CSS Display Contentsの使い方とサンプルコード!初心者でもわかる詳しい解説

CSS Display Contentsを徹底解説CSS
この記事は約11分で読めます。

 

【サイト内のコードはご自由に個人利用・商用利用いただけます】

この記事では、プログラムの基礎知識を前提に話を進めています。

説明のためのコードや、サンプルコードもありますので、もちろん初心者でも理解できるように表現してあります。

基本的な知識があればカスタムコードを使って機能追加、目的を達成できるように作ってあります。

※この記事は、一般的にプロフェッショナルの指標とされる『実務経験10,000時間以上』を凌駕する現役のプログラマチームによって監修されています。

サイト内のコードを共有する場合は、参照元として引用して下さいますと幸いです

※Japanシーモアは、常に解説内容のわかりやすさや記事の品質に注力しております。不具合、分かりにくい説明や不適切な表現、動かないコードなど気になることがございましたら、記事の品質向上の為にお問い合わせフォームにてご共有いただけますと幸いです。
(送信された情報は、プライバシーポリシーのもと、厳正に取扱い、処分させていただきます。)

はじめに

CSSのdisplayプロパティは、ウェブページの要素がどのように表示されるかを制御する重要な機能です。

このプロパティの中でも、特にdisplay contentsはウェブデザインにおいて非常に役立つ機能です。

この記事では、display contentsの基本的な理解から、具体的な使い方、さらには応用例までを初心者にもわかりやすく解説します。

CSSにおけるdisplay contentsの効果的な使用方法を理解し、あなたのウェブデザインスキルをさらに高めましょう。

●display contentsの基本

display contentsとは、CSSで使用されるプロパティの一つで、指定された要素の子要素を、その親要素が存在しないかのように表示させることができます。

これは、ウェブページのレイアウトをより柔軟に構成するために非常に便利な機能です。

通常、HTML要素は親要素の中でレイアウトされますが、display contentsを使用すると、親要素の影響を受けずに子要素が直接レイアウトされることになります。

これにより、不要なマークアップやスタイルの複雑さを減らすことができます。

display contentsを使用すると、親要素はレンダリングの際に「見えなくなる」ため、その子要素が直接上位の階層に配置されます。

これは、特にフレックスボックスやグリッドレイアウトなどの現代的なレイアウト手法と組み合わせることで、さらに大きな効果を発揮します。

例えば、親要素がフレックスコンテナである場合、display contentsを適用することで、その子要素は直接フレックスアイテムとして振る舞うようになります。

これにより、HTMLの構造を変更せずに、よりクリーンでメンテナンスしやすいコードを実現することが可能です。

○display: contentsの仕組み

display: contentsの主な目的は、DOM(Document Object Model)の階層を単純化することにあります。

通常、HTMLの構造は親子関係で成り立っており、子要素は親要素の中に配置されます。

しかし、display: contentsを適用した親要素は、レンダリングプロセスにおいて「存在しない」とみなされます。

これにより、その子要素は親要素のスタイルやレイアウトの影響を受けず、親要素の直接の親(祖先要素)として扱われるようになります。

この機能は、特に複雑なレイアウトを持つウェブページで有効です。

例えば、リストアイテムの中に追加のラッパー要素を設置する必要があるが、そのラッパー要素によるスタイリングの影響を避けたい場合、display: contentsを適用することで、リストアイテム自体が親要素のレベルで直接スタイリングされるようになります。

このように、display: contentsはHTML構造を変更することなく、レイアウトを柔軟に制御する強力な手段を提供します。

しかしながら、このプロパティの使用には注意も必要です。

display: contentsを適用すると、親要素のセマンティック(意味論的)な情報が失われる可能性があるため、アクセシビリティやSEOに影響を与えることがあります。

特に、ウェブアクセシビリティを考慮したサイト設計では、この点を慎重に評価する必要があります。

また、すべてのブラウザがこのプロパティをサポートしているわけではないため、互換性の問題も考慮する必要があります。

したがって、display: contentsを適用する際は、これらの点を十分に考慮し、適切な場面でのみ使用することが推奨されます。

●display contentsの具体的な使用例

CSSのdisplay contentsは、ウェブページのレイアウトを柔軟に制御するための強力なツールです。

具体的な使用例を通じて、このプロパティの可能性を探りましょう。

○サンプルコード1:基本的な使い方

このコードでは、display contentsを使用して基本的なレイアウト制御を行う方法を表しています。下記の例では、親要素として機能する .parent クラスを持つdiv要素と、その子要素として機能する複数の .child クラスを持つdiv要素を用います。

<div class="parent">
  <div class="child">子要素1</div>
  <div class="child">子要素2</div>
</div>

CSSでは、.parent 要素に display: contents を適用し、子要素が直接親要素の位置にレンダリングされるようにします。

.parent {
  display: contents;
}

.child {
  background-color: yellow;
}

このコードでは、.parent 要素が視覚的にはページ上から消え、.child 要素だけが直接表示されることになります。

この例では、.child 要素に黄色の背景色を適用しています。

実行結果として、子要素1子要素2 は黄色の背景色を持ち、それらは親要素 .parent のスタイリングの影響を受けずに直接レイアウトされます。

○サンプルコード2:フレックスボックスとの組み合わせ

次に、display contentsをフレックスボックスレイアウトと組み合わせて使用する例を見てみましょう。

下記のHTMLコードでは、.flex-container クラスを持つ親要素として機能するdiv要素の内部に、.flex-item クラスを持つ子要素を配置しています。

<div class="flex-container">
  <div class="flex-item">子要素1</div>
  <div class="flex-item">子要素2</div>
</div>

CSSでは、.flex-containerdisplay: flex; を適用し、フレックスコンテナとして機能させます。

また、.flex-item 要素に display: contents; を適用することで、これらの要素が親要素の制約を受けずにフレックスアイテムとして直接レイアウトされるようにします。

.flex-container {
  display: flex;
}

.flex-item {
  display: contents;
}

このコードでは、.flex-item 要素がフレックスコンテナの直接の子要素として振る舞い、フレックスボックスの特性に従って配置されます。

この例では、子要素が横並びに配置され、それぞれがフレックスアイテムとして機能します。

○サンプルコード3:グリッドレイアウトとの組み合わせ

最後に、display contentsをグリッドレイアウトと組み合わせて使用する例を紹介します。

下記のHTMLコードでは、.grid-container クラスを持つ親要素内に、複数の .grid-item クラスを持つ子要素を配置しています。

<div class="grid-container">
  <div class="grid-item">子要素1</div>
  <div class="grid-item">子要素2</div>
</div>

CSSでは、.grid-containerdisplay: grid; を適用し、グリッドコンテナとして機能させます。

また、.grid-item 要素に display: contents; を適用することで、これらの要素が親要素の制約を受けずにグリッドアイテムとして直接レイアウトされるようにします。

.grid-container {
  display: grid;
  grid-template-columns: repeat(2, 1fr);
}

.grid-item {
  display: contents;
}

このコードでは、.grid-item 要素がグリッドコンテナの直接の子要素として振る舞い、グリッドレイアウトの特性に従って配置されます。

この例では、子要素が2列のグリッド内に配置され、それぞれがグリッドアイテムとして機能します。

●display contentsの応用例

display contentsのプロパティは、単にHTML要素を非表示にするだけではなく、さまざまな応用例が存在します。

これにより、ウェブデザインの幅が広がり、より効果的で洗練されたレイアウトを実現することができます。

○柔軟なレイアウト作成のための応用技術

display contentsを用いることで、ページ上の要素の階層構造を変更せずに、視覚的なレイアウトを柔軟に調整することが可能です。

例えば、ある要素をグリッドやフレックスボックスの直接の子要素として扱いたいが、HTML構造上では別の親要素の下にある場合、display contentsを使うことで、その要素を親要素から「解放」し、直接グリッドやフレックスボックスの子要素として扱うことができます。

この技術は、特にレスポンシブデザインにおいて有効です。異なる画面サイズに対応するため、HTMLの構造を変更することなく、CSSのみで要素の配置を変更することが可能になります。

これにより、メディアクエリを使用して異なる画面サイズで異なるレイアウトを実現する際にも、より効果的に対応することができます。

○視覚的に階層を減らす効果的な使用方法

display contentsの応用のもう一つの例として、ページの視覚的な階層を減らすことが挙げられます。

多くの場合、HTMLの構造は複雑であり、多数のネストされた要素が存在します。

これにより、特にCSSの観点から見ると、スタイリングが困難になることがあります。

display contentsを使用することで、特定の親要素を視覚的に「取り除く」ことができます。

これにより、子要素を直接上位の要素としてスタイリングすることが可能になり、CSSのセレクタがシンプルになり、より管理しやすいコードを実現できます。

また、この方法は、ページ上の要素のセマンティックな意味を保ちつつ、視覚的な階層をシンプルに保ちたい場合に特に有効です。

この技術を使用する際には、アクセシビリティやSEOの観点から、HTMLの構造を適切に維持することが重要です。

display contentsは視覚的なレンダリングにのみ影響を与え、HTMLの意味構造自体を変更するわけではないため、この点に注意する必要があります。

display contentsを使用することにより、デザイナーや開発者は、HTMLの構造を変更することなく、よりクリエイティブで効果的なウェブデザインを実現することが可能になります。

●注意点とベストプラクティス

CSSのdisplay contentsプロパティを使用する際には、いくつかの重要な注意点があります。

これらを理解し、適切に対応することで、より効果的にこのプロパティを活用することができます。

○セマンティックな構造の保持

display contentsを使用する際の最も重要な点の一つは、HTMLのセマンティックな構造を保持することです。

このプロパティは親要素を視覚的に消去しますが、HTMLの構造上では依然として存在します。

したがって、アクセシビリティやSEOに悪影響を与えないように、HTMLの構造を適切に維持する必要があります。

たとえば、見出しタグやリストタグなど、特定の意味を持つ要素を含む親要素にdisplay contentsを適用する場合、その親要素がなくなったことによってページのセマンティックな構造が失われないように注意が必要です。

この点を考慮せずに使用すると、スクリーンリーダーなどのアクセシビリティツールに影響を与える可能性があります。

○パフォーマンスへの影響

display contentsはブラウザのレンダリングプロセスに影響を与えます。

特に、大規模なウェブサイトや複雑なレイアウトを持つページでは、このプロパティの使用がページの読み込み時間やレンダリングパフォーマンスに影響を与える可能性があります。

パフォーマンスの観点からは、display contentsの使用を最小限に抑え、必要な場面でのみ適用することが推奨されます。

不必要に多用すると、ページのパフォーマンス低下を招く可能性があるため、特にモバイルデバイスや低スペックの環境を考慮する際には慎重に使用することが求められます。

○互換性とブラウザのサポート

display contentsはすべてのブラウザでサポートされているわけではありません。

特に古いブラウザや一部のモバイルブラウザでは、このプロパティがサポートされていない場合があります。

そのため、ウェブサイトを多様なデバイスやブラウザで表示する際には、互換性を考慮する必要があります。

互換性を確保するためには、display contentsを使用したレイアウトがブラウザで適切に表示されない場合のフォールバックスタイルを用意することが重要です。

たとえば、display contentsがサポートされていないブラウザでは、代替のレイアウトスタイルを適用するなどの対応が考えられます。

まとめ

この記事では、CSSのdisplay contentsプロパティの基本から応用までを詳しく解説しました。

このプロパティは、HTML要素の子孫要素をグループ化し、親要素を視覚的に消去することで、柔軟なレイアウト構築を可能にします。

特に、フレックスボックスやグリッドレイアウトと組み合わせた際の効果は顕著で、より直感的で効率的なページデザインを実現できます。

display contentsの使い方をマスターすることで、ウェブデザインの可能性を広げ、より洗練されたウェブページを作成できるでしょう。

この記事が、display contentsの理解と活用に役立つことを願っています。