【COBOL】EOFの活用術6選を初心者のために徹底解説

COBOLでEOFをマスターするための10のステップのイメージ COBOL
この記事は約15分で読めます。

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればサンプルコードを活用して機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

この記事を読めば、COBOLでのEOF(End of File)の活用術を理解し、実際のプログラミングに応用できるようになります。

COBOLはビジネスの世界で長年使用されてきたプログラミング言語であり、今でも多くのシステムで活用されています。

この記事では、特にEOFの扱い方に焦点を当て、COBOLの基本的な概念から始めて、EOFの使い方までを初心者にも分かりやすく解説します。

●COBOLとは

COBOL(Common Business-Oriented Language)は、1959年に開発されたビジネス向けのプログラミング言語です。

その名の通り、商業計算を主な用途とし、レポート作成やデータ処理に適した設計がされています。

COBOLは読みやすく、自然言語に近い文法を有しているため、プログラミング初心者にも比較的理解しやすい言語とされています。

○COBOLの基本的な概念

COBOLのプログラムは、データ記述部(DATA DIVISION)、手続き部(PROCEDURE DIVISION)など、いくつかのセクションに分かれています。

データ記述部では、プログラムで使用されるデータの構造を定義し、手続き部では実際の処理の手順を記述します。

COBOLは、これらのセクションを通じて、データの操作やビジネスロジックの実装を行います。

○COBOLの歴史と現在

COBOLは、その長い歴史の中で幾度となく改訂され、現代の技術環境に合わせて進化してきました。

特に金融機関や政府機関などで広く使用されており、多くの既存システムが今もCOBOLによって支えられています。

また、ビッグデータ時代の到来に伴い、COBOLの持つ堅牢なデータ処理能力が再評価され、新たな需要が生まれているのも事実です。

最新のCOBOLは、オブジェクト指向プログラミングの要素を取り入れるなど、現代のプログラミング言語としても十分に競争力を持っています。

●EOFとは

EOF、つまりEnd of Fileは、ファイルの終わりを表す重要な概念です。

COBOLプログラミングでは、データの入力や処理中にファイルの終端に達したことを検出するためにEOFを使用します。

これは、ファイルからのデータ読み取りが完了したか、または特定の条件下で処理を停止する必要があるかをプログラムに知らせるために重要です。

○EOFの基本的な意味

具体的には、EOFはファイル読み取り時に、もはや読み取るべきデータがないことを表します。

たとえば、ファイルからレコードを順番に読み込んでいくプロセスでは、EOFはデータの終わりを意味し、それ以上読み込むべきレコードがないことをプログラムに伝えます。

COBOLでは、この状態を検出するために特定の構文やコマンドが用意されています。

○EOFがCOBOLでどのように使われるか

COBOLでは、EOFの検出は主にファイルの読み取り操作と関連しています。

例えば、ファイルからデータを読み取り、そのデータを処理するプログラムを考えてみましょう。

この場合、各読み取り操作後にEOFが検出されたかどうかをチェックし、EOFが検出されれば読み取りを終了し、それ以外の場合は読み取りと処理を続けるという流れになります。

これにより、ファイルの全データを効率的に処理することができます。

例として、あるファイルからレコードを読み込んで処理するCOBOLのサンプルコードを考えてみます。

このコードでは、ファイルを開き、EOFが検出されるまでレコードを読み込み続け、各レコードに対して特定の処理を行います。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. EOFExample.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT DataFile ASSIGN TO "example.dat".
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD DataFile.
01 DataRecord PIC X(100).
PROCEDURE DIVISION.
BEGIN.
    OPEN INPUT DataFile.
    READ DataFile INTO DataRecord AT END DISPLAY "EOF reached".
    PERFORM UNTIL EOF
        DISPLAY DataRecord
        READ DataFile INTO DataRecord AT END DISPLAY "EOF reached".
    END-PERFORM.
    CLOSE DataFile.
STOP RUN.

この例では、READ文を使用してファイルからデータレコードを読み込み、AT END節でEOFの検出を行っています。

EOFが検出されると、”EOF reached”と表示され、読み取り処理が終了します。

このように、EOFはファイル操作において非常に重要な役割を果たし、COBOLプログラムの効率的な実行に欠かせない要素です。

●EOFの基本的な使い方

COBOLプログラミングにおいて、EOF(End of File)を適切に扱うことは非常に重要です。

特に、ファイルからデータを読み込んで処理する際には、EOFを利用してファイルの終わりを検出し、プログラムの流れを適切に制御する必要があります。

基本的には、ファイルからデータを読み込むたびにEOFが発生していないかを確認し、EOFが検出された場合には読み込みを終了する処理を行います。

○サンプルコード1:ファイルの終端の検出

COBOLでファイルの終端を検出する一般的な方法は、ファイルからの読み込み操作を行い、EOFが発生したかどうかを確認することです。

ここでは、ファイルからデータを読み込み、EOFを検出する際のサンプルコードを紹介します。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. SampleProgram.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT InputFile ASSIGN TO "input.dat".
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD InputFile.
01 FileRecord PIC X(100).
PROCEDURE DIVISION.
BEGIN.
    OPEN INPUT InputFile.
    READ InputFile INTO FileRecord AT END DISPLAY "EOF reached".
    CLOSE InputFile.
STOP RUN.

このプログラムでは、READ文を使用してファイルからデータを読み込み、AT END節を用いてEOFを検出しています。

EOFが検出されると、”EOF reached”と表示され、ファイルの読み込みを終了します。

○サンプルコード2:EOFを利用したループの制御

ファイルからのデータ読み込みをループ処理として行う場合、EOFはループの終了条件として使用されます。

下記のサンプルコードは、EOFを検出するまでファイルからデータを読み込み続けるプログラムです。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. LoopControl.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT InputFile ASSIGN TO "input.dat".
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD InputFile.
01 FileRecord PIC X(100).
PROCEDURE DIVISION.
BEGIN.
    OPEN INPUT InputFile.
    PERFORM UNTIL EOF
        READ InputFile INTO FileRecord AT END DISPLAY "EOF detected" EXIT PERFORM END-READ
        DISPLAY FileRecord
    END-PERFORM.
    CLOSE InputFile.
STOP RUN.

このプログラムでは、PERFORM UNTIL EOF文を使用してEOFが検出されるまでループを続けています。

READ文におけるAT END節は、EOFが検出された場合にループを抜けるために使用されています。このようにEOFを利用することで、ファイルのデータを効率的に処理することができます。

●EOFの応用例

COBOLプログラミングにおけるEOFの応用は多岐にわたります。

特に、大量のデータを扱う場合や、ファイルの読み込みと処理を効率的に行う必要がある場合には、EOFの適切な活用が不可欠です。

ここでは、EOFを用いたデータ処理の最適化とエラーハンドリングの例を紹介します。

○サンプルコード3:データ処理の最適化

ファイルから大量のデータを読み込む場合、EOFを利用してデータの読み込みを適切に制御することで、処理の最適化が可能です。

下記のサンプルコードでは、ファイルからデータを読み込み、それぞれのデータに対して処理を行い、EOFを検出したら処理を終了する例を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. DataOptimization.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT InputFile ASSIGN TO "datafile.dat".
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD InputFile.
01 DataRecord PIC X(100).
PROCEDURE DIVISION.
BEGIN.
    OPEN INPUT InputFile.
    PERFORM UNTIL EOF
        READ InputFile INTO DataRecord AT END EXIT PERFORM END-READ
        DISPLAY "Processing: " DataRecord
    END-PERFORM.
    CLOSE InputFile.
STOP RUN.

このプログラムでは、EOFが検出されるまでファイルからデータを読み込み、読み込んだデータに対して処理を行っています。

こうすることで、ファイルの内容を効率的に処理することができます。

○サンプルコード4:エラーハンドリングとEOF

ファイルの読み込み中にエラーが発生する可能性も考慮し、EOFの検出と同時にエラーハンドリングを行うことが重要です。

下記のサンプルコードでは、ファイル読み込み中のエラーを検出し、適切に処理する方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. ErrorHandling.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT InputFile ASSIGN TO "errorfile.dat".
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD InputFile.
01 DataRecord PIC X(100).
PROCEDURE DIVISION.
BEGIN.
    OPEN INPUT InputFile.
    PERFORM UNTIL EOF
        READ InputFile INTO DataRecord AT END EXIT PERFORM END-READ
        IF NOT FILE-STATUS = '00'
            DISPLAY "Error in file reading"
            EXIT PERFORM
        END-IF
        DISPLAY "Processing: " DataRecord
    END-PERFORM.
    CLOSE InputFile.
STOP RUN.

このプログラムでは、FILE-STATUSをチェックすることでファイル読み込み中のエラーを検出し、エラーが発生した場合は処理を終了します。

このようにEOFとエラーハンドリングを組み合わせることで、より堅牢で信頼性の高いプログラムを作成することが可能です。

●EOFの注意点と対処法

COBOLプログラミングにおけるEOFの取り扱いにはいくつかの注意点があります。

これらを適切に理解し対処することで、エラーを防ぎ、プログラムの信頼性を高めることができます。

ここでは、EOFの取り扱いにおける一般的なエラーとその解決策、さらにはパフォーマンスに関する考慮事項について解説します。

○一般的なエラーとその解決策

EOFの取り扱いに関する一般的なエラーには、EOFの検出の失敗や誤ったEOFの処理方法があります。

例えば、EOFが適切に検出されずにファイルの終わりを超えて読み込みを続けると、データの破損や不正な読み込みが発生する可能性があります。

これを防ぐためには、ファイル操作の各ステップでEOFを確実にチェックし、EOFが検出された場合には直ちに読み込みを停止する必要があります。

また、ファイルのオープンやクローズの処理を適切に行うことも重要です。ファイルを使用した後は必ずクローズすることで、リソースの解放やデータの整合性を保つことができます。

○パフォーマンスに関する考慮事項

EOFの取り扱いにおけるパフォーマンスの考慮事項として、ファイルの読み込み方法やデータの処理方法が挙げられます。

ファイルからのデータ読み込みは時間がかかる処理であるため、無駄な読み込みを避け、効率的なデータ処理を行うことが重要です。

たとえば、大きなファイルを一度に全て読み込むのではなく、必要な部分だけを適宜読み込むことで、メモリの使用量を減らし、パフォーマンスを向上させることが可能です。

また、EOFの検出方法によっては、無駄なループ処理が発生する可能性があるため、効率的なループの制御にも注意が必要です。

適切な条件式を用いて、必要な処理だけを行うようにプログラムを設計することが望ましいです。

●EOFを使ったデータ処理のカスタマイズ

COBOLプログラミングにおけるEOFの活用は、単にファイルの終わりを検出するだけでなく、より複雑なデータ処理のカスタマイズにも利用できます。

ここでは、ユーザー定義関数を使用したEOFの活用例と、複数のファイルを扱う際のEOFの活用方法について解説します。

○サンプルコード5:ユーザー定義関数とEOF

COBOLでは、ユーザー定義関数を使ってEOFの処理をカスタマイズすることができます。

下記のサンプルコードでは、ユーザー定義関数を使用して特定の条件下でのファイル読み込みを制御する方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. CustomFunctionEOF.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT InputFile ASSIGN TO "customfile.dat".
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD InputFile.
01 DataRecord PIC X(100).
PROCEDURE DIVISION.
BEGIN.
    OPEN INPUT InputFile.
    PERFORM UNTIL EOF
        READ InputFile INTO DataRecord AT END EXIT PERFORM END-READ
        IF MyCustomFunction(DataRecord) THEN
            DISPLAY "Processed: " DataRecord
        END-IF
    END-PERFORM.
    CLOSE InputFile.
    STOP RUN.

FUNCTION MyCustomFunction(InputRecord) RETURNING BOOLEAN.
    IF InputRecord = "CertainCondition" THEN
        RETURN TRUE
    ELSE
        RETURN FALSE
    END-IF.
END FUNCTION.

このプログラムでは、MyCustomFunctionというユーザー定義関数を使用して、特定の条件を満たすデータレコードのみを処理しています。

このように関数を使うことで、EOFの処理をより柔軟にカスタマイズすることが可能です。

○サンプルコード6:複数ファイル処理

複数のファイルを効率的に処理する場合にもEOFは重要な役割を果たします。

下記のサンプルコードでは、複数のファイルを順番に読み込み、EOFを使用して各ファイルの処理を制御する方法を表しています。

IDENTIFICATION DIVISION.
PROGRAM-ID. MultiFileEOF.
ENVIRONMENT DIVISION.
INPUT-OUTPUT SECTION.
FILE-CONTROL.
    SELECT FirstFile ASSIGN TO "firstfile.dat".
    SELECT SecondFile ASSIGN TO "secondfile.dat".
DATA DIVISION.
FILE SECTION.
FD FirstFile.
01 FirstRecord PIC X(100).
FD SecondFile.
01 SecondRecord PIC X(100).
PROCEDURE DIVISION.
BEGIN.
    OPEN INPUT FirstFile.
    PERFORM UNTIL EOF
        READ FirstFile INTO FirstRecord AT END EXIT PERFORM END-READ
        DISPLAY "First file: " FirstRecord
    END-PERFORM.
    CLOSE FirstFile.

    OPEN INPUT SecondFile.
    PERFORM UNTIL EOF
        READ SecondFile INTO SecondRecord AT END EXIT PERFORM END-READ
        DISPLAY "Second file: " SecondRecord
    END-PERFORM.
    CLOSE SecondFile.
STOP RUN.

このプログラムでは、最初に一つ目のファイルを開き、EOFに到達するまで読み込みを行い、その後二つ目のファイルを同様に処理しています。

複数のファイルをこのように順番に処理することで、効率的かつ柔軟なファイル操作が可能となります。

まとめ

この記事では、COBOLプログラミングにおけるEOF(End of File)の基本的な扱い方から応用例までを詳細に解説しました。

EOFの正確な検出と活用は、ファイル処理の効率化やエラーハンドリング、さらには複数ファイルの取り扱いなど、多岐にわたるシナリオで重要です。

適切なEOFの処理をマスターすることで、COBOLプログラミングの信頼性と効率性を大きく向上させることができます。