゴのようなゲームを作成する際にランダムな数値を生成するために使用されたり、シミュレーションの中で様々なシナリオを生成するために利用されます。

○RANDOM関数の構文

COBOLにおけるRANDOM関数の構文は比較的シンプルです。

基本的な形式は下記の通りです。

CALL 'RANDOM' USING BY VALUE 上限値, BY REFERENCE 結果変数

ここで、「上限値」は生成される乱数の最大値を指定します。

結果は「結果変数」に格納されます。

●RANDOM関数の使い方

COBOLでのRANDOM関数の使用は、プログラムにランダムな要素を導入する際に非常に便利です。

この関数を使うことで、予測不可能な数値を生成し、それを様々なプログラムのシナリオで活用することができます。

例えば、テストデータの生成、ゲーム内でのランダムイベントの生成、統計的なシミュレーションなど、多岐にわたる用途があります。

ここでは、基本的な乱数生成方法と、範囲指定による乱数生成の2つの具体的な使い方をサンプルコードと共に詳しく解説します。

○サンプルコード1:基本的な乱数生成

基本的な乱数生成では、指定した上限値内でランダムな整数を生成します。

下記のサンプルコードは、1から100までの間でランダムな数値を生成し、それを表示する簡単な例です。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. BasicRandom.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 UpperLimit VALUE 100.
01 RandomNumber PIC 9(3).

PROCEDURE DIVISION.
    CALL 'RANDOM' USING BY VALUE UpperLimit, BY REFERENCE RandomNumber.
    DISPLAY "生成されたランダムな数値: " RandomNumber.
    STOP RUN.

このプログラムは、RANDOM関数を使用して1から100までのランダムな整数を生成し、「RandomNumber」という変数に格納します。

その後、生成された数値を画面に表示します。これにより、基本的な乱数生成のプロセスを理解することができます。

○サンプルコード2:範囲指定による乱数生成

範囲指定による乱数生成では、指定した範囲内でランダムな数値を生成します。

下記のサンプルコードは、50から150までの範囲でランダムな数値を生成する方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. RangeRandom.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 LowerLimit VALUE 50.
01 UpperLimit VALUE 150.
01 RandomNumber PIC 9(3).
01 RangeSize PIC 9(3).

PROCEDURE DIVISION.
    COMPUTE RangeSize = UpperLimit - LowerLimit + 1.
    CALL 'RANDOM' USING BY VALUE RangeSize, BY REFERENCE RandomNumber.
    COMPUTE RandomNumber = RandomNumber + LowerLimit - 1.
    DISPLAY "指定範囲内で生成されたランダムな数値: " RandomNumber.
    STOP RUN.

このプログラムでは、まず指定された範囲のサイズを計算し(この場合は101)、その範囲内でランダムな数値を生成します。

次に、生成されたランダムな数値に下限値を加算して、指定された範囲内の値に調整します。

これにより、任意の範囲内でランダムな数値を生成する方法を学ぶことができます。

●RANDOM関数の応用例

COBOLのRANDOM関数は、その基本的な使い方を超えて、さまざまな応用分野で活躍します。

乱数は、シミュレーションゲームの開発やデータ分析など、予測不能性が求められる多くのシナリオで重要な役割を果たします。

ここでは、具体的な応用例として、シミュレーションゲームとデータ分析での使用方法をサンプルコードを交えて紹介します。

○サンプルコード3:シミュレーションゲームでの使用

シミュレーションゲームでは、プレイヤーに予測不可能な体験を提供するために乱数が用いられます。

たとえば、ゲーム内のイベント発生やアイテムの出現率をランダムにすることができます。

下記のコードは、ゲーム内でランダムにイベントを発生させる一例です。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. GameSimulation.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 RandomEvent PIC 9(3).
01 EventType PIC 9.

PROCEDURE DIVISION.
    CALL 'RANDOM' USING BY VALUE 100, BY REFERENCE RandomEvent.
    IF RandomEvent <= 30
        MOVE 1 TO EventType
        DISPLAY "アイテムを発見!"
    ELSE IF RandomEvent > 30 AND RandomEvent <= 60
        MOVE 2 TO EventType
        DISPLAY "敵が現れた!"
    ELSE
        MOVE 3 TO EventType
        DISPLAY "何も起こらなかった。"
    END-IF.
    STOP RUN.

このプログラムでは、乱数を使用してゲーム内のイベントをランダムに選択します。

乱数の値に基づいて、プレイヤーがアイテムを見つけたり、敵と遭遇したり、何も起こらない場合をシミュレートしています。

○サンプルコード4:データ分析における応用

データ分析では、ランダムなサンプルデータの生成やモンテカルロシミュレーションなどに乱数を利用します。

下記のコードは、ランダムなデータセットを生成する一例です。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. DataAnalysis.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 SampleSize PIC 9 VALUE 10.
01 Index PIC 9 VALUE 0.
01 RandomData PIC 9(3).

PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM VARYING Index FROM 1 BY 1 UNTIL Index > SampleSize
        CALL 'RANDOM' USING BY VALUE 100, BY REFERENCE RandomData
        DISPLAY "サンプルデータ " Index ": " RandomData
    END-PERFORM.
    STOP RUN.

このプログラムは、指定されたサンプルサイズに基づいてランダムなデータを生成し、それぞれのデータポイントを表示します。

これにより、データ分析や統計的なシミュレーションのための基本的なランダムデータセットを作成する方法を学ぶことができます。

●注意点と対処法

COBOLプログラミングにおけるRANDOM関数の使用には、いくつかの注意点があります。

特に、乱数の品質と環境依存の問題は重要な考慮事項です。

これらの問題に適切に対処することで、プログラムの信頼性と効果を高めることができます。

ここでは、これらの注意点と対処法を詳細に解説します。

○乱数の品質に関する注意

乱数の品質は、プログラムの出力に大きな影響を及ぼします。

特に、シミュレーションやデータ分析のようなアプリケーションでは、高品質の乱数が必要です。

COBOLのRANDOM関数は、一般的な用途には十分ですが、より高度な乱数生成が必要な場合は、外部ライブラリやアルゴリズムの使用を検討することが重要です。

また、乱数生成の際には、シード値(乱数生成の開始点)を適切に設定することで、結果の再現性を確保することができます。

○環境依存の問題への対応

COBOLプログラムは、異なるシステムやプラットフォームで実行されることがあります。

RANDOM関数の挙動は、実行環境によって異なる可能性があるため、プラットフォーム間での一貫性を確保することが重要です。

例えば、異なるオペレーティングシステムで同じ乱数シーケンスを生成するためには、環境ごとの特性を理解し、対応するコードを記述する必要があります。

また、移植性を高めるためには、環境依存の要素を抽象化し、プラットフォーム固有の実装から独立したコードを書くことが推奨されます。

●COBOLでのプログラミングのコツ

COBOLプログラミングでは、特有のテクニックとアプローチが求められます。

特に、効率的なデバッグとエラー処理の方法を理解することは、プログラムの品質と信頼性を高める上で重要です。

ここでは、COBOLプログラミングにおけるデバッグのテクニックとエラー処理の方法について、具体的なアプローチとサンプルコードを交えて解説します。

○デバッグのテクニック

COBOLプログラミングにおいては、デバッグ作業が欠かせません。

効果的なデバッグのためには、まずコードをモジュール化し、各部分を個別にテストすることが有効です。

また、DISPLAY文を使用してプログラムの各段階での変数の値を出力し、予期せぬ挙動を特定することが役立ちます。

さらに、条件分岐やループ構造が複雑になりがちなCOBOLの特性を考慮し、論理的にシンプルなコード構造を心がけることも重要です。

例えば、下記のようなサンプルコードでは、デバッグ中に変数の値を表示しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. DebugExample.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 Num PIC 9 VALUE 0.

PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM VARYING Num FROM 1 BY 1 UNTIL Num > 5
        DISPLAY "Current value of Num: " Num
    END-PERFORM.
    STOP RUN.

このコードでは、Numの値がループの各ステップでどのように変化するかを確認できます。

○エラー処理の方法

COBOLプログラムでは、エラー処理を適切に行うことが不可欠です。

エラー処理の一般的な方法としては、ファイル操作やデータベースアクセスなどの操作でエラーが発生した場合に備えて、適切なエラーハンドリングルーチンを用意することが挙げられます。

また、予期せぬエラーが発生した場合には、プログラムの実行を安全に停止させ、エラーメッセージを表示することが重要です。

例えば、下記のサンプルコードでは、ファイル読み込み中のエラーを検知し、対処しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. ErrorHandling.
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD  InputFile.
01  InputRecord PIC X(80).

WORKING-STORAGE SECTION.
01  FileStatus PIC 9(2).

PROCEDURE DIVISION.
    OPEN INPUT InputFile
    AT END MOVE 1 TO FileStatus.
    IF FileStatus > 0
        DISPLAY "File opening error, code: " FileStatus
    ELSE
        READ InputFile INTO InputRecord
        AT END MOVE 1 TO FileStatus.
    END-IF.
    CLOSE InputFile.
    IF FileStatus > 0
        DISPLAY "Error during file read, code: " FileStatus
    END-IF.
    STOP RUN.

このプログラムでは、ファイルのオープンや読み込みに失敗した場合にエラーコードを表示し、問題の診断を容易にします。

●COBOLプログラミングのカスタマイズ

COBOLプログラミングをカスタマイズすることで、特定のニーズや要件に合わせた効果的なアプリケーションを開発することができます。

カスタマイズの一環として、ユーザー定義関数の作成やプログラムの最適化が重要です。

これらのアプローチにより、プログラムの柔軟性を高め、パフォーマンスを向上させることが可能になります。

ここでは、ユーザー定義関数の作成方法とCOBOLプログラムの最適化について詳しく解説します。

○ユーザー定義関数の作成

COBOLでは、特定の処理をモジュール化することで再利用性を高めることができます。

ユーザー定義関数を作成することにより、コードの可読性と保守性が向上し、複雑なプログラムの開発が容易になります。

ユーザー定義関数は、特定の処理をカプセル化し、必要に応じて異なる部分から呼び出すことができます。

例えば、下記のサンプルコードは、簡単なユーザー定義関数を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. CustomFunction.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 Num PIC 9 VALUE 0.
01 Result PIC 9(3).

PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM CalculateSquare USING Num GIVING Result.
    DISPLAY "Square of " Num " is: " Result.
    STOP RUN.

CalculateSquare SECTION.
    ENTRY 'CalculateSquare' USING Num GIVING Result.
        COMPUTE Result = Num * Num.
    EXIT PROGRAM.

このプログラムでは、数値の平方を計算するユーザー定義関数「CalculateSquare」を作成しています。

この関数は、任意の数値を受け取り、その平方を返します。

○COBOLプログラムの最適化

COBOLプログラムの最適化は、パフォーマンスを向上させる上で重要な要素です。

最適化には、不必要な処理の削除、効率的なデータ構造の使用、ループの最適化などが含まれます。

特に、大規模なデータ処理や複雑な計算を行うプログラムでは、最適化によって実行時間を短縮し、リソースの使用を効率化することが可能です。

最適化の一例として、下記のサンプルコードでは、ループ処理を効率的に行っています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. OptimizationExample.
DATA DIVISION.
WORKING-STORAGE SECTION.
01 Counter PIC 9 VALUE 0.

PROCEDURE DIVISION.
    PERFORM VARYING Counter FROM 1 BY 1 UNTIL Counter > 100
        CONTINUE
    END-PERFORM.
    DISPLAY "Loop completed."
    STOP RUN.

このコードでは、1から100までのループを効率的に実行しています。

最適化により、プログラムのパフォーマンスが向上します。

まとめ

本記事では、COBOL言語におけるRANDOM関数の基本から応用までの活用法を、初心者にも分かりやすい形で解説しました。

デバッグテクニックやエラー処理方法、さらにはユーザー定義関数の作成やプログラムの最適化といった高度な技術までを含め、COBOLプログラミングの幅広い側面をカバーしました。

これらの知識と技術を身につけることで、COBOLによる効率的かつ効果的なプログラミングが可能になり、様々な業務やプロジェクトにお役立ていただければ幸いです。